【人生は逆転できる!】小企業コンサル・講演家の天職ブログ

講演家・作家・雑談相手。著書は「やずやの秘密」「弱者の戦略」「小さな会社★儲けのルール」「逆転!バカ社長」「35歳から一生負けない生き方」。22年で約1000回の人生経営勉強会「ベンチャー大学」「経営人生計画セミナー」毎月開催。人生の成功は<夢×戦略×感謝>をモットーに、弱者の独立起業・経営アドバイス・講演・執筆・コンサル・勉強会・個別相談会を実施。2007年に家族で1年間の世界一周を実現!

2005年07月

朝から寝るまで「ありがとう!」の数を数えれば人生は成功する

眠れる天使■7/28木曜日
・郵便物のチェック。今の俺でこの量だ。OOあたりはどうしているのか?物理的に目を通す時間もないのではないか?となると、秘書等の他人に肩代わり・・となる。が、大変有り難いことだ。

・ハガキの返事7枚。ありがとうございます。あと40枚。1週間の遅れ。が、前に比べると相当な成長だ。竹田先生、坂田さん、堀内さん、小串さん、沼澤さん、谷沢さん、船井さん、小山さん、伊佐さん、その他、きっかけをありがとうございます。

最新!人気ブログランキング←ありがとうございます!

★OO業の某起業家が来社相談。同業のOOさんとのつき合いがあったのである程度、状況は理解できた。社員が遅刻する、指示に従わない、ライバル対策。創業10年近く。ライバルは衰退撤退。まさにニッチ。・・・人事組織系は俺にはまったく判らないが・・。

と思ったが、ダメ組織を1年で立て直した西部ガス関連「ユニティ」加藤さんの立て直し物語を思い出した。裏では隠している様々なノウハウがあるかも+加藤さんの強烈なパーソナリティに負うところが大きいが、まずは自ら早朝出社、必ず社員に毎日声をかける、話す、週に一度のロープレ、笑顔、返事、・・。どうしたら社員が掃除をするか?しろと言ってもしないんですよ。それは社長がしてないからしないんでしょう。PDCAしかないと。

社長がしなくても、しっかりと後でチェックをしているか否か:福一不動産古川社長。残念ながら、社長が変われば会社が変わる。「過去と他人は変えられないが、自分と未来は変えられる」。やれと言って、その後をいい加減にほったらかす・・からダメだと古川社長。

そう、甘い。自分に甘く、他人にも甘く・・・は利害関係がない場合はいいが、・・いいや、関係ないな。相手のことを思うのなら、自分に甘くとも他人に厳しくせねば。特にそれが社員ならば。社員=子供・家族と考えるなら、親が子に接するように厳しく。か。

親がサボっていても、子には厳しくしつけか。なんでもかんでも自分に厳しく=社長が自らやってみせ・・では限界があるだろう。現役マラソンランナーと一緒に監督が走るわけには行かない。・・おー、これは良い例だ。こういうヤツだな。でも、この場合はまず社長だ。親はともかく、社長や上司・・・言うことを聞いてもらえるような自分になるのは大事だ。同じ事でも、聞く人と聞かない人がいる。

新品・中古・7000・NはM200・4・ライバル対策

★先日会ったある別のある起業家。今は元気。様々な職業を転々とし30代前半で独立。40代前半で新規事業へ。銀行から数千万の借金。3年で崩壊。心身共に破壊される。入院。あれから10年。悪夢は去った。人生いろいろ。本当にいろいろある。

俺もよくぞ聞いた。本当に俺は聞くのがウマイ。俺の使命の一つは、こういう挫折から立ち上がった人の事例を集めること。リーマン時代の多くの失敗+勤務先の倒産から這い上がったパラマテックの深水社長が2度目の面会で「なんで俺はこんなことを話してしまったのだ。妻にも話していないことを」はうれしかった。が、こういう様々な事実と人と人脈を持つと、全然知らずに一人「俺はなんと不幸な人間だ」という人を救える。「あなただけじゃないんだよ」と。普通の人は、なかなか自由人の俺のように、仕事に関係なく様々な人になまで会える機会は少ない。あっても遠慮があり、聞く術を知らないコトが多い。これをホーと誉めてくれたのが小串さん、竹田先生、さかもとこーひーの坂本さん、石村社長、その他の方々。

「あなたは何者かである」。

落ち込んでいた沢木耕太郎さんが救われた時に気づいた「最初の人」にならねば。

★博多商人塾。TVOコンサルタンツ・徳永先生。

お店の現状
・需要曲線と供給曲線。昔は需要が上回っていたが、今は供給過多
・お店都合から顧客ニーズへ
・20年で売り場面積は2倍。売上は横ばい。完全な供給過多。
(全体的には。個別は様々。ネット系などは逆。まだまだイケル)
・どこの店も同じ。同質化
・知恵も工夫もなくバーゲンハンター集め:低価格競争
・物売りからコト売りへ

お客の現状
・買うモノは少ない。何でもある
・マンネリ
・大きな企業より小さな家業
・ワクワクドキドキ欲しい
・自分の納得したものしか買わない
・様々な市場=シングルライフ・女性・団塊・団塊ジュニア・ダブルポケット・貧乏・勝ち組の二極化・海外からの出稼ぎ
・俺の客層は男=40代以下の起業家志望者・小企業・貧乏系・やる気系・ローカル
・MD計画書=顧客ターゲット・生活シーン・満足保証・欲求実現・感動提供・商品政策・取引先政策・VP計画・カラーコントロール・顧客管理・売り改革・店内販促・店頭販促・商品群・売り上げ目標・利益目標・仕入れ予算・在庫予算・消化日数・陳列枚数・サイズ構成・価格ライン・ボリュームゾーン
・お客支持率=お客満足×欲求×感動
・客数落ち込みは、お客不満が伝わってない現実
・再来店率減少は、マンネリが続いている証拠
・新規客の減少は買いたいモノがない
・売上の低下はお客の支持率の低下
・お店の中身を変えずして、カタチだけで本質は何も変わらない
・購買5感性の法則=視覚75%・聴覚13%・触覚7%・臭覚3%・味覚2%・第6感

・接客表現=言葉7%・準言語38%(話し方・イントネーション)・ボディランゲージ55%(目線・表情・身振り・手振り)

・回遊性の原則=通路幅=他人が近づくと恐い距離・・行動心理・心臓は左・右利き・左回り=買い上げ点数の増加・右回り=買い上げ率が増加・左入り口=右側通行・通り過ぎて入店
・陳列計画=誰に・なぜ・何を・いつ・どこで・どのくらい・どのように・いつまで
・取りやすい陳列=ゴールデンゾーン=胸
・一等地=右の視線・棚位置

・売上を上げるには、常に売り場を変え続けること。スーパーの場合、毎週毎日変える=158%にアップ。ファッションストア=月に2回程度の変化

★店舗活性化チェックリスト
●集客率/常に通行客があるか・一目で目立つ看板あるか・広告宣伝やってるか・その効果は?・誰のための何屋かわかるか・定休営業時間がわかるか・固定曜日と時間の催事はあるか・営業時間帯の改善はあるか?
●入店率/清潔清掃・出入り口はオープンか・照明は明るいか・出入り口から店内を見渡せるか・明るい活気があるか・店頭に変化があるか・昨日と違う期待感があるか
●回遊性/全体が見渡せるか・販売場所がわかりやすいか・通路が確保されているか・スカイラインに問題ないか・マグネット個所を決定・内容・変えているか
●視認率/効果的POPあるか・POPにアイキャッチあるか・POPに鮮度は?・届かない商品のPOPは親切か・POPのサイズは適切か・壁面陳列のボリューム感は・カラーバリエーションは・意識的な変化陳列は・モチベーションは・実演販売等パフォーマンス有るか
●立ち寄り率/いつも定型売り場か・一目で認識できる商品あるか・溜まり場があるか・売り場に遊びがあるか
●接触率/陳列は手の届く範囲か・模擬商品は体験できるか・ティスティング商品はあるか・見本商品は・鏡や姿見があるか・フィッティングルームは
●聴覚率/売り場に適した店内音楽か・店内放送の声は・安易に接近して声かけをしてないか・接客が息苦しくないか(あの流行ってないラーメン屋はキレイ過ぎる・苦しい・近所の繁盛店はざっくばらんで遊び人や肉体労働者系にくつろげる)
●嗅覚率/嫌な臭いは・購買意欲をそそる匂いはあるか(博多駅のあのパン)
●買い上げ率/品切れはないか・PCと商品のマッチングは・売価不明はないか・割安感を出しているか・新商品をアピールしてるか・宝探しの商品は・売りの工夫は・ラストセールの声かけは・比較購買陳列・一物二価販売しているか
●再来率/レジ精算を待たせてないか・釣り銭間違いは・エンディングを大切にしてるか・買わない客にも挨拶しているか・サービス精神・情報を提供しているか・再来店販促手段は・好感度の見送りをしているか

なんと最後は「競争の戦略」の説明ページ。なぜか<ランチェスター>の名前はない。かつ、「強者の戦略=ランチェスターです」とやった。唯一のミス。昔の田岡ランチェスターの流行った強者部分だけ覚えている人に多い。徳永さんの弱者の戦略の説明=:市場環境は競争市場・差別化戦略・違うもの、違うやり方をする・五大戦略ゞ秒論錙Х箚峪埔譴鯀世Ν一騎打ち:小さな市場に入り込むN弋 ̄変:固守せず変化に即応ぐ貪製乎罅Д拭璽殴奪箸鮃覆辰騰ダ楸畧錙Д侫Дぅ好肇ゥ侫Дぅ広ν枡虻鄒錙Ъ蠅瞭發鯑匹泙譴覆い茲

●夢を持っている
●変化。有恒。マンネリ打破。常に変化すること。
●実行+継続
●成功とは、徹し続けること

あー、しかし、、やっぱ、専門のプロは凄いなと思った。徳永さんはスーパーや小売り店専門のコンサル。元、地場スーパー「サニー」のバイヤー等を経験して独立。柳橋連合市場やなんやを指導。

こういうのは店舗系では基本のノウハウというか基礎知識レベルかもだが、

「先生、今日の講義の内容は、一般の小売店主はどの程度知ってるんでしょうかね?」

「いや、ほとんど知らないね」

そういうことなのだ。大半はとりあえずやっているだけだ。手探りで。逆に大手チェーン系の勉強している人には常識?「でもないね」とのこと。

個人的には、最後のヤツが一番効いた。「変化」。店側は変化は面倒臭い。変えない方がラク。が、変わらねば。

★ブログ=今は3つあるが、一番変化が多くて新鮮なこのライブドアブログはアクセスは毎日2000〜3500。楽天は300。DGは?。ベンチャー大学のHP=毎日100〜200。忘れていたが、HPも店舗と同じ部分が非常に多い。ソーだな。毎日はキツイかもだが、せめて毎週1〜2回、何か目玉セールでもやるか。特売?安売りはいかん。いや、本来はタダでもビデオ流したいけどね。

■7/29金曜日

女参加者女女永江★福岡県中小企業経営協会主催:「九州の女祭り」に参加。久々に聞いてみたかった、福岡本社で九州全域で女性向けキャリアアップスクール+スチュワーデス養成学校を運営している「インターナショナルエアアカデミー」永江さんの講演。これが素晴らしかった。サスガのプロ。うーんと唸った。

わずか40分であの内容。臨場感溢れる。最初に背筋・声の出し方・笑顔・座り方・お辞儀の仕方・・・なんてことないのだが、それだけで美しい女性に変わる・・・ことを言葉と身振り手振りで・・熱意ある、愛もある、夢も希望もある、理論も納得。右脳も左脳もある。                

女参加者大勢常に夢を持つこと。マイナスの言葉や考えではなく。自分自身の経験=若い頃、スチュワ女参加者ーデスになりたい・そんなの無理よと周囲は・なれるはずがない・が、母親から「私はできなかったが、あなたはやってみなさい」と素晴らしい言葉・数百人の難関を経て合格・主婦・子育て終わり40歳過ぎて養成学校をしたいと・80前後の母親も60歳過ぎて運転免許・そんな今更・・を乗り越えて・車乗って今や世界が何倍にも広がった・弟が障害者で寝たきり?・でも「うれしい」「楽しい」「おいしい」「ありがとう」の4つの言葉だけを話す・治らないかも知れないが常にそういう言葉・「どうせ」「できない」「無理」「いまさら」・・・という言葉は禁句・常に「ウイスキー」と発音の口角が上がった笑顔で・


女川上・朝起きて今までに「しあわせ!」と思ったことを上げて下さい。・・・以前、中高年のサラリーマンの研修で質問したら「そんなのない」が大半だった・が、一人だけ30ある=考え方なんです!=朝、目が覚めた・家族とおはよう・時間通りに電車に・朝食・職場の人と出逢えた・注文をもらった・気持ちの良い天気・雨の恵み・傘に感謝・美味しい昼食・友人との会話・新しい知識・・・・いくらでも奇跡と感謝がある・私の友人は「おやすみ」の翌朝、死んでいた・・・・

 ←独身39歳?の彼氏イナイ歴サクセスパワー福岡・川上さん。外見も中身も意外に女らしい。誰かイナイか?他の勿体ない彼氏いない族は、九州自然館・矢頭由美子、やずや・松山秘書他の社員、FCC英会話の多数の生徒・・

 

●朝から寝るまで、「ありがとう!」を口癖にして下さい!

・かなう=叶う=口に+プラスと書く。口には常にプラスの言葉を。言葉の宝石。
・トゥモロー イズ アナザデイ。何があっても、明日は明日の風が吹く。明日は変わる、好転する。風と共に去りぬ。スカーレットオハラ。

●考えと心構えは顔に出る・人相に出る・

★うーん、またか〜また「キター〜!」の言葉ばかり。またも同じだ。原理原則は同じだ。なんか、アチコチに出て違う人に会うが、これはという人は同じことを言う。素晴らしい。こうして量稽古の検証を積み重ね、確信になっていくのだ。

女レイナ智恵

女天山愛

左は世界女性アントレプレナー賞も受賞した、日本有数の毛皮の製造販売<ロイヤル・チエ>こと「レイナ」今井千恵社長。

右は中国から日本へ自費留学で九州一の中国語通訳翻訳+四柱推命占いで大人気の「天山愛山」張愛こと松本さん:帰化。

 

 

・グローバルテクノ九州・佐藤行政書士・ISO+SMI、三浦税理士、はなコーポレーション・金光専務・ホテルエルビー福岡・パチンコ店を新規に、福田税務労務合同事務所・福田税理士・経理総務部FCも・井上善海・スカイマークの機内誌に世界一周エッセイ?、重松印刷・重松佳子、鹿児島のキープインターナショナル・保社長、ニシキ・栗栖社長:ベビー用品・介護、イマフク・今福朗子、丸屋・原代表・寝具・ホテルリネンサプライ・ふとん丸洗い・アクアクララ水・在宅介護用品・マットレス、東洋内装・中山社長・インテリア製品販売・住宅リフォーム・環境・風呂リメイク、アーク出版・川口編集部長、コマツ設計事務所・小松社長・建設コンサルタント、インテリア三光・鳥谷社長、コミュニケーションデザイン・田口さん:PR代行・玉木さんの会社・主藤さんの番組担当・マネジメントも

坂之上拡大★博多非凡塾で「伊達塾」坂之上代表の話。テーマは人生・仕事・起業・経営にまつわるお金の話だったが、これが素晴らしかった。以前の講演はサイテーだったが、人は場所と時期と努力と気づきでいくらでも変わるのだと、目の前で見させてもらった。そういう意味でも良かった。

以下、秋に麻生知事も訪問するノリまくっているスピンアウト高橋さんのブログから転載

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

チケットぴあ梁瀬さん主催の月イチ勉強会「博多非凡塾」に参加。

坂之上今回のテーマリーダーは有限会社伊達塾の坂之上博成さん。坂之上さんは金融機関で営業を経験した後、ファイナンシャルプランナーとして独立。売り逃げに近い金融商品の販売方法に疑問を抱き、顧客と長く付き合いながら有料で優良なアドバイスをしていくというオリジナル路線を開拓。ファイナンシャルプランナーのほとんどが食えないと言われる中、講演や原稿執筆、テレビ出演などを生業とせずに食えている数少ない1人だとのこと。

テーマは「マネー哲学講座」ということで、正直どんな話が出るのか分からずに行ったが結果としてとても勉強になった。というわけで、例によって記者メモ的「気づきの列挙」でいきます。

 

坂之上講義

坂之上参加者坂之上桜子

 

 

 

 

 


 

 後ろ姿は小串さん         ウエスト55の安部さん     外人好きする寿桜子さん

☆金を稼ぐがその有効な使い道を考えない
 ⇒稼ぐことしか考えていない
 ⇒収入は少しくらい上がっても生活は楽にならない
 ⇒逆に下がると生活レベルを落とせない
 ⇒借金苦に陥るワナ

☆金融界のタブー
 ⇒3年、5年後の金を取ることを提案⇒却下
 ⇒これを実現するために独立

☆基本料金3万円でネット上で年会費制アドバイス
 ⇒真剣さを引き出すためにあえて敷居を高くした
 ⇒半年間で400人の有料会員を獲得
 ⇒プロが「必要だ!」と思うから(無理だと言われたが)サービスに確信あった

☆アメリカのデータを元に日本の将来を予測
 ⇒10年前から収入の二極化 2:8

☆困った客「お金払ったんだからお得な情報教えてよ」
 ⇒無料アドバイスをすることにした
 ⇒ビジネスでやると「収益」が基準になるが
 ⇒ボランティアでやると「好き」が基準になるからイイ

☆月250件の資料請求、日に150通のメールの対応を1人でやった

☆1億、10億、100億あれば利回り1%でも面白い
 ⇒しかし実際には家計の貯蓄額は200〜300万がほとんど
 ⇒投資に頭を悩ますヒマがあったら夜にバイトしろ→確かに!
 ⇒金融商品は「金持ちの武器」

☆まず目標を決める「1年後、10年後いくら貯めたいのか?」
 ↓
 固定費、経費を差し引いて必要な所得はいくらか?「年収○○万円」
 ↓
 これをクリアするには?
 ↓
 そのままの職業でOK?無理なら転職?あるいは起業という選択肢が出る

☆目標設定にいかに自分を合わせられるか
 ×自分の現状を元に目標を決めるのはダメ
 ○目標設定から逆算して今の立ち位置を決めろ
 ⇒仕事にも人生にも何にでも当てはまる

☆和牛商法 利回り50%
 ⇒ホントに可能かどうか考えれば普通に分かるはず
 ⇒50%という数字に騙されるパターンがほとんど

☆マンション投資の注意点
 ⇒工事費で上乗せ・・・ここで先に収益(素人にはフツー見破れない)
 ⇒20年間家賃保証・・・取り込み詐欺に注意(普通はこんな約束無理)

☆リスク順位
 事業>>金融>教育

☆失敗するパターン
 ⇒事業を始めた後に金融・教育に走る(勉強しようとする)
 ⇒始める前に学び終えておくべき

☆目標に沿ってルールを決める
 ⇒後は機械的に判断するだけ
 ・マイナスが出た場合の対応
 ・プラスが出た場合の対応
 ・最悪のリスクヘッジには?(どこで損切り?事業撤収?)

☆10年後にどうなりたいのか?
 ⇒10億円貯めたい・・・ビジネス立ち上げるしかない
 ⇒10万円貯めたい・・・金融商品でもアリ
 <例>3時間後に東京に行くには・・・飛行機に乗るしかない

☆これから会社勤めの人はさらに厳しくなる
 ⇒福利厚生、住宅手当、通勤手当・・・これら全てを無くそうとしている
 ⇒ゆくゆくは「正社員制」そのものを消す方向へ
 ⇒その分、優秀な人材を厚遇する方向へ

☆一般家庭に出来ること
 ・節約・・・家計簿つけて管理する
 ・預金
 ・投資・・・ここには教育が必要

☆子供にはお金の教育をするな
 ⇒金は欲の世界 子供にはよくない
 ⇒その代わり、子は親の背中を見て育つ
 ⇒まず親がキチンと自分を教育して金と付き合え

☆セミナーに参加するときでも「何を学びたいか、聞きたいか」を先に決めて臨め

☆投資商品を買うときに陥りがちなポイント
 ×「どんな保険がいいですか?」
 ×「何の投資がいいですか?」
 ⇒目的が定まった上で保険も投資も検討すべし

☆貯金は徐々に増えていく
 保険は初めから一定の金額
 ⇒保険はあまりお金を持っていない人のためのもの

☆保険のタイトルを見て中身を見ず
 ⇒「学資保険」はそのネーミングで売れている

☆鉄則☆
 安いモノに良いモノはない
 高いからイイものとは限らない

以上、坂之上さんありがとうございました。

・・・・・・・・・・・
詳細はまた追って。

■7/30土曜日

起業塾・井崎・山崎★朝9時半〜県の「起業塾」へ。先週は講師と対談司会をさせてもらったが、今日は生徒として参加。講師は井崎コンサルタント。大分出身で大分のホームセンターを社長と共に大きくした功労者。その後、売れっ子コンサルとなり・・・いろいろあって・・・数年前に福岡へ。4年ほど前、中小企業家同友会の例会で講演を聞いた。

井崎さんも自分で言っていたが、既存のマスコミやコンサルや税理士や同友会やランチェスター弱者の戦略や感性系ややる気系なんかと全くの正反対の考えが多く、同友会での時は既存の考えを持つ参加者からは総スカンだった。

「私はとにかく嫌われるんです」と自分で言うとおり。まさに殴り込みという感じだった。

が、話がうまい。勢いがある。小売り・チェーン化理論と経験では数少ない指導者だと重う。

「アイデアや感性ややる気は必要ないんです」とイイながら、井崎さんほどのやる気溢れるコンサルは珍しい。自分に生まれながらにあるものは気づかないことが多い。

しかし、商人塾で同じ小売り店系の徳永さんの話しも聞いた後で、シンクロ言葉もあったり逆の考えも聞け、頭の中で核融合みたいにガンガン入る。ありがとうございます!

★長崎の立命館大学交友会の例会へ講演講師として向う。高速バス。

・・・・・・

以下のページ↓に昨日の「ベンチャー大学」大交流会の画像日記!あり!

最新!人気ブログランキング←ありがとうございます!
 
・一生の間にどれだけ多くの人達から「ありがとう」と言われ、どれくらい人に「ありがとう」を言ったかが、いかに人生で大事か。
・「ありがとう」の反対は「あたりまえ」。傲慢にならないよう。
 
★目標!・1日10人の人に「ありがとう」と言い、10人の人から「ありがとう」と言われること。
・たまにはストレス発散のケンカや破戒活動もすること

日本初の社長夫人コンサルタント・矢野さん出版オメデトウ!

矢野講演

矢野・矢頭さんと

矢野会場大勢

 

 

 

 

 

 

 

矢野・矢頭さんスピーチ矢野・本の帯矢野・本

 

 

 

 

 

 

 

矢野・壇上の千寿会メンバー

矢野・大画面

矢野・黒柳

 

 

 

 

 

 

 

矢野・栢野

■7/27水曜日

日本初の「社長夫人専門コンサルタント」アローフィールドの矢野千寿さんが本を出版した。そのお祝いパーティ。

■著者略歴
矢野 千寿(やの ちず)   著者サイト「ガンバレ!! 社長夫人」
1942年山口県下関市生まれ。67年家業の福岡支店を開設し、14年間経営に参画。
81年夫の闘病生活を支えるため第一線から引き、出版社の経理として転職。赤字体質の企業を財務面から改善し、短期間で優良企業に。86年夫と死別。87年会計事務所に入社し、顧問先を経営指導。97年コンサルティング会社(株)アローフィールドを設立し、代表取締役に就任。現在、“日本初!社長夫人育成コンサルタント”として、テレビ・ラジオ・雑誌・セミナーなどで活躍中。特に『社長夫人革新講座』を通し、多くの社長夫人の戦力化に成功。社長からも喜ばれている。

社長夫人革新講座オープンセミナー(やずや社長+矢野社長+他)

女バッカの会だったが、様々な意味で素晴らしかった。

で、なんと、この朝の「やずや」のサクセスパワー上射場さんの勉強会で出逢った方から聞いて、これはぜひ会いたい!と強く思った北九州市門司の「三浦税理士」が、この会場で来賓挨拶をした。なんという偶然!当然、名刺交換と談笑をさせていただいた。

最新!人気ブログランキング←ありがとうございます!

三浦さんは北九州で所員20名?ほどの大所帯でTKC系で地域NO1。年商400億の「やずや」の税務コンサルも担当。相続対策等で億単位の素晴らしいコンサルもされているらしい。やずやが相当に世話になったのでOO・・だったが三浦さんはOOだった。うーん、素晴らしい。が、俺もたまにそうするので、ある意味、大感激した。

利より信。適正利益意外は、親友に、家族に・・することをお客にもするのだ。

かつ、指定されたテーブルに座ると、この会場に入る30分前に、携帯電話で次回の8/25「ベンチャー大学」のゲストにお願い決定した雑穀米で日本一の「ベストアメニティ」内田社長の美人奥さんが俺の隣!なんという偶然!幸運!ゲストの件を話すとワイワイ盛り上がり、創業期の大変な苦労話も聞かせてもらった。これが最高の内容!

かつ、目の前は大好きな小田保険事務所夫妻に横はアベタのスゴイ娘達で、他には福一不動産の嫁さんや、大成長した矢野のバカ息子、その悪友達:これがまたオモシロかった。

さらに相当な美人から「栢野さん!?」と呼び止められると、あの大好きで尊敬するダイナーズ小野のオーナー小野さんの奥さん!以前、旦那が深刻な病気で入院して元気になり、退院したらその足でインタークロスに来てくれ「主人はいつも、栢野さんに会うのをもの凄く楽しみにしてるんですよ」

なんて(ヨイショ)逸話も聞かせてもらえ、あー、なんと幸せな人間関係なのだと一人悦に入り、このイベントそのものも素晴らしく、その演出外注のmfクリエイション渡辺さんを紹介したのは「やずや」矢頭美世子社長で、以前はケンカしていたみたいだが仏壇「はせがわ」長谷川社長の助言に恵まれ、今回はお祝いスピーチもして仲直りしたみたい。良かったねえ。

が、願わくば、今日の人間関係の何割を紹介した上射場さんとも仲直りをして欲しいね。頭を下げるのだ。まあ、俺の勘ではそうなるね。必ず。まずはバカ息子の矢野。お前だ。頼むぜ。世間は狭い。俺もそうする。

★BSラジオの番組で、パスメディア主藤さんと「ベストセラー著者に聞く」ゲスト対談。「小さな会社★儲けのルール」と「逆転バカ社長・天職発見の人生マニュアル」を中心に、人生を逆転するには?起業で成功しやすい3つのポイント・・を人脈の中から、事例を紹介しながら吠えまくって面白かった。

100人と接近戦に感謝!やる気・マーケ・ベンチャー大学3連発!

■7/25月曜日
・4時半起き
やる気会・6時半〜第52回の「やる気会」毎週月曜の朝6時半〜天神のインタークロスで。

参加者(プロフィール)は丸任貿易・清水さん:一戸建て住宅向け高級門扉の販売、人力屋・神谷さん:結婚式やイベントで人力車サービス、フランジパニ・地蔵さん:姪浜で陶器販売、都市銀行バンカーSさん、コスモDIP・末若さん:印刷会社、に俺。

札幌のスゲエ盛り上がっている+ボイン強調やられまくられそうな女性も参加している「お客づくり大学」主催のそり込み鋭い堀内行政書士さんから送って貰った、日本一の観客動員を誇る旭川市の旭山動物園のビデオを観る。その後は客層戦略の話。

★小さな会社や自営業ではなく、「事業家」目指す強者に役に立つ起業経営物語

弱者は商品・地域に加え、客層も絞った方が良いのだが・・・。先週は「富裕層戦略」を説く田舎のリフォコンさんの来社もあったので。今後は年収400万円?以下と800万円?以上の二極化が進み・・・??中間層がいなくなる???・・まあ誰もが狙う客数も多い一般大衆層は価格競争になり厳しい。弱者こそ値段ではない富裕層を狙わねば・・??それができる人はそうしたらいいですね。

でも、例えば俺は一部の起業家を除き、いわゆるセレブとか富裕層は好きじゃない。いや、嫌いじゃないが、衣食住で高級系・・にはまったく興味がない。衣食住は最低限でOK。だから、そういう意味での金持ちお客は、俺は相手に出来ない。俺は貧乏層でOK!金レベルは大衆系か貧乏だが、元気で明るくて+今は苦しんでるがなんとか前向きに頑張ろうと思っている・・層だな。しかし、各人の話がオモシロイ。

清水さんの会社は異色。門扉・・・これから家が建つ工事現場に飛び込みで提案するらしいが、一戸建ての家にとって門扉系は片隅、ついでの商品。家のメーカーもあまり力は入れない。家メーカーの下請けに入ると叩かれるだけ。そこを清水さんは現場ダイレクトに廻り、かつ、大量生産大量販売品ではない、高級系の手造りオーダー商品に特化。なるほどなあ、はまっているナアと思った。

最新!人気ブログランキング←ありがとうございます!ジャンル日本一に感謝!

その他の人も、本来おいしいのは、陶器も人力車もブライダルを除くとお金を持ったオバサン関係。なるほどなあ。一般消費ではそういう商品では余裕のある中高年の女性かと。家もリフォームもそうね。健康食品もそうかな。銀行も一部のところでは客層を特化。ある銀行はVIP会員以外は中に入れない?。ジレンマも。なるほどねえ。蔀さんがJALの空港でVIPルームで酒とおつまみ・・を楽しんでいたな・・富裕層はそういうのが好きなの?まあいろいろだな。無理せず、自分の合う客層を見つけることだな。そうか。

俺の場合は金ではなく考え方。そう、所得とかでなく、考え方だ。それがスッキリするね。例えば九ベンのゲスト起業家の講師系は年収数千万〜数億がゴロゴロいる。ところが、まあ、俺が選ぶからか、普段の生活は質素な人が多い。参加者側は一般大衆だ。ま、いろいろか。・・・

夕方、今日は長男の誕生日で早めに退社。トイザラスで買い物。しばらくラーメンで家族で夕食。

海パパのキック

私バカよね〜おバカさんよね〜

NASジムへ行くが休み。ならばと、家のそばの港のかもめ広場をぐるっとジョギング+シャドーキックとパンチと腕立て伏せを1時間。ここには3月の福岡大地震で被災した玄海島の代替プレハブがあり、推定100人が一時移住している。漁業がメインか。いろいろ大変でしょうが、ひとごとで無責任な発言だが、人生の貴重な体験になるはず。

(書いてる今は7/29の午前だが)、昨日の目の前で父が包丁でズタズタに刺され、最後は目に突き刺し殺された10歳のガキよ。まさにこの世のものとは思えない地獄を見たのだが、その怒りと呪いと悲しみを昇華して、当面はいろいろあなたの人生も荒れるだろうが、それはそれで大いに結構だが、終わったことは全て善と考えるしかなく、そんな何を他人事をと言われるかもだが、相手を殺す、仕返ししてやる!パワーは、やがて世のため人のために転化することを祈る。フォースとともにあらんことを!)・・・おー、まさにそうだ!これだ!悲惨なこと=スターウォーズの初回で帝国軍にオジさんとオバサンを焼き殺され、その現場をその目で見て、ルーク・スカイウォーカーはジェダイの騎士となることを決意した。

決意。仕返しの、怒りの、怨念の決意。この野郎の決意。呪われたお前の人生に復讐してやるのだ!さあ、10歳のルークよ、他の救済で忙しくて恋人を地震で失ったスーパーマンよ、その自分への怒りパワーで地球の自転を逆流させて人類の歴史を変えたスーパーマンよ、その主役をやったクリストファーリーブは馬の事故で全身不随で一昨年亡くなったが、あなたの演技や生き様は多くの人を励ました。10歳のお前も俺も、そういう人になろう!そして地獄と悪魔に復讐をするのだ!

■7/26火曜日
・4時50分起き
・溜まった日経新聞、西日本新聞、日経ビジネス・ベンチャー・「フォーネット」に目を通す。大企業系の人、中小企業、ローカル零細企業+ビジネスの基本を学ぶには、俺にはこの3誌は必須だ。どれもネットで通販で申込みできる。評論家やコンサル系も必須。

共創マーケティング研究・7時〜第229回「共創マーケティング研究会」毎月第2・4火曜日。観たビデオはNHK経済羅針盤。

全国ネットだが、出演者は珍しく福岡の女性起業家「ジャンマリー」・大倉さん。洋服を中心に?衣食住の様々なデザイン・商品開発・・調査・コンサルを手がける。元は単なる個人のデザイナー事務所。現在は約30名の女性集団。言われたデザインだけの下請けを脱出。子供の身長に合わせた傘の表示パネルには「ほー親切!」と思った。推定50歳前半。

短大卒業後、欧州へ1年留学?してどこかの社内デザイナー経て?20年前?30歳で起業。80年代までは作れば売れた。90年代〜不況リストラでメーカーの社内のデザイナーがリストラされ・・結果、大倉さんたち外注の下請け部隊に仕事が来るように。いや、デザインや提案の実力もあっただろうが、なんと言ってもあの行動力だな。営業力。人間力。元気。諦めない。東レ(株)等、25社の大手消費財メーカーとつき合い。

「何か一つ、企画を作るのを日課にしてました。その積み重ねです」は重い言葉。スゴイ。わからんが、仕事の発注が無くても、大倉さんは自分なりに考えた企画を毎日絵にしていたのだ。現代職業研究所・作家の本多信一さんが食えない時代、依頼はないが、日々モクモクと原稿を書いていたのと同じだ。

「結局、競争の中でしか人は育たない」そういえばそうだな。社内にライバルがいない自営業の課題。外に仮想敵国を。ライバルを。目標設定を。最後は己。

「田舎では地元にいるしかない、女性の優秀な人材が採用できる。人材獲得の競争が東京ほどではないから」。弱者の採用戦略。ジェイエムネット植木さんも同じことを言っていた。さもありなん。俺も実感。東京では押しつぶされそうだったが、福岡に13年前帰ってきて、都落ちだがここなら勝てる克てると思った。何が勝ったか負けたかしらんが・・・

女性ばかり23人率い 量販品デザインで勝負
ジャンヌマリー社長 大倉紀子さん(50歳)

アイデアを書き留めるメモを、台所から寝室、化粧台まで家中に置いている
 九州・福岡で、女ばかり23人のデザイナー集団を率いる。

 デザインを専門に手がける事業所は全国で2700近いが、9割は社員9人以下。アパレルに限れば、00年末の全国調査で、10人以上の事業所は15だけだ。

 生地やプリント柄、店舗の内装、ポスターや包装紙など、多様な分野をこなすデザイナーをそろえ、マーケティング担当者も置く。扱うのは、スーパーや通販で売られる衣類や雑貨類のデザイン。「量販店ゾーン」と呼ばれる幅広い客層が対象だ。

■     ■

 83年に起業した。東京の同業者から「地方の連中にデザインがわかるか」と冷笑された。名刺を渡した相手から「バーか何かですか」と言われた。経営者の交流会では、男性社長から「酌をしてくれ」とグラスを差し出されたこともある。

 めげなかった。

 「服も雑貨も、消費財の9割は女性が買う。女性が洋服を買う最大の要因は何だと思う? 気分転換なのよ。女が『気持ち』で買っていく。女のマーケットは女が攻める方が、ずっと合理的でしょ」

 取引先は、量販店、通販、商社などで、各業種のトップ5に名前が挙がる企業を選んできた。一流の企業と組み、一流のノウハウを学ぶのが成長の早道と考えたからだ。

 社名は中世のフランスで、剣の腕と美男子ぶりで名をはせた近衛兵部隊からとった。ピンと襟を立てたシャツとひざ丈のタイトスカートが「戦闘服」。自分を、そして女性を最も美しく見せる姿だと思うからだ。

■     ■

 変化激しい業界で、こだわり続けるテーマがある。手仕事、産地、そしてアジアだ。

 国内の衣料品は、安価な輸入品に押され、生産量は20年前の4割に減った。産地を回れば、工場閉鎖の報ばかり。職人が働き口を失えば、彼らの手に宿る技術も絶える。同じ「ものの作り手」として強烈な危機感を抱いた。

 95年から日本貿易振興会(ジェトロ)の委嘱で、海外の産地を歩き、日本で売れそうな雑貨を発掘している。アジア各地ですぐれた職人の技と出会うたびに、日本の産地がたどった道が脳裏をよぎる。

 こうした気持ちを形にしたのが、「ハカタ・ジャパン」の開発だった。衰退著しかった福岡の伝統工芸品、博多織を使った。地元の工業組合の委託を受けて、靴やバッグのブランドを立ち上げ、00年に日米市場で売り出した。米国の展示会は大盛況。日本でも、経済産業相が「需要拡大策の好例」として国会で紹介した。

 同じ手法をアジアでも試みる。ラオスでは上質の絹織物が買いたたかれているのを見て、ブランド化を提案。いま、同国初の絹織物のナショナルブランドづくりが進む。正当なビジネスの手法で、消えゆく技術を守る。そんな難題の答えを探して、日本を、アジアを、駆け回る。




 ■良質なアジアの技術で「ヴィトン」に一矢報いたい

 ――なぜ、アジア製品にこだわるのですか。

 大倉 ジェトロの仕事で産地を回って、欧州のブランド品に引けをとらないすぐれた製品と山ほど出会った。たとえば、300年を超える歴史を持つインドネシアのバティック(ろうけつ染め)。すべて手作業で、2〜3カ月かけて1枚の布を染め上げる。これはもう世界の財産よ。こんなすごい技術が日の目を見ずに、たくさん眠っている。でも、日本のバイヤーたちは、アジア製品のコストの安さにしか着目してこなかった。

 ――確かにアジア製品といえば、安い粗悪品の代名詞でした。

 大倉 そう。その「アジア製品はこの程度だ」という優越意識が、貴重なビジネスチャンスまで失わせている。安さを追いかけた量産品はあと数年で中国にやられます。日本の中小企業が生き残るには、独創的で質の高い商品を開発し、細分化された市場を一つずつ攻めるしかない。そこで、アジアと組む。優れたアジアの技術に、日本のデザイン力や開発力を加えれば、日欧米市場に売り込める「アジア・ブランド」を作れる。お互いに底上げが図れるのよ。ユニクロを着てルイ・ヴィトンを持つような、「何でもあり」の日本市場を相手にするには、日本の知恵が欠かせない。

 ■東京でなくても

 ――ブランド好きの日本人だから、「ブランド戦略」ですか。

 大倉 日本人はブランドと言えばヨーロッパでしょ。日本はトレンド(流行)がビジネスになる数少ない国だけど、ファッションをトレンドで買うなんて野蛮なことよ。オリジナリティー(独創性)がないことの裏返しだもの。最大の象徴が最近のルイ・ヴィトンの一人勝ちね。この「猫もしゃくしも」は情けない。私はアジア・ブランドで、ルイ・ヴィトンに一矢報いたい。

 ――仕事の9割が東京などの県外なのに、なぜ福岡に本社を置き続けるのですか。

 大倉 留学先のウィーンでは人種差別を肌身に感じ、帰ってくると、地方蔑視(べっし)が待っていた。そんな世の中に迎合したくなかった。世界で勝負する時代に、東京も福岡もないでしょ。それに福岡には九州じゅうの優秀な女性が集まる。「東京は遠いから」と福岡で止まる。東京ほどデザイナーの働き口はないから、できる人材も集めやすい。そのかわり、東京との距離を埋めるためのIT化は早かったわよ。15年前からデザイン作業はコンピューターでしているし、九州でいち早くLAN回線を引いた時は、新聞社が取材に来たもの。

 ■社長に性差なし

 ――女性だけの会社で、苦労されたことも多いのでは。

 大倉 苦労といっても、社長って、頭を下げなくていい職業なのよ。男女の差を超えるには、社長になるのが一番早い。フィフティー・フィフティーの世界では、例えば契約がとれなくても、それは個人の能力の問題でしょ。もちろん、軽く見られた経験は数知れない。私が応接室に入っていっても、待っていた客は顔も上げない。社長だとは思わないのね。

 ――そのぶん、勝つために工夫が必要だったでしょうね。

 大倉 得意分野の異なる侍たちを集めて、女版「七人の侍」をめざしたの。それぞれに仕事は120%で返すことを求めた。時代の追い風もあった。価格や品質だけでなく、見せ方の美しさやコピーの面白さなどの「プラスα」が、商品に求められてきた。だからスタッフには「歌って踊れるデザイナーをめざせ」と言ってます。

 ――マルチタレントですね。

 大倉 たとえば、ストッキングの包装箱のデザインを注文されれば、何種類ものデザイン画を描くのは当たり前。それを飾る棚や道具もデザインしてしまう。そのうえ、こっそり店舗の写真を撮って、その包装箱がいくつも並んだ売り場の絵をCGで合成する。デザインだけ示されると思っていた顧客は驚きます。

 ■「ナマコ」の美学

 ――20人以上のデザイナーを束ねるのはたいへんでしょう。

 大倉 デザイナーは職人で、縄張り意識が強く、妥協を許さない。徒党を組まないので、零細が多い。でも経営は、妥協とバランスの産物です。相反する資質を両立させられるのも、私が世の中に合わせて軟体動物のように変化(へんげ)するナマコのような人間だからね。

 ――ナマコ、ですか。

 大倉 そう。でも、迎合はしない。うちは「頭脳集団」として、ビジネスでは品性や協調性も失いたくない。月に1度のフォーマルデーには、出張用の正装で出勤させ、常識ある装いかどうかチェックする。ミュールなんて履いていたら、「それが仕事人の格好か」って私に怒られるの。

 ――何事にもこだわりますね。

 大倉 仕事も生き方も、すべてに「自分流」を貫きたいんです。だから、ジェトロの委託を受けて、本業とは関係ないアジアの雑貨探しで、年に2カ月も日本を空ける。スタッフや取引先からはブーイングの嵐です(笑い)。

 ――趣味を楽しむ時間なんてあるんですか。

 大倉 それは中小企業の経営者には愚問ね。「人間らしい生き方」をめざしていたら、他に秀でることはできません。仕事はつらい。だから、磨かれる。中学で母親を、十数年前に父親を亡くしたんですが、2人が浴衣1枚で棺に納められるのを見て、「人は何も持たずに死ぬんだ」と思った。どんなに富を築いても、最後は何も持たずに灰になる。じゃあ、人は何のために生きるのか。私は、洗練されるために生きるのだと思う。だから、仕事を通じて、死ぬまで自分を磨いていきたいですね。

 
編集部・後藤絵里


◆ 転機 ◆

差別され独創性学んだウィーンの日々


 短大を卒業して、福岡県久留米市の繊維会社に就職した。企画部に配属されたが、数カ月で仕事に飽き足らなくなった。社長室に飛び込み、「企画を成功させたら留学させてほしい」と直訴した。

 商社出身の社長は、「やってみろ」と背中を押してくれた。自らデザインしたバス・トイレ用品を風呂敷に包み、東京、大阪の百貨店や商店を回って取引先を開拓した。

 5年でその商売を軌道に乗せた。そして、有給休暇扱いでウィーンに留学した。昼は国立工芸大でゴブラン織りやデッサンを学び、夜は約10人の職人を抱える工房で見習いとして働いた。

 徹底した階級社会だった。

 人種の壁も歴然とあった。

 市電に乗り合わせた老婆に杖(つえ)でたたかれ、「ゲルプ(黄色)」と吐き捨てられた。大学では、一番古い織り機があてがわれた。工房に入門した3人の見習いのうち、有色人種は自分だけ。ほかの2人に手取り足取り教えた職人たちは、話しかけてもこなかった。女経営者も最後まで口をきこうとしなかった。それでも半年間、誰よりも早く工房に入り、最後まで働いた。

 大学に、日本語ができるオーストリア人の女性教授がいた。韓国人の夫と別れ、独りで2人の子どもを育てていた。言葉の悩み、差別される悔しさ、何でも相談した。ある日、彼女が静かに言った。

 「確かにこの社会には乗り越えがたい壁がある。でも芸術家だけは、軽々と壁を越える。お金では買えないオリジナリティーを持っているから。人は創造性に対して最上の尊敬を払うのよ」

 他人のまねではないオリジナリティーこそが、性別や人種といった壁を越える鍵だ、と知った。

 2年後に帰国すると、会社は倒産しそうだった。ならば、自分で会社をつくろう。部下の女性デザイナーを誘って翌年、久留米市の老朽化したビルの1室で立ち上げた。ウィーンで学んだ「オリジナリティーを貫く」ための第一歩だった。




★経歴 1952年生まれ。大分県立芸術短大デザイン科卒。83年、福岡県久留米市で創業。92年に福岡市へ。01年は年商約3億5千万円。02年、東京事務所設立。

★家族 夫と金魚1匹

★趣味 本音を言えば「仕事」。料理も好き。

★尊敬する人 プロ意識の高い人。イチロー、落合博満、カールトン・フィオリーナ

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
朝日新聞コムより 

後半は新潟のサッカーチーム「アルビレックス新潟」のオーナー。事業家兼坊さん?。94年に9万人の入ったアメリカの球場を体感し、あの異空間=興奮と感動をこの新潟にも再現したい、体験させたい、田舎興しをしたい!と。97年から経営に乗りだし、無料チケットの配布で集客し、その後は有料のお客が満杯に。年間パスポート購入者も2万人に。今は5倍の年商25億円でこれはJリーグの平均。

誰かが言っていた。「新潟には何もない(ことはないでしょうが)。熱中するものがなかった。まさに宗教ですよ。人は何かにすがりたい、熱中したい。が、新潟には何もなかった。サッカーでも何でも良かったんですよ〜」にはなるほどと思ったが、だからか田舎は意外に宗教やなんやが多いが・・・・そうは言ってもあれだけの経営を成り立たせるのは大変なはず。無料チケットでまずは体験してもらう・・はいいね。俺も先日、久々に福岡ヤフードームへ行ったが、3万人の歓声と興奮と感動には感動した。まさに心と体を揺り動かされた。いいなあって。なるほどね。歌手のコンサート、格闘技、宗教の集会・・みな同じだ。

長崎や田川などの田舎のFC店も絶好調のホワイトデー創案者「石村萬盛堂」石村社長3代目でこの12月に創業100年、大日本印刷・太田さん、アソシエ益田社長、福一不動産・古川社長、ソニー生命・並河さん、アリコジャパン松本さん、ハートプラン河野社長、教育ビデオ制作の太洋・山口さん、シーサイド住宅、GSタカハシ、・・他が参加。この早朝勉強会も229回目だ。8年前から。よく続いている。エライ。毎月第2・4火曜日の朝7時〜8時半という時間帯もあるが・・。当初は石村萬盛堂の出入り業者が大半だったが、今は関係ない人が大半。これがいい。前は皆、お客さんである石村社長の顔色をうかがってばかりでツマランかった。しかし、新規の参加者はほぼ全部がインタークロス経由だ。御苦労さん。

・今日の夜の九ベン「編集好奇」を執筆。その他準備。

九ベン若竹・後方から全体★★★★★夜7時〜第146回の九州ベンチャー大学。ありがとうございました。若竹屋酒造の林田社長39歳。多くの人が涙を流したが、俺は2回目だしこらえていたが、ひとりならば号泣したシーンもいくつかある。14代目創業300年の誇りと呪いと苦しみを乗り越えて・・・。しかし、経営面ではまさに弱者必勝の戦略。

広告代理店時代にバイトで東京の西武百貨店で試飲販売やり、「天命」に目覚め、その接客したお客さんから「素晴らしいお酒を紹介していただき、そして青年の素敵な接客に感動しました。ありがとうございました」の手紙に打ち震え、帰郷・家業の再建を決意。当時の年商は6億で借金が12億と瀕死の状態。西武百貨店へ転職してお酒のバイヤー+売り場担当を経て全国の酒蔵も廻り、13年前26歳で家業へ。

しかし、そこは死んだような目をしたやる気のない社員の吹き溜まりで、絶望しかなかった・・・それをいかに黒字転換+猛烈な借金返済をしたのか・・試算表・経営計画・経営理念・指針・・・・ボーナスもない、ベアもない、配達営業社員の車には夏の熱い時期もクーラーがない・・・べとべとの状態で働く社員へ土下座し、まずはクーラーの着いた車に変えることを目標にし、そのためにはどれだけの利益を出さねばならないか、そのためには売上や商品ごとの粗利や競争状態や・・・・・少しずつ洗い出して改善をし・・・・

Uターン後数年間は睡眠時間3時間で・・・勉強・試算・計画・行動・チェック・失敗・改善の日々。本は数千冊。今は無き一倉定さんの理論と実践が一番役立った・・・しかし、毎年の赤字1000万、1500万が、Uターン1年後に黒字46万円、3年後には黒字4000万・・・現在の年商は4億円に減ったが、まさに減収増益の筋肉質に。

その過程も聞いたが、まさに弱者の商品戦略+客層戦略+営業戦略で、大量生産品を辞めて少量手造り品に特化し、売り先も問屋に7割を、こだわった小売り店と直販が6割に逆転。エンドユーザーに近づき・・・・には感心した。他には・・オヤジは大阪大学発酵学科、おばあさんは日本有数トップ6に入る紅乙女酒造を60歳で創業した93歳とか・・周囲に恵まれたのもある。

新規の名刺交換は<敬称略>、ホテル小松荘・松雪社長・鳥栖・炭火焼き店「和気藹々」わきあいあい:もオープン、数年ぶりのコーセー化粧品販売・藤田さん:流通店向けの企画、九州積算・永石さん、フォーネット・鹿島記者、八女の松尾農園+にんにく米の農魂21・松尾・農家の2代目・オリジナル商品に・HPも、クネットジャパン・真木加代子・福祉環境手すりのメーカー:佐世保本社で福岡支店・ベンチャー系、津野恵美子・塾自営を15年経てガキも20歳になったし新たな事業をしたいとスゴイ女社長に感化・・ネットワークビジネスの人とも名刺交換したが、明らかに悪気もなく良い人のようだが「使命」?にまっすぐな人なので・・敬遠させていただく。我欲=公欲・・の催眠術・信者の人は勘弁してくれ。

■7/27水曜日・4時半起き・・・・

 九ベン若竹・林田さん九ベン若・全体良いヤツ九ベン若竹・前列全体小

 

 

 

 

 

 

 昨日は栢野さん主宰の九州ベンチャー大学に参加させて頂きました。

昨夜の講師は300年以上続く若竹屋酒造場の14代目社長 林田社長でした。

1度お話させて頂く機会があり、再会をココロより楽しみにしておりました。
前回は、お酒のお話が中心だったのですが
なぜかすごく惹かれていたので、再確認したい思いと
純粋にお会いしたい思いが強かったです。

結論から申しますと

栢野さんの発売されるビデオを買って見てください
自分も参加した身ではありますが
絶対購入します。

それぐらい良かったです。
林田社長は色々な場所で講演をされている方で
でも緊張されていて
話方がうまいとか
動きが面白いとかじゃなく
なんか、本当に聞けてよかったー
と思ったのです。

それは自分が今、独立開店1周年を迎えるにあたり
このままではいけない
何か変えたい
と日々悩んでいたからかもしれません

いや、林田社長の器にただ引き込まれていったのかも
しれません

久々に涙を流してしまいました。

林田社長と一緒にお仕事をされている方が
どんな素晴らしい方で
若竹屋自身を愛しているか
また、林田社長がどんな思いで社員さんに
接していらっしゃるか
目に見えました。

メモは気がつくと6ページに渡っていました。
時間もあっという間に過ぎていってました。

このタイミングで参加できて良かった

栢野さん、林田社長
本当にありがとうございます。

もちろん会場で温かいお言葉を頂いた古川社長を始め
諸先輩方、ありがとうございます。

今の自分に何が欠けており
何をしなくてはいけないか
いや、何をしたいか
が1つ分かりました。

今、何をしてはいけないかも

まだ昨夜の気持ちが高ぶっていて
変な文章でスイマセン。。・・・・・・・・・・・・・・・・

以上は姪浜の陶器販売店「フランジ・パニ」地蔵(ちくら)さんのブログより

ありがとうございました!

「ベンチャー大学」参加者の方の有り難い感想文by地蔵さん

 九ベン若竹・林田さん九ベン若・全体良いヤツ九ベン若竹・前列全体小

 

 

 

 

 

 

 昨日は栢野さん主宰の九州ベンチャー大学に参加させて頂きました。

昨夜の講師は300年以上続く若竹屋酒造場の14代目社長 林田社長でした。

1度お話させて頂く機会があり、再会をココロより楽しみにしておりました。
前回は、お酒のお話が中心だったのですが
なぜかすごく惹かれていたので、再確認したい思いと
純粋にお会いしたい思いが強かったです。

結論から申しますと

栢野さんの発売されるビデオを買って見てください
自分も参加した身ではありますが
絶対購入します。

それぐらい良かったです。
林田社長は色々な場所で講演をされている方で
でも緊張されていて
話方がうまいとか
動きが面白いとかじゃなく
なんか、本当に聞けてよかったー
と思ったのです。

それは自分が今、独立開店1周年を迎えるにあたり
このままではいけない
何か変えたい
と日々悩んでいたからかもしれません

いや、林田社長の器にただ引き込まれていったのかも
しれません

久々に涙を流してしまいました。

林田社長と一緒にお仕事をされている方が
どんな素晴らしい方で
若竹屋自身を愛しているか
また、林田社長がどんな思いで社員さんに
接していらっしゃるか
目に見えました。

メモは気がつくと6ページに渡っていました。
時間もあっという間に過ぎていってました。

このタイミングで参加できて良かった

栢野さん、林田社長
本当にありがとうございます。

もちろん会場で温かいお言葉を頂いた古川社長を始め
諸先輩方、ありがとうございます。

今の自分に何が欠けており
何をしなくてはいけないか
いや、何をしたいか
が1つ分かりました。

今、何をしてはいけないかも

まだ昨夜の気持ちが高ぶっていて
変な文章でスイマセン。。・・・・・・・・・・・・・・・・

以上は姪浜の陶器販売店「フランジ・パニ」地蔵(ちくら)さんのブログより

ありがとうございました!

以下のページ↓に昨日の「ベンチャー大学」大交流会の画像日記!あり!

最新!人気ブログランキング←ありがとうございます!
 
・一生の間にどれだけ多くの人達から「ありがとう」と言われ、どれくらい人に「ありがとう」を言ったかが、いかに人生で大事か。
・「ありがとう」の反対は「あたりまえ」。傲慢にならないよう。
 
★目標!・1日10人の人に「ありがとう」と言い、10人の人から「ありがとう」と言われること。
・たまにはストレス発散のケンカや破戒活動もすること!
 
8/25第147回「ベンチャー大学」ゲスト(近日更新)は倒産寸前+車も売って借金三昧から
 
 
(株)インタークロス/ベンチャー大学・栢野克己
電話092-781-5252   FAX 092-781-5353 kaya@hf.rim.or.jp  
携帯090-3604-6735 自宅092-751-8665
■24時間年中無休受付。留守電もあり。
西日本シティ銀行・普・0293317・(株)インタークロス

HIS創業者・澤田秀雄のエイチエス証券からバカ電話!

エイチエス証券のバカ電話ミスは誰にでもある。

さっき、旅行会社HIS創業者・澤田さんが創った証券会社「エイチエス証券」福岡支店から電話があった。

俺は元取締役本部長の大野さんとは親友だし、澤田さんとは3回、他の創業メンバー取締役とも会った(と言っても向こうは覚えてないだろう)。

今月は熊本の潰れた九州産交をHISグループが再建引き受け決まり、さすがやるなあと「近親者」として期待していた。

で、さあHS証券はどんな営業をするか?ベンチャー系に強いし、あれならいろいろ人脈を紹介してやろうか・・

 

最新!人気ブログランキング←ありがとうございます!あと少しで日本一!!ヤラセだが

 

「HS証券ですが・・先日送ったDMの件、見ていただけましたか?」

「いや、興味ないね〜」 (と軽くジャブ)

いきなり 

「ガチャン!!」

 

 

貴様あぁあああああ!!!

 

久々切れた!怒りの鉄拳FAXを送りつけてヤッタ!

近親憎悪というやつだ。

スマンが、サラリーマンをクビにするのはたやすい。罪を憎んで人と会社を憎まず。

丸くなりかけていたが、野性の血が逆流した。

ありがとうよ!下手営業マン!

俺は脅して金取るデータOッOス・・・みたいな総会屋ではないのでヨロシク!

だから余計たちが悪い。金なんかで解決できないからな。

支店長:政元 章彦 TEL:092-736-6021 FAX:092-736-6022

しかし、こういう行動に出るとき・・・・良くも悪くも絶好調!なのである。

(破壊前・破戒は部落差別の至宝小説・・周囲の人間がとばっちりを受けることになる。特に妻は、私の躁鬱病のソウを恐れている。そう。ほとんど恐いものない覚醒剤症状と同じ。相手にすると大変。が、井上陽水もそうだったが、狂気から出る何かがある。狂ったヤツにはチャンスがある。そもそも起業家系はその最たる人種だろう)

組織を持たず、お客にペコペコする必要もなく、相手から金をもらってない強み。 いや、お客でさえ、おかしければ遠慮なく叩きのめすのが俺の良いところ。そして、やりすぎたらスグに謝る。この5年のケンカ相手でまだ謝っていないのは重さんと小阪さんくらいか。他は手打ちした。俺が悪かったと。スマンね(エコエコアザラク〜5寸釘の呪い)。

しかしねえ、愛だ感謝だありがとう!?俺には10年早いね!

クソッタレ!だ。やっぱ!本性現る・・♪透明人間♪現る現る♪

活き活きしてきたぜ!破壊活動は。バリ島では「破壊の神様」が一番エライ!と聖心美容外科の山川さんから教えてもらった。その後、お互いに自分で「自分を破壊」した。そして10年後デカクなった。

自分は草食動物か、肉食動物か、その中間か・・・タイプはいろいろ。出来も違う。

馬はトラのマネをしてはならず、トラはネコではない。俺は阿修羅だ。仏陀を守る?闘う神様!反撃開始だ!いや、仏さえも破壊してみてはどうだ?誰もしないだろう。

以下のページ↓に昨日の「ベンチャー大学」大交流会の画像日記!あり!

最新!人気ブログランキング←ありがとうございます!
 
・一生の間にどれだけ多くの人達から「ありがとう」と言われ、どれくらい人に「ありがとう」を言ったかが、いかに人生で大事か。
・「ありがとう」の反対は「あたりまえ」。傲慢にならないよう。
 
★目標!・1日10人の人に「ありがとう」と言い、10人の人から「ありがとう」と言われること。
・たまにはストレス発散のケンカや破戒活動もすること!
 
8/25第147回「ベンチャー大学」ゲスト(近日更新)は倒産寸前+車も売って借金三昧から
 
 
(株)インタークロス/ベンチャー大学・栢野克己
電話092-781-5252   FAX 092-781-5353 kaya@hf.rim.or.jp  
携帯090-3604-6735 自宅092-751-8665
■24時間年中無休受付。留守電もあり。
西日本シティ銀行・普・0293317・(株)インタークロス
栢野克己(かやのかつみ) ■日本一過激な小企業コンサル・講演家。計15万部の著書「弱者の戦略」「小さな会社★儲けのルール」「逆転バカ社長:天職発見の人生マニュアル」はアマゾン<中小企業経営>ジャンルで7年300週〜現在までベストセラー第1位〜5位。台湾(中国語)・韓国・タイ・インドネシアでも出版。零細企業☆人生逆転の事例講演・執筆・勉強会主催の(株)インタークロス代表取締役。主催のセミナー交流会「九州ベンチャー大学」や「経営人生計画セミナー」「やる気会」「早朝マーケ会」「個別相談会」は17年1000回を越え、累計で約1万人参加。全国+アジアで年間講演約100回+勉強会100回が自主ノルマ。2006年〜2007年に家族で1年間の世界一周を実現!夢は全世界で1000万部の著書+世界200ヶ国渡航 ■福岡県立城南高校+小倉西高校は裏口入学・立命館大学卒。新卒入社のヤマハ発動機を9ヶ月でノイローゼ退社、バイトのリクルートは3年弱で正社員試験落第。失意と復讐を誓い、大阪のIBMリースへ転職するが、またも仕事失敗+ウツ+婚約破棄+自殺未遂で退社。東京へ逃げ、半年失業後チラシ宅配ベンチャーへ転職。しかし、そこも詐欺的FC会社でまたも転職に失敗。もはや「同級生に勝つには独立しかない」と決意し、様々なセミナーや交流会に参加後に「無料職業相談業」で起業。しかし、半年で金がなくなり、出版社:ビジネス社でテープ起こしのバイトをするも先の人生が見えない。そんな92年実家が他人の連帯保証1億円かぶり博多へUターン。6度目の転職で広告代理店へ。同時にビジネス交流会「九州ベンチャー大学」立ち上げ。 95年、借金返済のため2度目の起業。97年完済するも実家失い親は自殺。2002年〜今までの人生への復讐スタート。お楽しみはコレからだ。公式HPも参考に。 ■インタークロス ■九州ベンチャー大学 代表・雑談担当 栢野克己/カヤノカツミ 〒810-0073福岡市中央区舞鶴2-7-21-803 電 話 092-781-5252  携 帯 090-3604-6735 FAX 092-781-5354 メールkaya@hf.rim.or.jp
毎週の最新情報
セミナー動画100連発!ダブルクリックで拡大!
もっと下に詳細経歴

ベンチャー大学のカヤノ

■日本一過激な小企業コンサル・講演家。計15万部の著書「弱者の戦略」「小さな会社★儲けのルール」「逆転バカ社長:天職発見の人生マニュアル」はアマゾン<中小企業経営>ジャンルで7年300週〜現在までベストセラー第1位〜5位。台湾(中国語)・韓国・タイ・インドネシアでも出版。零細企業☆人生逆転の事例講演・執筆・勉強会主催の(株)インタークロス代表取締役。主催のセミナー交流会「九州ベンチャー大学」や「経営人生計画セミナー」「やる気会」「早朝マーケ会」「個別相談会」は17年1000回を越え、累計で約1万人参加。全国+アジアで年間講演約100回+勉強会100回が自主ノルマ。2006年〜2007年に家族で1年間の世界一周を実現!夢は全世界で1000万部の著書+世界200ヶ国渡航・・・・・・・・・・・

■福岡県立城南高校+小倉西高校は裏口入学・立命館大学卒。新卒入社のヤマハ発動機を9ヶ月でノイローゼ退社、バイトのリクルートは3年弱で正社員試験落第。失意と復讐を誓い、大阪のIBMリースへ転職するが、またも仕事失敗+ウツ+婚約破棄+自殺未遂で退社。東京へ逃げ、半年失業後チラシ宅配ベンチャーへ転職。しかし、そこも詐欺的FC会社でまたも転職に失敗。もはや「同級生に勝つには独立しかない」と決意し、様々なセミナーや交流会に参加後に「無料職業相談業」で起業。しかし、半年で金がなくなり、出版社:ビジネス社でテープ起こしのバイトをするも先の人生が見えない。そんな92年実家が他人の連帯保証1億円かぶり博多へUターン。6度目の転職で広告代理店へ。同時にビジネス交流会「九州ベンチャー大学」立ち上げ。 95年、借金返済のため2度目の起業。97年完済するも実家失い親は自殺。2002年〜今までの人生への復讐スタート。お楽しみはコレからだ。公式HPも参考に。


■インタークロス
■九州ベンチャー大学
栢野克己/カヤノカツミ
〒810-0073福岡市中央区舞鶴2-7-21-803
電 話 092-781-5252 
携 帯 090-3604-6735
FAX 092-781-5354
メールkaya@hf.rim.or.jp
ツイッターも展開中

プロフィール

ベンチャー大学のカ...

最新コメント
Archives
  • ライブドアブログ