人気ブログランキングへ

こんにちは!CFネッツの河崎です!

先日は業者様から資料をいただきました、新築アパートの下見に行って参りました。


まだまだ基礎の段階でしたのでイメージはしづらいですよね。

しかし社内ではこう言う案件の方が取り扱いが多いです、首都圏で仕事していた際は土地から企画して請負で建てるような案件が多かったです。

今回頂きました新築案件ですが劣化等級2級を取得しておりして、融資を受ける際、借り入れ年数が伸びるメリットがあります。

木造アパートの場合、法定耐用年数が22年と短いため、新築でも22年しか組めないよ!と言う銀行様も多いと思います。しかしこの劣化等級2級を取得しておきますと、親子2代に渡って物件が耐えれる仕様になっていると言う事で融資期間が延びます。

こういった物件を購入いただけましたら、良い投資になると思います。

後は大阪の場合、やはり企画とエリアをシビアに見ないと怖いです。過当競争に巻き込まれますとニッチもサッチもいかなくなる可能性がありますので。

そういった細かなところ、今後の運営が大丈夫かどうかは私たちコンサルタントにお頼り下さい。

今回の案件も業者会から、繋がりの大切さが身にしみます。


人気ブログランキングへ