【人生は逆転できる!】小企業コンサル・講演家の天職ブログ

講演家・作家・雑談相手。著書は「やずやの秘密」「弱者の戦略」「小さな会社★儲けのルール」「逆転!バカ社長」「35歳から一生負けない生き方」。22年で約1000回の人生経営勉強会「ベンチャー大学」「経営人生計画セミナー」毎月開催。人生の成功は<夢×戦略×感謝>をモットーに、弱者の独立起業・経営アドバイス・講演・執筆・コンサル・勉強会・個別相談会を実施。2007年に家族で1年間の世界一周を実現!

2007年11月

日本一の起業バカ夫婦

飛び込みもOK↑ですが、席は事前申込者優先。あぶれたら補助椅子に。あと4名ほど席あり。

 

天職起業★弱者必勝ポイントの一つは、大手がやらない面倒くさい手作りがイイと下のブログに書いた。しかし、業界によっては、そりゃ無理でしょうという分野もある。3年前?の俺の講演を聴き、チャレンジした人がいる。モノはフライパン。

あじねフライパン?あの鉄のかたまり?それを手作り?アホか?単価も知れている。非効率の極み。が、本人と奥さんは「これが私の生きる道!天職!」ともの凄い勢いなので、「うーん・・・・頑張って下さい」と逃げた。そんな、フライパンのオーダーメイドなんて・・アホか・・。

が、その後も毎年、福岡に来る。但し、俺に会うのではなく、もっと命を賭けている英会話のFCCや「やずや」の会に来る。神奈川から来る。毎年。アホか。フライパンはリピートが期待できない。単価が安く、手間もかかり、しかし、リピートがない・・・。

それなのに、なんと!売ったフライパンの錆び落としや磨き直しを!永久にアフターサービスでやる!という。しかも無料で!こんなアホは聞いたことがない!!

あれから3年〜4年。先日会ったとき、恐る恐る聞いてみたら「何とか食えてます」という。ホントか!!真実はわからんが、世界一周で見た失業率80%のジンバブエや、イグアナ食うエクアドルよりはマシな生活か。

しかし、世の中には、想像を超えたアホがいる。久々に負けた!と思ったアホバカ→転業・天職起業のきっかけ あじねフライパン・内田夫婦

 

やずやカードやずや忘年会

 

 

 

やずや成功の理由。詳細は内緒。

 

 

 

カーブス記事

■女性専用フィットネスクラブの「カーブス」。FCチェーンだが、日本進出3年で500店?店数で世界一。

先日、怪しいFC加盟営業代行のベンチャーリンク説明会に出たが、俺にしては珍しく、極めて納得した。絞り込み=商品・地域・客層・営業・顧客・組織・財務・・で完璧。その空白があったか!と唸った。かつ、弱者の戦略の素晴らしさに自己満足。該当しまくり。

説明会の後、西日本新聞にカーブスFCのサークル活動紹介記事が。この顔ぶれが勝利の証拠。商品サービスは器財を絞り、メニューも30分に絞り、地域は住宅街、これがスゴイと思ったが、客層を40代以上のメタボ体型を若い人に見られたくない中高年おばさんに絞った!!スゴイ!! かつ、組織は軽装備=商品・地域・客層を絞ったから、フィットネスクラブに不可欠と思われた常識を覆す軽装備=プールも無ければシャワーもない!いやスゴイ!

さらに・・FC説明会の参加者はなぜかわずか4人だったが、うち3人は真剣に話を聴き、相談を申し込んでいた。そのBL自らの客層は・・・先がない建設業!+小金はあるが何をしたらいいかわからない自営業・・・完璧だ。あの説明を聞けば、かなりの割合で落ちるだろう。自分オリジナルの事業を興せる人はそう多くない。商品・・これが難しい。起業したいが、事業転換せざるを得ないが、何をやたらいいかわからない・・かつ、経営ノウハウない人がほとんど・・箱モノ+ノウハウのFCは、モノにも寄るが、存在意義は充分あると納得。先日のポプラでの講演後も思った。この人達には、十二分に意義があるんだと。最近、FCの見方が変わった。但し、FC本部による。悪徳も多いのは事実。

不登校の記事

 

■こういう報道は日本くらいか。

世界の大半を占める途上国では、学校に行けなくても行けない子供ばかり。小学校卒業も珍しい国もあった。

いかに日本が平和かの証拠。当事者にはスマンが。

 

 

40代整体FC

■問題は開業後。そのノウハウはないだろう。

広告は40代以上の何をしたらいいかわからない素人がターゲット。そういう意味ではイイコピー。

が、悪徳の可能性も充分。ほったらかし。

こういうの、非常に多い。FCに多い。

が、起業は本人次第。自己責任。痛い目に会うのも勉強。

 

悪徳商法 その2 ←初心者は必見!あなたも必ず騙されます。

イオンのバカ

■周船寺のイオン・パンコーナー。出来立てパンが素晴らしく、大手にこういうのをやられると、近隣のパン屋はきついなと。が、このちょっとしたPOPは素晴らしいし、宣伝して上げようと写真撮ると、社員が「お客さん!写真は禁止です」と恐い顔で。「!?」

仕事柄、理由はわかる。が、その言い方は何だ!俺は好意で紹介しようとした。何より、店舗系は全部丸見えだ。同業のスパイなど防ぎようがない。バカが!客を泥棒扱いしやがって!言い合いの後、大声で言ってやった。店内騒然。「だからお前はそんな仕事しかできないんだ!このバカが!」。

言い方一つで、敵はいくらでも増える。俺もだ

もっと来い!ヘボなNPOランチェスター協会の田岡!竹端!お前ら、名前しかないのか。守るモノは。それしかないな。ロクな後継者もいないし。・・が、売られたケンカは倍にして返す。3回も仕事を潰されたからな。「ランチェスター戦略」の商標登録で、それを名乗った人間へあたり構わず内容証明を送って脅し、講演会主催者も脅して中止に追い込む。卑怯な手段。というか、悲しいね。他にやることないの?偉大な旦那は泣いているぞ。

ま、想像以上に覚悟しておけ。自宅はセコムした方がいい。が、こういう競合があった方がいいね。お客には。空手も柔道もプロレスもそうだ。そして、胡座を掻いた創始者はいつか去る。すべての分野で見受けられる。ランチェスターの二大派閥。FやTは名前を変えてパクリまくり。こっちの8大戦略・・真似するなよ。欠点だらけだからな。30年前のままのヤツは。・・・何の話かわからん?部外者は無視してね。守・破・離だ。諸行無常だ。有恒だ。

スゴイ名刺山本文栄堂

■先日のメディアジョンセミナーで会った東京の山本文栄堂3?代目。バカ息子だったが、大化けした。

その秘訣の一つがこの名刺。裏に格言を変えた名刺を数十種類用意。こりゃ名刺交換の時に盛り上がる。スゴイね。

 

 

福友支部動画サイト・クリーム

■この日は来訪者多し。

左は元気な福岡県中小企業家同友会・福友支部の地域密着HPサービス「Fタイムズ」廣田さん+人材派遣「CSコーポレーション」原口さん。

右は東京からDVDダウンロードサイト「クリーム」小林さん。共に、メールや電話で済む商談だが、こうして接近戦をされると効果倍増。さすがだね。

危ない世界一周聖教新聞

商業界・飲食経営

 

 

 

左端の世界一周野郎は、期待通り、南アのヨハネスブルグで黒人30人に暴行受けて強盗された。さすが。真ん中は聖教新聞。会長のヨイショ記事ばっかで北朝鮮の新聞かと思った。信者新規開拓にはキツイ。客観性を出さねば。が、信者向けで仕方ないか。右端は専門誌。「大変だ」といいながら、商店も飲食も、その99,9%はこういう専門誌を読まない。天才でもないのに我流でやる。廃業しても天の摂理だろう。

ニセ白い恋人

羽田空港で見かけた「北国の恋人」。「白い恋人」の模倣品だが、製造販売者の心はいかに。プライドだけでは商売は成り立たず。素晴らしい。

 

 

ニセ自己啓発

一時の小手先マーケの本は、ほとんど店頭にない。良い傾向だ。相変わらず初心者騙しの自己啓発本は多い。心理操作系も。俺も早く出さねば。

 

 

リクルート告発記事

各自治体でやっている失業者対策事業「ジョブカフェ」で、受注したリクルート社の、予算獲得の人件費がメチャクチャ高いと朝日新聞「アエラ」がスクープ。まあ、高いかもだが、儲け主義のリクルート+力のある専門家なら、日給10万とかは普通だ。力があれば。問題にしたいのは、予算は12万で、実際の現場の社員には例えば2万しか払ってないからボッタクリだと。税金事業の獲得合戦・・・一般には知られてない甘い世界。が、関わりすぎると実力が付かない仕事。仕事がない士業系には美味しいか。意外に穴場。

 

安藤忠雄安藤2

高卒で東大教授もやっている建築家「安藤忠雄」さんの記事。

プロボクサーやって世界放浪をしたあと、28歳で独立。当然、最初は食えなかったらしいが、小さな長屋の建築でなんとか賞を受賞し・・言うことに説得力ある。勝てば官軍か。カッコイイね。勝ったのは、既存の建築設計業界の常識を無視し、壊してきたからだ。その根底にはボクサーの闘魂がある。いいね。

横須賀英文字パンフ

横須賀の旅行代理店にあったパンフレット。

さすがというか、他の店も日本語と英語を表記。

米軍で潤っている町。

牛丼「松屋」で昼飯食っていたら、お客7人中4人が外人。町中にも普通に外人がアチコチに。でも、町の人も普通に接している。この町で育ったガキは、国際社会へのアレルギーはないだろう。

確か、この町で、米軍基地のアメリカ人住宅に生徒を派遣する英会話学校があったはず。以前会ったな。青木さんだったか。まだ20代のうら若き女性だった。家庭教師の反対。生徒が家に行く。そこはアメリカンで最高の環境だ。無店舗だから経費もかからない。素晴らしい。

メルマガ登録←緊急情報流します。ブログの読者になる

横須賀戦艦

 

左は軍艦

右は潜水艦

 

 

天職起業★成功事例・その78

飛び込みもOK↑ですが、席は事前申込者優先。あぶれたら補助椅子に。あと5名ほど席あり。
 
ブルーマスター栢野さま。いつもお世話になっております。私の近況報告です。先週末3日間伊勢丹新宿店に「ブルーマスター」の店頭PRに行って参りました。おかげ様で最終日の昼過ぎに予定数を完売してご機嫌で戻って参りました。伊勢丹本館やメンズ館も見て回りましたが、すごい人に圧倒されてしまいました。お酒売り場もとても考えられており、他の百貨店とは接客の方法など細かく違っており、大変勉強になりました。栢野さんも出張に行かれることがあったら是非「ブルーマスター」を見に行ってみて下さい。きっと栢野さんにも喜んでもらえると思います。季節柄お体に十分お気をつけ下さい。またご連絡しますね。
               
*栢野さんと小泉さんの写真すごいですね!!     ブルーマスター 加藤秀則
 
ケイズブルーイングカンパニー 福岡市城南区別府1丁目19番1号

 
私・栢野が2002年に商工会議所経由でコンサル+販促コピーをわずか7万円で作成し、個人事業レベルでは大ブレイクした。勿論、それは加藤+嫁さんの努力が99%。
 
あれから5年。日本一の伊勢丹新宿店が、九州で唯一認めた地ビールメーカーに成長。今も1日100本程度の手作り生産。偽りの「生ビール」ではなく、本当に生きた酵母のままなので、通販もクール便のみ。だから高いが、日本一のバイヤーが認め、地ビール愛好会が日本一にランクした実績もあり、自然食品通販日本一「やずや」社長や宅配鮨「ふく鮨本舗の三太郎」社長など、食品系のプロも「日本一ウマイ!」とわざわざ店に買いに行く。
 
(九州の同業S社さん。嫌がらせはしないでね。法的措置でなく実力で勝負を)
 
また、おそらく主婦では日本一、世界のビールを飲んできた私の妻も、「ブルーマスター以上のビールはないわね。でも、高いからうちは特別な時だけ」と言う。
 
こんな美味くて本当の生酵母のヤツは、大量生産・大量販売の大手メーカーには作れない。給与はいいかも知れないが、お前らは一生、消費者に向かって胸を張れる商品を創ることが出来ず、せいぜい、偽りの「プレミアム」とか「金のビール」?とかで誤魔化すしかなく、一生「これが天職だ!」と言える仕事には出逢えない。ザマアみやがれ!
 
その代わり、オレ達小さな会社は一生、現場で自らが汗水垂らすしかない。会社の規模も大きくなれない。後継者も育たず、自分一代で終わる。それでいいのだ。
 
小さな自分が役立てる商品・地域・客層に絞り込み、わずかなお客から常に「ありがとう!」と言われる商売に徹する。下の「ぺんや」も同じ。「足を知った天職」に磨きをかけて生きようぜ!
 

メルマガ登録←緊急情報流します。ブログの読者になる

怪しい会社の調べ方

怪しい話や会社は「苦情のるつぼ」で調べてみて下さい。あの会社もある

初心のメルマガ第1号

今後、一斉メールは減らしますので、メルマガへの登録をお願いします。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 初心vol.1号━2007.11.29━

人生は逆転できる! ★零細起業コンサルタントの狂創思考★ 
 
約9000部←独自配信含む。今日からメルマガも本気。吉本+平野効果。

┏─────────────────────────────
┃目次‖【メインコンテンツ】 スゴイ弱小文房具店「ぺんや」
┃   ‖【前回ベンチャー大学 】 ブログdeホームページの吉本さん
┃   ‖【近況報告    】 出版原稿に専念します!
┃   ‖発行:零細起業コンサルタント 栢野克己/カヤノカツミ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
---------------------------------------------------------PR------
  ◆◆無料公開!【カヤノカツミの講演録】◆◆
ノリにノッテル馬鹿栢野。止まらない成功事例。止まらない毒舌。
DVD売れるはずなのに、面倒くさくて売る気がないので無料公開。
栢野の講演無料視聴⇒ http://tinyurl.com/3dcotk


あと3日後も聴けます。いつでもどうぞ⇒ http://tinyurl.com/3dcotk
----------------------------------------------------------PR-----
 →田舎のコンサルになぜ、年間100回も講演依頼が来るのか?
それは単に安いからではなく、人生経営の原理原則+事例+毒舌+笑いがあるから。
さすがは「コンサル業界の綾小路きみまろ」と日経新聞が書くだけのことはある(ホントに書きやがった→http://tinyurl.com/ynldcw
  

◆先ほどのメルマガで紹介した明日、11/30「臨時ベンチャー大学」
リンク先が間違ってました。すみません。
 
 
11/30の午後6時半〜場所は薬院のランチェスター経営(株)会議室です
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回、日本一のメルマガコンサル・平野さん http://www.sc-p.jp/   ←無断借用
のメルマガの構成を、そのまま真似てみました。真似るは学ぶ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 こんにちは。
 過激派相田みつを的「天職起業★人生逆転コンサル・講演家」栢野です。

 2007年もあと1ヶ月。早いですね。 
 でも、世界一周から帰国してまだ8ヶ月。
 
 仕事が無くなるかと覚悟してましたが、
 コンサル業界の小島よしおとも呼ばれ、
 バカは宴会前の講演にちょうどイイようです。感謝しかないですね。
 
 おかげさまで、来年9月の講演依頼も頂きました。講演実績・スケジュール
 
 さっき、弱小だけどスゴイ文具屋さんの秘訣を聞いたので、
 久々に真面目なメルマガ出してみます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メインコンテンツ】 これこそ弱者必勝の戦略+戦術+天命!
----------------------------------------------------------------
スゴイ店があったので、なんとしても弱小有志に・・
 
【♪伝えたいことがあるんだ!】小田和正風に
 
先ほど、12年も通い続けている近所の文具屋さんで買い物。
お客さんへ出すハガキ用の筆ペンを買い、以前、妻から「あそこは
繁盛してるみたい」と聞いていたので、得意のコールドリーディング(笑)
 
ぺんや店店の名前は「ぺんや」。広さは1DK程度。店員1人。
場所は福岡市の中心部・天神だが、その北の親不孝通りのはずれ。
 
バブル以前〜時代はディスコや予備校の学生や若者でにぎわったが
ディスコは破産して無くなり、予備校も消滅。
 
飲食店も衰退し、「あそこだけは出たくない」と言われる地域。
(だからチャンスで、それわかってるダイナーズ小野とか大繁盛)
 
■店は「三丁目の夕陽」に出てくるような、昔ながらの文具屋さん。
 
が、なぜか、いつも元気で明るく、楽しそうにやっている。
うちも普段はアスクルなんかで文具は買うのだが、急ぎの時は
ここでペンや領収書なんかを買う。
 
価格はほぼ定価。物により、5%程度「お引きします!」
まあ、そんなことはどうでもいい。いつも500円以下の買い物だし。
 
で、時間がある時の誘導尋問の最初、
 
「どうすか?景気は?」
 
「いやー、おかげさまでうちは順調です!」 予想通りの答え。
 
「へー、中小零細では珍しい。何でですか?」で聞いた抜粋を以下に。
 
■表向きは小さな文具店で、愛想も接客も最高だが、
店の売り上げだけでは生きていけない。
 
が、ここは「名入れ」がメインの仕事だと。
名入れ。多いのは、高級時計の裏に名前や記念文字。さらに
高級万年筆にやはり名前を刻印する。
 
レーザーで簡単に、かつ大量に焼き付ける方法もあるが、
そんな高級機械は万年筆メーカーの東京にしかない。
 
かつ、少数だと時間も手間暇もかかり、わりに合わない。
 
で、地方のそういう名入れの仕事は、同じ地方に頼む。
が、昔は名入れ作業みたいなのは、印鑑など多かったが
時代の流れで職人さんはドンドン衰退。
 
「オヤジの時代に比べると、100分の1に激減です」
 
が、どんな業界・商品にも、
「あなただけ」「自分だけ」のオーダーメイド需要は必ずある。
 
弱者必勝の商品戦略の第一は、大手がやらない手作り商品やサービス。
大量生産や大量販売や価格の安さでは、弱小が勝てるはずない。
 
■で、この「ぺんや」の跡取り息子さん。当然、レーザー機械は買えない。
で、名入れ機械を使う。が、ボールペンは丸い円筒形。一文字でも
遠近が出て、機械+手彫りの技術がいる。
 
一文字掘るのに数分はかかり、一本こなすのにOO分。
孤独で根気のいる仕事。
 
が、この仕事が「以前は店を夜7時半に閉め、家の作業場で毎日夜中1時まで。
さすがに体を壊すので、最近は夜6時で閉め、それでも毎晩11時」
 
気になる単価を聞くと、OOO円で時給換算では3000円!を超える。
たかが時給3000円かもだが、粗利100%だ。
 
そして「年に休みは5日くらいです」という繁盛ぶり。
ということは、この名入れだけで年間300万円の粗利。
 
 
■さらに、店主と話していると、3人ほどお客が。
一人はネームプレートの代金支払いで、万年筆と同じく
一個一個が機械による手彫り。
 
名前は全員違うからね。大量生産できないね。
 
ぺんや合い鍵中もう一人は合い鍵の作成依頼。その場でキーンキーンと。
聞けばこの合い鍵も年間0千個は製作するという。
これだけで年間数百万円の粗利。
 
これに本業?の文具販売(ほぼ定価)を加えると・・・
 
「いやー、私一人ですから、家と店の維持費くらいは
充分稼げま〜す!!」
 
と、面白くて笑顔が絶えないし、話も終わらない。
 
推定で、年間1500万円は稼いでいるのではないか。
 
「ボクは、こういう仕事、大好きなんです!」
 
ああ、また一人、弱小天職起業家を発見!
 
■私が講演でいつも話す「竹田ランチェスター・弱者必勝の8大戦略」
 
その最初が「商品戦略」ですが、大手やライバルがバカにする
手作り・面倒くさい・非効率・個別対応・・・・
 
今日の「ぺんや」さんは、まさにその典型。
 
昨日会った、ポストカードの通販「ホワイトベース」小串さんも、
年商は1億以下だが、カードの種類は約3000種類で
客単価も数千円。
 
印刷業と考えると、そんな単価ではやってらんねーだろうが、
この個別のニーズに応えた商品作り・実質手作りだから
大手は参入しない。
 
いーねー、手作りでめんどくさくて小さな市場・商品・サービスは。
 
あなたの業界にも、必ずあるはず。
 
誰でも簡単!ラクして大儲け!・・・・できない仕事がチャンス!
 
■唐津の繁盛宝石店・・・ここも指輪に名前を刻印してるね
 
■ランチェスター経営の竹田社長・・・00万円以上の教材を注文すると・・
 
その20巻テープの最後を、買って3年後に聴いた私は「ウワー!!」
と声を上げた。
 
驚いた。
 
完全にやられた。
 
コレは手抜きのない「お客の感情を操作したマーケ」だと。
 

★ご質問、取り上げて欲しいテーマは、以下にお願いします。
 直通メール< kaya@hf.rim.or.jp
>まで。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ベンチャー大学
】 前回のレポート
----------------------------------------------------------------
 このコーナーでは、セミナー交流会の近況を書きます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
11/27の「ベンチャー大学」ゲスト講師は
「ブログdeホームページ」が大ブレイクしている吉本さんでした。
 
別途行われた会員サン向けのタダ同然のセミナーに集客負けし(笑)、
 
参加人数はいつもよりも少な目でしたが、その分、非常に濃い内容
+参加者同士の情報交換ができました。
 
・第1部は「ホームページで売上増大セミナー+戦略シート作成講座」4時間
・第2部は「大企業を辞めて独立したら99%は失敗の連続だった・独立起業物語」
 
いや凄かった。感動した。感心した。そしてあらためて思った。
 
「俺はこの逆で行こう」
 
終わった後の3次会でも、集まった弱小起業家は
 
「あの反対で行こう」と話し合いました。
 
事業意欲への願望が小さく、実力もない、
田舎の弱者は、規模拡大や効率化を狙っては危ない。
 
※セミナー詳細レポートや写真 http://blog.livedoor.jp/kaya0169/
 
 
       --------------------------------

        【11月30日の参加者、募集中です】

臨時ベンチャー大学。
 
ゲストは行政書士の皮をかぶった「資格起業家」
パワーコンテンツの横須賀てるひさ社長。
 
まだ20代の若造。
 
でも、「そんなの関係ねー!」と、平気で教えを請う自分が好きです(笑)
 
 
◆11/30(金)18:30〜21:00「資格起業家・逆転の人生戦略」
 
 
 ・先着20名・3000円・終了後に懇親会 
 
現在、士業・コンサル・司会業・大学生・自営業他10名の申込み。
2日前に続いてのベンチャー大学ですが、勢いは最高!です。
 
しかし、俺ほど勉強会を主催+外でもエセ講演する人間は
そうはいないと自負してます。
 
その合間に、事業・起業・人生・ウツ脱出(笑)の相談雑談相手もこなす。
 
しかも無料か格安で。今日も今から在日中国人起業家の相談。
 
「小規模企業業界のマザーテレサ」を目指します(爆)
 
が、意外に本気です。
 
 
◆今回のベンチャー大学に参加いただきますと

 ●マスコミに出る方法
 ●士業・コンサル・自営業の裏の仕事獲得法
 ●インターネットマーケティングの実際
 ●創業時のホームレス状態の克服法
 ●無名人が本を出した実録のすべて

 を知ることが出来ます。

 さらに、参加者の濃い人脈。

 これだけでも50万円の価値があるかも・・。

 対象は、小起業家・士業・コンサル・起業志向者です。
 
 起業する意欲のない方、特に大企業の単なるリーマンは参加不可。
 
 但し、大企業系でも、リストラで起業するしかない人はOKです。

    << 詳細は、こちらから  >>

   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

    http://blog.livedoor.jp/kaya0169/




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【近況報告】
--------------------------------------------------------------
今年、出版の話は6社からいただきましたが、
 
1社はNPOランチェスター協会・元サンマーク出版社長・竹端+田岡コンビのチクリで消え、1社はいつまで経っても書かない栢野に愛想を尽かし、
 
1社は「勝手にブログの内容を編集します!」と言ったが、
あんなブログをまとめるのは至難のワザで、おそらく混乱してウツ状態(爆)
 
あとは・・・どうなるのかな?
 
とりあえず、今週から執筆活動に専念します。
 
「人生は逆転できる!」 2月には出します!

      ------------------------------------

■広告は募集していません。ヤラセの広告はキライです。
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
* 零細起業★人生逆転コンサルタント
* 発行人: (株)インタークロス 代表 栢野克己/カヤノカツミ
* 弊社HP:<
http://www.q-venture.com/index.html
>
※ ブログ☆日記http://blog.livedoor.jp/kaya0169/
※ 講演予定と実績http://tinyurl.com/2zkm3r
※ 成功事例DVD・CDhttp://www.q-venture.com/
※ 世界一周の記録http://tinyurl.com/26t2ob
※ ベストセラー計12万部!ありがとうございます!
※ 「小さな会社★儲けのルール」「逆転バカ社長/天職発見マニュアル」
※ 本の詳細・お求めは
http://tinyurl.com/5hwzy
 
* 社内・取引先・ご友人などへの転送はご自由にどうぞ。
  無断転載は自由です。パクリや盗作は、出所を必ず隠してださいね。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★栢野克己/カヤノカツミのプロフィールはこちら
http://www.q-venture.com/contents/about.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■栢野克己/カヤノカツミ
■零細起業☆人生逆転の事例講演・執筆・勉強会・相談・雑談相手
 
(株)インタークロス/九州ベンチャー大学/http://www.q-venture.com/
電話092-781-5252 FAX092-781-5354(←FAX新番号です★電話同じ) ※24時間携帯でもOK
携帯090-3604-6735 kaya@hf.rim.or.jp
〒810-0073福岡市中央区舞鶴1-2-33-ライオンズM天神304/親不孝通り交差点西100m
■事務所地図http://tinyurl.com/6jkvt
■銀行口座:(株)インタークロス 西日本シティ銀行 天神北支店 普通0293317
 
今後、一斉メールは減らしますので、メルマガへの登録をお願いします。

あなたも病気です(笑)

人気ブログランク ←まずはクリック応援お願いします!

11/30福岡「臨時ベンチャー大学・資格起業家・逆転物語」 

↓この下のブログに詳細

 

★傑作!友人の「鬱病からの逆転目指す田中」さんが久々にブログ更新したが、その関連で躁鬱・双極性障害を調べたら・・・・

「気分はおかげさまで絶好調です。今日は久留米あたりを動きまくっておりました。メモもしまくりでした(笑)自分の中でスイッチがもう一つ入った感じです」(田中)・・と下のコメントに。うれしいね。

躁状態(そう)

躁状態とは、気分の異常な高揚が続く状態である。躁状態の初期には、患者は明るく開放的であることもあるが、症状が悪化するとイライラして怒りっぽくなる場合も多い。本人の自覚的には、エネルギーに満ち快いものである場合が多いが、社会的には、種々のトラブルを引き起こすことが多い。DSM-IV-TRによる躁状態の診断基準は、以下の症状が3ないし4つ以上みられる状態が1週間以上続き、社会活動や人間関係に著しい障害を生じることである。

  1. 自尊心の肥大:自分は何でも出来るなどと気が大きくなる
  2. 睡眠欲求の減少:眠らなくてもいつも元気なまま過ごせる
  3. 多弁:一日中喋りまくったり、手当たり次第に色々な人に電話をかけまくる
  4. 観念奔逸:次から次へ新しい考え(思考)が浮かんでくる
  5. 注意散漫:気が散って一つのことに集中できない
  6. 活動の増加:仕事などの活動が増加し、良く動く
  7. 快楽的活動に熱中:クレジットカードやお金を使いまくって買物をする

1)、2)、6)の症状によって事業を起こすなどの行動をとり、ごく例外的に大きな成果をあげることもあるが、たいていは失敗に終わり、負債を抱えたり社会的信用を失う結果に終わる。3)の症状では電話をかけられる人が迷惑なばかりか、電話で約束したことを本人が忘れていることが多く、患者本人の信用失墜につながる。また、7)の症状は、本人ばかりか家族も巻き込んで後に経済的に苦しむこととなり注意を要する。

■今の俺も1、2、3、4、5、6、で、非常に調子がイイ。昨日も眠りたくなく、今朝も朝4時半に自然に目が覚めた。次ぎから次ぎにやりたいことが出てくる・・というか、湧いてくるというカンジ。毎時間、メモしまくり。本や新聞や雑誌やネット見ると、の連続で切り抜きしまくり。講演も話が止まらない。ブログも書き始めると止まらない。電話はかけていないが、かかってきたり、面談すると、互いに話が止まらない。

が、7は過去の貧乏時代で節約の癖がついている。事務所にいるときは朝も昼も食べないことが多く、まあ、腹は減るのだが時間が惜しく、外食の場合も松屋の一番安い牛丼か、たまの贅沢はショウガ焼き定食。日曜午後の休日も、390円の牧のうどんしか食わない。

ただ、生まれて初めてコンサート(サザン桑田)へ行くなど、多少、金遣いに気がゆるんでいるかも。来年の仕事も次々いただいているからな。毎日が過去最高の状態で、年齢を重ねる事に成長しているのを感じる。特にこの半年の成長に自分でも驚く。人生をリセットした世界一周の好影響だろう。わからんが・・。

(しかし、注意せねば。数年前の絶好調時、誉められ、煽てられ、その気になり、約1000万円くらい散財した。見栄以外の何ものでもなかった。OOの件。が、これは営業活動の基本と同じだと気づいた。相手を誉め、乗せ、いい気分にし・・・笑)

まあとにかく、仕事柄もあるが、今は見るもの聴くもの会うこと体験することのすべてが、=「この情報は事例はアイツの役に立つ」という、これも素晴らしい動機が善循環しているので、ますます止まらない。

はっきり言えば、今は変な我欲がほとんどなく、まあ、マズロー欲求段階説の目立ちたい自己顕示+自己実現願望は強いのだが、今はその上の自己超越=皆の役に立ちたい=皆ではなく、自分の役立てる客層である小企業・起業・人生逆転系の人に、とにかく「栢野さんのおかげで立ち直った」「元気になった」「ありがとう!」を言われたく・・・そう、「ありがとう!」への欲求が非常に強い。

■しかし、傑作だ!調子のいい社長連中も、ほとんどこの項目を満たしている。

昨日、メールもらった福岡の不動産デベロッパー「ディックスクロキ」の黒木社長。中卒で大工出身で株式上場までしたのだが、彼も睡眠時間は3時間程度で、まあ、多少、中洲でバカ騒ぎし過ぎみたいが、やりたいことが目白押しで寝たくはないだろう。

昨日、手帳を頂いた「ふく鮨本舗の三太郎」蔀社長も、永年の悩みが解決しまくりで、楽しくて仕方ない様子。年商25億でバイト社員入れると1000人近いから、会ってる最中も携帯にトラブルやなんやの電話かかりまくりだが平気。「言志四録」や「朱子学」や境野先生の勉強で、足を知る=君子のことや仁義や志の話で盛り上がり、お互い「成功も失敗も、イイも悪いも全部イイね」で一致。

その友人の元HIS・スカイマークの大野さんも、あれもほとんど躁病だ。その師匠のHIS創業者の澤田さんも、創業期のマンション事務所時代から、「大野君!うちは将来は飛行機も飛ばすし、ホテルも創る。銀行も証券もやるし、共に頑張ろう!」と言われ、「この人は気が狂っている」と大野さんは思ったらしい。が、何度か会ううち、この人は本気で本当にやるかも知れない。で、一緒にやってみようと転職。

その友人のソフトバンク孫正義さんも、30年前の福岡の創業期、リンゴ箱の上でバイト社員3人を前に、「うちはこれから豆腐屋になる」「??」「豆腐は一丁二丁・・・年商で一兆円はやるんだよ」で、翌日から1人を除いて全員辞めた。が、残った佐藤さん(15年前のベンチャー大学ゲスト)は着いていき、その後、新規事業の商業雑誌で10億円の大失敗するが、その穴埋めを必死で考え、フォーバル大久保さんと長距離電話の自動格安選択ソフト「αLCR」を開発で一気に借金を返済。人がしないことをやるベンチャー系には、躁体質は不可欠なのだ。

が、今書きながら気づいたが、当人にとって、それは単なるホラではない。

澤田さんは、起業前にドイツ留学の学生時代、現地ツアー代行や株投資で数千万円貯めていた。かつ、世界数十ヶ国に貧乏旅をしていた。そんな経験をした若者はそうはいない。旅関連で起業しようと思ったのは自然の流れ。その旅関連企業を調べると、例えばカードのアメックスのように、旅と金融のコングロマリットが既にあった。

孫さんも同じ。学生時代にアメリカでICやコンピュータやベンチャー山ほど見て知って、自らも自動翻訳機を開発してシャープの佐々木専務に1億円で売っていた。弱冠20歳前後で。そんな人から見れば、1兆円を超える事業を興すのは夢ではなく、実現可能な目標の一つに過ぎなかったのだろう。

■さて、問題はここからだ。ここまでは、自己啓発系の本ではよくある話。「だからあなたも叶わない夢はない」・・・と話は進む。ここに既存の本やセミナーの欠点がある。昨日も立ち読みで読んだアメリカの世界一?のコーチングとかいう、自己啓発オタク+夢見る夢子さん騙しの本を流し読みしたが、やはり同じことしか書いてない。それをパクった白豚外人のネットワークビジネス講演会にも出たが、やはり言うことは同じ。「想えば叶う」「やればできる」。

それは間違いではない。が、大半の人は間違う。「その過ちを繰り返してきたから、ボクは今、よーくわかるよ」と蔀さん。

 

彼らのカモは、運勢とか手相とかサイババとか占いとか血液型とかオーラとか超能力とか波動とかを信じるバカ女とオタク男。それが客層戦略。確信犯。出版社も同じ。前世とか守護霊とかスピリチャル系も最高のカモ。

つまり、依存心が高い人。努力でなく、人任せ、景気任せ、運任せの人。

言ってしまった(笑)

 

で、蔀さんと、言志四録の話で盛り上がる。原理原則は200年前、1000年前と変わらない。いや、もっと前、2500年前のこの人に行き当たるわけね。仁義。その弟子が性善説を唱えたわけね。へー、知らんかった。

で、近代では安岡さんに行きつき、下界の細木数子とへ続く。人に歴史あり。

で、その大元の真理は同じ?

最初から学ぶか、知らずにあれこれやってあとで気づくか。同時がイイね。なんも経験してなくて、お勉強ばっかじゃ飽きる。

蔀さんが盛んに「君子」が大事という。で、調べてみたら・・君子とは立派な人のことを云う。論語より。

君子として常に心掛けるべき九つのこと。見るときははっきり見る、聞くときはしっかりと聞く、顔つきはおだやかに、態度はうやうやしく、言葉は誠実で、仕事には慎重、疑問は質(ただ)し、怒りにはあとの面倒を思い、利益を前にしては道義を思う、の九つ。

なるほどね。目先の利益には意外に動じないな。俺は「利益」という言葉がキライだからな。利益=,燭瓩砲覆襪海函¬戮院,梁梢佑里燭瓩砲イイね。儲け主義の商売人が見落としがちなこと。

が、言葉は誠実でないし、仕事もいい加減だし、怒ってばっかだし・・それでイイ。今は。悟ってはお終いだ。

「栢野さんも、そろそろヤルべき」

「何を?」

「これこれでこーゆー・・・」

なんと、漠然と考え、やろうとしていたことだ。なんどかブログにも書いている。自分でも想い、自分をよく知る人からも云われる。機は熟して来ている。やるか。いや、まだエラソウだな。そう云われることを気にしている自分がいる。が、やればいい。人生は短い。永い。

あの総合失調症だった人も、言志四録を日々勉強実践中。スゴイ!

ブログの読者になる メルマガ登録←緊急情報流します。

栢野克己(かやのかつみ) ■日本一過激な小企業コンサル・講演家。計15万部の著書「弱者の戦略」「小さな会社★儲けのルール」「逆転バカ社長:天職発見の人生マニュアル」はアマゾン<中小企業経営>ジャンルで7年300週〜現在までベストセラー第1位〜5位。台湾(中国語)・韓国・タイ・インドネシアでも出版。零細企業☆人生逆転の事例講演・執筆・勉強会主催の(株)インタークロス代表取締役。主催のセミナー交流会「九州ベンチャー大学」や「経営人生計画セミナー」「やる気会」「早朝マーケ会」「個別相談会」は17年1000回を越え、累計で約1万人参加。全国+アジアで年間講演約100回+勉強会100回が自主ノルマ。2006年〜2007年に家族で1年間の世界一周を実現!夢は全世界で1000万部の著書+世界200ヶ国渡航 ■福岡県立城南高校+小倉西高校は裏口入学・立命館大学卒。新卒入社のヤマハ発動機を9ヶ月でノイローゼ退社、バイトのリクルートは3年弱で正社員試験落第。失意と復讐を誓い、大阪のIBMリースへ転職するが、またも仕事失敗+ウツ+婚約破棄+自殺未遂で退社。東京へ逃げ、半年失業後チラシ宅配ベンチャーへ転職。しかし、そこも詐欺的FC会社でまたも転職に失敗。もはや「同級生に勝つには独立しかない」と決意し、様々なセミナーや交流会に参加後に「無料職業相談業」で起業。しかし、半年で金がなくなり、出版社:ビジネス社でテープ起こしのバイトをするも先の人生が見えない。そんな92年実家が他人の連帯保証1億円かぶり博多へUターン。6度目の転職で広告代理店へ。同時にビジネス交流会「九州ベンチャー大学」立ち上げ。 95年、借金返済のため2度目の起業。97年完済するも実家失い親は自殺。2002年〜今までの人生への復讐スタート。お楽しみはコレからだ。公式HPも参考に。 ■インタークロス ■九州ベンチャー大学 代表・雑談担当 栢野克己/カヤノカツミ 〒810-0073福岡市中央区舞鶴2-7-21-803 電 話 092-781-5252  携 帯 090-3604-6735 FAX 092-781-5354 メールkaya@hf.rim.or.jp
毎週の最新情報
セミナー動画100連発!ダブルクリックで拡大!
もっと下に詳細経歴
livedoor プロフィール
最新コメント
Archives
  • ライブドアブログ