革職人「翔」のレザークラフト日記

革職人の「翔」です!山梨県笛吹市(平成29年3月移転)で、毎日せっせと革製品を作っています。ベルト(特大・特小サイズも)・バッグ・ポーチ・キーケース・ブックカバー・キーホルダー・携帯ケース・IDストラップ・チャンピオンベルト等の製品から、既製品のカスタム・リメイク・修理まで手がけています。ここでは、レザークラフトの裏技や、製品の出来るまでを生の現場からお届けしていきます!

材料

台風は無事過ぎまして?

[画像:7ccff969-s.jpg]

台風21号(ラン)は
無事過ぎましたが、
風まだまだ、強くて。
近くに南アルプスがこんなに大きく見えるとは知りませんでした。

[画像:d7e18eb7-s.jpg]

葡萄もほっとした

様子。

[画像:26e68f40-s.jpg]

工房と裁断部屋間にある

チェリーセージも風にぐったり。

[画像:edec8efb-s.jpg]

風も収まってもないない間に
柿渋の

材料を桃職人さんが

用意してくださいました。

又、お世話に、、。


今日は

支度します。


どうなるか? 





は、翔平次代。

お楽しみに~。

青井滋子先生

image
今年も
裂き織り作家
青井滋子先生から持ち手製作の
ご依頼がありました。

10月に練馬で個展を開かれる予定で、
プリーツバックの編み込み革持ち手です。

本革を無双加工した
6本丸編みで
中に伸び止めの蝋引きの紐を入れて
毎回グレードアップ!

個展の様子も時期になりましたら
アップしますね。続きを読む

ウッドシートの模様

ウッドシートを制作している、川口市のお客様から

ウッドシートを使ったバッグのご注文を頂きました

以前にも作ったことがあるのですが、今回はウッドシートの柄が新柄になってましたー

30865cbf.jpg












59aa352d.jpg












ee02ac19.jpg












bc7bb4fe.jpg












a4f49c50.jpg












色々な木の間伐材を使って、薄いシート状に編み込んだものです。

編み込むのは一つ一つ手作業だそうで、どの位大変なのか想像もつきませんね~

こちらも職人さんの技術が光っています


このシートと、牛革を組み合わせてバッグを作ります。

2a384a75.jpg

素材は木でも、縫えるんです










884be40f.jpg












完成が楽しみです!

クルミbuckle Ⅱ

2a1e1a84.jpgステッチ無しのクルミバックルです

クルミbuckle って?

クルミバックルは

カバン、ベルトなどなるべく金具の光沢感を控えながら

その革の特徴とぬくもりを生かす時に良く使われます。

中一、帆型、 何でもくるんでしまう技術はすごいです!


皮革、合成皮革、爬虫類等・・・

今回はアパレルさんの依頼で使います。

 どんな商品になるか ワクワクしますね


44e27db4.jpg


livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ