河津勇のツンドク?ヨンドク?

税理士法人名南経営 河津勇 公式ブログ。新刊ビジネス本から、皆様のビジネスに役立ちそうなヒントをあれこれ探ります。毎週土曜日更新予定。

2016- 9-24 VOL.170IMG_8813

【概要】

  株式会社ミスミグループ本社 http://www.misumi.co.jp/
  製造業に従事されている方なら、同社について「機械部品をカタログで販売する会社」くらいの印象はお持ちかもしれませんね。

  同社を一躍有名にしたのは、1980年代後半に発刊された「金型部品のカタログ」でした。プラスチック製品や金属製品製造に不可欠な金型。
  同社のカタログが発刊されるまで、こういった金型製造は図面を描くことからはじまるのが当たり前でした。

  ところが同社のカタログの発刊により、金型設計者の仕事は自身で図面を引くのではなく、同社のカタログから必要な金型を選択し採寸を指定することへと大きく変わっていきます。

  これは画期的なことであり、このユニークなビジネスモデルにより、同社は1994年に東証二部上場、1998年には東証一部上場を果たします。
  日本の景気低迷期にありながら、そのユニークなビジネスモデルで高成長、高収益を続けてきた同社。
創業社長である田口弘氏の経営手腕が大いに着目されたことも記憶に新しいところです。

  ところがそんな創業社長は、2002年、とある人物に同社の経営を委ねます。

   その人物こそ、本書の著者である三枝匡氏。彼は率いた12年間で代表就任当時、社員数340人、売上500億円だった同社を、グローバル社員数1万人、売上2,000億円の企業へと大躍進をさせます。

  本書は、そんな同社の12年の歩みを描いたノンフィクションです。

  三枝氏は、過去にも会社再建に関し3冊の著書がありますが、今回は「ミスミ」という実在する会社を舞台にしています。但し三枝氏本人と創業者の田口氏以外は全て仮名という変わった体裁をとっています。

【所感】

     8章から構成される本書。

  三枝氏が代表就任に際し、まず取り組んだのは、ミスミの強み弱みの見極め。そこから始まるのは、経営幹部への戦略思考の叩き込みでした。
  そして原価管理、海外投資、M&A、生産管理、オペレーション管理、組織風土と、同氏の取り組んできた改革の過程が時系列で描かれています。

  読み応えのあるダイナミックな改革ぶりですが、本書の素晴らしさは、当事者である三枝氏が、個々の改革につき、客観的にその意図や背景を分析し理論面の解説を加えていること。

  各章の巻末を中心に記されている「三枝匡の経営ノート」というコラムや、要所で記されている「読者への設題」という囲み記事のある体裁は、さながらケーススタディブックの様であり、絶えず「あなたなら、こんな時どうするのか?」と問われているような臨場感あふれる構成となっています。

  全編を通じ感じるのは、三枝氏の取り組みは決して奇をてらったものではないこと。
その取り組みの過程や内容は、経営学や経営理論を通じ、かつて我々が見聞きしたことのあるものが大半かと思います。ただ違うのは、その深堀りと徹底ぶりが半端ないということではないでしょうか。

  凡百の経営学や経営理論のテキストを読むよりも、本書を繰り返し読むことで、経営に関する見識は相当向上するのではないかと実感した次第です。

  三枝氏の手腕も素晴らしいのですが、個人的には、創業者の田口弘氏にも驚かされます。
  自身が築きあげ、東証一部にまで上場までさせた我が子ともいえる企業を、他者に託すその胆力。
三枝氏に経営を任せた後は、何一つ経営に口出しすることはなかったそうです。また本書の出版に際し、ややもすれば田口氏の経営手法への非難とも取られかねない内容もありますが、何一つ加筆修正させず、ニコニコと笑って出版を許してくれたそうです。

    希代の経営者二人に率いられたミスミグループの社員の方々は幸せですね。

2016- 9-17 VOL.169IMG_8814

【概要】

 ブリュードッグ https://www.brewdog.com/
 スコットラン1443608760Brewpixsept24thsbrill086ドで生まれたクラフトビールのブルワリーです。  
  2007年に2人と犬一匹、手元資金3万ポンドでスタートした同社ですが、毎期黒字経営を続け、今では5,000万ポンド(約70億円/2015年)の売上高を誇り、500人以上の社員を擁する規模にまで発展をしています。
  また同社の製品は、世界50ケ国以上に出荷され、40店舗以上のビアバーを展開しています。(日本では東京 六本木にお店があります)
 
  なぜこれほど短時間で、これだけの成功を収めることができたのでしょうか?
その経営哲学の基礎にあるのは「パンクの精神」。
  本書は、そんな「パンク精神」溢れる創業者が語るビジネス論。
ジョニー・ラモン(ロックバンド ラモーンズのギタリスト)、マルコム・マクラーレン(セックス・ピストルズの仕掛人)、カート・コバーン(ロックバンド・ニルヴァーナのボーカリスト兼ギタリスト)などの名言を織り交ぜつつ、構成されています。


【所感】
 
    軽妙なノリで語られる本書。

  起業論、財務論、マーケティング論、セールス論、チームビルディング論など、一応の章立てになっているものの、何か体系だった構成になっている訳ではありません。

  また会社の成長を時系列で、追っているわけでもなく、肝心要の製品開発については、ほとんど触れられていませんので、全編を読んでみても、なかなかブリュードッグの全容が分からないというのが、正直な感想でした。
しかし、それを補ってあまりある示唆に富んだ内容でした。
 
  個人的に一番感心したのは、財務に関する記述でしょうか。
どうしても、同社の派手なマーケティング展開などに目を奪われがちですが、実は同社成長の要諦は財務戦略にあるのではないかと考えています。
 本書でも、財務に関しては十二分にページを割いており、価格設定、利益確保、資金繰の重要性について繰り返し記されており、財務に関する用語集までつけている徹底ぶりでした。

  また同社は、「パンク株」(一種のクラウドファンディング)という独創的な手段で、20億円もの資金調達に成功しています。同手法で、事業資金のみならず事業賛同者やファンを増やす取組などは、これまでのビジネスの常識では、有り得ないことであり、まさに「パンク精神」炸裂といったところでしょうか。
 
  他にも、「初めて世に問う製品に妥協をしてはいけない。」「創業時に当面の資金欲しさにセールス担当を入れて乱売するようなことをしてはならない。」などとも語っており、一見破天荒に見せつつも、押さえるべきところは、きちんと押さえたそのしたたかな経営姿勢には非凡なものを感じます。 

   企業家、起業を志す方以外にも、心揺さぶられるところ多い一冊ではないでしょうか。

  さて社員数も増え、世界中で事業展開をする同社は、自社の企業文化を守り、より強くするため、創業7年目にして、初めて自社の企業文化を明文化した、ブリュードッグ憲章を設けたそうです。
最後に、同憲章を紹介して今週は、締めくくりたいと思います。今週もお付き合いいただき、ありがとうございました。

 〇ブリュードッグ憲章

  我々は、我々以外の人々を、我々と同様に、うまいクラフトビールに夢中にさせるという使命を負っている。

 ・「我々の血管にはクラフトビールが流れている」 ・・・・・ これこそ我々が目指すべき方向である。
 ・「我々は妥協しない」 ・・・・・ 我々は愛していないことは、やらない。絶対に。
 ・「我々は全力を尽くす」 ・・・・・ 我々は野心的だ。歩みを止めない。リスクを冒す。
 ・「我々はギークだ」 ・・・・・ 我々は取り憑かれたように学ぶ。それを惜しみなく伝える。
 ・「我々はひとりでは何者でもない」 ・・・・・ 我々はブリュードッグとして存在する。


 

2016- 9-10 VOL.168IMG_8766

 ビジネス書のカテゴリーからは、少し外れるかもしれませんが、今週はこんな異色の一冊をご紹介させていただきます。

【概要】

  塗魂ペインターズ http://www.to-kon-painters.com/ 

    これは塗装業者の方々による任意団体です。
一般的にこういった団体は、共同受注や会員同士の相互扶助を目したものが多いかと思います。
ところが同団体は少々、他の団体とは趣が異なります。何が違うのか?

  実は同会で、年会費を支払って会員が行うのは、「営利活動」ではなく「ボランティア活動」。
  自身の塗装技術を生かし、全国で建物塗装のボランティア活動を行っており、その実績数は74件(平22年スタート/平28年9月現在)。
日本国内のみならず、ハワイやベトナムでも活動実績があります。
 
  同団体の会員は、法人個人を問わず、自身が経営者の方々ばかり。ボランティア活動ですから、当然、現地までの旅費も含め全ては自己負担です。それでも年間10件近くの活動が行われていることに驚きを隠せません。

  なぜにこのような組織が出来上がったのか、どのように運営されているのか、そして参加する会員の方々は、どんな思いを抱いているのか。
設立の背景や会員の方々のエピソードを踏まえながら、その疑問に迫ったのが本書です。

【所感】

  「汚い、きつい、危険」の3K職業。塗装業は建設業の中でも、最たるものかもしれません。
家業が塗装業でもない限り、高い志をもってこの業界に飛び込んでくる人など皆無・・・・・。 

   当団体を立ち上げたのは、池田太平氏、安田啓一氏の両名。

 「在日だから」と言われなき差別を受け苦労を重ねた池田氏。
 父親の頼みで家業を継いだものの、下請の悲哀をさんざん味わう安田氏。

 ひょんなことから、知り合った二人が意気投合。
塗装職人の地位向上を図りたい、社会貢献をすることで、塗装職人を見る目を変えていこう。
そんな「下心」から始まった活動でしたが、いつの日か「下心」は消えて、「見返りは求めず、無償の愛でいこう」という思いへ変わっていきます。思いの変化とともに、より一層その活動は勢いを増していきます。そして・・・・・

  いやいや面白くも、胸打つ一冊。機会あれば是非お手にしていただき、ご一読下さい。
一気に読めてしまうと思いますよ。

最後に「塗魂ペインターズ」会員目標を紹介させていただき、今回は締めさせていただきます。
工事内容は異なれど、多くの建設業の方にも参考になる点多いのではないでしょうか? 

 〇会員目標 入会5年以内の取り組み目安 

  ①1年でも永く「塗装業」を営み地元の信用を得る事
  ②「塗装職人」の育成向上を心がける事
  ③「社屋」を持ち、願わくば展示室、を設ける事
  ④「ホームページ」を所有する事
  ⑤顧客満足度100%を目標とする事   

  ⑥「県知事」の建設許可を取る事

  ⑦労働災害補償保険に加入する事

  ⑧社会保険に加入する事
  ⑨環境に配慮したECO塗料を率先して使用する事
  ⑩国家資格「1級塗装技能士」を取得する事
  ⑪「建築施工管理技士」を取得する事

  ⑫色彩検定の有資格者になる事
  ⑬会社を「法人化」し、納税義務を全うする事
  ⑭建築塗装技術を高め、磨くこと
  ⑮建築知識を高め、世に広めていく事

このページのトップヘ