人気ブログランキング
↑↑ポチっと応援クリックお願い致します!↑↑

こんにちは!
CFネッツの河崎です!

まだまだ絶賛お騒がせ中のサブリース問題!
とある会社さんの魔法が解けてはや1カ月ほど経ちます。

新聞やニュースでも取り上げられ大きな問題になってますね。
まだまだ序章に過ぎませんので、今後どこがどう動くのか、同行は注視しておく必要があります。

そんな中、先日、懇意にしていただいていりお客様からお電話がありました。

なになに、、、相談があると、、、

お話しを聞いてみますと

「身内にレ〇パ〇スを持っている方いる」
「今までサブリース契約していた」
「この度、借り上げ家賃を大幅下落の交渉があった」
「その金額はとても今後運営していけるような借り上げ賃料ではない」
「さあ、どうしたものか・・・」

うーむ、なるほど。
一時集団訴訟だなんだと盛り上がって話題に上がっておりましたが、
ここ最近では「野菜」に話題をかっさらわれておりました。
注目を奪われやきもちをやいているのでしょうか?

その物件の住所が私がこれまた懇意にさせていただいております不動産管理会社様が近いエリアでしたから、その方に状況を聞きますと、そのエリアでは随時レ〇パ〇スの物件はサブリースを切っているとの事。

確かに賃貸ニーズが全くないエリアとは言わないまでも、一地方都市です、まぁ全く賃貸ニーズがなさそうなところにもボコスコ建物を建てておりますので、まだましな方なんでしょうが、そんなエリアでも、どんどん無理な借り上げ賃料交渉をして、解約を迫っているとの事ですね。

もうここまで来るとサブリース自体が悪のような存在に見られますよね。

当然ですがサブリース自体は悪いものではなく、空室が精神衛生上好ましく思わないオーナー層は多いと思いますので、そういった方には非常に嬉しい契約です。

事実私自身サブリース契約をしたケースでは、オーナー様に喜ばれた記憶しかありません。

現時点で借地借家法以外でのサブリースの法規制が整っていない状態では、サブリースを行う会社の倫理観と能力が兼ね備わっていないとダメですね。

世のオーナー様も、多額の資産を業者に預けるという事は、人生のハンドルもアクセルもブレーキも預けることと一緒ですので、目的地につくのも寄り道するのも事故るのも、全てその業者次第になってしまうと言う事をお忘れなきよう宜しくお願い致します。

一度事故ってしまうとリカバリーするのに時間も労力もかかります、その上不動産投資は額が大きい為取り返しがつかないケースも存分に考えられます。

リスクとリターンはほぼ比例します、ローリスクハイリターンなど詐欺まがいな事と理解しておいた方が無難だと思います。

結局は付き合う人、業者をちゃんと選ばないといけませんね。

↓↓ポチっと応援クリックお願い致します!↓↓

人気ブログランキング