2022- 7-31  Vol.476IMG_5533

【概要】
 
 多国籍コングロマリット企業であるGE(ゼネラル・エレクトリック)。創業は1892年。創業の端緒には、かのトーマス・エジソンも関わったとされる米国を代表する企業です。
 その事業範囲は、 航空機エンジン、発電・送電用設備、医療機器、鉄道機器の製造の他、金融事業など多岐に渡ります。
 
 特に、同社への着目が特に高まったのは、1981年~2001年まで同社のCEOを務めたジャック・ウェルチ氏の時代。
 同氏は「世界で1位か2位になれない事業からは撤退する」など、同社の事業再編と国際化を大胆に進め、同社の利益率を大幅に引き上げることに成功します。

 しかしジャック・ウェルチ氏退任から20年。現在の同社業績は大きく低迷し、2018年には、業績不遜による時価総額減少を理由に、100年以上続いた米国ダウ平均株価の構成銘柄から除外をされてしまいます。
 堅調な業績、高い格付け、高配当ないし自社株買いによる安定した株価。その全ては損なわれ、いまや同社は解体の危機にあるとまで囁かれています。
 かつて隆盛を誇った超優良企業に何が起こっていたのか。丹念な主題でその真相に迫ったのが本書。
著者は、米国ウォール・ストリート・ジャーナルの記者であるトーマス・グリタ氏とテッド・マン氏です。

【構成】

 全59章(cchapter)で構成されて本書。第1章を除けば概ね時系列で記されています。2001年にジャック・ウェルチ氏の後継者となったジェフ・イメルト氏のCEO時代を中心に、2020年頃までの同社の様子が明かされています。
 写真や図表の類は皆無なため、登場する同社のグループ会社の位置づけや、組織構成などは分かりづらい点はあるものの、個々の
章(cchapter)は端的に記されており、500ページに近いボリュームながら読みやすくまとまった1冊となっています。
 また単なる事象のみを記すのではなく、登場人物一人一人のパーソナリティにもきちんとフォーカスを当てており、臨場感豊かに、まとめ上げられています。

【所感】

 同社の凋落原因はどこにあったのか。
ジェフ・イメルト氏時代における事業の取捨選択誤りというのが通説ですが、ジャック・ウェルチ氏時代に、既にその萌芽はあったということが本書では明らかにされています。
 ジャック・ウェルチ氏時代に、大きく金融業へシフト。一時はグループ全体の40%の利益を稼ぎ出すほどだったと言います。
 高い格付により、資金調達コストは低く、事業買収資金や、配当、自社株買いの資金には事欠かなかった同社。また幹部にとって業績の目標達成は当たり前。よって各事業期間末には、業績達成のためグループ会社を使った不正会計すれすれの取引が横行。

 しかし2000年代に入り、
ジェフ・イメルト氏がCEOになって以降、9.11世界同時テロ、エンロン事件、リーマンショックと立て続けに大きな事件が起こります。
 エンロン事件により米国の会計基準が厳しくなり、かつての様な利益操作は困難となります。結果、さらに金融事業にへ依存せざるを得ない状況に陥る中で起こったリーマンショック。
 同社の金融事業も政府保証を受けざるを得なくなり、金融事業の中核であるGEキャピタルは、FRBの監視下に置かれます。

 金融事業の大幅縮小を決断し、実業へ注力するためフランスの電力会社買収や、ガス・石油採掘業へと乗り出していきますが、結論から言えばこれらの投資はことごとく失敗・・・・・。同社の解体論がまことしやかに囁かれるようになるあたりで本書は終わります。
 
 仔細はぜひ本書をご覧いただきたいと思いますが、株主至上主義により企業業績への関心とプレッシャーがかつてないほど高まる中、激化するグローバル経済下で、有望な事業を育て成果をあげることは
極めて困難を伴います。
 業績作りのため短期間で、企業や事業売買を繰り返した同社の姿は、まさにそれであり、いつしか何が自身のコア事業かすら見失ってしまったかのように感じます。
 増える業績連動型報酬や、従業員持株会、退職年金基金での自社株組込みなど、株価や配当金額を引き下げれないという経営陣へのプレッシャーは相当のものなのでしょうね。そして同社ほどの企業であっても、この呪縛からは逃れられず、いつしか自社も蝕まれてしまっていた・・・・・。
 
 本書は、名門企業没落という一企業の物語ではなく、全てのグローバル企業ないし上場企業で起こりうる物語。企業の健全な発展のために行き過ぎた株主至上主義をどう是正すればよいのか。これからの企業経営はどうあるべきなのか。
 本書を通じ、著者たちは、私たちにそんな大きなテーマを語りかけているように感じました。 

                         ダイヤモンド社 2022年7月12日 第1刷発行