IMG_2764

2018- 9-16  VOL.273

  

【概要】

 

「働きがい」に関する調査・分析を行い一定の水準に達していると認められる企業や組織を各国の有力メディアで公表する活動を世界50ケ国で行っているGPTW。https://hatarakigai.info/

 第12回、2018年度ランキングにおいて、中規模部門(従業員数100-999人)で第一位となったのが株式会社コンカー。https://www.concur.co.jp/
 クラウドによる出張・経費管理システムを提供するIT企業です。
サンフランシスコに本社を置く外資系の企業で、日本法人設立は2010年。
 まだ10年にも満たない社歴ですが、大手企業を中心にユーザーを増やし、急成長を遂げています。
 本社は、そんな同社の代表による1冊。「人材こそ最大の経営戦略」と語る著者が同社の取組を明かしたのが本書です。

 

【所感】

 

 世界3位のソフトウェアメーカーSAP、マッキンゼーでの就業経験を持つ著者。
複数の企業を経て、自身も経営者となる中、いつの頃からか感じはじめたのは、「働きがい」を高めるためには、3つのドライバーが必要ということ。

 それは ①夢や志、大義との一体感 ②視座の高さと裁量の大きさ ③成果や失敗を通じた成長の実感 の3点でした。
 そしてこの3つのドライバーを促進するために大切にしているのは、①信念 ②文化 ③実行 の3点。これを基軸に記された本書。

 コンサル出身の著者らしく、「戦略立案」に始まり「社員間のコミュニケーション」「会社へのロイヤリティの醸成」「人材採用」「人材開発」「人材評価」とテーマ別に章立てをし整理された本書。

 働きがいを高めるために同社が取り組んできた施策の数々を惜しみもなく公開しています。「オールハンズミーティング」「オフサイトミーティング」「従業員アワード」「ランチミーティング」「紹介インセンティブ制度」「留学のための休職制度」「社長が全員をレビュー」「100時間勤務制度」etc 。
 必ずしも同社オリジナルでない施策もありますが、「本当にこれだけの施策を実行しているの?」と疑問を抱くほどに、「働きがい」を高めることに結び付くのならと、ありとあらゆる施策を実行しています。
 
 それもその筈、著者は「働きがい」を高めることが出来ないのはトップの姿勢にあると、厳しく指摘しているからです。
「働きがい」を高めることを阻害する要因には次の3つがあるそうです。
それは ①トップのコミットメント不足 ②アイデア不足 ③実行力不足
 
 トップ自らが「働きがい」を高めることに覚悟をもって取り組み、知恵を絞って施策を考え、皆を巻き込み実行していくこと。いいと思う施策なら、次々やってみればいい。社員の声に耳を傾け歩みよればいい。自らを律し実践してきた著者だからこそ。経営者へ厳しい注文を出しているのかもしれませんね。

 様々な示唆を与えてくれる本書。要点も的確にまとまり非常に読み易くもありました。
当ブログを読んでいただくと分かるかもしれませんが、著者は重要なポイントは全て3つにまとめ記しています。そんな細かな配慮も含め、お薦めしたい1冊に仕上がっています。

 
 
                   技術評論社 2018年9月22日 初版第1刷発行