【人生は逆転できる!】小企業コンサル・講演家の天職ブログ

講演家・作家・雑談相手。著書は「やずやの秘密」「弱者の戦略」「小さな会社★儲けのルール」「逆転!バカ社長」「35歳から一生負けない生き方」。22年で約1000回の人生経営勉強会「ベンチャー大学」「経営人生計画セミナー」毎月開催。人生の成功は<夢×戦略×感謝>をモットーに、弱者の独立起業・経営アドバイス・講演・執筆・コンサル・勉強会・個別相談会を実施。2007年に家族で1年間の世界一周を実現!

2006年12月

世界一周!アフリカのジンバブエ

人気ブログ・ランキング←ありがとうございます

  
今はアフリカの中南部にある「ジンバブエ」という国の首都ハラレに来ています。今日、やっとネットにつながりました。4日前に着いていてネットカフェに入ったのですが、ここはどこも満員。ネットカフェ需要に供給が追いついていない感じです。

ジンバブエは日本とほぼ同じ大きさで、人口は1200万人。このハラレは人口190万人。元はイギリス領でしたが、1980年に独立。まだ26歳の若い国です。昔はアフリカ原住民が平和に暮らしていて、例のごとく様々なヨーロッパ人が来て植民地にし、一部の白人が独占状態に。それに起こった黒人が反発し、白人の土地や財産を奪い取り返して独立。

実際、今も町を歩くと、驚くほど白人や黄色人種が少ない。他国に比べ、圧倒的に少ない。日に焼けて浅黒くなった私でも、昨日も町の広場で数十人が黒山の人だかりで大道芸人が何かやっていたので遠くから覗くと、すぐに芸人が私を見つけ、「チャイナだ!スシだ!ブルースリーだ!」とか言いやがり、俺を皆へさらし者にしやがった。その後も何か言いやがり、皆が俺を見て大爆笑。うれしかったぜ、ありがとう。

このハラレは、海外長期放浪旅の日本人の間では、南アのヨハネスブルグ、ケニアのナイロビとともに、「世界三大危険地帯」と言われている。

ハラレの強盗事情 強盗に遭うのは日常風景なのだ。

でも、実際は特に怖くないよー。昨日も今日も街中で歩きまくっているけど、皆親切でフレンドリーで楽しいよー。

と思っていたら、同じ宿の日本人が到着早々、強盗に襲われた。やったぜ!

妻が仕入れていた事前情報どおり、宿のそばの5番街。かつ、時間は夜7時。この近隣には他にもホテルがあり、現地を知らない+金を持っている+襲っても抵抗しないカモの対象になる白人や日本人が多い長距離バスのターミナルもあり、常に3人から5人の強盗集団は、アリ地獄のように我ら外人を待っている。先日の私のアルゼンチンのボリビア人スラム街もそう。今回襲われた彼もそう。

アフリカの肉食動物の弱肉強食の世界では普通のこと。生きるために、食うために、動物にとって他の動物や植物を食うのは自然の摂理なのだ。経済破綻、失業率50%以上(ジンバブエの失業率は71%(その他データ)だ!参ったか!そうか、だから大人でも路上強引押し売り露天商とかやってるんだ。大丈夫。その経験は無駄ではない。自営業の練習だ!)、家は木やトタンや土で手作り。戦後の貧しい日本そのもの。ものすごいハングリー精神。強盗から這い上がった(そしてまた落ちた?)ボクサー:マイクタイソンみたいなやつが町をうろうろ。

町中には、久々に乞食が目立つ。なぜか目が見えないホームレスが多い。エイズも国民の約2〜3割。平均寿命36歳。強烈だ。が、日本もそうだった(俺がこの国に生まれていたら、平均的には今は生きていない。奇跡のこの人生をもっと大事に生きねば)。わずか50年前までは日本中が飢餓だった。このジンバブエもこれからは成長あるのみ。すぐ横の1994年に内戦民族紛争で国民50〜100万人が虐殺!されたルワンダは、その後10年間は毎年10%成長と中国並。

そう、中国。なぜか中国はアフリカと仲がいい。この11月も中国はアフリカのほぼ全部の大統領や主席を自国に招いた。今後10年でアフリカへ5000億円の援助をするとも。貧乏だった中国、今も4億人が貧困の中国が、いかにこの10年で世界第4位の経済大国になったか、そのノウハウも惜しみなく与えるという。中国人は本当にすごい。どの国のどの町にもいる。私らの目に見えるのは中華レストランだが、世界の華僑はスゴイ。日本の場合は製品のみか、大企業の駐在員か国の派遣の協力隊とか=サラリーマンが大半だが、中国人は自力で自営業で現地に根ざしている。そのネットワークと本国のパワーが今後、急速に結びつくだろう。わからんが。。。中国が世界一の経済大国になる日は近いと思う。顔は似てても中身が違うね。海外の日本人と中国人は。

関係ないが、ホテルの宿の雑誌の記事。1992年に映画」ボディーガード」で歌も世界で4000万枚で主演も大ヒットした歌手「ホイットニー*ヒューストン」が麻薬中毒で破滅状態とか。安易な成功は安易な失敗を呼ぶ。それでよい。

格闘技プライドのミルコが優勝

第2試合 無差別級GP準決勝
ヴァンダレイ・シウバ× 1R 5分22秒KO
 ○ミルコ・クロコップ

4年前の試合では両者の立場ははっきりしていた。ミルコがK-1からの外敵としてPRIDEに乗り込み、シウバがPRIDE代表として迎え撃つという形だった。時は流れ無差別級GP準決勝という舞台で相まみえた両者は、お互いがPRIDEの顔という立場になり、双方意地とプライドがあるだろう。予想通りの激戦となった試合は、無情にも両者の無差別級での実力差が浮き彫りになった。

 試合が始まると、シウバが左右のフックで突進し一気に間合いを詰めにかかる。だがミルコは得意の速いフットワークで受け流す。重く鋭い左ミドルを放ち、前へじりじりとプレッシャーをかけていくと、シウバがタックルでテイクダウンを狙う。それを簡単に切ると潰してパウンドと鉄槌の連打で早くもシウバを追い詰める。
 劣勢のシウバ。蹴って突き放しなんとかスタンドに戻すも、ミルコの左ストレートがクリーンヒットし、ゆっくりとダウン。ミルコが追撃のパウンドを連打し、早くも試合終了かと思われたが、シウバはかろうじてラッシュを耐え凌ぐ。しかし右目が大きく腫れ上がりドクターチェックが入る。シウバが「もう少しやらせてくれ」というようなサインを手で示し、長らく話し合われた末試合再開。

 シウバは下からミルコの腕をホールドし、パウンドを打たせないようにしながら体力回復に努める。ほどなくブレイクがかかると、シウバにイエローカードが提示される。再びシウバが果敢に前へ出て、ミルコの距離にさせないよう詰める。左ミドルに合わせてパンチを返すなどプレッシャーをかけるも、左ミドルに気をとられミルコの必殺技を忘れていたのだろうか…。
 少しの間が空き、ミルコが蹴りを放つ。シウバはミドルだと思ったか、右のガードを一瞬下げる。だがミルコの狙いは頭だった。シウバはガードを上げるも時すでに遅し。かすめるようにテンプルにヒットすると、PRIDEのリングでは見せたことのない倒れ方をし、試合終了。ミルコの完勝で4年越しの決着はなされ、ほぼ無傷の決勝進出となった。シウバは試合後病院に直行した。(本庄)

バウトビューさんより


4年前の戦いに改めて決着をつける戦い!!
ストライカー同士のガチの殴り合い!
イイ感じにシウバの入場曲でビール飲めてます(笑)
最近転がっているミルコの頭を、
サッカーボールの様にボコボコに蹴る夢をシウバさんだそーです

最初はシウバが仕掛けたが、シウバが撃つとミルコが撃つ
ミルコのミドルがシウバに刺さる
シウバがタックルに行くが、下にされてパウンドの雨

何とか立ち上がるがシウバの右眼は潰れちゃってます
今日のミルコはかなーりアグレッシブで怖い

ミルコの右でグラッとするシウバに追い討ちを掛けるミルコ!
これがまた怖いのなんのって!!殺す気満点でシウバやばい

シウバの右眼のドクターチェックで暫く時計が止まるが…
何とか再開

シウバの下の状態からリスタートするが、膠着でスタンドへ
出血するシウバをチェックする様レフリーに要求する冷静なミルコ

物凄い音がするミルコがまたまたシウバを襲うが、シウバは下がらない。
涙出そうです
そこに右眼が潰れて、ミドルの布石で完璧な左ハイがジャストミート!

シウバKO!

不景気風にロシアンフックさんのブログより

大ファンで打撃系のミルコが勝ってうれしい。

ミルコは警官だが、クロアチア紛争で何度も地獄を見ているし

自らも戦ってきている。普通の世界の人間には想像もできない。

シウバもファンだが、日本に慣れてタレント化したか。

相手を気遣う愛は殺し合いでは不要。

今いるアフリカ・ジンバブエとは

Victoria Fallsジンバブエ。駅で切符を買う。ビクトリアフォール滝で切符を買う。通常、切符にはいろいろな項目を印刷してある。が、ここは手書きで用件を書く。手作りでいちいち切符を作る。素晴らしい!だからどこも行列。はよせんかい!「ポレポレ」ゆっくり行こうだと?このネットカフェも超遅い。はよせんかい!長男がコレラみたいな症状。5分に1回トイレで嘔吐か下痢。アフリカをなめるんじゃない!先進国人は弱いね。宿の共有デスクで次男8歳が勉強しているとき「ペン!くれ!」と言うな!くそ黒人!差別は永遠。差別や偏見は、いつもコミュニケーションの不足から。それで良い。それは悪い。どうでもいい。

もうすぐこの世界三大瀑布のビクトリアへ。近所の町へ来てますが、歩いているとインパラというシカやサイに似たアフリカイノシシとかに普通に出くわし、ビックリです。泊まっている安宿にはサルが10匹くらい常駐。近所の川のそばの道も「夕方は象が出ることもあり、危険」なんてガイドブックに書いてる。ホントかよ。是非危険な目に逢いたいね。

人気ブログ・ランキング←ありがとうございます

近未来通信の詐欺を担いだ日経とリクルート

人気ブログ・ランキング←ありがとうございます

近未来通信の一大詐欺事件 

バカが鬼の首を取ったような自慢だが、僕はあの会社が創業当初から「詐欺だ!気をつけろ!」と実名で書いたし講演でもほざいていた。僕自身、以前詐欺的FCで営業していたし、起業相談で騙された実例を山ほど聞いた。近未来の九州支店説明会にも参加。結果、典型的な起業希望の素人騙しと判断。だから今回の摘発は非常にうれしい。自分の勘が当たったと。

が、近未来通信のFC募集のメイン広告は「日経新聞」とリクルート社発行の「アントレ」。彼らの責任も重い。共犯者と言ってもいい。所詮は自己責任だが、ド素人は有名媒体に弱い。広告業やリクルート社はまだまだ虚業。元広告屋の自戒を込めて書く。

とにかく、関係犯罪者は完膚無きまでに叩きのめして欲しい。

・・・・・・・・・・・・・以下は懐かしい調子に乗っていた頃の日記。俺も自己顕示が強い。

2003年

●テレビ番組開始 2月8日(土)

今日は土曜日。
午前中はケーブルテレビの塚本さんとテレビ「九州ベンチャー大学」の
打ち合わせ。5月から毎週土・日午前11時〜決定。ただ、ワク取りで
競合アリ、その奪い合いがあるが。別枠もあるのでイケルさ。

で、第1回ゲストをどうするかで、できれば「やずや」社長がいいと。
しかし、やずやは社長のマスコミ取材は一切拒否している。
どうするか・・・えい、まあ電話しようと会社にするが留守。
自宅に電話すると社長が出た。そしてなんと・・・20分の押し問答で
okが出た。奇跡的!今まで日経も有名テレビ局も全部ダメだったのに
弱小メディアでok。その理由は・・・過去10年のつきあいだぜ。

午後はベンチャー支援組織・リエゾン九州の会合に参加。
倒産したベンチャー社長の裏話。会社乗っ取りされた過程、
ヤクザに殴られた話、設備投資に走った話。技術屋社長のありがちな話。
しかし、それだけ痛い目に会いながらも「今まで経営の勉強したことないし
今後も自分の経験で行く」と。完全に弱者の戦略からかけ離れている。
また、同じ失敗をやるだろう。勉強しない悲しさ。

夜はエッセイを2本仕上げ、一服。

●本屋で1位 2月9日(日)

毎度のことながら、日曜日も仕事。朝4時からメールチェック返事+エッセイを執
筆。朝10時からはリードクリエーション福泉さん、FLC坂之上さん、小野税理士
らのランチェスター勉強会へ出席。会社へ戻ると嫁さんが仕事してくれてました。
で、ガキらはカラテの練習で、1時間ほど皆で仕事して2時過ぎに昼飯へ。
マックのバーガーで。その後公園でガキ達は遊び、私は車で自分の公園テープを聞きながら、4日分の新聞をチェック。
その後本屋=蔦屋でプロレス系を立ち読みし、70年代青春音楽をレンタル。
この1ヶ月は毎週CDを10枚ずつ借りている。10代〜20代の音楽聞くと
妙に調子がいい。若替えるね。今は百恵ちゃんのイミテーションゴールド。

で、突然、嫁さんが「かっちゃん、見た?」「何を?」「来てよ」で行くと、
なんと!!!!蔦屋・マリノア店(郊外店でなかなか最新本が入らない)
で「小さな会社☆儲けのルール」が、いきなりビジネス書ベストセラー1位
の棚に入ってるじゃないですか!!
7歳のガキが見つけ、「パパ!やったね!」と。

しかし、ここで単に喜んでいるだけでは「弱者必勝のコンサル」の名が廃る。
私は本のチラシを常に持っていて、それを取り出して本の上の板にテープで
張り付け、あらまスグにPOPの出来上がり=「博多発の全国ベストセラー!
もう読みました?」の後に読者の感想文をずらずら入れたヤツ。

その後、ふく鮨本舗の三太郎・回転寿司店でたんまり寿司をいただく。
もう、ガキが大ファンで毎週行くので店員のおばちゃんも覚えてて
本当に楽しそう。こっちも楽しい。家族4人で3000円。

その後、通りかかりの黒木書店に寄り、ビジネスコーナーをチェック。
やっとここも今日入っていた。なんと発売2ヶ月後にやっとならんだ。
他の最新本もないんだね。これが。
こういう田舎の郊外店は、都心に比べて相当遅れるね。
でも、ほぼ毎週「丸善た楽天では第1位!」のチラシをわざとコーナーに
置いてたので、少しは効いたかな。

無名著者は、こういう地道な営業活動が大事なんです。
見栄を捨て、頭を下げて廻ること。これ、弱者の基本です。

●FP会でバカ講演 2月11日(火)

今日はFP教会主催のセミナーでミニ講演。
銀行や保険や自営のFPさんが60人集まってました。
「FPなんか資格じゃない」
「食えるかそんなもんで」
「営業せよ」
「優秀なコンサルで、資格を持ってるヤツはいない。大前、船井、竹田・・。
いらんぜ、そんなもん。頼るヤツほど貧乏さ」
「こんなところに来る暇あれば、お客へハガキメール出せ」
「起業と学歴・経歴は反比例。高学歴者はダメ。
福岡なら、九州大学−九電・・は最悪の経歴。間違っても起業するな」

本も全部売れ、品切れで名刺交換の嵐で大受けでした

●3000万の詐欺になるか? 2月12日(水)

・今日発表の楽天ブックスでもビジネス書ベストセラー第1位。
これで9週間連続で1位。何で??????????????
感謝しかないです。ありがとうございます!

・さっきは山口の西京銀行と西京総研の社長、部長ら4人が来社。
融資先開拓で協力をと。また、ベンチャー大学で勉強したいと。
ありがたい。明日は西京の宇部、明後日は下関で講演。

・6月ゲストに「スゴイ人」が決まった。ホントかよ?です。
普段は講演料100万以上の人。それが友情出演でタダだって。
感謝しかない。奇跡だ。

・5/17大阪でやる講演のチラシがFAXされてきた。
主催は英光舎/詳細はHP検索を/で、私がやりたかったところ。
前半が1:30〜一般向けで「人生逆転で、天職発見」4000円
後半は3:00〜経営者向けで「小さな会社の儲け方」6000円
場所は大阪ドーンセンター/中央区大手町

・明日はフォーネットの原稿をあげなくては

・今朝、脱サラ社から相談電話あり。IP電話オーナー事業で
3000万円をつっこんだ加盟店になったと。相手は「近未来通信」。
洗脳状態でいうこと聞かない。本を読んでくれていたらと思ったが遅し。
同じ詐欺事例が乗ってるのに。悔やまれる


障害者と歩んで・・まもなく200本突破の感動と涙の独立起業物語

■青春=夢×情熱
■青春とは年齢ではなく、常に夢を持ち、その実現に向けて情熱を持ち続けること

本の詳細はコチラ
・・・・・・・・・・・
最新!人気ブログランキング

最新日記はコチラ

毎週月曜朝6時半「やる気会」第67回
毎月第2・4火曜朝7時「共創マーケティング研究会」第236回

11/12東京「小さな人生★逆転のルール」:高橋芳文人財総合研究所主催
11/19福岡「やずや」矢頭社長の滅多にない一般公開講演「奇跡の軌跡」
11/19愛知県豊橋「竹田陽一+栢野克己」ランチェスター経営豊橋・山口さん主催
11/26福岡「在日本朝鮮・福岡県商工会」役員会
12/1第150回ベンチャー大学「世界のタコ焼き八ちゃん堂」川邊社長
12/04宮崎「独立起業★成功のルール事例30連発」
12/06福岡県大川市「小さな会社★儲けのルール事例30連発」福岡銀行大川支店
12/07福岡・創業セミナー「小さな市場で日本一」トゥトゥモロー坂田社長+栢野
12/09大津・滋賀商工会連合会「小さな会社★儲けのルール・成功事例30連発」
12/10岡山「小さな会社★儲けのルール:ネット+アナログ事例30連発」TOP1主催
12/12彦根・滋賀商工会連合会「小さな会社★儲けのルール・成功事例30連発」

11月〜関東・東海・関西・北陸・九州・中国他今後の予定

※おかげさまで「小さな会社★儲けのルール」がこの4月に第13刷目となり8万部+中国語版+「逆転バカ社長」+その韓国語版を合わせ、ちょうど計10万部となりました。まさに奇跡ですが、さらにしぶとく一点集中「深く穴を掘れ。穴の直径は自然に広がる」であと10年で30万部の大ロングセラーにします。皆のお役に立ちます。お互い、夢は必ず実現します。ただし死ぬまでに資産ゼロにして全部還元します。ありがとうございます!(本の詳細や評価はコチラ

世界一周!ワクワクの危険地帯へ

人気ブログ・ランキング←ありがとうございます。

         ジンバブエに対する渡航情報

        (危険情報)の発出(2006/10/17)


 ●全土
  :「十分注意してください。」(継続)
ジンバブエの位置
地図1 
☆詳細については、下記の内容をよくお読みください。

1.概況
  ジンバブエでは、高い失業率、諸物価の高騰、食糧、ガソリン等基本的 物資の慢性的な不足、更には断続的な停電・断水など経済・社会状況の一 層の悪化を背景として、路上強盗、住居侵入等の凶悪犯罪に加えて、窃盗、置き引き、スリ等の犯罪が日常的に発生しています。
  また、2005年5月中旬から行われた治安当局による不法露天商、不法住居等の取締りにおいては、小規模ながら警察と住民の衝突があり、一部の暴徒化した住民による道路封鎖や商店への襲撃が発生しました。
  2006年9月中旬、経済・社会情勢の悪化を受けて、最低所得水準の引き上げ、低賃金労働の改善、及びHIV患者に対する政府の対応の改善を目的として、労働組合連合主導による反政府街頭行進が計画されましたが、治安当局に鎮圧されました。その後も、首都ハラレ市及び地方都市で大衆行動が実施される可能性が高まっており、予断を許さない状況となっています。
  なお、昨年末以降、首都ハラレ市周辺を含めたジンバブエ全土でコレラが散発的に発生しています。

2.地域情勢
  :「十分注意してください。」
(1)首都ハラレ市では、経済状態の悪化を背景とした窃盗、路上強盗、住居侵入強盗が日常的に発生し、特に住居侵入強盗では犯行時に銃を使用する等凶悪化した事案が増えていますので、住居の防犯対策を十分に施す、万一強盗に遭った場合には抵抗しない等、自己の安全確保に十分注意してください。
   因みに、2006年1月以降、邦人宅に対する住居侵入強盗が複数発生しています。

(2)首都ハラレ市以外の都市・地域においては、経済状態の悪化を背景 に、スリ、置き引き等の窃盗が日常的に発生しており、特に旅行者が列車で移動中に荷物を置き引きされる事案が発生していますので、外出時の手荷物に対する十分な注意が必要です。
   また、ハラレ市郊外や地方都市ではコレラが散発的に発生しており、さらに、ハラレ市や高地を除く地域ではマラリアが流行していますので、予防対策をとるように心掛けてください。

外務省・海外危険情報より抜粋

何があっても自業自得。責任はすべて自分。

「・・・・自分しかないですね。やるかやらないか。変わるか変わらないか。選択するのは自分。これができるのは人間。羊はできん。羊は食べられてしまう。可哀想に・・・・」(一風堂・河原社長の講演より)

1960年代から黒人による独立運動が行われていたが、1965年には、世界中の非難の中、植民地政府首相イアン・スミスによって白人中心のローデシア共和国が独立を宣言し、人種差別政策を推し進めた。これに対して黒人側も、スミス政権打倒と黒人国家の樹立を目指してゲリラ戦を展開。1980年の総選挙の結果、ジンバブエ共和国が成立し、ムガベが初代首相に就任。

2000年に白人所有大農場の強制収用を政策化したことから、人種間の対立が再燃。2002年に発生した食糧危機や、長期政権・一党支配に対する不満とあいまって、治安が悪化。

■かつては農業鉱業工業のバランスの取れた経済であった。 特に、白人大規模農家による非常に効率的な農業が行われ、小麦をはじめとする農産品の輸出が総輸出額の半分を占める農業国だった。 しかし白人農家に対する強制土地収用政策の開始後、ノウハウを持つ白人農家の消滅により、農作物の収量は激減。 農産品が輸出の柱であった経済は極度に悪化。経済成長率は-12.1%(2002年)を記録し、経済システムは崩壊。 さらに旱魃により食糧不足が深刻化し、飢饉となっている。2003年末には600%と言うインフレが発生。2006年4月時点では1000%以上に達し第二次世界大戦後としてはワーストのインフレ率であるといわれている。最近は、中華人民共和国との経済関係を強化している。

■ 国民の約3割がエイズに感染といわれ、世界保健機関2006年版の「世界保健報告」によると、平均寿命は36歳と世界で最も短い。

以上ウイキペディアより。 自業自得が楽しみだ。

現地滞在のさくらだあゆみさんの日記。会いたい人です。

人生の夢・2007年

小学生世界一周日記「ボクたちは今世界一周中!」 ←見てね!

人生の夢 2006年7/7 コスタリカ・アレナル火山のふもとフォルトゥナの宿で

100万部のベストセラー本を書く。人生逆転・自己啓発系。2007年11/12迄。
年収1500万円以上を常時確保する収入体制。2007年12/31迄。
2搬欧藩Э傭凌佑旅せ。常時。
し鯀瓦平歓箸粒諒檗自分と家族。
ニ菁1冊〜本の出版+講演年間50回+ネット通販で年商5000万円以上確保
λ莊遒離戰鵐船磧実膤愕催+毎週3回〜の人生逆転雑談会
Э誉元嫖昌談サロンの開設と維持。中古マンション事務所購入。
毎年の海外旅行で感動と感謝の体験。
常時ブエノ!な話す+書く+聴く能力の開発と維持
新聞か雑誌かテレビかラジオで自分のコラムや番組を持つ。
よい性格になる。ガキに暴力を振るわない。即日〜。

人気ブログランキング ←ありがとう!グラシアス!

逆転 バカ社長―天職発見の人生マニュアル小さな会社・儲けのルール―ランチェスター経営7つの成功戦略おかげさまで11万部のベストセラー!ありがとうございます!

今後の予定は2006年〜アメリカ〜メキシコ〜グアテマラ〜ホンジュラス→ニカラグア→コスタリカ→エクアドル→ガラパゴス諸島→ペルー→ボリビア→アルゼンチン→パラグアイ→ブラジル→ウルグアイ→チリ→アルゼンチン(南極への船が出る世界最南端の町ウシュアイアまで)→南アフリカ→ナミビア→ジンバブエ→(治安が安定していれば)ケニア→エチオピア→エジプト→ギリシャ→トルコ→エジプト→アラブ首長国連邦ドバイ→イエメン(サウジアラビア半島)→タイ→マレーシア→日本。

人気ブログランキング ←ありがとうございます!

下記郵便・メールはOKです。必ず返事します。

(株)インタークロス/ベンチャー大学・栢野克己

         kaya@hf.rim.or.jp  
 
<青春=夢×情熱!>
・2006年4/10〜「世界一周★人生の旅」中 新聞記事 帰国は2007年4上
・隊長である妻の世界一周HPとブログ
 
栢野克己(かやのかつみ) ■日本一過激な小企業コンサル・講演家。計15万部の著書「弱者の戦略」「小さな会社★儲けのルール」「逆転バカ社長:天職発見の人生マニュアル」はアマゾン<中小企業経営>ジャンルで7年300週〜現在までベストセラー第1位〜5位。台湾(中国語)・韓国・タイ・インドネシアでも出版。零細企業☆人生逆転の事例講演・執筆・勉強会主催の(株)インタークロス代表取締役。主催のセミナー交流会「九州ベンチャー大学」や「経営人生計画セミナー」「やる気会」「早朝マーケ会」「個別相談会」は17年1000回を越え、累計で約1万人参加。全国+アジアで年間講演約100回+勉強会100回が自主ノルマ。2006年〜2007年に家族で1年間の世界一周を実現!夢は全世界で1000万部の著書+世界200ヶ国渡航 ■福岡県立城南高校+小倉西高校は裏口入学・立命館大学卒。新卒入社のヤマハ発動機を9ヶ月でノイローゼ退社、バイトのリクルートは3年弱で正社員試験落第。失意と復讐を誓い、大阪のIBMリースへ転職するが、またも仕事失敗+ウツ+婚約破棄+自殺未遂で退社。東京へ逃げ、半年失業後チラシ宅配ベンチャーへ転職。しかし、そこも詐欺的FC会社でまたも転職に失敗。もはや「同級生に勝つには独立しかない」と決意し、様々なセミナーや交流会に参加後に「無料職業相談業」で起業。しかし、半年で金がなくなり、出版社:ビジネス社でテープ起こしのバイトをするも先の人生が見えない。そんな92年実家が他人の連帯保証1億円かぶり博多へUターン。6度目の転職で広告代理店へ。同時にビジネス交流会「九州ベンチャー大学」立ち上げ。 95年、借金返済のため2度目の起業。97年完済するも実家失い親は自殺。2002年〜今までの人生への復讐スタート。お楽しみはコレからだ。公式HPも参考に。 ■インタークロス ■九州ベンチャー大学 代表・雑談担当 栢野克己/カヤノカツミ 〒810-0073福岡市中央区舞鶴2-7-21-803 電 話 092-781-5252  携 帯 090-3604-6735 FAX 092-781-5354 メールkaya@hf.rim.or.jp
毎週の最新情報
セミナー動画100連発!ダブルクリックで拡大!
もっと下に詳細経歴
livedoor プロフィール
最新コメント
Archives
  • ライブドアブログ