2016年08月24日

『コーヒーの科学』 旦部 幸博 著

005
















著者は科学者。
専門は癌に関する遺伝子学・微生物学。
人気コーヒーサイト『百珈苑』主宰。

さすが科学者
薀蓄が凄い。

『生豆を植えたら芽が出るの ?』
なんていう疑問にも
科学的に分析して
きちんと答えてくれる。

珈琲の旨さを
薬理学的に
説明し尽くそうとする姿勢が
凄い。

自家焙煎店で培われた
職人の技術と知恵を
科学の視点で徹底分析し
自分好みの珈琲を淹れるワザを
極めようとする姿勢が凄い。

この本を一冊
熟読玩味すれば
たちまち
コーヒー通に
なれてしまうかも・・・。

川津 祐介


追記
*このコーナーへのメッセージは
『川津祐介のおしゃべり広場』の方にお願い致します。

kawazuyusuke at 00:40|Permalink生きるってうれしい! | ブックレビュー

2016年08月22日

台風九号 関東直撃 道路冠水 !!!

009










台風九号
関東直撃 !

南側遊歩道
たちまち冠水。

『心臓さん
 頑張ってね ! 』
と祈りながら・・・、

排水口を塞いだ落ち葉や土砂を
すくっては投げ すくっては投げ
どける。

かなり
重労働だ。

007











抜けたぁ !!!!!

この瞬間の喜びは格別だ。

これで
床上浸水は
防げた !!!

・・・とりあえず・・
だけど・・・。

『心臓さん
本当に
良く頑張ってくれて
ありがとう !!! 』

022














『ああ・・
 もちろん !!!
 大丈夫です。
 解決しました。』

・・・心配して
電話をくれた友人に
こともなげに報告する。

まだ
少し・・・
心臓は
バクバクしているが、
顔色は
早くも
回復 ! 
・・してるつもり !!!

今日は
あと何回
緊急出動の要請が
事態から
来るだろう・・・?

楽しみでもあり
心配でもある。

ま、
事態がやって来たら
それに
応えるだけ。

人生には
厳しい試練の
瞬間もある。

しかし、
一つひとつ
乗り越えてゆくことは楽しい。

川津 祐介

追記
*このコーナーへのメッセージは
『川津祐介のおしゃべり広場』の方にお願い致します。


kawazuyusuke at 18:31|Permalinkいま、この時 | 祈り

最高の麻婆茄子 !!!

004















最高の長茄子が
収穫できた。

006










愛沙から
麻婆茄子で
食べたいと言う
希望が出た。

とれとれの茄子の旨味が引き出せた。

008








素麺の
トマトソース和え
を添えた。

『最高のお料理には
 最高のワインが必要かしら・・・?』
・・と、愛沙。

今日も佳き日だ。

川津 祐介

追記
*このコーナーへのメッセージは
『川津祐介のおしゃべり広場』の方にお願い致します。


kawazuyusuke at 17:58|Permalink生きるってうれしい! | 料理

2016年08月17日

台風一過・・・

003




台風情報が出た。
陽覆いのネットを畳み直し手すりに縛り付けた。

008









南側の遊歩道の大掃除をした。

(この遊歩道は小川を下水にして、その上に作った道なので、雨がちょっと多めに降ると川に変貌する。排水口を落ち葉と土砂が塞ぐと、川はたちまち暴れ川となり、我が家は冠水の危険にさらされる。水深が膝を超えると私の手にはおえなくなる。)

道が川に変貌してからでは
治水作業は困難を極めるので、
愛沙と二人、
台風情報を聞いてから大急ぎで掃除をした。

今回、台風は関東を深夜にかすっただけで済んだらしい。
道路は冠水することなく、

001











あっけらかんと青空が広がった。

川津 祐介


追記
*このコーナーへのメッセージは
『川津祐介のおしゃべり広場』の方にお願い致します。

kawazuyusuke at 18:49|Permalink生きるってうれしい! | 祈り

2016年08月16日

終戦記念日 2

BlogPaint







終戦記念日。

・・この日を
無かったことにしては
ならない。
と、思う。

この日までに
300万人余の日本人が
殺されるために
私たち日本人は
何を準備し
何を行ったのかを
つぶさに調べ、
もう二度と
このようなことが起こらないために
何をすれば良いのか
何をしなければ良いのか
良く考え、
日本人一人ひとリが
智慧深く
行動に結んで
ゆかなければならない
と、思う。

川津 祐介


追記
*このコーナーへのメッセージは
『川津祐介のおしゃべり広場』の方にお願い致します。 





kawazuyusuke at 15:19|Permalinkいま、この時 | 祈り