人気ブログランキング
↑↑ポチっと応援クリックお願い致します!↑↑

こんにちは!河崎です!

先日はCCIMの勉強会に参加してきました。

今回の勉強内容はアメリカ不動産投資の内容でした。
実務では国内不動産投資をメインに行っておりますので、海外の内容は断片的には知識はあれど
はっきりとは知りませんでしたので非常に勉強になりました。

不動産投資は自身の描く未来を実現するツールです。
不動産コンサルタントとして、お客様の希望に合わせていろいろ提案できなければなりません。

アメリカ不動産投資は日本の不動産投資とは設計が違います。アメリカ不動産投資の良いところも
あれば、日本の不動産投資のいいところもあります、要は今の自分の状況を鑑みて、どちらの方が
自分の希望を実現できるか、それは片一方だけにこだわることでは無く、状況に合わせて使い分ける
事が大切だと思いました。

とは言え海外だとやはり借りての需要と言う点を見ると不安ですよね。
これは自分で調べる事、知れる事の範囲が日本で行うケースより限定的になってしまい、
物件を購入する会社に完全に依存する形になってしまうのが気になるところです。

IMG_5697
そういう事を考えると、やはり私自身が行うとすれば日本の不動産投資かなぁと感じました。

どちらかというとアメリカ不動産投資の良いところはキャピタルを狙える事と節税でした。
自身としてはちゃんと貸せるマーケットが見えて安定したインカムが出るかと言うところに事業の安定性を求めますので、ちょっと自分とは合わない印象でした。
もちろんお客様の内容と使い方次第では非常にメリットがあるスキームですよ。

非常に勉強になりました、今後も継続的に参加し、知識を吸収し続けます。