信託保全特集

安全なFX会社を選び抜く3つのポイント!自分の資産を守るための知識武装。

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]    [次のページへ]
「外貨預金よりもFX外貨投資の方が魅力的なことは分かった」

「しかしまだ、FX会社(外国為替証拠金取引会社)を金融機関として信用できない」

「FX会社に大金を預けることに不安があって、FX投資に踏み出せない」


このように、FX外貨投資というものの良さは理解したけれども、
FX会社に何百万円も預けてしまって本当に大丈夫なのか?
という不安をお感じの方は少なくないと思います。


そんなときに私為替王が考える、安全なFX会社を選び抜く3つのポイントがあります。

図1

ー己資本規制比率

200%以下の会社は気をつけたほうがよいでしょう。
HPで数値を公開していない会社は要注意です!


会社の信用度

・歴史
・資本金
・評判
・第三者機関の格付け
・上場会社
・プライバーシマークの有無
・社長の経歴
など。
上記の項目から、総合的に判断することをおすすめします。

私がブログで紹介している会社で、
セントラル短資FX
東海東京証券
ひまわり証券
マネースクウェア・ジャパン
は会社の信用度において、業界内でトップクラスなのは間違いありません。


信託保全の導入の有無

どんなに良いサービスを導入していようと、信託保全を導入していないFX会社に大切な
お金を預けることを私はおすすめしません。

さらに、信託保全は各社によってスキームが複雑なので、より信託スキーム精度の高い会社に
お金を預けることをおすすめしています。

´△錬藤慍饉劼裡硲佚から判断することは容易だと思いますが、信託保全については分かりくい!

という読者からの質問を多く頂きます。


今回は、初心者の方にも分かるように、信託保全について特集してみました。



[1]  [2]  [3]  [4]  [5]    [次のページへ]




信託保全導入の会社はこちら

マネースクウェア・ジャパン
セントラル短資FX
ひまわり証券
IGマーケッツ証券
・東海東京証券
インヴァスト証券 INV@ST-FX24


別スキームで証拠金が全額保護されるくりっく365業者はこちら

インヴァスト証券 INV@ST-くりっく365