2005年07月14日

ドルインデックス

昨年までの米ドル安、あるいは今年の米ドル高など、米ドルが大きく動くとき、何かと“ドルインデックス(ドル指数)”が話題になったりします。

ドルインデックスとは何か?
ドルが絡んだ通貨ペアはいくつもありますが、ドルのいくつかの対主要通貨レートを包括的に指数化したものがドルインデックスです。USD/JPYやEUR/USDなどそれぞれの通貨ペアでドルの変化率にはバラツキがあります。それを、為替市場全体で、ドルがおよそどれくらい上昇しているのか、下落しているのかをドルインデックスで把握することができます。

主なドルインデックスには、米連邦準備制度(Federal Reserve)が算出しているものと、FINEXが算出しているものがあります。

FINEXとは、ニューヨーク商品取引所(NYBOT=New York Board of Trade)の金融部門であるFinancial Instrument Exchangeの略称です。東京証券取引所がTOPIX指数を算出しているのと同じようなイメージで、FINEXがドルインデックスを算出しています。

FINEXのドルインデックスの内訳ですが。
対ユーロが58%、対円が14%、対ポンドが12%、対カナダドルが9%、対スウェーデンクローナが4%、対スイスフランが3%といった構成比になっています。米連邦準備制度のドルインデックスの構成比とは若干異なっています。構成比については正誤はないので、自分で通貨を選びその比率を決めてオリジナルなドルインデックスを作ってみるのも面白いかもしれません。

いずれのドルインデックスの推移を見ても、2002年から大きな下落トレンドにあったのが、今年に入ってから反転しているのがよくわかります。6月末時点での今年のドル上昇率は、対ユーロで11%、対円で8%、対ポンドで7%などとなっていますが、FINEXのドルインデックスの上昇率は10%。およそ為替市場全体のドルの動きを表していると見て良さそうです。




●みんなが見てる注目記事!
昨夜もトラリピ大フィーバー!トラリピだけで年収 800万いける?
iサイクル注文、最大月間利益100万円突破!最高年率換算利回り372%!
原油5年ぶり一時50ドル割れ。今後の原油投資のご相談と対処法 〜原油はなぜ下落しているか?底値はいくらになるか?〜
日経新聞も注目!「FXの損失が発生しないオフセッ ト注文」
ワンタッチで為替予想。自動FX予測「ぱっと見テク ニカル」
どうすればトラリピで月々5万円稼げますか?
日本国債急落!資産防衛対策が大ヒット!おめでと う!
FXハイレバレッジ(最大300〜400倍)業者
誰でもできる! 元手0円から1時間後に10万円に増 やす方法!?
見てスグ分かる為替予想「みらいチャート」
ネットで予約→成田で受取!手数料最大98%OFF!  マネパの外貨両替・受取サービス、利用者急増中!


免責事項
この免責事項は本ブログを利用されるすべての閲覧者に適用されます。なお、本ブログの情報の利用者は、この免責事項の内容を承諾した ものとみなすことをあらかじめご了承ください。 本ブログは情報の提供を目的としており、投資の助言あるいは投資の勧誘等を行うものではあり ません。本ブログの情報は、作成時点で、信頼できると思われる各種データや情報に基づいて作成しておりますが、その完全性・正確性・有用性に ついて保証するものではありません。閲覧者が、本ブログの情報を直接または間接に利用したことで被ったいかなる損害についても本ブログ運用者 は一切の責任を負いません。 FXはリスクや損失が常に存在する金融商品です。取引を開始するにあたっては、閲覧者自身の判断によって、リスク を十分に理解したうえで自己責任で行ってください。 本ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提 供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。


◇◆◇◆◇ 要注意!「為替王」をかたった情報にご注意ください。 ◇◆◇◆◇
私が執筆している情報は下記の3種類のみです。
(1)このブログ「為替王」
(2)メルマガ「週刊為替王」(毎週1回金曜夜。発信元はメルマガ管理会社「まぐまぐ!」)
(3)ブログ「為替王」でご紹介している投資マニュアル、ガイドブック。
上記以外は、為替王とは一切関係がありませんので くれぐれもご注意ください。



●為替王特選! 史上最強のFX会社 「FX王」

FXで賢く運用するなら、複数の口座を作るべきです。
システム障害で、注文ができない!といった、はがゆい状態は絶対に避けるべきだと考えます。
ご自身の取引手法・取引通貨・戦略(短期・長期?)・情報力・資金量などを考慮して、
FX会社の王様=『FX王』のなかから複数の会社を選んで口座を作ってみることをお勧めします。


  • シストレ王

    裁量+シストレ!新しい形のFX「「トライオートFX」です。クイック仕掛けを使えば、実際に利益を出した仕掛けをわずか 2ステップで設定可能!だから、時間も手間もかからない!これからのFXは『仕掛け』で攻略!

  • 総合バランス王

    DMMFXは低コストとして人気のある会社。取扱20通貨ペアに関しては業界最狭水 準のスプレッドで提供しています。また、PC/スマートフォン共に操作性に優れ た取引ツールも好評です。DMM.com証券は国内口座数第1位※2016年2月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2016年2月口座数調査報告書)

  • トレード王

    「少額1,000通貨」「手数料無料」「スプレッド0銭台」など、取引しやすいFX会社は増えていますが、それら3つの条件がすべてそろってい るのが外為ジャパン。少額からでも、デイトレなどアクティブなトレード手法で夢を目指すのに最適。

  • スワップ王

    セントラル短資FXは スワップ派に最も人気のある会社。業界最高水準のスワップ金利は毎日受け取れる。100年の歴史を持つセントラル短資のグループ会社。
    投資金は全額信託保全がされ安心。大手証券会社と同等の第三者格付けを持つ金融機関として評価が高い。

  • 固定スプレッド王

    GMOクリック証券のFXネオでは、スプレッドを原則固定で提供。コストは業界最安値水準。 加えて、『FXroid』『iClickFX』などスマートフォントレードツールも充実。人気!

  • 資産安全性王

    寝ている間も有効活用し、相場に貼り付くことなくことなく効果的に収益を積み増す可能性があるFX業界唯一の注文機能とは?信託保全スキームも金 融業界最高水準のため、ペイオフ対策として富裕層が地方銀行の資金をM2J社にごっそり預け替えたという逸話も。

  • くりっく365シェア王

    手数料は業界最安値水準。ウィンドウのレイアウトは自由自在、チャート上からもそのまま注文可能な高機能取引ツール「はっちゅう君365 」に加え、スマートフォン取引アプリも完備。くりっく365でもGMOクリック証券はおすすめです。

  • チャート王

    世界中で利用されているMetaTrader4を採用!チャートも充実しています。その他、「FXTFミラートレーダー」ではFX自動売買サービスも提供 。【バイトレ】ではバイナリー・オプションも取引可能。幅広い投資を検討中の方におすすめ。

  • 少量通貨取引王

    2012年度オリコン顧客満足度ランキングのFX取引総合部門において、総合第1位のLION FX!約定率は99.9%(矢野経済研究所調べ)と安定して おり、各通貨低スプレッドで提供、1,000通貨取引も可能。各種お得でユニークなキャンペーンも多数実施中。テレビCMでも有名なヒロセ通商です 。

  • 総合バランス王

    外為どっとコムは、FX4部門において2年連続No.1 ※FX「取引ツールの使いやすさ」「お客様サポート体制」「情報量」 「システムの安定性」の4部門。『FX取引者におけるFX会社イメー ジ調査(2015年6月時点)』(企画:株式会社外為どっとコム 調査機 関:株式会社クロス・マーケティング)

  • 安心・信頼王

    親会社がJASDAQ上場!提供されている豊富なマーケット情報も高い評価を受けています。加えて、ツール面も充実しており、高度なテクニカル分析が一 目でわかる「ぱっと見テクニカル」は必見、ハイスピード注文機能も備わっており、トレード性も非常に高い。

  • 手数料王

    99%の約定率と米ドル円スプレッド0.6銭、リアルスプレッド業界No.1!健全な財務状況を誇るIGグループの一員で、グローバ ル金融企業として確立。新興国通貨も多数取引可能な会社です。



●為替王特選! お勧め金融商品



  • バイナリー王

    1000円未満・10000円未満とペイアウト金額が選べる「バイトレ」 「ラダーバイナリー」「レンジバイナリー」「タッチバイナリー」と 3種類の購入方法を搭載。FXTF未来チャート・セミナーなど バイナリーオプションを取引する為のサービスが豊富。

  • 銘柄最多王 IG証券

    CFD銘柄数は業界最多の7,200銘柄以上(2014年6月現在)。世界各国の株式はもちろん、株価指数の他、金・原油などの貴金属・エネルギー から金利・債券まで様々な銘柄の取引が出来ます。さらに親会社のIGグループはCFD実績(リテール部門)世界No.1。お取引された い銘柄がきっと見つかります。


【FX王(えふえっくすおう)】とは?

為替王公認の優良FX会社。FX取引(外国為替証拠金取引)を提供する金融機関は現在100社超。
その中で、プロの視点で本当に優良と判断できる会社はごくわずか。
今回、【FX王】に認定した業者様の基準ですが、日々寄せられる為替王読者の声、為替王独自の財務・信用力分析、プロの視点でのサービス内容 の評価、為替 王人脈によるウラの(!?)評判など。加えて、実際訪問しての調査(ケースよっては社長様・幹部クラスの方と面談)、社員の方の人柄、対応の仕 方など、調 査項目は多岐に渡ります。 その上で、経営陣や社員の方々がFX業界の発展のために情熱を持ち、顧客本位のサービスを実践し、独自のサービスを展開する努力を惜しまない真 の優良FX 会社のみを厳選し、【FX王】に認定しております。

本ページに掲載していないFX業者がだめだということではありませんのでご了承ください。
実際に候補に挙がり、あと一歩でFX王に認定できるFX会社さんもいくつかございます。
本ページの情報は私「為替王」と協力会社株式会社インタースペースが独自に調査したものを公開しています。その情報の正確性につい ては随時精査しますが、完全性は必ずしも保証されていません。また、サイト内情報を利用した結果に対しての責任は負いかねます。
本ページに掲載されているFX業者のサービス内容・文言についての問い合わせ・修正希望・優良FX業者様の追加掲載希望などは協力会社までお願い致します。
FX取引は運用方法によっては魅力的な金融商品だと思いますが、リスクも存在します。
くれぐれもご自身の判断と責任においてお取引ください。

【FXのリスクについて参考記事】-------------------------------------------------------

?“FX取引が危険!”の理由は
?今こそレバレッジの管理
?FX取引は危険だ!
?相場で破産する理由


おかげさまで3万部突破しました!
みなさん応援よろしくお願いいたします。

mag2year_free_0000166896



 「週刊為替王 〜プロが答える無料資産 運用相談メルマガ」
まぐ まぐ!マガジンID:0000166896 無料登録フォーム
●為替王人気記事

外貨預金とFX外貨投資の比較
ボーナスで投資するとしたら?
FXで224億円の巨額申告漏れから明らかになった事実
この記事へのトラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kawase_oh/27991388
この記事へのコメント
為替王さん
おはようございます。
風の便りでは、W.バフェット氏の投資会社、バークシャー・ハザウェイは、3月末現在で210億ドルのドル売り取引を維持していて、結果Q1では3億ドル程度の赤字になったと投資家(株主)に説明したそうです。ドルのトレンドを見ると、彼のスタンスは売りでしたが、見直しをするでしょうか?興味があります。
Posted by <$CommentAuthor ESCAPE $> at 2005年07月14日 09:29

日々是精進さん、お久しぶりです。1週間ぶりくらいですね。
あっさり3億ドルの赤字と説明しちゃえるバフェットが羨ましいです・・。
バフェットのドル売りは確か、経常赤字・財政赤字といった双子の赤字が主な理由だったと記憶しています。財政赤字は改善傾向を示すと私は予想しているのですが、実際にそうなった場合に、バフェットがどのような見解を示すのか、今後注目したいです。
Posted by <$CommentAuthor ESCAPE $> at 2005年07月14日 09:52
ドル指数、忙しい去年の暮れ、見ていて、あぁ〜、の毎日でした。
バフェット氏、為替と関係なくなってしまいますが...
今年も、バフェット氏とのお食事券、入札がありましたね。
思うのです、落札した人、何を話してくるのかな、と...

いつもためになる話、ありがとう!
Posted by pikoko at 2005年07月14日 10:10

pikokoさん、こんにちは。
バフェット氏との昼食会参加権はたしか日本円換算で、3900万円で落札されていました。ほんとに、どんな話をするのか気になりますね・・・。世間話もするのかしら・・。
Posted by <$CommentAuthor ESCAPE $> at 2005年07月14日 11:27
為替王さん(1週間ぶりになりますか・・・)
バフェット氏との昼食会参加権が、3900万円! 彼と昼食を共にしたという自己満足のための金額なのでしょうか。もちろん、インサイダー情報など聞けるわけではないと思いますので、ただの意見交換としてはどうなんでしょうね。私にそんな余剰資金があれば、投資にまわしますね。
どんな方が購入されたのも興味がありますね。
(でも、大勢の人との食事会だったら興ざめですね。)
Posted by <$CommentAuthor ESCAPE $> at 2005年07月14日 12:51

日々是精進さん、pikokoさん、こんにちは。
驚愕のバフェット氏との昼食会についてもう少し詳しく言及しますと。

5年くらい毎年開催していて、参加したい人はネット上の競売で参加権利を落札しないといけません。今年3900万円で落札した人はもちろん過去最高額。参加人数は8人程度だそうです。落札されたお金は、バフェット氏の懐に入るのではなく、慈善事業に寄付されるそうです。
Posted by <$CommentAuthor ESCAPE $> at 2005年07月14日 14:51
去年落札した人、何している人か、忘れてしまいましたが...
支払った分だけの価値はあった、とのコメントでした。

バフェット氏は、慈善事業へ、ソロス氏もたしか、
なにか、慈善事業していたような...

日本でも、成功された方で、確か乳児院?のような施設をつくったりという
話を聞いたことがあります。

ただ、そうとう税金面で?外国と違いすぎる?らしいです?
よく分かりませんが。

そういえば、エネルギーに関するコメントが、バフェット氏からは多いですね。

ありがとうございました。
Posted by pikoko at 2005年07月14日 15:21
直感的には
円安・株高・石油高と言う流れから
円高・株安・石油安と言う流れに
何れ転換し得る様な気もするし
矢張りこれは人民元切り上げで
そう成ると言う確率は高いだろうか
(矢張り最後にバフェットは勝つと言う
 事かも知れないが)
Posted by <$CommentAuthor ESCAPE $> at 2005年07月14日 16:24

某研究者さん、こんにちは。
私は長期的なドル高を予想していて、バフェット氏は長期的なドル安を予想しています。私は為替相場だけはバフェット氏に負けたくない!と勝手な対抗心を燃やしながら頑張ろうと思っています。
Posted by <$CommentAuthor ESCAPE $> at 2005年07月14日 17:08
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=90003009&sid=a0Md0.I7WJQY&refer=jp_top_world_news
4−6月期のドイツ経済は良い様だが
他の国は余り良く無いと言う
事なのだろうか
日本も4−6月期は
民間の予測では
前期比0.5%前後の成長と言うが
大体この辺りで収まるのだろうか
(OECD等の06年0.8%成長と言うのは
 流石に過小かも知れないが)
Posted by <$CommentAuthor ESCAPE $> at 2005年07月14日 20:06
お久しぶりです。為替王さま、ひろです。ドル売りました ポジションすべてクローズです。おかげさまで利益もかなりでました。また参考にさせていただきます。(ここで宣伝してたひろというのは、私ではありませんのであしからず)
Posted by ひろ at 2005年07月14日 20:33

ひろさん、こんにちは。
ひろさんが利益を獲得されたのは、私などのおかげではなく、ひろさんが真剣に相場を分析されて、勇気を持って大切な資金を投じられた結果だと思います。それは大変素晴らしいことで、私も嬉しいです。
Posted by <$CommentAuthor ESCAPE $> at 2005年07月14日 21:08
ここへ来て、ポンドドルは相変わらずショートポジションが多いのに、
ユーロドルは、ドル円の上昇に追従しない流れが多くなっています。
ロングの厚さも際立ってきたのではないでしょうか。

私も、ユーロドルロングを再度建てました。米国指標の発表で150PIPS
も変動するのはリスクには違いないのですが、そういう場合はトレーリ
ングストップでいったん利食いしてから、安値で再度建てる方針です。

でも、建てた直後のドローダウンが一番へこみますから、1、2日はポ
ジション調整でじり高の期間を持ってから、来週のFRB議長のコメン
トの水曜日を迎えるか、あるいはその日をやり過ごしてから、建てるの
も良いのかもしれません。

私はただせっかちなだけです。(^_^.)

Posted by ぴろたん at 2005年07月15日 04:23

ぴろたんさん、こんにちは。
ポンドとユーロの対ドルでのやや異なる動きは、ぴろたんさんご指摘のような背景もあり、とても難しく思っています。
「せっかち」という点では、以前このブログでご紹介した「ピット・ブル」(http://blog.livedoor.jp/kawase_oh/archives/12027035.html)の著者もせっかちな性格を生かして相場で大儲けしたというような印象を私は受けました。
Posted by <$CommentAuthor ESCAPE $> at 2005年07月15日 09:23
為替王様
いつもいろいろご教授くださり有り難うございます。
教えて下さい。 「ドルインデクッス」という言葉は
「実質実効ドル相場」、「貿易加重平均ドル指数」などという言葉と
同じ意味なのでしょうか。
Posted by まるさん at 2005年07月15日 19:08

まるさん、どうもこんにちは。
ご指摘の論点を例えるならば、「日本株インデックス」には、「日経平均」や「TOPIX」などいろいろあるのと同じようなものとお考えいただければ良いと思います。
日経平均は日本株インデックスであると言えますが、日本株インデックスの例を示すときに、必ずしも日経平均である必要は無く、TOPIXなどでも良い。という意味になります。
Posted by <$CommentAuthor ESCAPE $> at 2005年07月15日 23:16

この記事へのトラックバック
ドルインデックス(ドル指数)とは、複数の対主要通貨レートを指数化したものです。 ユーロ、日本円、英ポンド、カナダドル、スウェーデンクローナ、スイスフランの対ドルレートから算出します。 FINEXのドルインデックスの内訳は、対ユーロが58%、対円が14%、対ポンドが...
<$PingTitle ESCAPE $>【為替で日給8万円 【FX-Trade.JP 】】at 2008年03月16日 00:41