河津とおるの「風よ吹け!」鹿嶋市議会裏話

鹿島アントラーズサポータークラブ“インファイト”を立ち上げ、鹿嶋市をサッカーの街へと変貌させた男「河津とおる50歳」。 彼が新たに挑戦の場に選んだのが、保守的風潮の残る鹿嶋市議会。 現在、鹿嶋市議会議員6期目となり、古い体質に風穴を開けるべく奮闘するブログ。

2020年01月

予定の多い1月・2月、関係する方々には予定を合わせることができないこともあり、申し訳ありません。

鹿嶋市の隣の潮来市では日曜日に市議会選挙の投票日、そして神栖市では今が選挙運動の真っ最中。

潮来市の新しい議員の方々、そして目前の投票日に向けて活動している神栖市議会議員候補者の方々、新しい鹿行地域のために頑張りましょう。

さて、鹿嶋市に関しても色々なことがありました。

神野地区の急傾斜地の対策もまだまだ解決にはいたっていません。

そして、ゴミ焼却場の問題もこれからに注意が必要です。

私は、鹿野地区急傾斜対策に関わっている教育委員会を議会として管轄している「文教厚生委員会」の委員長をしています。ですからこの問題についても、議会としての対応については責任があります(しかし、そもそも土地や対策工事に関係するのは別の委員会ですから、これもこの問題がおかしな経緯をたどった証しです)。
そして広域ゴミ処理場を管轄している、地方事務組合議会議員としても鹿嶋市議会から選出されているので、こちらについても議員としての責任ある立場になります。

そして、今年開催されるオリンピックについても、鹿嶋市議会オリンピック推進委員長を任されているので、こちらにも議会としての責任が求められます。

そんな中で、今、日本中が心配しているのが、中国を発生源とした新型ウイルス。

感染拡大が止まないとのニュースです。

全国で報道されている割には、日本人は「他人事」のように考えている人も多いのですが、本当にそれで良いのでしょうか・・。

少し遅いお正月休みが取れたので、沖縄に旅行に行った時のこと。

日本では旅行シーズンからずれたので、旅費は驚くほど値引きされたものでした。

観光地にもそれほど人はいないものだろうと思っていたのですが、予想に反して人はたくさんいます。それもそのはず、日本人ではなくて中国人の観光客でした。そういえば、日本国内の観光地はどこもそのような状況だとは知っていたのですが、あらためて中国人に支えられている現状を見ました。

そんな中、ある場所でのこと。私のすぐ近くの中国人ツアー一行の中に咳の止まらない中国人男性がいたんです。
マスクもせずに激しく咳を続ける男性の近くに並ぶことになった私は、インフルエンザの感染も考えて不安になり、すぐにその場から離れました。
しかし、周囲の人も、咳を続ける男性に注意をしないし、もちろん私も注意をすることはしません。

これが今回のような場合だったら・・その夜、旅行先のテレビで「中国で新型ウイルス発症」のニュースがありました。でもその頃にはもう中国では感染が広がっていたとの報道もありますから、可能性がないとも言えません。

しかし、中国の方々に支えられている各観光地の方々が、咳をしている中国の方に注意をするのは難しいこと。 他にも咳をしなければならない理由はいくらでもあります。

茨城空港は中国直行便があります。鹿島港にも中国の船が入港しています。鹿嶋市にもたくさんの中国人が観光にきていると予想します。
そして鹿嶋市にはサッカースタジアムがあり、人々が密集する環境があります。

そして、さらに心配しているのがカシマスタジアムで開催されるオリンピックサッカーなんです。

ある報道では、この流行は数カ月続くと予想されるとのこと。

今の現状は、発生源である中国との水際でのチェックで対応していますが、この先日本人にも感染が広がれば、根本的な感染対策が必要になります。

大袈裟なようですが、鹿嶋市は、鹿嶋市民のためにも、日本人全体のためにも、そして世界中に広げないためにも、この問題を真剣に考えておかなければなりません。


DSC_0461
DSC_0460

鹿嶋市内に立ち食いソバ屋さんができたと聞き、行ってきました。場所はアントラーズからクラブハウスに向かう道(海岸通り商店街)の平井海水浴場に曲がる道のあたりです。

以前は商店があったのですが、お店の名前がそのままかどうかはわかりません。

気軽に食べられる立ち食いソバはうれしいですよね。ちなみにこのお店は午前6時から開店しています。

鹿嶋市内には美味しいソバ屋さんがいくつもありますが、気分を変えた立ち食いソバもまた美味しいんです。

私が子供の頃には、バスターミナルがあり、そこに立ち食いソバ屋さんがあり、通っていた塾が近くにあったこともあって、夏休みなどに食べに通いました。食べていたのはうどんでした。

その後は学校の学食、車の運転ができるようになれば、高速道路のパーキング。そして東京にでれば立ち食いソバの富士そば。

今でも、東京駅で立ち食いソバを食べたり、富士そばを見つければつい入ってしまうことも。

これからはいつでも、立ち食いソバが食べたい時には食べることができます。

値段はかきあげがついて380円。

最後に、残った七味の効いた汁とかきあげの残りが合わせるトロミが立ち食いソバの醍醐味。

皆さんも是非。

更新ができませんでした。

前回のブログを書いた後に、遅めのお正月休みを取ることができ、普段なかなかできない、国内旅行や映画鑑賞(スターウォーズをやっと見れた)、休みが終わると、出初め式・成人式・神野地区傾斜地住民説明会などの参加もあり、他にもフランクフルト焼きのお手伝い、などなど色々と用事をこなしていました。

過去にはこれらのこともひとつひとつ報告をしていたので、早くも反省ですね。

成人式などは、成人みずからの企画が活かされていて、いつもとは違った素晴らしい成人式でした。

そして、新年早々に入ってきたニュースとして、ごみ処理場建設が大きな問題となりそうです。

神栖市と一緒に建設することを進めてきたゴミ処理場ですが、一緒に進めてきた理由のひとつが、広域処理することで国からの被災地支援となる補助金をもらうためだったんです。

これがどうやらもらえなくなるとも・・

そうすると鹿嶋市がゴミ処理場を自らの負担で建設することになります。

正確な金額などはまだ計算が必要ですが、おおよそ検討されている額でも、鹿嶋市にとっては大きな負担になります。

ゴミ処理場は鹿嶋市にとって絶対に必要なものですから、こちらにかかる経費を他の予算から削らなくてはなりません。

しかしこの問題は以前から心配されていて、このような状況で年間に一億円を越える予算が必要な歴史館を作ることが市民に許されるのかどうか本格的な議論が必要です。

今日は、鹿島地方事務組合議会に出席します。これはゴミ処理場などについて協議するために、神栖市議会から選出された議員達と組織した議会。どのような報告がされるか、後程報告できればと思います。


明けましておめでとうございます。

年末年始は、仕事を終えてから宴席の連続でした。
皆さんが仕事始めになる今日から、やっと数日間のお正月休みを取ることができました。

休みが終われば、今年も鹿嶋市のために精一杯頑張ります。

今年も裏話がたくさんありそうです。更新も続けますので、どうかよろしくお願いします。

https://dot.asahi.com/dot/2019122900006.html

リンク先のニュースは、お正月早々、鹿嶋市が取り上げられたニュースです。

昨年から続く、歴史館に関係したニュースです。良いニュースではありませんが、今年の議会ではこの問題が中心になりそうです。

このページのトップヘ