名南経営 河津勇のツンドク?ヨンドク?

税理士法人名南経営 河津勇 公式ブログ。新刊ビジネス本から、皆様のビジネスに役立ちそうなヒントをあれこれ探ります。毎週日曜日更新中。

FC349726-73DD-4D54-B03E-B9B271D70FFF2023- 1-22  Vol.501

【概要】

 19世紀の社会学者、カール・マルクスの主著として知られる「資本論」 書籍の名称は知っていても、原著は難解であり、実際に読んだという経験をお持ちの方は、決して多くはないことと思います。

 実は
ここ数年、この「資本論」が、再注目されています。

 コロナウィルス感染症で露わになった社会格差の深刻さ。賃金の上がらぬ状況下で、高騰する一方の諸物価。21世紀もはや四半世紀を過ぎながら、我々の生活は豊かになるどころか、逆に苦しくなっているようにすら感じます。

 我々に、自由と豊かさを与えてくれるはずだった「資本主義」。どうもその雲行きが怪しくなるなか、かつてその矛盾を指摘した「資本論」やカール・マルクスを好意的に受け止める、若い世代が世界的に増えていることが、その背景にはあるようです。

 ソ連や東欧諸国など社会主義国の崩壊もあり、カール・マルクスの思想は、もはや時代遅れとの印象もありますが、彼が描いた社会ビジョンから学べることは、現代にあっても決して少なくないと著者は説きます。とはいえ全3巻から構成される「資本論」を読み解くのは非常に困難。そこで前知識がなくても読める入門書を目し記されたのが本書。「資本論」の解釈に新たな視点を持ち込んだとされる経済思想家、斎藤の手によります。

【構成】

 全6章で構成されています。
第1章から第4章は、「商品」「労働力」といった「資本論」の基礎部分を分かり易く解説。第5章から第6章では、コミュニズム(共産主義)へと深く踏み込み、
カール・マルクスが思い描いた未来社会について考察しています。

【所感】

 本書には底本があります。それは2021年1月にNHKで放送された「100分 de 名著 カール。マルクス『資本論』」同書に5章以降を加筆したのが本書です。

 かつては誰もがアクセスできるコモン(共有財産)であった「富(自然資源など)」が資本によって独占され、貨幣を介した交換の対象、すなわち「商品」になってしまう。
 例えば地域の人が利用していた水飲み場が、突然立ち入り禁止となり、我々がスーパーなどで、ペットボトルの水を買わざるを得ない状況となるのが「商品化」、お金があるなら何でも買えるが、お金がなければ何も買えない。なぜ資本主義は、人にそんな不合理を強いるのか?
 第1章冒頭では「商品」をこのようにかみ砕いて解説をしており、十分な掴みとなっています。
また第2章の「労働」では、「労働」と「労働力」の違いを紐解きつつ、長時間労働が蔓延する仕組みに言及。

 個人的に一番印象に残ったのは、イノベーションについて触れた第3章でした。
人の労働のプロセスは「構想」と「実行」の2つの要素から構成されるそうです。
「構想」とは、ある課題を解決するために知恵を絞っている状態であり、「実行」とはその課題解決のために実際に行動を起こしている状態。マルクスは「構想」を「精神的労働」。「実行」を「に期待的労働」とし、人間の労働はこの両者が統一されたものと定義をしています。

 しかし生産性向上のため、資本家は、分業を進め「構想」と「実行」を分割しようとします。
個々の労働者から「構想」を排し、単純労働へ特化させることで、作業の無駄を無くし管理も容易くなります。しかし「構想」を奪われた労働者は限りなく「無力化」していきます。

 なるほど、人が働くモチベーションを失うメカニズムは、こういうことかと大いに納得した次第です。全編通じ、このような著者の巧みな解説で、非常に腹落ちをした本書。
  入門書ですので、かなり簡略化、意訳されている点も多いことかと思いますが、「資本論」につき本書程度の基礎知識を皆がもつことは、我々がこれからの社会を考える上で極めて有益ではないか。そんな思いを抱いた1冊でした。
 
                            NHK出版 2023年1月10日 第1刷発行

2023- 1-15  Vol.500BAED30FD-574F-4A70-B1DA-ABF2C36A5216

 10年前に始まった当ブログも、節目の500冊を迎えることが出来ました。これも公開していただける場があること、読んでいただける皆さまがあってのこと。心より感謝いたします。さて節目の今回ご紹介させていただくのは、こんな1冊です。

【概要】

 著者は、ジョージタウン大学マクドノー・スクール・オブ・ビジネス准教授。職場の活性化をテーマにコンサルティング活動なども行っています。
 著者の前作「Think CIVILIT「礼儀正しさ」こそ最強の生存戦略である」は礼儀正しさこそが、その人の評価を向上させ、職場の雰囲気を改善するとし、無礼な態度はコストも高くつくなどと指摘をした1冊でした。
 
 今回、本書で扱うのは「コミュニティ」や「帰属意識」の重要性。
 著者たちが2万人以上の人々に、仕事の生活の質について行ったアンケートでは、65%の人が職場でコミュニティも感覚を得ていない。他の調査では76%の人が職場のチームメイトとつながりを持つことが困難と答え、40%以上が職場で身体的、精神的な孤立を感じているそうです。

 孤独は仕事のパフォーマンスを下げ、創造性は減退していきますが、逆に職場でコミュニティ意識をもつことが出来ると、人々の仕事への取り組み姿勢は向上し、定着率は向上、また健康増進への寄与も大きいそうです。
 著者は「コミュニティ」とは、互いの幸福に配慮しあう個人の集まりと定義し、
これまでの経験を踏まえ、繫栄する「コミュニティ」を作る6つの方法として、①情報の共有 ②人の解放 ③尊重しあう環境 ④率直さの実践 ⑤意義を与える ⑥メンバーの幸福度を高める を挙げ、順に解説をしながら展開しています。

【構成】

 全2部10章で構成されています。前半の第1部では、前述した6つの方法を個々の章で紹介。後半第2部では、コミュニティに依存するのではなく、自らがコミュニティのリーダーとなるべく、心構えや考え方についての提言をし、行動を促しています。

【所感】

 シカゴ・ブルズ、クリープランド・クリニック、シスコ・システムズ、グーグルX、サウスウェスト航空を始め、数多くの事例が紹介されており、興味深く拝読しました。
 どの事例にも共通するのは、コミュニティの構成員同士(社員)がお互いに、優しさ、思いやり、尊敬の念を抱くこと。多様性を認めること。「ウェルビーイング」の重視。

 非常に幅広い意味で使われることの多い「ウェルビーイング」ですが、ここでは、社員が心身ともに健康で働ける職場環境を整えることと捉えるのがよさそうです。
 これは第1部、第2部、それぞれで独立した章としても取り上げられており、組織としての
「ウェルビーイング」個人としての「ウェルビーイング」双方からアプローチをしており、特に重視している点が印象に残りました。
 
 読み手が、個人レベルで本書の内容を実践するなら、個人向けに記された後半第二部が参考になりそうです。「ウェルビーイング」に加え、自己認識、(身体の)リカバリー、マインドセットが紹介されています。
 他者に優しさや思いやりをもって接したいと思うなら、まずは客観的に自分の感情や思考に気付いてなければならないとのことで、まずは自己認識の重要性を説き、ネガティビティな感情や人に左右されないマインドセットの在り方を説いています。
 より具体的な行動についても、言及されていますが、個人的にあまりテクニック的なことを考えることなく、まずは他者と積極的なコミュニケーションを取る勇気を持つことが肝要ではないかと考えます。そしてそのきっかけは、ほんの小さな挨拶程度のことで十分かと。さりげなく声をかける。何かしてもらえれば、お礼を伝える。難しく考えず、まずはそんなことから始めてみませんか。


                               2023年1月10日 第1版第1刷発行

6DAAF0A7-2B84-4F28-BACD-BBC9EDFB28B82023- 1- 8  Vol.499
  
【概要】

 辛口評論家として知られる佐高信氏が、主として上場企業や、その経営者について論じた1冊。

 たとえどんなに表層を繕ったとしても、その企業のもつ体質(DNA)は、そう簡単に変わるものではなく、時にその異質さや異常さが、顔を覗かせることがあります。

 その企業と何らかの関わりを持とうとする場合、特にその企業へ入社
を希望するような就活生であれば、十分そういった点を理解し判断をしなければなりません。とはいえ、なかなかそういった情報を拾うことは難しく、またその真偽のほども定かではありません。
 
 ならばその一助となろうというのが本書。佐高氏自身のインタビューや講演経験。過去の報道記事などを引き合いにしながら、80社ほどの企業について論じています。

【構成】

 全8章で構成されています。製造業、インフラ系企業、金融系企業など7業種に章立てされており、製造業のみ、リーダーの資質、会社の品格と2章に分けて掲載されています。掲載企業1社につき2ページ~3ページのボリュームとなっており、読みやすい体裁となっています。

【所感】

 佐高氏が本書冒頭で「会社を選ぶのに必要なのは、負の情報」と綴っているだけに、全般的な論調は企業や経営者への叱責。特に過去に社会問題とも言える事件を起こした企業については、それを風化させてはならじと、より厳しい筆致で記されているように感じます。

 ただ批判ばかりでなく、高い評価をつけている企業もいくつか挙げられていますが、あくまで本書で取り上げた経営者が率いていた時代の話であり、過去はこういった素晴らしい風土をもっていたが、現在もそれは引き継がれているのか? と疑問を呈されている企業も散見します。

 佐高氏が、評価する企業に通じるのは、「企業は公器」と考え一本筋の通った経営を断行した経営者の存在と、その姿勢が企業の体質(DNA)として確実に継承されているか否かという点。
 本書内では、特に明かされていませんが、本書出版元の「日刊現代」のWebサイトでは、佐高氏が特に評価する企業として「城南信用金庫」「久遠チョコレート」「大川原化工機」の3社が挙げられていました。

「あの企業でこんなことがあったんだ。こんな経営者がいたんだ」と就活生のみならず、興味を惹く内容かと思いますが、惜しむらくは、引き合いに出されている企業や事例がやや古いことでしょうか。
 また登場する経営者の在任期間や、過去に起こった事件性のあるものについても、時期の記載は、ほぼありません。ネット記事からの加筆訂正による編集のため、内容の分類整理など、正直書籍としてまとまった感はなく、ゴシップ記事の寄せ集め的な印象の強い読後感が残った点は残念でした。

                       日刊現代/講談社 2022年11月25日 第1刷発行

このページのトップヘ