動画作成の備忘録です。


   

実際に作った動画 ニコニコ動画
実際に作った動画 YouTube



今回はDVDへの書き込みおよびYouTubeやニコニコ動画にアップする際に
どうすればなるべく高画質を保てるのか?中心となってます。
作成にあたってはWindowsを使用します。
あまりいい手本ではないと思われますが
少しでも参考になればという想いで書き記しておくことにします。

動画の凝った編集テクニックなどは省かせて頂きます。

ですが今は説明書とにらめっこせずとも
なんとなく触ってるだけでも
編集はそれなりにできちゃいますからね。
たいして上手くない私がこういうことを言うのもどうかと思いますが・・・

最近は携帯電話やデジタルカメラでも
気軽に動画を撮影できるようになりました。
趣味や旅行だけではなく仕事など
研修の録画やメモの替りとして様々活用できて大変便利ですね。
せっかく撮った動画も保存しとくだけじゃもったいない。
YouTubeやニコニコ動画にアップしてみてはいかがでしょうか!?

せっかく撮った動画も使う編集ソフトによっては
画質が落ちてしまったりします
ので
色々試して自分に合うものを探すことをお勧めします。
環境がWindowsであるならばフリーのソフトも
充実していますので御試しあれ!




□ ここから動画作成一連の流れ

使用機材


◎録画設定 (Sony HDR-CX560)
  ◯ 録画モード  最高画質 FX
  ◯ フレームレート 60i
  ◯ HD/STD設定  HD画質

まずハンディカムとPCを接続。
この時ハンディカムのストラップ付近に付属されているUSBコードを使用
マイコンピューターからSTREAMのフォルダをまるごとコピー。







Windowsにて編集

VideoStudio Ultimate X5は今まで使用してきた動画ソフトの中で
私が最も信頼するソフトです。
何よりも予期せぬエラーがまず出ないということでしょう。
動画作成にあたって突発的な強制終了は最悪です。
このソフトはとにかく安定しているので安心して作業が進められます。

  
  VideoStudio Ultimate X5を起動(動画編集ソフト)
  動画を取り込み編集する。
  編集終わり完了クリック。(編集内容は端折ります)


※動画の作成は流れでなんとかなると思いますが
1つだけ注意!音楽や効果音の挿入後に音量の大きさに注意すること。
本編の動画の音量と挿入した音楽や効果音の音量に差がありすぎると
いざ再生して試聴するときにどちらかが大音量で流れてしまうことが有るためです。
この確認を怠ると大変心臓に悪いことが起こります(汗)

たいてい自分で撮った動画の音量が小さくなるということを頭に入れておいてください。



DVDもしくはブルーレイディスクに書き込む
完了タブからディスクの作成を選択。
さらにAVCHDを選択しチャプターやタイトル画面を編集する。







YouTubeにアップロードする場合
「ビデオファイル作成」をクリック。
AVCHD→H.264(1920×1080 29.97fps)にて出力
動画はこれで完成!!

ですが!YouTube や ニコニコ動画にアップロードしたいけど
編集した動画の容量が大きすぎてどうにもならない!
そんな時は次のリンクをクリック!

  


エンコードしよう!