弁護士松永大希のかわせみブログ

神奈川県藤沢市で法律事務所を経営する弁護士の日々の出来事

2014年10月

藤沢かわせみ法律事務所の弁護士松永大希です。

今日で10月も終わりですね。今月は、あっという間に過ぎていったという印象です。

当たり前のことではありますが、ご相談者ご依頼者のお役に立てるよう、日々の研鑽を怠らず、明日以降も頑張りたいと思います。

弁護士のブログなので、法律ネタを書かなくては、という思いはありますが、構想中につき、しばらくは法律と関係のない記事が続くかもしれません。

藤沢かわせみ法律事務所の弁護士松永大希です。

今日は、午後から、私が所属する横浜弁護士会に用事があったので、近くにある喫茶店で昼食をとりました。

「コーヒーの大学院」という名前の喫茶店で、結構有名なお店のようです。

美味しいハンバーグとコーヒーをいただき、幸せなひとときを過ごすことができました。機会があれば、また行ってみたいと思います。

藤沢かわせみ法律事務所の弁護士松永大希です。

「事例で考える民事事実認定」司法研修所編(法曹会)を読みました。最近は移動が多かったため、移動中に読んでいました。

もともと、司法修習生用の教材として書かれたもののようです。何事も基本と王道は大切ですね。今年の春ころに買ってそのままになっていたので、読む機会があって良かったです。

研修所で教わったことが書いてあり、当時のことを懐かしく思いつつも、収録されている事例を読みながら、「もし自分が事例の代理人として訴訟活動をする場合には、こういった証拠を追加で提出したり、尋問で質問したりするだろうなぁ。」と思ったりしました。

藤沢かわせみ法律事務所の弁護士松永大希です。

ここ最近、裁判所へ行く回数が増えています。しばらくしたら落ち着くとは思います。

民事裁判は、少なくとも私の場合は、基本的には代理人である弁護士だけが出席することが多く、尋問や和解等の場面でご本人に出席していただくことになります。ご本人に裁判に出席していただく前に、打合せをすると、緊張して何も話せなくなるのではないか、という心配をされる方がいらっしゃいますが、裁判所へ行くことは一生にあるかないかの出来事だと思いますので、緊張するのは当たり前ですとお伝えしています。

また、「弁護士は何回も裁判を経験しているのだから、緊張しないんじゃないですか?」と聞かれることがあります。私に限って言えば、全く緊張しないということはありません。緊張して変なことを口走ったことまではありませんので、適度な緊張感に包まれながら裁判に出席しています。

ただ、尋問の直前であるとか、重要な局面であるとかの場合には、とても緊張します。「大事な場面なので、緊張するのは当たり前だ。」という気持ちで、緊張感と上手に付き合っているつもりです。

藤沢かわせみ法律事務所の弁護士松永大希です。

ご依頼者と打合せをする際、事務所まで来ていただくことが多いです。ただ、裁判の直前直後の打合せであったり、緊急で打合せをする必要がある場合などは、弁護士会館や喫茶店で打合せをすることもあります。

そのため、初めて訪れる町や駅を歩く際だったり、空いた時間を喫茶店で過ごしたりする際には、「この喫茶店は打合せに使えるかもしれないな。」というようなことを考えることが癖になっています。「あのお店はコーヒーが美味しいから。」という理由で選びたい気持ちもありますが、やはり、お会いする方のアクセスのしやすさだったり、打合せのしやすさだったりを優先しています。

ちなみに、本日は土曜日ですが、土曜日にご相談をご希望の方は、事前にご予約いただけると幸いです。

このページのトップヘ