2020年08月07日

仲良し農場

IMG_0003 (6)









 
朝の水遣りをしようとして、
アレッ・・・?
と、思った。

画面左は『あじめこしょう』が、メイッパイ葉を広げ、
右上は『煙草の吸殻』としか見えなかった茎から生じた『アシタバ』が広がり
右下は雑草たちと一緒に冬をしのいだ『実生のバジル』が『一気に伸びる準備できましたぁ!』と告げている。

『仲良きことは美しきかな』
と詠じられた武者小路先生のお言葉のままに、
我が農場は
仲良しぶりを謳歌している。

気持ちの良い朝だ !!!

川津 祐介

*このコーナーへのメッセージは『川津祐介のおしゃべり広場』の方にお願い致します。



kawazuyusuke at 18:28|Permalink 生きるってうれしい! | 祈り

原爆被爆


昨日 広島。
明後日 長崎。
・・・原爆被爆したあの時代を思い出す。

1945年 8月7日。東京都牛込区揚場町6番地の家の前のアスファルトの輝きと熱気が、不意に、身体に思い起こされる。

『なんか、すごい爆弾らしいぜ・・』『あっという間に・・・』『おっと、聞かなかったことにしよう・・・』『言わなかったことにしよう〜〜』・・・あの日の大人たちのヒソヒソ声が耳の奥からよみがえってくる・・・。肌に粟が生じてくる・・・。

あの日、
私は10歳だった。

川津 祐介

*このコーナーへのメッセージは『川津祐介のおしゃべり広場』の方にお願い致します。


kawazuyusuke at 10:05|Permalink 祈り | 被曝

2020年08月06日

広島・原爆・・どちらかの言葉で検索してみて!!!

原爆。
広島。
・・・どちらの言葉でも良いです。

検索してみてください。
そして、もし、
何かを感じられたら、
『おしゃべり広場』の方に
メッセージをください。

川津 祐介


*このコーナーへのメッセージは『川津祐介のおしゃべり広場』の方にお願い致します。


kawazuyusuke at 14:19|Permalink 祈り | いま、この時

2020年07月21日

『沿岸漁業の歴史』山口 徹 著

IMG_0011 (2)

















山口先生のご本は、日本の歴史が江戸・明治・大正・昭和・・・と大きく変わって来た時、漁業技術はどのような発展をして来たのか?
漁具・漁法・漁場はどのように変わってきたのか。
また、
漁業権・漁業組合・水産行政など人間が働くためのシステムは、どのように変わってきたのかを、冷静で科学的な眼差しで分析・解析されている。

漁船の高速化・大型化・・・漁具の進歩、漁業のシステムの大型化・合理化はどのように進められて来たのか・・?
・・・そしてそれが、何に結びついてきたのか・・を冷徹な眼差しで読み解いて居られる。

 日本の高度成長期の中で進められた工業化・・・その中で進んでしまった海岸線の乱開発・また、工業廃水による環境汚染に対して、漁業側は冷凍機を導入し・魚群探知機の利用によって戦った。しかしそれは、結局は乱獲を引き起こし、水産資源を枯渇させることに結びついてしまったのではないか・・・?違う道はなかったのか?・・と、問いかけられておられるように、私には、感じられた。

 私たちは、社会の在り方・政治の進め方をもう一度深く考え、社会の在り方、一人ひとリの生き方・在り方・・・人間と言う存在の在り方を、価値観の在り方やモラルの在り方にまで掘り下げて、考え直す時を迎えているのではないだろうか?

川津 祐介

*このコーナーへのメッセージは
『川津祐介のおしゃべり広場』の方にお願い致します。


kawazuyusuke at 23:41|Permalink 生きるってうれしい! | 祈り

農園だより・2・・・あれぇ???

IMG_0019 (5)









今年の作付けは好辛倶楽部会長の安保兄作の「あじめこしょう」が一箱。
もう一つの箱にはトマトとバジル・・かな・・?
・・・と考えていたのだが・・・・

あじめこしょうの苗を植え終わった途端 !
・・愛沙が、細長い煙草のような草の茎を持ってきて
『この子たちも一緒に植えてくださ〜〜い !!!
と言った。

なんだか草の茎のようにも見えるが、
根っこもついていないし、
葉っぱが生えてくる気配もない。

どこから見ても煙草の吸殻のようにしか見えない。

それが、ザルに一杯 !!!
『また、ふざけて居るのかな・・?』
と思って、
『いいよ!2〜3本なら植える場所は取れる!』
と答えたら、
『全部、お願いしたいんですけど・・・』
と、言ってきた。

困った!
こちらにも『作付け計画』と言うものがあるのだ!!
しかし、すぐに苗を買いに行く時間もないし、
数日間待てば、みんな腐って肥料の足しになって呉れるだろう !
この子たちが、みんな土に帰ってから、何を植えるか考えても良いかな?
・・・と、考えた。

ところがドッコイ !!!
凄い生命力のある草だった。
たちまち、芽を出し、葉っぱを広げ、陣地を拡張し始めた。

明日葉だったのだ。
今日≪葉っぱ≫を摘んだら
明日は倍にもなって増えると言われている明日葉だった !!!

一箱まるまる植えてしまった !!!
今夏は毎日アシタバ料理になるな。

でも、 困らないと思う。 
・・・実は明日葉は私の大好物なのだ。

川津 祐介


*このコーナーへのメッセージは『川津祐介のおしゃべり広場』の方にお願い致します。



kawazuyusuke at 15:36|Permalink 生きるってうれしい! | 祈り