河津とおるの「風よ吹け!」鹿嶋市議会裏話

鹿島アントラーズサポータークラブ“インファイト”を立ち上げ、鹿嶋市をサッカーの街へと変貌させた男「河津とおる46歳」。 彼が新たに挑戦の場に選んだのが、保守的風潮の残る鹿嶋市議会。 現在、鹿嶋市議会議員5期目となり、古い体質に風穴を開けるべく奮闘するブログ。

鹿島アントラーズサポータークラブ“インファイト”を立ち上げ、鹿嶋市をサッカーの街へと変貌させた男「河津とおる46歳」。
彼が新たに挑戦の場に選んだのが、保守的風潮の残る鹿嶋市議会。
現在鹿嶋市議会議員5期目となり、古い体質に風穴を開けるべく奮闘するブログ。

今夜は花火大会の予定ですが、今朝は曇り空。変わりやすい天気のようで心配です。

明日はさらに天気が心配なので今夜決行したいのが関係者の気持ちでしょう。

天候を祈ります。

さて、昨夜は神幸祭の「合同許可交付式」がありました。

これは、神幸祭の山車と提灯祭りが、警察から許可を交付してもらうための式典です。

警察や消防などの関係者にも挨拶をもらいます。

会場は200人近い人でいっぱい。私はその式典の司会と進行。 

これが終わると、鹿嶋市は花火、そして神幸祭へとお祭りモードが入ります。

台風が各地に大きな被害を与えましたが、鹿嶋市では大きな被害の報告はありませんでした。

そして台風が過ぎた昨日も、鹿嶋市近隣ではゲリラ豪雨での冠水被害がありましたが、鹿嶋市に大きな被害はなかったようです。

まさに天候に恵まれている鹿嶋市です。

しかし、逆に今まで被害がないことが、大きな被害への備えを遅らせることにもなりますから、皆さん注意は忘れないでください。

さて、昨日は国体鹿嶋市実行委員会設立総会がありました。

平成31年の国民体育大会は茨城県で開催されます。鹿嶋市はその中のサッカー会場になります。

そのための準備をになう実行委員会が設立され、私も含む市議会議員は参与として加わります。
委員として市内の各団体の代表が名を連ねて、総勢90人を越える実行委員会です。

でも、議員の参与などは形だけのもので、要は名前が入ってれば文句もでないでしょ みたいなこと。 他の委員もほとんどが形式上の参加。ほとんど鹿嶋市が決めたことにおまかせの実行委員会だと思います。

会場には茨城国体のマスコットも来てくれました。

写真を撮らせてとお願いしたのですが、マスコットは何のポーズも取ってくれません。

決めポーズはないの? と聞くとどうやらないようです。

それならばポスターのポーズで とお願いした一枚がこちら
image


あまり変わらないですね。

本日、一般質問の通告をしてきました。

日程に変更がなければ、9月7日(水)午前10時に登壇します。

通告した質問と、その内容について一言添えます。

1 鹿嶋警察署について
(1)神栖警察署が新設されることで鹿嶋警察署の業務はどうなるのか

(2)鹿嶋警察署老朽化への要望と対策は

来年度から神栖警察署が稼働します。規模の大きな警察署になりますが、その際に鹿嶋警察署の業務に縮小が予想されます。そういったことを管轄である茨城県と、どのように協議しているのかを質問します。また、鹿嶋警察署の老朽化で建て替えが必要ですが、どのように考えているのか質問します。

2 アントラーズのホームタウンとしての責任について
(1)内閣府の日本再興戦略2016におけるスポーツの成長戦略を、鹿嶋市に活かす具体的な施策は?
(2)鹿嶋市総合計画に組み入れる具体的な方針と求める成果は?
(3)ホームタウンの責任とは、市民の側から盛り上げることではないのか?

国がスポーツに対しての重要性を増す方針が発表され、アントラーズと協力した鹿嶋市には何ができるのか。その具体例と、そこから求める成果を質問します。そして、アントラーズが当たり前に存在することから考えるアントラーズが求める企業利益にホームタウンが協力することは、ホームタウンだけでバックアップできていない現状では危険なことであり、ホームタウン行政の一番の責任はホームタウンの住民の盛り上げであるとの提言から問題を指摘します。

3 放課後児童クラブについて
(1)放課後児童クラブの夏休みの待機状況は?
(2)児童クラブの問題と今後の対応は?
(3)今後の夏休み対策は?

放課後児童クラブの様々な問題の声が寄せられます。現在の状況も踏まえて、夏休み前に要望が増えた現状を質問します。今後はさらに夏休みの要望が増えることが予測されますが、夏休みへの考え方、子どもの教育・環境・福祉なども考えた上でどうしていくことが最良なのか質問します。その上で、夏休みに学校で子ども達を預かるのではなく、各地区に管理を任せた集会所などを利用して地域ごとの体験学習を進め、児童クラブの指導員は定期的に各地を回る方法を提言しながら問題を指摘します。

以上が今議会の一般質問の内容ですが、毎回のようにまとめるのは質問日ギリギリになるはずです。 皆さんの声も参考になりますので気づいたことがあればコメントしてください。

現在午前8時過ぎ、台風9号が接近しています。まもなく鹿嶋市も暴風雨の範囲に入ります。
皆さん警戒してください。

鹿嶋市は気候・天候に恵まれた地域のせいか、天候の悪化を甘くみる傾向があります。

しかし、川の氾濫で被害のあった常総市の大雨も、運良く鹿嶋市を避けたにすぎません。

できる限りの外出を避けたり、避難警報に注意したり、家族の安否を確認しておくなど、警戒はしておくようにしてください。また土砂崩れが心配な場所にいる方は、事前に鹿嶋市に確認の電話を入れるか、問題がおきた時に慌てることがないように、連絡先を確認しておくようにしてください。

image


昨夜、あるバラエティー番組で、アントラーズが取り上げられた。 

アントラーズがテレビで取り上げられることは滅多にない。ましてやバラエティーに出ることなどほぼない。

興味を持って見ていたら、元監督オリベイラの面白い写真でしたとさ。

18日、午後、アントラーズのホームタウンである広域の市議会議員が集まり、スタジアムにてアントラーズの成り立ち、そして今後の展望について話しを聞きました。

その後、スタジアムを見学して、夜はスタジアムのビアガーデンで懇親を深めました。

大変意義のある会合となりました。

しかし、大切なのはこれをイベントにするのではなく、各自治体で何ができるのかまでの協議になることです。

image

image


今からおよそ200年前のこと。

茨城県の海岸に不思議な乗り物が流れ着き、その中には異国の女性が乗っていたの記録があります。
この乗り物が円盤型の不思議な形をしていたことや、乗り物に不思議な文字が書かれていたことから、これがUFOだったのではないかと言う人もいます。

この200年前のミステリーは、テレビで取り上げられたり、地方紙に新たな資料が見つかったことが報道されたりするので、知っている方も多いと思います。

鹿島灘の海岸に漂着したと記録されていましたから、身近な夢あるミステリーですよね。

多くの人がこの事件の信憑性を知りたくなりますが、この事件についての記録は全国にあることから、当時は大きなニュースだったのではないかと言われてきました。そんな資料を集めて研究も進んでいるようなんです。

鹿島灘の海岸ということで、記録が残されていた大洗海岸ではないかと言われてきましたが、明確な地名が書いてある資料も見つかり、どうやら現在の神栖市の海岸だったとも。

他にも、資料に書いてある不思議な女性ですが、神栖市のとあるお寺に奉られている、金色姫を真似たものとも。

金色姫とは、鹿島灘一帯に、養蚕を広めた女性の神様で、やはり鹿島灘沖から漂着したと伝えられているそうです。

このように研究が進められていくと、どうやらこのミステリーは、当時の人気作家の作り話であった可能性が高くなってきたのだとか。

その作家の名は 滝沢馬琴

南総里見八犬伝の作家です。

創作話なのか、はたまた真実なのかはわかりません。

image

昨日は終戦記念日。毎年、私は靖国神社に参拝に行きます。

先の大戦で亡くなった方々への慰霊は当然として、それ以外にもたくさんの気づきがある貴重な1日です。

昨年までは1人で自由に参拝していたのですが、今年は仲間達と一緒に行くことにしました。せっかくの東京ですから、美味しいものを食べて、買い物もしようと計画。

早朝から鹿嶋市を出発して、午前中に靖国神社で参拝し、遊就館を見学しました。

ここまでは例年どおりの大切な行事です。


さて、ここから気持ちを切り替えた楽しい時間。今回は男ばかり7人ですから、少し贅沢に都内で美味しい焼き肉を食べることに。
実は美味しい焼き肉屋さんを手配したのは私。過去に数回、行ったことがあるお店で、美味しいお肉を出してくれるのですが、値段も手頃。
さっそく注文したそのお肉がこちら。
image


なんと、松坂牛です。

この特別なお肉を最初から二皿注文、さーて食べるぞ! 



と調子が良いのは最初だけ・・

あまりの肉の油の多さに、胸焼け者多数。

肉の見た目も、味も、柔らかさも最高! しかし、その油の多さと肉の柔らかさが、いっそう気分を悪くします。 そしてほぼ全員のハシが止まるという事態に。
その後、せっかく注文した高級肉を食べるために、ポン酢につけたり、牛タンで気分を変えたり、お腹一杯なのに、冷麺やスープを注文したりとあの手この手。

もう、高級肉をたくさん食べる体力はないことを痛感。 年を取るとはこういうことか・・。

そんな胸焼けのままで、次はアメ横に買い物。

本来ならば、美味しい料理を食べてから、みんな自宅で待つ家族への買い物をして帰るはずだったのですが、そんな気分にはなりません。胸焼け解消の為にアメ横を歩き回り、露天の飲食の匂いで更に気分が悪くなり・・

そんなこんなで夕方には鹿嶋市に帰りました。

そして、今朝、起きてもまだ胸焼けは残っています。

image


今日からお盆ですね。

ご先祖様への供養を終わらせると、今年初めてのお盆をむかえるお宅にご挨拶に回ります。

いわゆる新盆のご挨拶ですね。

今日はそのご挨拶回りの1日です。

鹿嶋市の隣の鉾田市の海岸で、悲しい海の事故のニュースがありました。

深みにはまった小さな子供と、それを助けようとした祖父が沖に流されてしまったのだとか。

離岸流が原因ではないかとのことです。

私達鹿嶋市民の多くは、海が身近にあるせいか、離岸流という言葉は知っていますが、それを見つけることは難しいはずです。 離岸流にはまった場合は岸と平行に泳ぐという対処方法も、ほとんどの人が知らないはずだし、パニック状態で横に泳ぐ体力があるとは思わないでしょう。

鉾田市の海岸と鹿嶋市の海岸は、ほぼ同じ環境ですから、他人事ではないんです。

波打ち際だから、小さな子供でも目を離さなければ大丈夫だと思わないように。 大人でも足をすくわれるほど、水が引く力は強いんです。

まだまだ暑い日が続きますが、安全な海水浴場で楽しんでください。

このページのトップヘ