IMG_09472017- 8-20 VOL.217

【概要】

  ビジネス書を紹介するブログで、ビジネス書の書評を中心に構成された書籍を紹介するのもなんですが(笑)。なかなか興味深い内容ですのでお付き合い下さいませ。

  かつて会計本の火付け役となり、163万部を売った「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」の著者で知られる公認会計士、山田真哉氏の手による本書。

  ビジネス書黄金期ともいえる2000年代初頭(概ね2000年~2010年まで)を中心に、当時著者が書評を書いた書籍41冊を振り返りながら、
  なぜビジネス書はなぜ一時ブームとも呼べる活況を呈したのか?
   なぜ廃れてしまったのか?
   そしてこれからビジネス書というジャンルはどうなっていくのか?
について考察をした1冊となっています。

  書評編、考察編、資料編(1990年~2016年の年間ベストセラーランキング)で構成されており、資料編は過去発表された書評に再コメントを付与した体裁となっています。 

【所感】

 1990年代後半から始まったと言われる出版不況。書籍・雑誌の売上高が1996年の2.6兆円をピークに、昨年2016年には、1.4兆円とほぼ半減をしています。
   その中にあって、ビジネス書だけは、1997年に1206万冊だった出版点数が、2002年には1600万冊。2009年には1752万冊とピークを迎えます。その後は下降を続け、2015年以降は1200万部と20年前の水準に戻ってしまいます。
  
  景気低迷期にあり、出版不況を克服しようとした出版社と、「失われた20年」にあり、なんとか自身の活路を見出すことを書籍に求めた人々との需給がマッチし生じたバブルではなかったのか?と著者は考察しています。

  さらに、DTPやネット等のインフラ整備で、執筆者候補が増加したこと。出版不況下における経営多角化を目しで、ビジネス書専門出版社以外の出版社からの発刊が相次いだこともその背景にある点も指摘しています。

 アベノミクス効果があるとはいえ、今だ景気浮揚感も実感しにくい昨今、なぜビジネス書は売れなくなってしまったのでしょうか?

  ビジネス書が売れなくなった理由として本書では5つの通説が挙げられています。

 ①想定外の時代(過去との断絶、経験則から学ぶノウハウの無効化) ②人口減少 ③キャリアアップは時代遅れという風潮 ④ノウハウが出尽くした感 ⑤ネットの台頭

  その中にあり②の人口減少と⑤ネットの台頭がその真因ではないかと推測をしています。
ネットの台頭により、今や何かを調べたり情報を得る際には、まず書籍を開くのではなく、ウィキペディアや「まとめサイト」を使えば、いくらでも無料で調べることが可能になっており、ビジネス書を買うことは、とてもコスパの悪い行為になっていること。

  権威者や著名人でない「身近な存在」の執筆者が多数生まれたこと。Amazonに代表されるレビュー機能により誰でも書評家になり得る時代となったことから、今や書籍や著者に対し特段の畏怖や尊敬の念を抱く人は減少していること。
  何より(粗製乱造とまで著者は言ってはいませんが) タイトルで煽るだけ煽るも、内容も乏しい書籍が多数出回り出し、結果として読者がそっぽを向き始めたことにあるのではないかと指摘をしていますが、全く異論のないところかと思います。

  私見ですが、最近のビジネス書は、とにかく無名の書き手が多い。巷の中小企業経営者に書かせる書籍が非常に増えている。大手出版社名を名乗るも、実際の出版は子会社や関係会社など、明らかに自費出版と思われるものが増えている点を感じています。

  それでは今後のビジネス書はどうなっていくのでしょうか?
著者は ①予備校文化の拡大(カリスマ予備校講師が書き手となる) ②新しい女性著者が必ず現れる ③本格派の時代 ④電子書籍のさらなる拡大とその先 ⑤ビジネス「書」作家の消滅 という5つのキーワードを挙げ、本書を締めくくっています。

  個人的には、今後も凋落は続き、ビジネス書というカテゴリーは相当縮小していく。過去に発表された原稿を引用したものではなく純然たる書下ろししか支持されなくなる。所有するステイタス(本格的・普遍的で、ある程度人に見せびらかしたい体裁)のもあるものしか書籍化はされない。紙としての機能(書く、折る、切る)が必要とされるもの以外はほぼ電子書籍化する。

  と考えますが、皆さまはいかがでしょうか。 


                                         中央公論新社 2017年8月10日 発行