DSC_0280

台風19号で那珂川が決壊し冠水被害のあった水戸市飯富町に行きました。

被災地に行くにあたって、現地の方々の邪魔や迷惑になる行為があってはいけないので、被災地周辺に住む方に案内をお願いして、片付けのお手伝いをしたんです。

水戸市にはボランティアセンターも立ち上がり、迅速な対応も進んでいます。

片付けの合間にも、浸水した場所を見て回りたいと考えていたのですが、片付けて排出したゴミの山が道路に並ぶ様子や、家の中にまで水を流して泥を落とす様子を見ると、とても今後の備えのためとはいえ、見て回ることはできませんでした。 参考のための写真を撮ることさえためらってしまいました。

被災にあい無人の家での窃盗もあると聞きましたから、あちこち移動するのも現地の方々へのストレスになるとも思ったんです。

水戸市飯富町に行ったのは初めてで、広い水戸市ですが水戸駅市街地に意外と近い場所でした。

決壊した川よりもかなり遠くまで浸水被害にあったのがわかるのですが、浸水被害のあった場所を過ぎるとすぐにごく普通の日常の様子でした。

今日は鹿嶋市議会では全員召集されて、今回の台風被害の報告があります。そして被災地の支援も議論されるでしょう。

これからはいつ同じような台風がきてもおかしくはないでしょう。

鹿嶋市がいつも被害が少ないわけではありません。同じような被害が出た場合には支援が必要になります。その時のためにも、今、鹿嶋市にできる支援をさせてもらいたいですね。