神奈川県相模原市の「さがみ虹色ネット」さんにお招きいただき講演をおこなってきました。この「さがみ虹色ネット」さんは、教師・医師・心理士・作業療法士など様々な専門職種の方が集まって、発達障害等の子を支援する「個別の指導計画」作成の研究を続けていらっしゃるそうで、会が発足されて、すでに6年目になるそうです。

職域を超えた連携ネットワーク作りは、各地で広がってきていますが、6年前の発足当時は神奈川県内でも初の試みであったそうです。先駆け的な存在だったのだろうと思います。その取り組みは新聞等でも取り上げられていらっしゃいますが、定例の勉強会では、個別ケースについて行動、対人関係、言語・コミュニケーションなどの視点から実態を把握し、現場で実践できる教育プログラムとして指導計画立案を繰り返し行っていらっしゃいます。その根底には、「一人一人の教育ニーズを踏まえる」、「自立と社会参加を目指す」という特別支援教育の理念がしっかりと根付いているのを感じました。

毎年夏休みには、会員以外の方にも参加できる公開講座を設定していらっしゃり、今回は私がお声をかけていただきました。求められた演題は「授業のユニバーサルデザイン」・・・。もともとの虹色ネットさんの誕生経緯や目指されているものとすり合わせながらお話ししたかったので、あらためて「授業のユニバーサルデザイン」について語られている文献・報告を横断的に比較しました。

調べてみて、正直なところ驚きました。「え、こんな人まで?」っていう人までもがユニバーサルデザインを語っていました。しかも、おっしゃる内容は論者によって異なる部分が多く、また、それぞれが重要とされている部分はその方の専門領野に近いところばかりだということもよくわかりました。中には、高校の先生向けの研修会で、小学校低学年の授業でのユニバーサルデザインを語っているような資料もあったりして、これは「ユニバーサルデザイン」という美しい言葉の響きに惑わされないような伝え方をしないとまずいなと感じました。

もちろん、どの子にもわかりやすくと考え抜くことは素晴らしいことだと思います。でも、「このやり方なら全ての子に適用できます」とまるで万能薬のように理解されるのは危険だと言わざるをえません。それから、「ユニバーサルデザイン」という言葉がなかった時代にあっても、「どの子にも分かりやすく」という視点で授業を極めていった先人たちが多くいることを忘れてはならないとも思います。

講演では、「ユニバーサルデザイン」について解説するのではなく、「ユニバーサルデザイン」という考え方を私たちがどのように受け止めていくか、を中心にお話しました。また、様々な論の「よさ」と「課題」の両側面を客観的に整理しました。そして、大人目線のデザインでなく、子ども一人一人の目線に立つ実践を紹介しました。個をじっくり見定めるという視点は決して欠いてはならないものだと思います。

公開講演のあとは、個別の指導計画の公開ワークショップも併せて行われていました。非常に精力的に活動を継続していらっしゃる会のあり方に大変共感を覚えました。今後もますますのご発展を祈念しています。