河津とおるの「風よ吹け!」鹿嶋市議会裏話

鹿島アントラーズサポータークラブ“インファイト”を立ち上げ、鹿嶋市をサッカーの街へと変貌させた男「河津とおる46歳」。 彼が新たに挑戦の場に選んだのが、保守的風潮の残る鹿嶋市議会。 現在、鹿嶋市議会議員5期目となり、古い体質に風穴を開けるべく奮闘するブログ。

2017年10月

明日、長野県飯田市に視察に行きます。

鹿嶋市も今後取り組む広域連携DMOについての視察です。

広域連携DMOとは、簡単に言うと、広域で協力した観光事業のことですが、なかなか問題も多くて、私は議会でも問題視してしてきました。

詳細はのちほど。

さて、テレビでは、ある市の市長と議長がそろって入札妨害で逮捕されたニュース。どうやら金銭授受の疑いもあるようです。

市長だけでも悪質ですが、それを見張るべき議員が一緒に逮捕されるのは、かなり悪質な事件。

しかし、現実的にはどうかと言うと、ありえることです。

それにしても、こういった事件で本当に大事なのは、なぜこの問題が表面化したのかなんです。

というのも、当事者達が黙っていれば絶対にわからないこと。

わからないからこそ、このようなやり取りは、おこなれていない事を前提にしていながらも、当たり前のようにおこなわれていてもおかしくはないことです。

談合なども同様です。

談合とは、行政からの仕事を取る時に、同業者と事前に話し合って受注する業者を決めること。

これは本来禁止されているし、行政も談合がないことを前提に入札を受けていますが、業者間で黙っていればわからないし、そこに情報を流す職員がいてもお互いの利益を考えれば自ら話すことはありません。

ですから、一般的にはこのような問題が発覚する時には、談合に加えてもらえなかったり、打ち合わせ通りにいかなかったりと、正義の告発よりも怨恨などからの告発が多いんです。

このようなことは、絶対にやってはいけないと影響を与えるまで、この事件の裏側まで報道してくれるとありがたいですね。

今日は議会運営委員会です。

アントラーズの調子が悪い・・イヤイヤ、悪いぐらいの方が面白い。

さて、鹿嶋市には神宮橋と呼ばれる橋が二つある。

ひとつは、古くからある、鹿島高校の前につながる橋。もうひとつは国道51号線で潮来市とつながる新しい橋。

通行台数を調べたわけではないが、今でも古い神宮橋を使う人は多くて、利用率は変わらないのではと感じる。

そんな神宮橋だが、新神宮橋とつながる国道が4車線に計画されているために、道路拡幅工事が終わると、古い神宮橋は利用ができなくなる。その理由は耐震性にあるのだが、市民からの愛着ある橋だけに寂しい気もする。

古い神宮橋は、湖内に立つ鳥居を見ることもできる。数年前に横柵(らんかん?)を朱色に塗り替えた(もう色は褪せてしまったが)。

歴史ある橋はそれだけでも観光名所になるのだから、他の利用方法を考えればまだまだ市民に愛される橋でいられるだろうと思っていた。

ある時、知人と雑談していた時に、市長がこの橋を壊す方針だと市民に語ったことを知った。

どうにか遺す方法はないのだろうか・・

まだまだ歴史的な価値はなくとも、市民にとっては歴史ある橋なのだ。

どのような利用方法を考えても、耐震性は安全上優先されてしまうのは仕方がない。

しかし歩行者専用ならば様々なイベントも考えることができる。

橋上ビアガーデン、レストラン、フリーマーケット、初心者用バンジー、潮来市民との綱引き、釣り大会、夕焼け見学会、花火大会特等席、ライトアップ、他にも橋の上だからこその使い方もあるように思える。

歴史として繋ごうとする思いこそ、歴史を大切にする思いのはず。

それは、鹿嶋市に歴史館をつくる計画の根幹となる考えのはずだ。

ちなみに、新神宮橋からの4車線化は、オリンピック開催までの完成が目安だった。

しかし、どうやらオリンピックには間に合わないと漏れ伝えられていた。

今回の衆議院選挙で、この国道拡幅をオリンピックまでに完成させると、当選した議員が話していたと聞いた。

今のところ正直、半信半疑だ。

http://www.fujitv.co.jp/minshuunoteki/  


市議会議員を舞台にしたドラマが始まりました。

このドラマがきっかけとなって、市議会が少しでも身近になると良いなと思います。

刑事ドラマが、現実とは違うと言われますが、やはり市議会議員の現状もちょっとだけ脚色されていますね。

例えば、多数が立候補する市議会議員選挙ではあまり他の立候補者への個人的な批判や選挙妨害はないんです。どちらかと言うと譲り合うことが多いですね。
それから、当選者の1人が倒れて繰り上げ当選になりましたが、現実には、倒れてもしばらくは議員辞職はしません。そこはギリギリで当選が現実的でしたね。でも演出あってこそのドラマですから、そういった部分も楽しみましょう。

ドラマはまだ始まったばかり。きっと個性的な市議会議員が出てくるはずですから、さらに楽しみです。

良識ある議員の活躍と、悪役議員の更なる悪役ぶりに期待しています。

そして、市議会議員の仕事もわかってもらえると私もうれしいです。

市議会議員の仕事とは、一言で言うと「市長の税金の無駄遣いを見張ること」です。

ですから、もし自分の住む街を良くしたいのならば、市議会議員選挙で、市長派だとか反市長派だとかよりも、議員として市長に意見が言えるのか言えないのかを判断基準にするのも大切なことだと私は思います。

このドラマが、市議会を身近にするだけではなく、有権者の意識を高めて、社会的な変化にまでつながったと言われるドラマになることを期待します。

関係者が私のような議員のブログを読むことはないとは思いますが、是非とも頑張って欲しいです。

さて次回は、主人公が、寝ている議員を怒る場面がありそうです。

私もさすがに本会議中にはありませんが、他議員の一般質問中に居眠りをしたことがないと言うと嘘になります。

自分の反省につながる場面もありそうです・・。

[画像:bd0aaade.jpg]

今朝、私の家に落ちていました。どうやら台風で飛ばされてきた何かの部品のようです。


さて台風の影響で、鹿嶋市では昨夜から強風と大雨。

午前中に台風は去りましたから、市内の巡視に行きます。

冠水被害、倒木、他にも危険地帯がないか、交通被害がないかしらべなければなりません。停電の被害はずいぶん聞かれます。

昨夜、被害状況を知るための鹿嶋市役所の電話が出ないと情報がありました。
その後、電話はつながったそうで安心しましたが、他の市の対応と比較も必要です。

市民の被害がないように祈ります。

そんな中で、昨夜は衆議院選挙の開票日。
結果は自民党の圧勝。

選挙にたずさわった皆さん、お疲れ様でした。

この結果は事前にマスコミ報道などで、わかっていたことですが、やはりこの結果で、国民の意思が、「消費税賛成」「原発推進」と判断されてしまうのはやるせない気持ちになります。

せめて、自民党の勝利ではあってもそこに国民の考えを受けとめる必要性がある結果になればと願いましたが、有権者の判断は増税を選びました。

今後はこの増税が少しでも私達の負担にならないように見ていかなければなりません。 消費税とは言いながらも、消費者だけにかかる税金ではなく、消費される側にも負担となる増税です。

さて、私の周辺でも選挙が終わるとテレビの解説者のように分析を始める人が増えます。
中には選挙前と終わりで言ってることがまったく違う人もいます。

テレビの解説者の中でも、やはり今回の選挙で結果をだせなかった小池都事と希望の党、結果を出した立憲民主党を取り上げて、小池都知事の失言や態度が原因のような風潮。

でもそもそも、今回の結果を見れば、このような合併劇がなければ、民進党は大敗だったはずだし、立憲民主党もその中で厳しい選挙になっていたはずですから、どちらとも生き残る策だったとも見えます。

誰が良い、誰が悪いと言うよりも、今その時の判断と、そのすぐ先が目まぐるしく動いた結果なのでしょう。

後はこの台風の後のように、この国もカラッと晴れた天気になりますように。

昨日は鹿嶋まつり、そして本当ならば今日も鹿嶋まつりが開催されるはずでしたが、台風の影響で中止です。

さて、私が午前中に「議員と語ろう」ブースの窓口で対応した市民は、顔見知りの方が2人、市役所職員や関係者が8人、アンケートや署名をもらいに来た方が3人、そして休憩所と間違えた市民が1人でした。

相談にきた市民は0人。

でもこういったブースを準備することが大事。皆さんお疲れ様でした。

雨の中でも、会場に来てくださった方は多かったのですが、それでも来場者は少なかったですね。

鹿嶋まつりの関係者も、二日間の開催日をどうするのか本当に悩んだのだと思います。

雨でもできる方法を考えたことでしょう。体育館を使うことも考えたはずです。しかし選挙の開票作業と重なったことが影響したのかな・・

そうでなければ、スポーツセンターや、スタジアムをうまく利用して雨でも二日間の開催はできたし、これからのことを考えれば、そうしなければいけないですよね。

鹿嶋まつりにたずさわった皆さん、そして雨の中でも、会場に行かれた皆さん、お疲れ様でした。

[画像:7fb5086b.jpg]

今日は鹿嶋まつり。

天気はあいにくの雨です。

鹿嶋まつりは、毎年土・日曜日の2日間ですが、今年は土曜日だけ。

日曜日は、台風の影響で大雨の予報ですから、土曜日のみとなりました。

しかし、天気は雨でも、なかなかの来場者がいらっしゃっています。

もしかすると、雨のサービス価格で、いつもより安く買い物ができるかもしれませんね。

さて、私は土曜日の10時から、「議員と語ろう」ブースにいます。

これは、鹿嶋市議会議員が市民の相談にのるために設置していて、当番制です。

ということで、土曜日の午前中は、私が窓口。

でも正直に言うと、あまり相談にこられる方はいません。
皆さん顔見知りの方々です。

今日は雨ですからさらに来てくださる方も少ないとは思いますが、お暇ならぜひどうぞ。

場所は、スポーツセンターの入り口付近。 一番はじのテントです。

毎年、はじにはじに移動して、今年はとうとう一番はじになりました。

衆議院選挙の運動も終盤戦ですね。

しかし原発も消費税アップも、話題になっていません。

日本人は、原発も推進。消費税アップも了承したのかな?

それとも今の日本人は、マスメディアに反論するだけの力もなく、マスメディアを信頼することで自らの考えを妥協させるようになってしまったのかもしれない。

原発を推進している方々の中には、原発とは逆のソーラー発電で利益を得ている人がたくさんいる世の中だし、消費税アップで集められたお金は福祉だけに使われるわけではないことも話題にはならない。

ふと思う・・ 日本人全体の考えを操る電波のようなものが出来ていて、私もその電波の影響を受けているのではないか? そんなSF映画のような発想をしてしまうほど、私達の危機意識はあっという間に忘れられていく。









今年も魅力度ランキングが発表されて、私達の茨城県は最下位でした。

これで5年連続です。

でも、もはや最下位の方が宣伝効果が圧倒的に高いですよね。

中途半端な順位よりも、このままの方が良いと自虐的にみんな思っています。

でも、それは茨城県に自信を持っているからこそ思えることなんですよね。

そもそも、このランキングの採点方式がいまいちハッキリしない。どこを改善すればランキングが上がるのかもわからないし、誰が点数を付けているのかもわからない。

ですから、たぶんマスコミ関係者の意向がかなり影響するのかと思うけれど、茨城県にはテレビ局がないので、マスコミ関係者とのつながりは他県よりも低いと思うんです。 

ですから、最下位ということが注目されているのは逆に忘れられていないということかもしれないですね。

「茨城県にはこんなにも素晴らしいところがあるのに、今年も最下位です」と紹介されてますし。

そんな中で、朝ドラ(ひよっこ)・ひたちなか海浜公園・竜神橋・大仏・あんこう鍋・納豆など、茨城県を代表するものが紹介されているのに、ひたちなかのロックフェスや世界に知られた鹿島アントラーズや鹿島神宮が紹介されないのはなぜだ??

これはどこかで茨城県を最下位にしておきたい力が働いているようにも感じます。

いずれにしても、私達茨城県民には、この結果を笑って許せる明るさと自信がありますよね。



今日から衆議院議員選挙の公示日です。

私が住む茨城2区からは4人の候補者が立候補します。

自民党・共産党・希望の党・無所属

これらの公約をしっかり見て投票しましょう。

このブログにおいて衆議院議員選挙に触れることはないと思っていますが、ただ消費税アップの是非が問われている選挙だと有権者が考える選挙であって欲しいと思います。

有権者のほとんどが、消費税8%から消費税10%に上がるだけだから、買い物に気を付ければどうにかなると思っているかもしれませんが、消費税とは私達が思った以上に多方面にかつ底辺にまでかかる税金なんです。

言い換えると、商品の値上がりプラス消費税分が上乗せされるものなんです。

消費税アップに合わせて収入も増えていけば良いのですが、地方ではそういった実感もありません。そんな中での税率アップは、中小企業や個人商店には死活問題。

消費者目線だけではなく、商売を営む側からも考えないといけないし、結果として連鎖的な収入減が家計の負担になることもあります。

気がつけば、鹿嶋市内のお店が、値段の安い大手チェーン店ばかりになっているなんてことにも。

皆さん、しっかりと考えて、そして大切な投票権を行使してください。

毎日、いそがしくしていますが、そんな中で今ストレス発散にしているのが、車の移動中に昭和のアニメソングを流して一緒に歌うこと。
昭和アニメソングが特集されてCDにもなっているし、レンタル屋さんで探してもいくつもあるんです。

昨夜のテレビ番組で、偶然にも平成アニソン対昭和アニソンという番組をやっていましたが、私は最近のアニメソングは全く知りませんが、子供の頃のアニメソングは、なぜか今でも覚えているんです。
それも、男の子向けのロボットアニメだけじゃなく、女の子向けの魔女っ子アニメソングも歌えるんです。

魔女っこメグや魔法使いチャッピー、花の子ルンルンなども、なぜか歌えるんですよね。

当然、男の子アニメソングは歌いながら映像まで思い出します。

音楽を流しながら歌っていると、アニメソングって名曲が多いなーとジーンとなったりするんです。

海のトリトン・バビル二世・サイボーグ009・エースをねらえ、これらは本当に名曲だし、他にもつい一緒に歌いたくなる曲がたくさんあるんですよ。

さすがに、子供の前や知人がいる時は恥ずかしくてアニソンは流せませんが、同年代の仲間を乗せた時に昭和アニソンを流してあげると、懐かしがって車内が盛り上がったりします。

もし、私と車ですれ違った時には大声で歌っているかもしれません。

その時はストレス発散中です。


このページのトップヘ