2006年10月31日

会社を辞めてプロの個人投資家を目指す方へ

********************
為替王様 初めまして、Casino王と申します。
私は外貨貯金8年、FX2年の投資歴である普通の会社員です。為替王様のブログは毎日楽しみにしており、また私の投資スタイルに参考にさせていただいております。具体的には、レバレッジは約5倍の運用でスワップ収益が月額約20万円。為替差益が月額約80万円を最低目標としており投資金額を増加した今年6月から4か月連続100万円を超えた収益を得ております。個人的には、予定とおりのシナリオなのですが現在会社勤めのため、ほとんど指値による自動売買で稼いでいることも事実です。前置きが長くなりましたが、ここ数年興味を持てなくなった会社勤めを辞めて、個人投資家になれば今まで以上に為替差益を得られると試算しておりますが為替王様は、私のように会社員を辞めて、FX個人投資家になることをどのようにお考えてしょうか。  続きを読む

Posted by kawase_oh at 07:07TrackBack(45)

今日のポジション(10/31)

先週末に1ドル=118円台から117円台へと大きくドル安・円高になったUSD/JPY相場ですが、昨日は、1ドル=117円20銭〜60銭あたりの小さな値動きにとどまりました。
  続きを読む
Posted by kawase_oh at 07:01TrackBack(45)
2006年10月30日

米国夏時間から標準時間(冬時間)に変更になりますのでご注意を!

2006年10月29日に米国では、夏時間から標準時間に移行しました。

そのため本日より、各FX会社の取引時間、注文受付時間、システム処理時間などが変更になります。 デイオーダーやデイトレードの対象時間(=終了時間や有効時間など)が変更されますので注意が必要です。(日本時間で朝6時まで有効だったのが、朝7時までに変更になるなど)

米国では昨日10月29日の真夜中2時を指した瞬間に、時計の針を1時間元に戻し、再度1時からやり直しになりました。
  続きを読む
Posted by kawase_oh at 06:56TrackBack(42)

今日のポジション(10/30)

先週のUSD/JPY相場は、週前半に1ドル=119円50銭を超える場面がありましたが、1ドル=119円50銭〜120円あたりの壁が厚く押し戻されました。結局、今月中旬以降生じ始めた円高リスクが顕在化する形で、先週末のNY市場では一時1ドル=117円10銭台まで円高になりました。 その後やや反発して、1ドル=117円台半ばあたりで先週の取引は終わりました。
  続きを読む
Posted by kawase_oh at 05:58TrackBack(40)
2006年10月28日

安倍さんの改革

自民党総裁選当時、私は、麻生さんや谷垣さんに比べると、安倍さんの経済政策についてやや心もとない面がある。ということをブログ過去記事や メルマガで書きました。 (かつて安倍さんの口から具体的な経済政策を聞いたことがなかった。という点はご同意いただけると思います。)

これまでの安倍政権を見てみなさまはどのような印象を持たれたでしょうか?
  続きを読む
Posted by kawase_oh at 09:34TrackBack(33)

玲子さんの戦績(10月23日〜27日)

0610042004年7月22日100万円で為替投資を始めた玲子さん。為替王の「今日のポジション」を見ながら売買をしています。前週末で307万円だった資産は、今週末時点で300万円に減少しました。
  続きを読む
Posted by kawase_oh at 08:11TrackBack(38)
2006年10月27日

おしゃれなフランスの銀行の為替市場分析レポート

フランスの中央銀行であるフランス銀行(Banque De France)が今月、大変興味深い報告書を公表しました。

米国の経常赤字と為替レートに関する報告書です。

そうです。
みなさまも聞き飽きたことと思いますが、「米国は巨額の経常赤字を抱えている。ドルが暴落するリスクがある」といった類のことをテーマにして、いまさらながらフランス銀行が大真面目に分析してくれたわけです。報告書の内容を箇条書きにします。
  続きを読む
Posted by kawase_oh at 07:48TrackBack(35)

今日のポジション(10/27)

昨日のUSD/JPY相場は、1ドル=119円で始まったあと、朝のうちに119円を割り込み、じりじりとドル安・円高方向に動きました。海外市場でもその流れが続き、1ドル=118円台前半までドル安・円高になっています。
  続きを読む
Posted by kawase_oh at 07:28TrackBack(37)
2006年10月26日

ソフトバンクの携帯電話料金は為替相場変動要因!?

ソフトバンクが携帯電話で新料金プランを発表したことは大きなニュースになりました。
新料金体系「予想外割」では、加入者同士の通話料が無料になるなど、携帯電話ユーザーにとってはインパクトのあるニュースでしたが。 実は、経済・金融市場においてもインパクトがありました。

ソフトバンクの株価が動いたの? いえいえ、そんなことではありません。
ソフトバンクの新料金プランは、“日本のマクロ経済全体への影響があるかもしれない”ということで話題になりました。どういう意味でしょうか?
  続きを読む
Posted by kawase_oh at 07:18TrackBack(50)

今日のポジション(10/26)

昨日のUSD/JPY相場は、日中は1ドル=119円台前半での小さな値動きでした。海外市場では、1ドル=119円をわずかに割り込む場面もありましたが、大きな動きには至らず、今朝の時点でも1ドル=119円台前半で推移しています。
  続きを読む
Posted by kawase_oh at 07:03TrackBack(45)
2006年10月25日

ニュージーランドはまだ利上げするか!?

今週の注目重要経済指標のひとつが、
26日に発表予定のニュージーランドの政策金利です。
  続きを読む
Posted by kawase_oh at 07:35TrackBack(45)

今日のポジション(10/25)

昨日のUSD/JPY相場は、一昨日に1ドル=119円台を回復した流れを受けて、ややドル高・円安気味に推移しました。夕方には1ドル=119円50銭を超えてドル高・円安が進みましたが、そこまで。その後押し戻されて、今朝の時点では1ドル=119円台前半で推移しています。
  続きを読む
Posted by kawase_oh at 07:17TrackBack(44)
2006年10月24日

英ポンド投資家必見! イングランド銀行の新人は強気にモノ申す

英国の政策金利は現在4.75%。
その高金利に注目して英ポンドに投資している方も多くいらっしゃいますので、久しぶりに英国金利動向をチェックしておきましょう。

英国は今年に入ってから一度利上げを実施しました。8月に4.5%から4.75%に引き上げて、その後の9月、10月の金融政策委員会では金利据置が決定されています。ただ、その委員会においては、微妙なメンバーの考え方の違いが明らかになっています。
  続きを読む
Posted by kawase_oh at 07:44TrackBack(39)

今日のポジション(10/24)

昨日のUSD/JPY相場は、東京市場は1ドル=118円台後半であまり値動きがありませんでした。しかしその後の海外市場ではドル高・円安方向に動き、1ドル=119円台を回復。今朝も1ドル=119円台前半で推移しています。
  続きを読む
Posted by kawase_oh at 07:32TrackBack(35)
2006年10月23日

手数料無料の裏側

手数料がタダ!
これを怪しいと思う人もいれば、素直に「おおいいじゃん!」と思う人もいるでしょう。

金融商品に限って言えば、うまい話は原則的には疑ってかかるのが定石です。それでも、投資信託やFX取引で「手数料がタダ!」は決して怪しいことではありません。なぜでしょうか?
  続きを読む
Posted by kawase_oh at 06:26TrackBack(38)

今日のポジション(10/23)

ドル円相場は今年6月から1ドル=113円台〜118円のわずか5円の値幅での限定的な推移が長期化していました。しかし、今月初10月6日にようやく過去4ヶ月間のレンジの上限である1ドル=117円台後半〜118円台前半の重要水準を突破しました。 そのまま一気に1ドル=119円を超え、翌週10日には重要水準突破後の私たちの目標値である1ドル=119円50銭〜120円に到達しました。
  続きを読む
Posted by kawase_oh at 06:00TrackBack(32)
2006年10月22日

イタリア格下げ

先日19日、米系格付け会社のS&P社により、イタリアの信用格付けが引き下げられました。

「AA−(ダブルエーマイナス)」から
「A+(シングルエープラス)」への格下げです。
  続きを読む
Posted by kawase_oh at 07:30TrackBack(38)
2006年10月21日

ドル円相場の値動きが乏しい

最近のドル円相場は、値動き(=為替レートの変動)が乏しいです。
今年は1月や5月に、急激な円高と急反発が見られましたが、そのような一時期を除けば安定的に推移している期間は意外と長く、特に直近の市場変動率は著しく低下しています。

近年、為替市場参加者は多様化していて、いろんな見通しやニーズを持った参加者による膨大な取引、専門的には流動性が豊富であるとも言いますが、それが結果的に市場の安定性を増しているのかも知れません。

私がドル円相場を分析しましたところ、
  続きを読む
Posted by kawase_oh at 09:20TrackBack(36)

玲子さんの戦績(10月16日〜20日)

0610032004年7月22日100万円で為替投資を始めた玲子さん。為替王の「今日のポジション」を見ながら売買をしています。前週末で313万円だった資産は、今週末時点で307万円に減少しました。
  続きを読む
Posted by kawase_oh at 09:12TrackBack(25)
2006年10月20日

米国のインフレと金利見通し

2006/5/20の記事で米国の金利動向および米ドル相場の行方を左右する重要な経済指標として、米国の消費者物価指数(CPI)をご紹介しました。(物価指数はどの国でも物価動向=インフレ動向を把握するための重要指標として重視されています。)

当時は、ドル円レートが1ドル=109円を記録。
多くの市場関係者はドル安・円高がさらに進むと予想していました。

しかし私たちは、冷静に米国のインフレ率(消費者物価指数の変化率)を分析し、それが上昇傾向を示していることなどから、米政策金利引上げの可能性や、その後のドル高を見通しました。これまでの展開はよしとして、さて、その後の米国インフレ率はどうなっているのかチェックしておきましょう。
  続きを読む
Posted by kawase_oh at 07:27TrackBack(39)