2006年02月28日

英国で利下げを主張する男 スティーブ・ニッケル

グラフは、英国の政策金利の推移です。(グラフをクリックすると拡大します。)

ukpolicyrate
ご覧頂いておわかりのとおり、英国は2003年後半から利上げサイクルに入りました。
他の主要国と比較して、経済状態が良く、金利水準も高いことなどが、英国への資金流入・英ポンド高を招きました。


しかし、昨年8月、英国経済にやや鈍化の兆しがあったことから、英国中央銀行は4.75%から4.5%へ利下げをするという決断を下しました。
その後はご覧のとおり、4.5%のまま金利水準を据え置いています。

  続きを読む

Posted by kawase_oh at 07:45TrackBack(14)

今日のポジション(2/28)

昨日のUSD/JPY相場は、朝方1ドル=117円台を回復する場面もありましたが、その後、急激にドル安・円高が進行し、115円70銭あたりまで円高になりました。その後やや値を戻し、今朝の時点では1ドル=116円台で推移しています。

現状認識としましては、

先週、第一の円高目処である1ドル=117円を割り込みましたので、115円までの円高の可能性を指摘しておりましたが、それが実現したに過ぎないとの認識です。
このブログをご覧のみなさまは、115円の円高の可能性を想定していたので、慌てたりすることはなかったと思います。

特に、長期的な相場に影響を与えるような、マクロ経済上あるいはテクニカル分析上の変化があったわけではまったくありません。 量的緩和策解除見通し も、これまでのメインシナリオから1ヶ月早まるとの思惑が一部に浮上しただけで、その後金利引き上げに至るまでにはかなりの期間を要するとの見通しや、日本の実質金利は上昇しにくいとの予想に、何ら変わりありません。

さて、今後の相場展開についてですが。


  続きを読む
Posted by kawase_oh at 07:32TrackBack(12)
2006年02月27日

セントラル短資オンライントレード社 渡邉博社長インタビュー 第5回

*****緊急*****
先週は、福井日銀総裁発言などで、市場が大きく揺れ動きました。
日本銀行出身の大御所、セントラル短資オンライントレード社 の渡邉博社長が、日銀の金融政策をズバッと斬ります!!!


(外国為替証拠金取引会社(FX会社)の社長インタビューということで、セントラル短資オンライントレード社の渡邉社長にインタビューさせていただきました。 その中で、私は、日銀OBの大御所でもある渡邉社長に、是非、最近の日銀とその金融政策についてのお考えを拝聴したく、今回の“社長インタビュー”の主旨からは脱線しますが、思い切って、そのあたりについて渡邉社長に質問をぶつけてみました。 )


==========

(為替王)
話しが逸れてしまって恐縮なのですが・・・。 
最近の日銀の金融政策と、彼らの考え方等々につきまして、社長はどのようにご覧になってらっしゃいますか?

ceo6



(渡邉社長)
あのね、今、福井さん(=日銀総裁の福井俊彦氏)になられてからね、とてもマーケットのニーズっていうのを、とりこもうとして色々な努力をしておられるように感じますね。

  続きを読む
Posted by kawase_oh at 06:50TrackBack(15)

今日のポジション(2/27)

先週1ドル=118円台で始まったUSD/JPY相場は、2月上旬と同じく1ドル=119円が上値を抑制する水準として作用しました。その後、円高に戻る過程の中で、福井日銀総裁発言に市場が過剰に反応したこともあり、円は急騰。1ドル=117円という第一の円高目処を割り込み、116円40銭台まで円高が進みました。


今週の見通しとしましては、

  続きを読む
Posted by kawase_oh at 06:30TrackBack(19)
2006年02月26日

日経新聞社社員のインサイダー取引

日経新聞社の社員がインサイダー取引を繰り返し、数千万円の利益を上げていたことが発覚しました。日経新聞社は、役職員の辞任・解任、減給など厳しい処分を下しました。

通常の情報ならまだしも、株式分割情報などの“法定公告”を事前に知り得る立場を利用したインサイダー取引はさすがに許されません。厳しい処分も当然と思います。


それで終わってくれればよかったのですが、その後の、日経新聞社の対応が、ある程度予想されたこととは言え、とても間が抜けたものでした。

  続きを読む
Posted by kawase_oh at 08:40TrackBack(24)
2006年02月25日

玲子さんの戦績(2月20日〜24日)

0602042004年7月22日100万円で為替投資を始めた玲子さん。為替王の「今日のポジション」を見ながら売買をしています。前週末で261万円だった資産は、今週末時点で251万円に減少しました。

  続きを読む
Posted by kawase_oh at 08:53TrackBack(15)
2006年02月24日

澤田秀雄、電話一本から這い上がった男

ベンチャー界の雄、HS証券社長の澤田秀雄さんは、立志伝中の起業家として、多くのビジネスマンや学生たちに人気ですが、その澤田社長は個人的にも株が好きなことで有名です。

「証券会社を買収した理由の一つは、株が好きだから。」と公言しているところが私は好きです。

これを不純な動機ではないかと言う人もいるかも知れませんが、この“好き嫌い”は意外と重要な要素で、証券会社を金儲けのための器とか、事業拡大の一環としか見ていないような経営者の対極に位置していると思います。


HS証券は昔は株取引しかやっていませんでしたが、最近では外国為替証拠金取引もやっています。

理由は何だと思いますか?

そうです。

澤田社長が、「為替をとても優れた投資対象だと思っているから。」


為替取引がビジネスとして儲かりそうだから、という理由でFX事業を始めるのはよくある話ですが、澤田社長の場合は、自分が外貨投資で儲かった経験があり、また海外への出張も多く、そして何より、旅行代理店ビジネス(H.I.S.)をされてらっしゃいますので、為替相場を気にしないわけにはいかないはずです。

そして結局、澤田社長の「為替事業をスタートしなさい!」という鶴の一声でHS証券の為替事業がスタートしたそうです。


個人投資家のために、本当に為替市場に愛着と情熱を持った人が経営するFX業者が増えれば、自然と、業界全体が健全に発展することと思います。

hs


***澤田社長って誰? という方は、こちらの本を***


***HS証券って何? という方は、こちらのHPを***


***澤田社長も好きなHS証券のFXって? という方は、こちらのHPを***




澤田社長と同じく、熱い起業家のマネックス証券松本大社長のセミナーは、あと、数席だけ席が残っています。お申し込みはこちらからどうぞ


  
Posted by kawase_oh at 09:37TrackBack(12)

“FX取引が危険!”の理由はレバレッジ

今週末はいつものように為替王資産運用Q&Aメルマガ発行予定ですが、
それとは別に読者の方からの声をご紹介します。

********************

はじめてメールさせていただきます。てるてる坊主といいます。
株も為替も一切やったことのない私ですが、今回、為替王さまのブログを通じて「セントラル短資オンライントレード」社を知り、そこでFXを始めることにしました。
まだまだ初心者で分からないことだらけですが、これからも為替王さまのブログを興味深く読ませていただきますので、お身体に気をつけて頑張ってください。
p.s.今日、セントラル短資オンライントレード社より為替王さまのクオカードいただきました。

********************


てるてる坊主さん、こんにちは。

為替で資産形成の第一歩を踏み出されたのはとっても素晴らしいことと思います。

てるてる坊主さんのように、これから為替取引を始められる方は、世界の金融・経済・政治に詳しくなったり、実際に資産を増やす術を身に付けて老後の不安が少し解消されたり・・・、楽しいことがたくさんあると思います。


まずは、注意すべき点だけ簡単にお伝えしたいと思います。

  続きを読む
Posted by kawase_oh at 07:39TrackBack(38)

今日のポジション(2/24)

昨朝申し上げた、一時的に円高になる場面が、早速、昨日のうちにやってきました。
昨日のUSD/JPY相場は、ドル安・円高方向に動き、昼過ぎに118円割れ、そして夜には117円割れを記録しました。今朝の時点では1ドル=117円前半で推移しています。

まず、現状についてですが。

短中期的な観点からは、今月初に、目標値119円に到達した後の局面が継続しているとの認識です。119円が上値を抑制する水準となっている一方、円高目処は、引き続き、まずは、117円。
2月中旬以降は、何度もその1ドル=117円の第一の円高目処で支えられ、その後やや反発したわけですが、昨夜も瞬間的には117円を割れたものの、まだ、その第一の円高目処がキーポイントになっていると考えます。

ただし、今回は、第一の円高目処を割り込む可能性もあり、その際、次なる目処としましては、115円台を想定しています。115円あたりでは、さらに強力なサポートが期待できると考えます。


さらにここで、もう少し長期的な観点からお話しますと・・・。


  続きを読む
Posted by kawase_oh at 07:25TrackBack(14)
2006年02月23日

フィンランドもユーロ圏

先週末に、サッカーの日本代表チームが、フィンランドに快勝しました。
私はあまりサッカーを見ないのですが、ニュースで、小笠原選手の超ロングシュートの場面が繰り返し流れていたのを見て、おおすごいなあと思った次第です。


ここで、サッカーから急に為替取引の話題に変えますが、読者の方でもし、ユーロの外貨預金をしたり、FX取引でユーロ買いをしている人がいたとしたら・・・、フィンランドは関係ない国ではありません。

欧州統一通貨EUR(ユーロ)を使用する12ヶ国の中に、フィンランドは入っています。


では、通貨ユーロを売買するとき、フィンランドを分析することが必要か?

いいえ、そこまでは必要ないと思います。

私は、定期的にフィンランドの経済情勢もチェックしますが、一般投資家がそこまでやる必要はありません。気が遠くなります。
フィンランドの人口は、ユーロ参加国の中で下から3番目。ユーロ圏の総GDP(国内総生産)においてフィンランドのGDPが占める割合は、せいぜい2%程度です。ちなみに、それが日本と比べてどうかと言いますと、ざっと日本の30分の1程度の経済規模です。

  続きを読む
Posted by kawase_oh at 07:34TrackBack(22)

今日のポジション(2/23)

昨日のUSD/JPY相場は、1ドル=118円30銭〜90銭の範囲での小さな値動きでした。

今月の流れを振り返りますと、月初に短期的目標値である1ドル=119円に到達した後、円高に戻る局面では、第一の円高目処であった117円で強力にサポートされました。現在は、その円高目処から反発していますが、もともとの目標値であった119円を一気に超えることは難しいという状況です。

  続きを読む
Posted by kawase_oh at 07:22TrackBack(14)
2006年02月22日

アメリカの金利

アメリカの金利をグラフにしてみました。(グラフをクリックすると拡大します。)
具体的には米国債の償還年限毎の利回りをそれぞれピックアップして、グラフにしたものです。(データは先週末時点)

usyc
現在、政策金利は4.5%ですので、0年のところがちょうど4.5%になっています。
1年物(償還まで1年)の米国債の利回り、2年物、3年物、4年物・・・・・。
それぞれの年限の米国債利回りをグラフ化したのですが、興味深いことがわかります。


グラフは、ほぼ横一線です。


どういうことかと言いますと・・・。


  続きを読む
Posted by kawase_oh at 07:31TrackBack(22)

今日のポジション(2/22)

昨日のUSD/JPY相場は、昨朝の1ドル=118円台前半からややドル高・円安方向に動き、今朝の時点では118円台後半で推移しています。

昨夜(日本時間深夜)のNYでは、1月に開催された米FOMCの議事録が公表されました。
現在米国政策金利は4.5%ですが、議事録を見ると、追加的な利上げの可能性が高いと考えられ、そのことが昨夜もドル高要因として作用したとの見解があります。

しかし私に言わせれば、


  続きを読む
Posted by kawase_oh at 07:21TrackBack(15)
2006年02月21日

堅調なアジア経済&通貨

先週、韓国ウォンの記事を書きましたが、今日は、その他のアジア通貨動向についてチェックします。アジア通貨は、日本円の動向(円高か円安か)との関連や影響がある場合もあるので、定期的に確認したいです。


まずは、タイのバーツ
タイの経済成長は引き続き良好です。今年も5%程度のGDP成長が見込まれています。政策金利は4.25%と、米国とほぼ同水準です。
そんな好調なタイへの資金流入を背景として、タイバーツ(THB:Thai Baht)は、上昇傾向にあります。USD/THBレートは昨年夏の1ドル=42バーツから直近では39バーツへと、率にして7%もバーツが上昇(ドルが下落)しています。
(THB/JPYレートは、現在、1バーツ=3円程度です。)

しかしタイには、ネガティブ材料もあります。
これまで強いリーダーシップで経済成長を実現させ、圧倒的な人気を誇っていたタクシン首相の経済スキャンダルについての批判・疑惑が高まっており、政治的な混乱が長期化すれば、タイ経済にマイナスの影響を与える可能性があります。


続いて、昨夏は通貨危機再来か? と、心配されたインドネシア。

  続きを読む
Posted by kawase_oh at 07:31TrackBack(17)

今日のポジション(2/21)

昨日のUSD/JPY相場は、ほとんど値動きがありませんでした。東京市場では、1ドル=117円90銭〜118円30銭あたりまでの範囲で推移し、その後のNY市場がお休み(大統領の日)だったこともあり、118円台前半での小さな動きにとどまっています。

昨夜はまたECB(欧州中央銀行)総裁のトリシエさんの発言に注目が集まりました。

  続きを読む
Posted by kawase_oh at 07:24TrackBack(14)
2006年02月20日

セントラル短資オンライントレード社 渡邉博社長インタビュー 第4回

大好評の セントラル短資オンライントレード社 の 渡邉博社長インタビュー の第4回です。


(前回までのあらすじ = セントラル短資グループとして外国為替証拠金取引業界に参入し成功を収めている渡邉社長ですが、「私は他の業界でも仕事をしていて、いくつか失敗をしてますからね」とのこと。いったいどんな事業を手がけているのでしょうか・・・?)


==========


(渡邉社長)
私は他の業界の仕事をして、予想通りいかず、苦労することが多いですよ。

例えば、イーレックスって会社の社長もしてますけど、電力の自由化によって、今までよりも安い電力を供給できるという趣旨で設立した会社(一般にPPS-Power-Producer-supplerと言われています)ですが、この会社の場合は、既得権益に守られて大きな資本をバックにした電力会社との競争にさらされているうえに、燃料の石油の値上がりがあってヒーヒー言ってますよ。

ただ、規制緩和と電力の自由化という流れはかわらない。将来必ずこれは伸びるとは思ってますよ。でも時期が悪くて、不幸にして苦労してると、こういうわけですね。


(為替王)
イーレックスのほうは、まだ早すぎたということでしょうか?

ceo4

  続きを読む
Posted by kawase_oh at 08:55TrackBack(13)

今日のポジション(2/20)

先週のUSD/JPY相場は、毎日のように1ドル=117円台半ばから前半へ円高気味に推移し、瞬間的に117円を割れる場面もありました。しかし、週末には、円安方向へ値を戻し、今朝の時点でも1ドル=118円台で推移しています。

1ドル=117円というのは、今月月初に目標値1ドル=119円に到達した後に、円高に戻る際の目処として考えていたわけですが、予想以上に強力に、円高サポート水準として作用したとの認識です。

  続きを読む
Posted by kawase_oh at 08:29TrackBack(9)
2006年02月19日

資産運用相談Q&A小冊子無料プレゼント

********************

為替王さま はじめてメールさせてもらいます。最近FXをバーチャルでしていて、毎日ブログにて勉強させてもらっています。まだまだ分からないこともありますが、本当に勉強になります!

‖24号よりメルマガも読ませていただいてるのですが、これもとても勉強になります。 そこでそれ以前のバックナンバーも読ませてもらいたいと思ったのですが、バックナンバーのあるところを見つけることができません。。。 よろしければ教えていたけたらうれしいです。

△修譴函∈F「ドル建てオプション」を扱っているという会社から電話勧誘がありました。 これはFXと比べてどちらがどう有利なのでしょうか?

また電話担当の人にFXを考えてるから、と言うと、取り扱い会社に注意するように言われました。それはFXの勉強をしていることでも理解していましたが、担当の言うことには、1998年の外為法で自由化した折に悪徳な会社もできて問題になり、 2005年(昨年)7月1日に法改正され、FXを取り扱う会社で認定されたのは30社だと聞きました。12月20日までは猶予期間だったけれど、まだ悪あがきで認定されていない会社も営業中だとか。この話は本当なのでしょうか? また本当なら、よくネットなどで紹介されているFX取り扱い会社は全て認定されているのでしょうか? それはどこで判断したらいいものなのでしょうか? ご存知なら是非教えていただきたいと思うのですが・・・。 長々と申し訳ございません。よろしくお願い致します。 これからもブログ・メルマガを楽しみにしております。
(By nenさん)

********************


nenさん、こんにちは。

まず 

『為替王・資産運用相談Q&Aメルマガ』のバックナンバーにつきましては、本当にたくさんの方々から、お問い合わせいただきまして、ありがとうございました。
最初は、個別にお送りさせていただいたのですが、ここ数ヶ月はあまりにご依頼が多くて対応しきれなくなっていました。

私のメルマガを読みたいというありがたいご依頼にもかかわらず、ろくにお返事もできず申し訳ないと悩んでいたところ、ひまわり証券さんから、「私どもにお任せいただけませんでしょうか?」と、びっくり仰天のお申し出を頂戴しました。

ひまわり証券さんと言えば、FX取引を日本で初めて本格的に個人投資家に提供した会社であり、そのHPでは、過去データが誰にでも無料でダウンロードできる点などが素晴らしいと昔から思っていたのですが(“昔から思っていた”というのは本当です!)、今回のオファーにしても、本当に、投資家のニーズに敏感な会社だなあと思いました。

実際に、私の過去メルマガなど、何人の人が欲しいと言ってくれるかなんてわからないですし、過去メルマガを冊子にすることやそれを送付する作業には、それなりのコスト負担が必要なはずです。

それでも、ひまわり証券さんの経営陣は、「少しでも投資家のニーズに応えることが、自分たちの利益や業界全体の発展につながる」と、本気で思っているようです。どこかの利益至上主義・自分たちの儲けしか考えていない会社とは格が違います。

話が逸れましたが、
ひまわり証券さんのご好意で、為替王過去メルマガプレゼントをして下さっているので、よろしければ、そちらをご覧ください。


続いて、△砲弔い討任垢。

  続きを読む
Posted by kawase_oh at 11:17TrackBack(15)
2006年02月18日

週刊東洋経済・臨時増刊 『ブログキャスター』


********************
為替王様 こんにちは、みなぼーと申します。
為替王様のブログは毎朝欠かさず読ませていただいております。素人の自分が安心してFXに投資できるようになったのは、為替王様のおかげであると、感謝の言葉しかありません。

さて、為替王様は現在、長期のドル高円安予想をされています。また毎日の『今日のポジション』でも、「今年は大幅な円安局面が訪れるとの予想は堅持。」と連日書かれています。
自分はブログの立ち上げ当初から読ませて頂いていますが、今回の円安予想ほど強気に予想を言い切っていることは無かったと記憶しています。なので、為替王様の見解に納得し、ドル買いを進めているわけですが、やはり時折みせる調整の時期には、この円安トレンドはどれ程続くのか、どの位の水準を目指すのかが気になります。そこで、この円安トレンドを為替王様は、どの水準まで上がる可能性があるとみているのでしょうか。または、どの程度の期間にわたり、円安トレンドが続くと考えられているのでしょうか。もちろん、様々な要因が為替に影響していますから、ハッキリといえないのは承知の上です。あくまでも参考までに、現在のところの為替王様のお考えをお教えいただけたら幸いです。 以上です。
今後とも、個人投資家の立場に立った素晴らしいブログを期待しております。よろしくお願いいたします。
(By みなぼーさん)
********************



みなぼーさん、こんにちは。


みなぼーさんには、このブログの立ち上げ当初から応援のコメントを頂戴していて感謝しています。

さて、昨年の私の長期予想は、117円〜120円というような目標値を度々書いていましたが、では、今年は?

  続きを読む
Posted by kawase_oh at 11:19TrackBack(20)

玲子さんの戦績(2月13日〜17日)

0602032004年7月22日100万円で為替投資を始めた玲子さん。為替王の「今日のポジション」を見ながら売買をしています。前週末で258万円だった資産は、今週末時点で261万円に増大しました。

  続きを読む
Posted by kawase_oh at 09:49TrackBack(11)