革職人「翔」のレザークラフト日記

革職人の「翔」です!山梨県笛吹市(平成29年3月移転)で、毎日せっせと革製品を作っています。ベルト(特大・特小サイズも)・バッグ・ポーチ・キーケース・ブックカバー・キーホルダー・携帯ケース・IDストラップ・チャンピオンベルト等の製品から、既製品のカスタム・リメイク・修理まで手がけています。ここでは、レザークラフトの裏技や、製品の出来るまでを生の現場からお届けしていきます!

2013年05月

AWA ヘビー級チャンピオンベルトの革張替え(ニックボックウィンクル)

お陰さまで、最近はチャンピオンベルト革張替えのご依頼が増えてきました

お話を伺っていると、皆さんそれぞれに思い入れがあり、とても貴重なベルトだということがひしひしと伝わってきます。

ここの所は少し納期が短く出来るようになりまして、ご依頼~1ヶ月後の納品となっています。


今回ご紹介しますのは、大阪府に在住のH様からのご依頼分です。

こちらのベルトは日本国内には無い、かなりレアなチャンピオンベルトだそうです

de3b9cb2.jpg


中央プレートの重厚感には圧巻です













3a340a63.jpg
















d5608e95.jpg



こちらは裏面













今回も、黒い革ベルトを新しく製作し、プレートを付け直すという作業になります


ac18d182.jpg


プレートを外し、新しい革を裁断しました













68526ad9.jpg

革の裁断をするには、型紙を使います。

微妙な凹凸が多いので、慎重にカットしていかなくてはなりません












c0383c59.jpg


裁断が終わったら、元の通りにプレートを付け直します。

今回は、サイドプレートの位置を少しずらしてほしいとのご依頼がありました












a846560f.jpg


表革と裏革の貼りあわせが終わりました













34c92936.jpg


裁断面が白いので、コバ塗り(色塗り)をしていきます














完成の画像はこちら!!


h-1

納品後にH様からお送り頂いた画像を掲載させて頂きました




このように飾るとまた素敵ですね~

また、有難いことにこのようなご感想を頂きました。

================================================


 この度はベルトリメイク依頼の問い合わせから始まりメールでの連絡をその都度迅速にして頂き安心して完成まで待つ事が出来ました。
完成したベルトを手にした感想はベルトの良し悪しは革で決まるんだなと改めて思いました。素晴らしい出来で大変喜んでおります。

アトリエSHOUにリメイク依頼して本当に良かったと思います。
有難うございました。


=================================================

喜んで頂けてスタッフ一同、大変嬉しく思っております

また何かございましたらどうぞよろしくお願い致します。


デザインフェスタ終了しました!

月17・18日の2日間、

東京ビックサイトで開催された

「デザインフェスタ」vol.37 に出展してきました~
嬉しい











今回は開催史上最大の

出展社 3,400ブース だったそうです

147acb68.jpg








とにかく賑わってましたーー








「ココペリ birth (バース)」のブースにお立ち寄り下さった皆様、心より御礼申し上げます。

a955ff23.jpg
















次回は、11月2・3日に行われますのでぜひ遊びに来てください

e27ee21a.jpg





dae3892e.jpg





86f5e6d4.jpg







今回は、株式会社シバサキマテリアルさんと隣同士のブースで出展したので色々と勉強になりました。

ちなみに 「INDIGO  VOICE」(インディゴボイス)というブランドで出展されました

1d5356a9.jpg





奥の壁にかかっているのは、インディゴの糸です!

インディゴの糸+シルク

インディゴの糸+和紙

など、斬新なアイディア満載のインディゴ糸でセーターやストールなどの製品を作っていらっしゃるので、興味のある方は、
株式会社シバサキマテリアルへお問い合わせ下さい

TEL: 048-266-0533



残すは楽しい反省会のみ

次回も頑張ります

efcd4fb7.jpg



← 娘が描いたココペリです












ナンバーワンよりオンリーワンを

f5408793.jpgオーストリッチのパッチワークベルト。
遊び心を取り入れ、自分だけの勝負色。
何気なく、さりげなく。

WCWチャンピオンベルト革張替え(ハルク・ホーガン)

またまた、チャンピオンベルトの革張替えの作業の様子をご紹介します

今回は、静岡県在住・N様からのご依頼です。


N様の第一のご希望は、「今より柔らかく、三つ折りに出来るように」

とのことでした。

チャンピオンベルトの専門誌も一緒にお送り頂き、それも参考にしながらイメージに少しでも近いものを作っていきます

ハルク・ホーガンがベルトを掲げている写真は圧巻でしたーーー


249febd1.jpg

ゴージャスで、かなり重厚感のあるプレートです















35efcf4f.jpg
















75f07c4e.jpg

















d1c6bb8d.jpg

いつものように、プレートを取り外し

型紙を制作します














1e0e3442.jpg


プレートの取り付け位置を間違えないように

覚え書きが色々と書き込んでありますねー












今回、作業に夢中になってしまい、作業の様子の画像をたくさん撮ることが出来ませんでしたーー

革を三つ折りにする為に、中央プレートとサイドプレートの間の革を薄く漉き加工したのですが、何しろ初めてのことで、いつもに増した緊張感でした


f509c307.jpg
















55b1ed68.jpg


表革と裏革の準備が出来ました!














91ddf33b.jpg
コバ塗りする時はベルト・プレートが傷つかないように
職人自家製の道具を使います





b8bcb7a7.jpg





 ← 折り曲げられるですよーー

   革が薄くなってます








完成はこちら


c2a57190.jpg






6705c863.jpg






625114c1.jpg









N様には、とても喜んで頂けたようで安心いたしました。
またどうぞよろしくお願い致します。

NWAヘビー級チャンピオンベルトの革張替え

前回は、NWA ミドル級 チャンピオンベルトの革張替えの様子をご紹介しましたが、今回は、

NWA ヘビー級 チャンピオンベルトの革張替えの様子をご紹介します

こちらも、
布のベルト部分から金属プレートを取り外し、新しく本革で作ったチャンピオンベルトにプレートを付け替える作業になります


画像 020

元のベルトです




画像 022






画像 030

プレートを取り外し、保護の為、ビニールに入れておきます




画像 025

型紙を制作していきます




画像 031






画像 032
型紙ができたら、革の裁断






画像 042
革には、ネジの穴を開けました





画像 044

ネジを取り付けた裏面




画像 043

プレートが付きました!




画像 046
ネジの高さを一定にします





画像 061
下にあるのが裏面の革です





画像 064
貼りあわせるとこんな風に





画像 066
包丁で裁断

緊張する瞬間です



ここでコバ塗りの作業に入りますが、何度も何度も重ね塗りをして
気の遠くなるような作業が何日も続きます


画像 096
やっと、ミシンにかかれます





画像 098
今回も二人がかりです





完成はこちら!!

画像 112






画像 113






画像 115







実はT様には、初代IWGPチャンピオンベルトのカスタムもご依頼を頂きました

また次回ご紹介しますので、お楽しみに


livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ