サッカー日本代表VSベルギー代表の試合は、残念ながら日本が負けてしまいました。

でも頑張った試合でした。良い試合でした。 胸を張って帰ってきて欲しい。

選手全員、お疲れ様でした。 毎回、鹿島贔屓の応援ですが、やはり日本代表の強さは選手全員のつながりでの活躍なのだとわかります。

早朝3時よりも少し前に起床。まだ暗い外には、あかりをつけた家もまだ少なく感じます。 

前半は点数に動きはありませんでしたが、随所にベルギーの強さ、日本のうまさがわかる試合展開。

そして後半すぐに日本のゴール。

まだ眠たい人達の目を覚ましてくれました。

そして2点目のゴールも日本。

この時は「日本が勝つぞ!」と思いました。
そして、「これに勝ったら次はブラジル戦だ。これは絶対に鹿嶋市でパブリックビューイング(大画面放送)をやらない訳にはいかないだろうな。でも午前3時にできる場所はあるのか?」などと先走ったことまで考えていました。


しかし、その後ベルギーが2点を取り、最後の3点目のベルギーのゴールが決まった時には、叫び声をあげながらガックリと顔をテーブルに沈めてしまいました。

きっと、テレビを見ていた多くの日本人が同じように、声をあげてうなだれていたことでしょう。  

でもすぐに、よく頑張ったと思えた試合だと私は思います。

さて、鹿嶋市に縁のある選手が4人も参加しているワールドカップですから、サッカーの話題を続けて書いていますが、前回の試合での、日本代表の勝ちを求めない試合内容については賛否両論あり、私がその試合内容に納得した文章を書いたことに対しても賛否のコメントをいくつかいただいています。

ですが、この問題については私は正解があるとは思っていないし、今日の試合によっても答えも、考え方も変わってくると思っているんです。

目的は多くの方との議論ではなく、私に伝えることだと理解して、あえて掲載はしませんが、私はコメントは必ず読みますのでご理解ください。

さて、日本代表の試合は終わりましたが、まだまだワールドカップは続いています。

この盛り上がりを次はオリンピックで、鹿嶋市で肌で感じることができるように参考にしたいと思います。

そして、これからも外国で活躍する元アントラーズの選手達を注目したいし、現アントラーズ選手達には、この経験を活かしてほしいと思います。