Image

y[W

ドヴォルザーク:交響曲第6番

とにかく美しい!スイトナーのドヴォルジャーク。
ドヴォルジャークの作品といえば、やはりチェコ系の指揮者の演奏に目がいってしまいますが、ぜひ聴いてみていただきたいのが、スイトナーの録音。かつてのシュターツカペレ・ベルリンのしなやかでみずみずしいアンサンブルが、ドヴォルジャークの音楽の魅力を余すところなく伝えてくれます。特におすすめなのがこの第6番。ドヴォルジャークの作品の中では、知名度は高くありませんが、ヨーロッパの美しい田園風景が目の前にぱぁっと広がるような、すばらしい演奏です。ドヴォルジャークがブラームスの交響曲第2番に感動して作曲した作品というのもうなずけます。