2018-3-25 VOL.248IMG_2115

【概要】

 基本的に自己啓発の類の本は紹介をしない本ブログですが、たまには例外も。
 年度末でいろいろと変化もあり、仕事を含め様々な思いのよぎる時期。よって今週はこんな1冊をご紹介させていただきます。

 社会主義時代のポーランドに生まれ、1989年の民主化により生活環境は一変。苦学の末大学進学を果たし3つの大学院を経たのち、2000年に来日。
 ベルリッツ、モルガン・スタンレー、グーグルで勤務をした経験を持つ著者。現在は独立し組織開発などのコンサルティング会社を率いています。

 本書はそんな著者の語る仕事論、組織論そして企業論。
 異色の経歴を持つ著者がタイトルに込めた「ニューエリート」とは、どういった人々を指すのか?
そして、これから我々が選択すべき働き方とは、いったい何なのか?
そのあたりに迫った一冊となっています。

【所感】

 6章からなる本書。主たる内容は仕事論ですが、組織論、企業論にはそれぞれ1章を割り当てています。
 そもそも著者のいうニューエリートとはいったいどういった人々、どういった層のことを指すのでしょうか。
 本書冒頭で、従来のエリートを「オールドエコノミー」とした上で下記の様に分かり易く比較をしています。

 ①【性質】強欲/利他主義 ②【要望】ステータス/インパクト・社会貢献 ③【行動】計画主義/学習主義 ④【人間関係】クローズド/オープン ⑤【考え方】ルールを守る/新しい原則を作る ⑥【消費行動】誇示的消費/ミニマリズム 
 前者が「オールドエコニミー」後者が「ニューエコノミー」であることは想像に難くないと思います。
 端的に言えば、これまでの「エリート」とは、優秀な大学を出て、大手企業に勤めたり官僚となり、高い給料を得て安定した職業人生を送る人々との印象が強いかと思いますが、これからの「エリート」とは既存の枠組みに囚われず、自ら新しい価値を生み出すことに情熱を傾ける人々といえそうです。

 勤勉さや服従、知能などの資質が求められた従来の働き方と違い、これから求められるのは、情熱や創造性、率先する気構えをもち、ゼロから新しい価値を生み出すことが出来ること。
 著者はこれを「クリエイティブエコノミー」と呼んでいます。

 どうすればそういった働き方が出来るのか?本書には多くの示唆が含まれますが、要約するなら、常に常に学ぶ姿勢をもつこと。決断は早くし行動を起こすこと。そして決断した瞬間から、自身の決断にに疑問を投げかけ続けること。体調や精神状態のバランスを維持すること。そして何よりも仕事を楽しむことと言えそうです。もちろんきちんと成果や結果を出すことは言うまでもありませんが。

 組織や企業についての言及もありますが、結局これからの組織や企業は、上記の様な働き方を尊重し支援する風土や仕組みを持たなければ、優秀な人材を呼びこむことは出来ず、成長はおろか存続すことすら難しくなっていくということ。

 平易な文書で、さらっと読めてしまいますが、なかなか刺激的な一冊。

    個人的には、「持続的に成長していることこそ成功である」との著者の主張が一番印象に残った1冊でもあります。新スタートの4月。持続的な成長を実現すべく気持ち新たに行きたいですね。

                        大和書房 2018年3月1日 第1刷発行