人気ブログランキングへ
↑↑↑ポチっと応援クリックお願い致します

どうも!CFネッツの河崎です!

不動産業者にとって大切な儀式『重説』
賃貸と売買では内容ががらりと変わります。

読み間違いや説明不足があっては大変!と、言うことで剱持プレゼンツ、集合特訓を行っていただきました!

↑(重説の読み合わせをしております)

賃貸で経験しててもほとんど意味がないくらいの内容量。私も相当苦労しましたが佐藤も大変そうです。まぁ慣れればなんとかなるんでしょうが、僕も含めまだまだです(笑)

この業界ではよく言われることですが、重要事項説明書は『業者』を守るための書類と言います。高額な物を扱う仕事、しくじると仲介会社に被る被害が大きい為、そう言われるんですね。

確かにその視点もひとつだと思いますが、普通、説明書と呼ばれる物のあり方としては、その物の使用方法として、誰が見ても、わかりやすく、『お客様』の為に作られるものだと思います。

その為にも自分自身、理解を深める必要と、説明すべきことを伝える力が必要と思います。

あくまでも『お客様』の為に
その視点を軸に、全ての仕事に取り組んでいきます。


人気ブログランキングへ