【人生は逆転できる!】小企業コンサル・講演家の天職ブログ

講演家・作家・雑談相手。著書は「やずやの秘密」「弱者の戦略」「小さな会社★儲けのルール」「逆転!バカ社長」「35歳から一生負けない生き方」。22年で約1000回の人生経営勉強会「ベンチャー大学」「経営人生計画セミナー」毎月開催。人生の成功は<夢×戦略×感謝>をモットーに、弱者の独立起業・経営アドバイス・講演・執筆・コンサル・勉強会・個別相談会を実施。2007年に家族で1年間の世界一周を実現!

2005年12月

ラーメン一風堂・河原さんがまたも日本一!+福岡一のリトルママ

■12/27火曜夜7時からの、この番組ラーメン日本選手権「麺王」で、やはり知一風堂の河原さんが日本一!

まあ、バラエティ番組だし、味の好みは千差万別で、本来は順位をつけるようなものではない。が、20代で地獄を見た人にとっては人生大逆転!。友人知人として素直におめでとう!と画面に向かって言った。

後日、電話で話したが・・

ラーメン審査員

ラーメン亀田ラーメン河原優勝

 

 

 

 

 

 

 

ラーメン一風堂店ラーメン河原

 

 

 

 

 

 

 

リトルママ森・中井

福岡一の子育てママ向けフリーペーパー「リトルママ」の森社長と中井さん。

マーケティングリサーチの相談雑談・・これはというアイデアが出なくて申し訳なかったが、やはり基本のコツコツを地道に毎週毎月やるしかないと。

 

 

ベストセラーやブームやアタリ!はクダラナイのが多い?

最新!人気ブログランキング ←ありがとうございます!!

■12/22

・夜はD2K。1999年〜渋谷のビットバレーを真似たネット企業の交流会。でスタートしたが、今は(株)ペンシルの独壇場。今日の講師はエニックススクエアの志賀ゲームプロデューサー。マイクロソフト社の日本法人やなんやを転職して現在。リーマンか。

良いプロデューサーになるには・・・

.灰潺絅縫院璽轡腑麈塾蓮覆泙申个燭福この前のワークス大久保と同じだ)

▲沺璽吋謄ング力

プレゼンテーション力・・・・そうそうペンシル覚田社長もこれが他のHP屋さんと大きく違う。客層戦略もね。

ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する

 

最近読んだ本では・・「ブルーオーション戦略」:競争しない・・・・が良かったと。1000円カットの散髪屋とか・・・ほーそうか〜・・・

 

 

・名刺交換は、ペンシル・久富・入社数ヶ月・どこかのSE経て転職・SEO事業部・顧客30社・月20万〜・9割は福岡以外・東京が多い・SEOに金払うのは・・中堅以上が多い、ペンシル覚田社長:創業10年・年商5,5億・3社目以降は営業してないです・乗った乗せた?・最初の出逢いは96年末〜97年1月にふくや、九州情報大学・岸川教授・元HTT社員から2年前に転職・情報通信やエクセルとか、ワンリンクス・森永代表・ネットワーク構築系の営業経て2005年独立・幼稚園のHP制作・警備カメラシステムの販売・犬のブリーダーも・ワンは犬のこと、SORD・ペンシル+福岡大学の学生グループ・小野さん・工学部院生で電子情報系に就職するつもり:渡邊さん:九州情報大学の代表、エイクエントインク・家田・アシスタントエージェント、パナソニックCCソフト・永島さん・技術グループ、地域科学研究所・大城さん・法人営業・中小企業の経営改善・eセールスマネジャーMS・バリュースペック、イーデザインショップ・諸藤さん・デザイン事務所・2ちゃんで見てました・竹田・本も、九州情報大学・合田講師・遠藤さんの同僚、

12/17の福岡大学ベンチャー企業論で。ハッピーブリッジ・渡辺和喜代表・結婚式プロデュース・2011年に上場します!・福岡大学4年生・就職せずに起業・心意気と目つきが良いね、ビッグフリー高柳希さん・女性

 
 

待ってるぜ!約100名が参加予定!あなたの2006年が素晴らしい1年になる、出逢いと刺激とヒントが天から降ってくることを祈る!

サッカー光皆と■12/23金曜日
・事務所
・光のサッカー
・事務所

 

 

 

 

■12/24土曜日
・来年の上場を頼むぜ!成長続けるが今年は幸運な痛い目に会った住宅リフォームのホームテック(株)の株主総会へ参加。10数名。年商55億で赤字2億円。が、サバサバ。
新任取締役の林田さん・・・元福岡シティ銀行だという・・親父を知ってるかも・・で呼びかけると・・元大橋支店の支店長で・・平川さんと一緒に俺も行ったなあ・・・世間は狭い。西銀と合併したが合わずに辞めて転職。

 

 

ヨット+ボート販売+ライセンススクール(株)海援隊の平嶋社長、ホームテック(株)藤田専務、大分ベンチャーキャピタル(株)太田本部長、アソシエの益田さんと俺の5人で雑談。平嶋さんの会社の調子は絶好調みたい。ヨットやボートが売れる・・・好景気間違いなし。バブルか。いやいや平嶋さんの経営努力だ。

チキンリトルチキンリトル2チキンリトル3

 

 

 

 

 

 

 

チキンリトルと皆・午後、映画「チキンリトル」を家族で見に行く。ふ。暇なヤツ。俺はホームテック(株)のような事業経営者ではないな。それもイイ。「みんなちがって、みんないい」金子みすず・・・とかいいながら20代で自殺。梅毒他、みんなと比べて悲観した?人間らしくていい。

さて、映画は思ったよりもというか全然感動しなかった。子供も特に・・というかんじ。騙されたか。感受性のあれか。何をやっても駄目な小さな子供・・チキンリトルが・・・最後は逆転して町を救う・・・3月生まれ?で同級生の中でも小さくて勉強も遅れがちで事実成績も中の下か下の上で劣等感がばりばりあってなんでもすぐに諦める次男・・が目覚めないかなあ・・と親バカの期待感で俺も感動したくて行ったのだが・・・・「マダガルカル」に次いで2度目のスカ。

・かー、3年前の「成功した!」と思った大分ブレインアイでの講演。ある人から「参加者には不評だった」と聞いて反省。うーん、あれは今考えると単なる自己紹介。学んだポイントとか教訓を出さねば。まあ、人に寄るからな。田中真澄大先生でも「クダラン!」と言う人多数。弱者は八方美人ではダメだ。誰にも評価が高い=個性がない。自分のお客は誰か。はっきりさせねば。

クリスマス光クリスマス皆で

ホワイトデーの創案者+創業100周年を迎えた縁起のいい和洋菓子チェーン「石村萬盛堂・ボンサンク」でケーキを買い、しかし、大きなケーキは俺たちには身分不相応だとショートケーキを4つ。

いろいろとありがとうございます!

彼氏や彼女のいない独身者や、家族や子供のいない家庭で孤独に弱い人には1年で一番寂しい日かも知れないが、俺もそういう時期が36歳まで毎年そうだったが、その耐える経験は無駄ではないと思います。

■12/25日曜日
・午前は事務所
・午後は今宿の「牧のうどん」、小戸公園で野球、西新のカプリチョーザと、栢野家の黄金ワンパターン。次男とはあえて強いボールでキャッチボール。顔面直撃も。泣きながらも続けた光に感心。優しくしたいが成長を願うのでごめんな。

■12/26月曜日
・4時半起き。1年で一番暗い冬至は先週過ぎ、すでに夜明けは早くなっている。毎朝、明るくなっているのだ。OOさん、すでに夜は明けていすよ。2月までは気候としては寒くて暗いかもですが、共に頑張りましょう!朝の来ない夜はないのだ!

・6時半〜第70回の毎週月曜「やる気会」。テーマは経営理念と経営計画=自分の仕事を通じての役立ちとか天命とか使命とか夢とか目標とか行動計画とか・・・。竹田先生の「経営計画」ビデオの最終巻を15分ほど観て話題提供。参加者はアサム平川さん、熱血バンカーSさん、求職中の荻生さん、人力屋の神谷さん、アリコジャパンの松本さん、アクエリアスの石橋さん、フランジパニの地蔵さんに私の8名。来年の抱負を各自簡単に。

「この勉強会を継続してくれてありがとう!」との声も頂いたが、何でもそうだがこの手の会は参加者がいないと成り立たない。この寒い中、しかも月曜の朝6時半という、年中通して一番過酷な時間帯に参加いただき、皆さんには感謝しています。この「やる気会」を思いつきで始めたのが2004年の6月。よー続いている。ありがとうございます!

やる気会2005年末

 

終わって事務所出た後でパチリ。来年もよろしくお願いします!

勉強熱心な起業目指す人+起業家精神のリーマン+小起業家・・・なら誰でもOKですよ。気軽にどうぞ。

 

 

 

・某企業家Aさんが来社雑談。某有資格者だが、大学卒業後に7ヶ月間世界を放浪し、帰国後にある会社に就職し、その後読んだある本に感銘し、その著者である社長に直接アタックして転職入社。現場の責任者を2年やったが同僚のレベルの低さや会社に幻滅して退社。その会社は半年後に倒産。知り合った成金億万長者経営者が東京で始めたバブリーなコンサル?事業をやるも、その会社も破綻したので帰郷して独立。広告代理店もどきをやった後、物販・飲食他を展開。現在はアナログ事業とネット通販と代理店販売と複数の展開で月商数百万。本人曰く「調子に乗っていた+商売を舐めていた」+評論家曰く「弱者は・・非関連の多角化は失敗の元」で借金は数千万あるが赤字部門は閉鎖し、新たなチャレンジに挑む。

・某さんと情報交換。なんとAさんと同じような立地の店舗が悲惨な状況だと。なるほどね。一見良さそうにも思えるが、やはりこういう立地は鬼門か。

ダイナーズ小野さん・10店以内の飲食起業家では地元NO1ではないかと思う「ダイナーズ」小野さん来社。舞鶴1丁目の鳥料理「ダイナーズおの」、大名のバー&レストラン「ダイナーズバー小野」、親不孝通りのラーメン「麺や・おの」、舞鶴の豚料理居酒屋「豚家・小野」の4店舗をこの8年で。32歳。来年早々に「鮨や・おの」を出す予定。元々は日本料理の職人出身でおじさんが鮨屋ということもあり、既知の鮨職人の先輩が加わって「おのスタイル」の研修中。

各店は前年比110%以上を毎月更新。好調だ。2010年10月10日には「小野の宿」という飲食レストラン?を開業する。実は小野さん、1年前に心臓病が発症し、余命宣告をされた。現場に立つ仕事は厳禁。事務ワークと最低限の日常生活でも・・・このままだと心臓病で余命は10〜15年の可能性が6〜7割だと。創業時からランチ客で通っていた私の元に病院から退院してすぐに寄っていただき、一通り話を聞いた上で「いや、小野さん。これはものすごい幸運かも知れませんよ。様々な意味で、前向きに死を意識した人は強い」「いや、栢野さん、私もそう思うんですよ・・」で大いに話が盛りがった。そして出たのが「小野の宿」。天命の発見!

それまでの7年、まさに小野さんは走ってきた。基本は長時間労働。それは今も「麺や・おの」は夜12時まで、「ダイナーズおの」は午前1時、「豚家・小野」は午前3時、「ダイナーズバーおの」は朝5時まで・・が規定の営業時間。周囲の同業は午後10時〜11時でほぼ閉店。さらに基本の料理の素材の良さ+調理技術の良さに加え、「とにかく、お客さんに喜んでもらいたい!」という欲望というか本能というか熱意と本気がものすごく、それが接客サービスに現れている。

病を抱えてからの今でも、週に3回は社員に対して小野さんが熱く語るミーティング+社員も1分間スピーチを実施。俺が思うに、30代前半の一風堂・河原さんがまさにこうではなかったのかと。非常に似ている。

小手先で誤魔化さないところが。熱い。

お客を喜ばす。喜んでいただく。そこに命を懸けている。誰かが何かで書いていた。「事業経営の成功者に大事なのは気配り」。それ以外にもいろいろあるが、まさにそうだと思った。

気配り。俺に一番欠けている。相手を思いやる気持ち。相手とは、お客・社員・仕入先・取引先・地域住民・家族・親・先祖・神様・この世・あの世?・その他。まあ、キャパがある。人それぞれだ。

豚家に前入っていた「炭火焼き・やす川」(今は長住に移転)の安川さんの場合、人任せにしたくない、自分で全部やる・・と繁盛店だが支店は出さなかった。それは立派な戦略であり人生。大半はその器量がないのに多店舗展開してダメになる。

まあ、1店舗だけでも3年以上維持するのは3割程度(様々な指標があるので一概には言えないが)で至難のわざ。そういう意味では小野さんは小さなスーパーマンだ。で、小野さんには河原さんのOOの件を話したり、やずやの「経営計画書」のことを話したら、目を丸くして凄い!と感心していた。今はまだ4〜5店舗でかつ半径1キロ以内の地域戦略なので、変な書面や書よりも生の対面話がそりゃ一番。でも、徐々にいかがですかね。小野さんはそれがやれる人だし、やれますよ。

・先日、某さんに同業他社の某企業の外からは見えない考え方や実際にやっている諸々のことを話したら、ものすごくびっくりしていた。一言で言えば「感謝と愛を態度で示す」ことなのだが、私もそれに気づいて以来、例えば出入りの佐川急便の人なんかに、前は荷物を届けてもらってもそれは当然だという偉そうな顔と態度で挨拶一つしなかったのだが、今は「ありがとうございます!」程度は言えるようになった。それは妻にも、お客さまも、前のたばこ屋のおばちゃんにも、道路にも、ホンの少しだけだが、本当に少しだけなのだが、以前はまったく無視していたのでゼロ%だったが、1%は気配りが出来るようになった。1%だが。

が、先日、日経新聞の全国版に自分の大きな記事が載ってあちこちで自慢したら、その1週間後に楽天日記ブログを(株)楽天から削除され、それは俺の目立ちが気に入らなかったOOさんの告知なのだが、それはそれで有り難いことだと思った。良い天罰だと思う。他にも2件、俺にとっては嫌なことと言うか失敗というか挫折というか恥ずかしいことがあった。なんというか、本当に俺の場合は単純バカでわかりやすい。バカは叩かれたり、痛い目にあったり、直接言われないと、自分のバカさや傲慢さや失敗言動に気づかない。有り難いことだ。有り難い。難有り。そういうことでっせ、内田さん。

■12/22木曜日
・朝から一発!やはりガキがいないと専念できて良い。何が?
・借金削減コンサル+借金経営・人生再建コンサル+キャッシュフローコンサル?のコラボプロジェクト平原さんと雑談。平原さんは

平原さん

株式会社コラボプロジェクト代表取締役

一歳半の時父の大病に遭遇し将来は医者になる事を決意。しかし、父の経営していた専門学校のピンチに夢を一時断念する。そして二年で利益を出すまでに至るが、平成八年メイン銀行の貸し渋りで状況が一変する。銀行・税務署等との激しい交渉だけでなく、三十回以上の裁判所での債権者との戦い・更に動産の強制執行までをも経験する。その間資金繰りは悪化し、いわゆる借金のフルコース状態。当時三十歳で背負った個人的な借金は六千万を超える。だが、商売敵に土下座までして金を工面した屈辱の経験がバネになり、その後三年で借金を約七百万まで減らす。

ところが、やっと光明が見えてきた矢先の平成十三年に父親が急死した為に、またもや状況が悪化する。残された借金は約六億。相続放棄を三ヶ月悩みぬいた末、未来ある学生の為にあえて六億もの借金を相続する。その後、一層激しさを増す債権者達との交渉が続いたが、七百回を優に超える経験で体得した独自の交渉術で、わずか三年で六億の借金を一億にまで圧縮してきた。

現在は自らの経験を活かして、中小企業専門のキャッシュフローカウンセラーとして、日本全国を飛び回っている。
平原さんのブログ

という壮絶な経験をし、俺のような口先だけのコンサルや士業や評論家や銀行なんかではとても太刀打ちできない修羅場をくぐってきた人物。上記借金事件の渦中、ヤクザさんに刀を首に突きつけられて、それがきっかけで幸運にも覚悟や使命や天命に目覚め、まさに地獄の底から這い上がってきた(幸運にも痛い目に遭う法則)。

平原さんの本の出版<自分の体験をお金に悩んでいる人向けに本にできないか>相談で、今、日本一かもと言われれる某出版コンサル・エリエスブック土井さん他のことを紹介したら、さっそく数万円の有料相談で会って来たという。さすがの行動力。そこでは様々なアドバイスを受けたと言うこと。まあ、これからいろいろ紆余曲折あるだろうが、俺の勘では100%本になる。

・破産はしない!
・現在の生徒のことを第一に考える!

なるほど。サービサーの買い取り額はOO%か。おもしろいねえ。前日の吉田均税理士ともその話が出てきて・・・シンクロというか・・こうして繰り返しの勉強で覚えるのだな。

平原さんと土井さんの話しも聴きながら私の意見も・・・・・売れる本・・・ビジネス書では・・・20代〜30代後半までの起業したいが起業しない層が一番マーケットがあり、そこに当たれば売れると。なるほどなあ。さおだけやは・・会計初心者向け・・本田健とか・・お金の初心者向け・・・いわゆるアマチュア向け。私の「小さな会社★儲けのルール」もまさにそう。あれは戦略入門書。最初は恥ずかしくて仕方がなかった。こんな浅い内容では売れるはずがない。福岡の勉強会の竹田ランチェスターの初心者向けのビデオDVD「戦略社長塾」の理論と成功事例=ランチェスターやベンチャー大学ゲストのヤツ・・書き上げた後、あーだめだ、失敗だ、底が浅い、レベルが低い、書き直さねば!!!と真剣に思い悩み、事実、フォレスト出版編集の田中智子さんと太田社長に書き直しのお願いをし、「いや、栢野さん。本なんてね、読者は寝そべってパラパラ読む・・その程度なんですよ、軽くていい・・」と書き直しは却下され、試し書きした最初の原稿の通りに本になり、あーこれは竹田先生や出版社に迷惑をかける・・・と出来上がった本を前に、竹田先生と太田社長に謝罪した。そして本が出た。ある読者から「目から鱗の本でした・・」とメールやFAXが来た。どこが目から鱗だ。お世辞だな・・・それからネット上で検索をしてみると、もう忘れたがそこそこのベンチャーの経営者が「小さな会社★儲けのルール」を読んだようだが、評価は最低?だったようなブログを見て、あーやはりそうかと、そうだろうな、レベル低いよね・・とパソコンの前で顔が赤くなった。ところがその後、「いや〜良かった」その他多くの意見を頂き、まあ、不満足だった人は99%何も言わずに去るのであれだが、思った以上に「良い!」感想を頂き・・・あれよあれよと増刷となり、3年経った今で第13刷の8万部+中国版5千部+「逆転バカ社長」と合わせて10万部となり、この10年間で出た経営戦略の本+各本屋やネット書店のビジネス書やなんやでヤラセ的な瞬間のも含み、ベストセラー第1位を何度か記録した。これはまさに「20代〜30代の起業家予備軍+迷える小さな会社の経営者」向けで、それはそれまで10年の「ベンチャー大学」の参加者のプロフィールであり、何より著者の私自身に理解できるレベルだった。

だから、机上でも一定以上に勉強している人+実際に独立起業して成功している人にとっては「何を今さら・・こんな内容・・」で、それは今も変わらない。まあ、多くの人に売れる=大衆レベル=高度で内容が深いものは売れない=レベルの高い人にはクダラナイ・・であり、外食で言えばマクドナルドやファミレスや吉野屋やカレーココ壱番屋であり、数が出て規模も大きいかもだが、ハイクラス層からは支持されない・・=ある意味では強者の戦略だから、果たしてそれで良いのかと・・・・

キッパリ!―たった5分間で自分を変える方法

他に売れた本・・「キッパリ!」の山口の主婦が書いたお気楽女性向けの自己啓発イラスト漫画本・・上大岡トメさん30代・・も、内容は別になーんも大した内容ではないが・・・・難しい自己啓発のヤツよりははるかにわかりやすく、だから普段は本も読まない女性や主婦やオタクなんやにも受けたので100万部突破したのだ。

 

さおだけや・・だって、あの内容では会計士やコンサルからはサイテーレベルのあれで・・・中学生か小学生レベル・・だから俺みたいな会計アレルギーの人間でもさっと立ち読みで読めた・・会計の本を読んだのは20年ぶりか・・それも人生で2冊目ではないか・・・ってな低レベルの人間まで読まねば100万部は行かない・・・歌手も芸人も・・その手のヤツは売れる・・・=バカでもガキでも老若男女でも受ける・わかりやすい・・・のはエリート層から言わせれば・・レベルが低いというヤツ・・・フォー!

まあ、とにかく、そういう意味ではなんだあんなレベルか・・でいくらでもライバルやライバル商品が出やすい分野でもあり・・・・そうかあ・・・歌手の・・・俺が個人的に印象深いのは歌手の「原田真二」・・・デビューで初期のビートルズを彷彿とさせる「キャンディ」や「シャドーボクサー」と立て続けに大ヒットを出し、イイ歌だ素敵なメロディーだと俺も思った・・・が、その2〜3年後には「難しい・・なんかようわからん・・・」と俺は思い、事実、ブームは終わった・・

が、それはやはり、原田真二も量を追うというか消費されるアイドルから脱したかったのだ(と告白?している)・・・というか、受けるヤツではなく、自分が本当に歌いたい歌に絞ったのだ・・・これはチャーなんかもそうだったなあ・・・チューリップもそうだった「心の歌」や「銀の指輪」・・あそこまでアイドル路線でいかにも一般大衆に売れるメロディライン・・・でももういいよ・・俺たちがやりたいのはそれではないとあえてマイナー路線へ・・・

本は1冊目を当てないと・・・という意見もあるが、当てる=ビジネス書では3万部以上がアタリ!と言われるが、そんなこと言ったら99,9%ははずればかりで・・・あまり関係ないと思う。

まあ、本の出し方書き方ベストセラーの出し方とかなんやらいろいろあるが、結局は本人の等身大でウソつかずにそのまま素直に頑張るのが一番だ。でないと続かないしね。餅は餅屋。

一般学生向け・就職活動向け・新社会人向け・20代リーマン・20代転職希望者・30代リーマン・・・バイトやフリーター向け・オタク向け・週末起業・独立起業・SOHO・自営・小企業・中小企業・ベンチャー・中堅企業・大企業・引退・老後・出来る人向け・ダメ人間向け・ビジネス・自己啓発・お気楽・右脳・左脳・悲観的・楽観的・人生・・・・・

ジャンルはいろいろあるが・・・・俺の場合は「逆転バカ社長」の本文ではなくコラムに書いたような様々な失敗や挫折の七転び八起き人生を歩んできて「小さな会社★儲けのルール」的な零細起業家を目指す人が読者。

「難しい話を、たとえ話や比喩でわかりやすく書けるか話せるか」

なるほどね!これは経営者でもそうだな。ホームテックの小笠原さんや一風堂の河原さんも同じだ。半ば強引に。

最新!人気ブログランキング

 
 
 
 
 
年内の講演やアポスケジュールはほぼ終わり。お話しできる時間がありますので、雑談や相談などある方は、お気軽に連絡下さい。
 
24時間365日体制で無料電話相談・雑談相手OK・携帯へも気軽にどうぞ・来社相談もOK(留守時はゴメン)
 
(株)インタークロス/ベンチャー大学・栢野克己
電話092-781-5252   FAX 092-781-5353 kaya@hf.rim.or.jp  
携帯090-3604-6735  自宅092-751-8665
〒810-0073福岡市中央区舞鶴1-2-33ライオンズマンション天神304号
事務所はココ

ダメ創業〜小成功〜天狗〜転落地獄〜転機と奇跡の大逆転物語

★噂によると、12/27火曜夜7時からの、この番組「麺王」で、知人のこの人が日本一!?かもと、さっき事務所へ寄ってくれた赤坂ケヤキ通りの繁盛花屋「美松花園」の酒匂さん78歳から聞いた。本当なら凄い。まさに人生大逆転!となる。が、Kさんの夢と目標はこんなもんではない。私の推測ではOOOのTさんをレベルアップしたOOだな。そのときには少しは協力できるかも。

美松酒匂さんバイク美松花園酒匂さん美松・酒匂さんヘルメット

 

 

 

 

 

 

しかし、酒匂さん78歳。この寒さの中、ジャンパーなしでバイクで福岡市内のお得意さんを廻っている。坪単価は九州一ではないか。ホンの10坪で億を越える。それはOOOの成果。「あんたねえ、そりゃITだなんかシランが、ワテラはお客に顔出すしかないでっせ」とカレンダーとOOも持って廻る。そりゃそうだ。相手はネットもしない大口法人の50代以上の社長さん。客層にあった正しい非効率な泥臭い弱者の接近戦。負けるね。

矢頭宣男記事矢頭宣男記事 002 

←クリックで拡大

 

 

ダイレクトマーケティング+通販日本一と言われる「やずや」のダメ創業〜小成功〜天狗〜転落地獄〜転機と奇跡の出逢いと大逆転物語        

 

最新!人気ブログランキング

 
 
 
 
年内の講演やアポスケジュールはほぼ終わり。お話しできる時間がありますので、雑談や相談などある方は、お気軽に連絡下さい。
 
24時間365日体制で無料電話相談・雑談相手OK・携帯へも気軽にどうぞ・来社相談もOK(留守時はゴメン)
 
(株)インタークロス/ベンチャー大学・栢野克己
電話092-781-5252   FAX 092-781-5353 kaya@hf.rim.or.jp  
携帯090-3604-6735  自宅092-751-8665
〒810-0073福岡市中央区舞鶴1-2-33ライオンズマンション天神304号
事務所はココ

                                   

余命宣告を受けた作家・コンサルに期待すること

愛のバタバタ貧乏脱出大作戦!!

 

左記の本を出した友人が

ガンで半年〜の余命宣告を受けた。

 

 

今までも・・・・

★著者プロフィール<九鬼 政人>
和歌山県生まれ。経営戦略コンサルティング会社をはじめとする、数社の代表を務め、多数のプロジェクトに携わる。創業2年目にガン発覚。大腸全摘出手術による入院3ヵ月+リハビリ6ヵ月という苦難の中で“時間”と“お金”の法則を発見。病床から社内のシステム化を図り、社長がいなくても自動的に成長、発展する会社を作る。その後、顧客獲得実践会の神田昌典氏とランチェスター経営(株)の竹田陽一氏に師事し、薫陶を受ける。自身の経営経験と、広範囲にわたる交友関係の中から、成功社長たちの「他では話さない秘密の成功ノウハウ」などの生の声をもとに、「無から有を生み出す」「小良く大を制す」独自の成功理論を展開中。また、儲かる仕組み、体質作りを得意とし、コミュニケーション術、人材発掘・育成方法など、「増客・増販」のその後に生じる問題にも対応している。近年は、恋愛感情マーケティングや「口説きの赤本」等で知られる後藤芳徳氏とのコラボレーションで「ビジネスようちえん」を主宰。実践的な経営論を子供にも分かる簡単な表現で伝え、経営者自身はもちろん、社員教育にも活用できると評判を呼んでいる。

★今この瞬間、あなたが死んだら何を後悔しますか?

★覚悟と決断こそがすべてを変える

★神が与えてくれたギフト

左から→クリック+さらに画像をクリック+出てきた右下ボタンで拡大

愛の貧乏本の抜粋 001

愛の貧乏本の抜粋 002愛の貧乏本の抜粋 003

 

 

 

 

愛の貧乏本の抜粋 004愛の貧乏本の抜粋 005愛の貧乏本の抜粋 006

 

 

 

 

愛の貧乏本の抜粋 007

 

 

 

 

と、頑張ってはいるが・・・・・

和歌山の派遣会社+経営コンサル会社等を経営する九鬼さん。

この本を出したのは2004年の4月。この時点で覚悟した。

そして一年半後の今の覚悟は?現在30代後半。

彼の女友人のコメント

九鬼さんのプロフィール

わからんが、「余命宣告」を前もって受けるのは滅多にない機会。本人は西洋医学でない東洋医学的なものや超能力的なものやなんやで頑張るつもりだが、申し訳ないが、人間は死ぬときは死ぬ。こういう俺もいつ死ぬかわからん。というか早いか遅いか人間は100%死ぬ。できれば、「今回のあなたの人生は2007年の8月までですから、それまでにやりたいことや言いたいこと、伝えたいことが有れば、今のうちにやっておきなさい」と言ってほしいね。俺の親父の場合は44歳の時に脳血栓で倒れ、2週間後にそのまま逝った。何も会話できなかった。母も同じようなもの。先ほどのラジオのニュースでは5歳のガキがダンプに引かれて即死。まあ、とにかく死ぬときは死ぬ。いつ死んでも良いように生きなさいとは言うが、なかなか人間、その気になって生きるのは・・・

うーん、なかなかこういうのは書くのが難しい。まあでもいいや、友人だから。俺も思ったことを正直に書こう。

さっき、会社の人に電話して言ったのは、できれば九鬼さんにビデオかICレコーダーでもいいから記録に残してほしいと。なんかそれ自体が死ぬ前提みたいだが、さまざまな意味で追い込まれた人の本音や、まだまだヘラヘラ生きる人への喝!みたいなものが聞きたい。同じ言葉でも、九鬼さんだけに鬼気迫るものがあるはず。

愛のバタバタ貧乏脱出大作戦!!

 

 

 

 

 

Amazon.co.jp
 「バタバタ貧乏」(略して「バタ・貧」)とは、平たく言えば、「貧乏暇なし」、いつもバタバタ忙しくしているが、いっこうに豊かになれない中小企業社長のことを指す。本書は、「バタ・貧」社長を6つのタイプに分けて、その問題点と具体的な解決策を提示している。

 「バタ・貧」という名称は、『ランチェスター弱者必勝の戦略』や『小さな会社☆社長のルール』で知られる中小企業コンサルタント、竹田陽一が命名したものだ。本書の著者は、竹田陽一と神田昌典の弟子にあたる人物で、彼らの教えを独自の視点で解きほぐした興味深い論を展開している。

   なかでも注目したいのは、「時間」と「お金」の関係に着目し、経営の基本となる考え方を示した点だ。著者によると、「バタ・貧」がいつまでも続く原因は「【時間】に価値を見出さずに、目先の小さな【お金】ばかりに目を奪われて、【時間】を浪費するから」である。そこで、この状態を脱するために、「【お金】は【時間】を増やすために使い、【時間】は【お金】が増えるために使う」のだという。

   ガンを患い、生死の境をさまよった果てに見出した、この「時間」に対する考え方は、やがて固定費を変動費化する、コストや作業時間を見直す、社長がなすべき本当の仕事とは何か、といった具体論にまで発展していく。粗削りながらも著者独自の切り口で中小企業の経営を論じた、興味深い1冊である。(土井英司)

アマゾンの詳細+購入

ふ。しかし、今頃、友人ヅラしやがって。サイテーの私。・・・・でもない。そうであっても、人はいつでも「思い方」「考え方」で変われる。事実の捉え方だけだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最新!人気ブログランキング

 
 
年内の講演やアポスケジュールはほぼ終わり。お話しできる時間がありますので、雑談や相談などある方は、お気軽に連絡下さい。
 
24時間365日体制で無料電話相談・雑談相手OK・携帯へも気軽にどうぞ・来社相談もOK(留守時はゴメン)
 
(株)インタークロス/ベンチャー大学・栢野克己
電話092-781-5252   FAX 092-781-5353 kaya@hf.rim.or.jp  
携帯090-3604-6735  自宅092-751-8665
〒810-0073福岡市中央区舞鶴1-2-33ライオンズマンション天神304号
事務所はココ

日本唯一のフライパン・あじねフライパンの内田さん

あじねクリスマスカード

日本で唯一?今どき手作りの鉄製打ち出しフライパンを企画販売している「味音・あじねフライパン」内田社長からクリスマスカードをいただく。

ほー、こりゃ「やずや」を真似たな。素晴らしい。大変だっただろう。

 

 

 

あじね名刺表

 

うん?名刺を作り替えました?

ほー、良くできた名刺だ。

ん?裏にも何か???

 

 

 

あじね名刺

「ぎゃはは・・」最初に見た妻が笑った。

二つ折りの名刺を開くと俺の顔が飛び出して来て・・

「私、栢野さんを知り3年になりますがネクタイ姿は初めて拝見しました。益々の成功をお祈りしています」

「今年、栢野さんの<難があるから有り難い。この坂は俺を鍛えてくれている>の言葉は、私を成長させてくれる言葉となりました。困難は天からのメッセージ。有り難い。良い言葉ありがとうございました」

あじねフライパン 内田

自己中。人は自分のことしか考えていない。自分の名前や顔には愛着がある。だからDMの際、相手のお客の名前や顔や誕生日やなんでもいいからその手のヤツを出すとお客は喜ぶ。自己中欲求が満たされるから。ってな底の浅い小手先系心理操作は内田さんは考えず、純粋に相手を喜ばせようとしている。遅咲きの春は近いだろう。

>鉄製のフライパンはいいですよね。
母は私の祖母のフライパン(祖母が嫁入り道具で買ったらしい)を使っているのでかれこれ70年以上使っていることになります。いまだにガンガン現役で使っていますよ。
Posted by 肥前屋 渕上 at 2005年12月26日 18:26

しかし、「ありがとう!=有り難う=有り難いことに感謝!=難がある=困難や苦境にありがとう!」ってな意味は、机上の空論家の間では常識?だが、まあでも知ってるのは社会人100人中5人以下か。俺もこれを知ったのは40歳過ぎてから。・・・そんなの常識で言うのも恥ずかしい・・てなことは考えず、素直に言っていこう。俺の客層は40代以下の初心者なのだから。

★先日紹介した地下鉄別府駅北のこだわりパン屋「ボーボーノ」・・なんと福岡のおいしいパン屋人気ランキング第1位じゃん!ありがちなヤラセではない。素晴らしい!おめでとう!

最新!人気ブログランキング←ありがとうございます!

 
 
年内の講演やアポスケジュールはほぼ終わり。お話しできる時間がありますので、雑談や相談などある方は、お気軽に連絡下さい。
 
24時間365日体制で無料電話相談・雑談相手OK・携帯へも気軽にどうぞ・来社相談もOK(留守時はゴメン)
 
(株)インタークロス/ベンチャー大学・栢野克己
電話092-781-5252   FAX 092-781-5353 kaya@hf.rim.or.jp  
携帯090-3604-6735  自宅092-751-8665
〒810-0073福岡市中央区舞鶴1-2-33ライオンズマンション天神304号
事務所はココ
栢野克己(かやのかつみ) ■日本一過激な小企業コンサル・講演家。計15万部の著書「弱者の戦略」「小さな会社★儲けのルール」「逆転バカ社長:天職発見の人生マニュアル」はアマゾン<中小企業経営>ジャンルで7年300週〜現在までベストセラー第1位〜5位。台湾(中国語)・韓国・タイ・インドネシアでも出版。零細企業☆人生逆転の事例講演・執筆・勉強会主催の(株)インタークロス代表取締役。主催のセミナー交流会「九州ベンチャー大学」や「経営人生計画セミナー」「やる気会」「早朝マーケ会」「個別相談会」は17年1000回を越え、累計で約1万人参加。全国+アジアで年間講演約100回+勉強会100回が自主ノルマ。2006年〜2007年に家族で1年間の世界一周を実現!夢は全世界で1000万部の著書+世界200ヶ国渡航 ■福岡県立城南高校+小倉西高校は裏口入学・立命館大学卒。新卒入社のヤマハ発動機を9ヶ月でノイローゼ退社、バイトのリクルートは3年弱で正社員試験落第。失意と復讐を誓い、大阪のIBMリースへ転職するが、またも仕事失敗+ウツ+婚約破棄+自殺未遂で退社。東京へ逃げ、半年失業後チラシ宅配ベンチャーへ転職。しかし、そこも詐欺的FC会社でまたも転職に失敗。もはや「同級生に勝つには独立しかない」と決意し、様々なセミナーや交流会に参加後に「無料職業相談業」で起業。しかし、半年で金がなくなり、出版社:ビジネス社でテープ起こしのバイトをするも先の人生が見えない。そんな92年実家が他人の連帯保証1億円かぶり博多へUターン。6度目の転職で広告代理店へ。同時にビジネス交流会「九州ベンチャー大学」立ち上げ。 95年、借金返済のため2度目の起業。97年完済するも実家失い親は自殺。2002年〜今までの人生への復讐スタート。お楽しみはコレからだ。公式HPも参考に。 ■インタークロス ■九州ベンチャー大学 代表・雑談担当 栢野克己/カヤノカツミ 〒810-0073福岡市中央区舞鶴2-7-21-803 電 話 092-781-5252  携 帯 090-3604-6735 FAX 092-781-5354 メールkaya@hf.rim.or.jp
毎週の最新情報
セミナー動画100連発!ダブルクリックで拡大!
もっと下に詳細経歴
livedoor プロフィール
最新コメント
Archives
  • ライブドアブログ