2022- 6-26  Vol.4717AA4BCBA-B30D-41FB-8CFB-8F34273A2232

【概要】

 折からの少子高齢化による生産人口、需要の減少。コロナ禍によるインバウンド消費の消滅。加えて最近の円安傾向による容赦なき諸物価の高騰。
 失われた30年どころから、更なる景気低迷を免れそうもない、これからの日本。今の日本に必要なものは、大胆な発想や戦略の転換。
 本書は、未来予測の専門家でもあり、戦略コンサルタントでもある鈴木貴博氏が、そんな日本の対し掲げる10の提言を記した1冊。

 氏が提言するのは、一見、危険な禁じ手に見えるけれど、前提条件を大きく変えることができる政策。
はそれを「日本の魔改造」と称しています。
 ちなみに「魔改造」とは、対象を非常に大きく作り替えること、元の意味や用途と大きく逸脱した形に改造することを意味する俗語だそうです。

【構成】

 全10章で構成された本書。10の提言それぞれに1章ずつを充てています。

【所感】

「この30年間日本経済がひたすら地盤沈下を続けてきたのは本当にやるべきことをせずに、決めやすいことしか決めてこなかったから」

 では本当にやるべきことは何だったのか。そこで鈴木氏が掲げるのは10の提言。移民受け入れにより、2040年の日本の総人口を1億4千万人にする。リニア新幹線は、四国を経由し博多まで延伸させ2030年代前半には開通させる。原発を再稼働させ、かつその数を倍増させる。400兆円の永久債を発行する。ベーシックインカム導入で毎月10万円を全国民に配る。などが並びます。

 政府や官僚があえて触れなかった論点。世論が二分してしまうかもしれず踏み込めない。しかしそこに踏み込んでみれば、大きく未来が変わるかもしれない。そんなテーマを選択したそうです。

 個々の提言は一見荒唐無稽にも思えますが、その前提を読むに、確かにハードルは高いけれど一考の余地はあるように感じます。実は外国人の雇用増や、原発再稼働準備など、鈴木氏の提言のいくつかは目立たないだけで、小規模ながら進展しているものも少なくないそうです。

 問題は、そのスピードと規模。着眼点は良いのに、遅々として意思決定が出来ないばかりに、機会損失を繰り返してしまう。そこで10の提言の最後に挙げているのが「頭のいかれたリーダーを選べ」というもの。「頭のいかれた」とは「常識人の発想を超えた未来を描けることができる資質」のことであり、大胆な発想で人を動かせる人を、あらゆる組織で登用する必要性を説いています。
 
 また個々の日本人は、ユニクロやドンキ、コンビニや百均があるから生活には困らない。スマホがあるから退屈しない。だから今のままでいい。という意識を捨てるべきとも記しています。このままでは、もはやそんな未来すら約束されない可能性は高いのだからと。
 我々一人に問われているのは、健全な野心を抱き、未来は変えられるという意識をもち行動を起こすこと。本書がそんなきっかけになれば望外の喜びと、著者は結んでいます。
  

                        PHP研究所 2022年6月29日 第1版第1刷発行