IMG_22062018- 4-22 VOL.252

【概要】

 ここ数年、新聞紙上を賑わせている企業による不祥事。
SUBARUや日産自動車による無資格検査員による検査。三菱自動車による燃費試験データの改ざん。神戸製鋼所によるアルミなど製品検査データ改ざん。

 またこの10年くらいの間に起こったいくつかの大事故も、まだ記憶に新しいところです。福島第一原子力発電所事故 笹子トンネル天井板落下事故、軽井沢スキーバス転落事故 など。

 「もはや日本の安全神話は崩壊し、経営や製品の質も著しく劣化している・・・・」そんな印象を抱かれている方も多いかもしれませんね。

 事故や失敗発生の原因究明をする学問領域に「失敗学」というものがあります。
 失敗学と言えば東京大学名誉教授の畑村洋太郎氏が著名ですが、本書の著者は、畑村氏などと共に特定非営利活動法人「失敗学会」を立ち上げた理事の一人。

「致命的な失敗は、企業や組織の思考停止から生まれる」と説く著者。そういった風土や風潮を生み出しているのは、我々の職場そのものでもあります。
 
 職場の思考停止を防ぐために、上司は何を考えなければならないのか。部下とどうコミュニケーションをとればよいのか。本書は「エムパワリング・コミュニケーション」という手法を通じ、その課題解決に迫った1冊となっています。

【所感】

 4章からなる本書。

 まず1章では、コミュニケーション不足が引き起こす職場のリスクについての解説が行われています。何らかの失敗があった際に、ついとりがちな周知徹底や教育訓練、管理強化といった行動が、さらに自体を悪化させていく怖さなども明らかにされています。

 2~3章では、自ら考える部下を育てるためには、どう接しどう指導をすればよいのか、その具体策が明らかにされています。

 4章では、思考停止に陥らない仕事の進め方として、失敗の測定や分析方法。事後に生かすための報告書の書き方など、職場での具体的な運用の在り方に言及し締めくくられています。

 個人的に興味深く読んだのは3章で記された「どのような話し方が人の創造性を潰してしまうのか」という事例でしょうか。
「リスクがある」「前例がない」といった否定的な言葉はもちろんのこと、「かんたんだから」「期待してるよ」という抽象的な励ましや、「合理化・効率化」「コスト優先」といった、ついつい使いがちな言葉が、しばしば部下たちの思考を停止させたり、創造性を奪っているというくだりには、考えさせられるものがありました。

 かといって慎重になるあまり、話すことを謹んでしまっては本末転倒。自ら考え動機付けをするために必要なことは、部下を一人の人間として尊重すること。もっともこれはあらゆるコミュニケーションの前提として当たり前のことかもしれませんが。

 興味深い1冊ですが、惜しむらくは「エムパワリング・コミュニケーション」という手法につき本書内では、明確な定義は記されていないこと。
本書全体をもってそれを指すのかもしれませんが、明確な定義を求める方には、やや不満感を覚えるかもしれません。
 ただ本書の趣旨を考えれば、安易に「エムパワリング・コミュニケーション」の定義のみを知って分かった気になるのではなく、本書から自ら読み取ることを求めていると考えれば、それも納得ですが。


                                   大和書房  2018年4月1日 第一刷発行