2020年05月24日

『意味の論理学』におけるオイディプス解釈

zodiac of church in sicilia

ドゥルーズは『意味の論理学』において、オイディプス・コンプレックスに関するかなり大胆で独自な解釈を示している。続きを読む

kay_shixima at 15:30|Permalink││読書 

2020年05月04日

フーコーのサド、ドゥルーズのマゾッホ

moroccan_hotel

『マゾッホ紹介』において、ドゥルーズはサディズムとマゾヒズムを両方提示しているだけであって、両者のあいだで、どちらかを重視するなどといった価値判断を下しているわけではない、という主旨の見解を目にすることがある。続きを読む

kay_shixima at 20:00|Permalink││読書 

2020年04月23日

フーコーとドゥルーズのあいだ:2

grandfront

ドゥルーズとフーコーとのあいだの関係は次第に悪くなってくる。続きを読む

kay_shixima at 21:03|Permalink││読書 

2020年04月17日

ドイツ農民戦争 der deutsche Bauernkrieg

カルカソンヌ城壁

ハイデガーにとっての田舎 Provinz とは単に「都市の喧騒を離れて、のんびりと過ごす」場所という意味ではなく、続きを読む

kay_shixima at 20:00|Permalink││読書 

2020年04月14日

「集団的」は「隷属的」を意味する

kusama_mirrorball

ピエール・クロソウスキー Pierre Klossowski 『ニーチェと忌まわしき円環』”Nietzsche et le cercle vicieux” には次の文言が認められる。続きを読む

kay_shixima at 00:00|Permalink││読書 

2020年04月08日

ニーチェの「悪循環」

門

ピエール・クロソウスキー Pierre Klossowski のニーチェ論 ”Nietzsche et le cercle vicieux”(1969)は『ニーチェと悪循環』と訳されている。続きを読む

kay_shixima at 20:00|Permalink││思考の断片 

2020年03月25日

新型コロナウイルスが男性生殖機能を損なうという報告

BBC_china

新型コロナウイルスの症状(COVID-19)の一つとして高熱が出るといわれている。ならば、おたふく風邪のように男性の生殖機能にダメージを与える恐れはないのだろうか?と思って、少し調べてみた。続きを読む

kay_shixima at 20:00|Permalink││震災と原発と政治 

2020年03月19日

マルクスとハイデガー

Marx_Engels

ハイデガーのナチスへの加担はよく知られているが、彼は同時にカール・マルクス Karl Marx を評価してもいる。続きを読む

kay_shixima at 20:00|Permalink││読書 

2020年03月16日

生権力の定義

exit

「生権力」の定義を確認しておく。続きを読む

kay_shixima at 20:00|Permalink││読書 

2020年02月26日

無は存在しないのか?

umeda_sky_bld

スキゾフレニーは虚無に憑りつかれた病である。続きを読む

kay_shixima at 22:02|Permalink││思考の断片