IMG_06732017- 6-25 VOL.209

【概要】

  企業の資金需要ニーズの低下、個人向け住宅ローンやアパートローンでは、とにかく低金利での苛烈な競争。国債購入もマイナス金利下で減る一方の利ザヤ。

  積極的に、投資信託や保険商品の販売にシフトするも、高すぎる手数料に対し金融庁から内容の開示を迫られる。 

  新たな収益源を確保出来ないまま、迫りくる、AI、フィンテック、ブロックチェーンといった技術革新の波。

   ネット銀行の台頭や、コンビニATMの普及で、問われつつある地域店舗の存在意義。

  今後大半の金融機関は、コスト削減に向けた取組にシフトせざるを得ず、大量の銀行員失職時代が幕を開ける・・・・・・

  大失職時代を迎える金融業界で生き残れるのは、果たしてどのような人材なのか?
元富士銀行(現:みずほ銀行) 出身のコンサルタントである著者が、そんな人材像を明らかにしていきます。

【所感】

   7章からなる本書。
 
 金融機関を取り巻く環境変化の概要。銀行員の日常とこれからの処遇。フィンテックやブロックチェーンがもたらす未来像。AIに代替されていく業務。地域金融機関、大手金融機関の行方。

  と幅広い内容を扱っています。

  いくつか印象的なトピックスがありますが、個人的にやはり考えさせられるのは銀行員たちの処遇。
業種柄、またかつて大学生の人気就職先であったことから、優秀な人材が集まっている印象の強い金融機関ですが、新規貸出の縮小や魅力的な商品の乏しさから、顧客接触の頻度が少なく、なかなか経験値を上げることが出来ない現状。

  その中で、「提案型営業」を求められても経験値の乏しさから結局、マニュアル営業となり顧客ニーズに応えられないジレンマ。金融機関業務と親和性の高いAIゆえに、その普及に脅かされる自身の業務。徐々に八方ふさがりとなりつつ銀行員たちの焦燥がじりじりと伝わって来る感を覚えました。

  ならば、これからの銀行員は一体どうすればいいのか?

  結局、著者がこれからの人材に必要な能力としてあげているのは「コミュニケーション能力」。
そして在職中には、とにかく顧客に尽くし自身の将来の行先を確保せよ。独立可能な資格取得を目指せ。と、しごく当たり前のことが説かれているのみ。

  そもそも税理士等含め国家資格者こそ今後、AIやフィンテックの台頭で存在が脅かされている存在。
規制により守られていた業界こそ、存続が危ぶまれるのは金融機関と同じこと。そういった前提も踏まえ、求められる人材像や取るべき行動の提言がほしかったところです。
またどうしても、一方的に金融機関を断罪するような論調になってしまっている点も残念なところでした。

  とはいえ金融機関をとりまく状況を幅広く網羅した本書。金融機関の現在をざっくり知るには、格好の一冊といえるのではないでしょうか。


                                        日本経済新聞出版社 2017年6月1日 1版1刷