【人生は逆転できる!】小企業コンサル・講演家の天職ブログ

講演家・作家・雑談相手。著書は「やずやの秘密」「弱者の戦略」「小さな会社★儲けのルール」「逆転!バカ社長」「35歳から一生負けない生き方」。22年で約1000回の人生経営勉強会「ベンチャー大学」「経営人生計画セミナー」毎月開催。人生の成功は<夢×戦略×感謝>をモットーに、弱者の独立起業・経営アドバイス・講演・執筆・コンサル・勉強会・個別相談会を実施。2007年に家族で1年間の世界一周を実現!

2015年11月

あなたの生涯年収3億を5億円にする時間管理術。期限を守らずダラダラと仕事や人生をムダに過ごすのは卒業!



「期限を守り、仕事量を倍増させる時間管理術」

by日本一のメルマガコンサルタント+日本ビジネスメール協会の平野
友朗。

大手研修会社の住友SMBCでは参加費2万円で8
0名が毎回満員。

を、今だけ20分公開。

誰でも同じ24
時間365日の使い方で人生は決まる。

つづきは 
http://bit.ly/1LECJYB

今の学生に伝えたいこと。=昔の自分に教えたかったw



imageこれは2011年秋、山口県の徳山大学で非常勤講師(1回1万円?ぐらいのバイト)でエラソーに「今の学生に伝えたいこと」と話したこと。が、YouTube再生回数2800程度ですが、ヤラセでない「いいね!」が17個。を、静岡県掛川市で円満相続のプロ「ひで行政書士事務所」大岩英義さんが専門学校で動画を見せたら、4人の学生から役立った!と手書きの感想をいただきました。嬉しい!(同情するなら金をくれw 出世払いでいつか本でも買ってね)。学生にはビジネス用語は全く伝わらない。営業が大事!と言っても、99%の学生は店頭接客はしても、外回りの営業はしたことない。だから、わかり易い言葉を創造せねば。その繰り返しで伝える達人になったのが、NHKの解説委員になる夢が「お前は専門性がない。無理」と上司に却下され、サラリーマンとして実は挫折して55歳で退社。バラエティの「世界一受けたい授業」に出て、そのわかりやすさでブレイク。超遅咲きの独立フリーランスで大成功。さらにPHP出版の編集者と定期的に雑談を録音文字起こし「伝える力」が超ベストセラー160万部の池上彰wiki最高。パワーの源は、退職まで10年間の左遷番組「週刊こどもニュース」担当だったから。インテリ馬鹿向けの解説委員とかやってたら、今はないですね。と、いつの間にか脱線ゴメン。ここは無料のFBなんだから好き勝手に書く。文句を言うな。FB閲覧者はダメ人間の証拠。仕事に戻ろうw で、そんなことより、明日11/26福岡で時間ある人は飛込みでも来てちょ。超優秀な平野さんのセミナー。現在5人で10名まで入れます。個人面談1時間5万円がこれは1/10。超お得です。って、面談相談1時間で5万とか10万とかメルマガ系トップはやりたい方だな。数が多いと真面目な情報オタクが応募する。が、良い情報を見分ける力+スグ行動力があれば、1500円の本で充分。セミナーも参加する必要はない。が、生の対面のアナログは別の味。矢沢はCDよりライブが100倍いいね。行ったこと無いけど。サザンと松田聖子のライブは興奮したね。みんなスタンディングで歌声もほぼ聴こえなかったが。カラオケのノリやね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■福岡11/26あの平野友朗登場 http://bit.ly/1Xj5Pn9
■天才あらわる。スゴい35才  http://bit.ly/1WsC8zk
■借金40億を逆転経営【実録】 http://bit.ly/1OaaV4m
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■成功事例【新作追加】  http://bit.ly/xEBlIn
■最新情報はメルマガで  http://bit.ly/x0iCND
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■個別相談 http://bit.ly/1fvVpLD
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■本のアマゾンレビュー http://amzn.to/19sX8i1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

有り難い。日本一になった某エステオーナー読者様の声。


以下は先日、宮崎セミナーに参加頂いた、地場トップで、
業界の世界大会でもグランプリ受賞した凄腕エステサロンのオーナーブログより。
 
2015-11-12 12:53:30 
テーマ:
皆さま、こんにちは!
グラン・セノーテ合同会社 社長であり
メディカル アンチエイジング サロン
グラン・セノーテオーナーの
峯 敏絵ですニコニコ


昨日は栢野克己先生から『ランチェスター経営』を学んでまいりました!
私が持っている青い本は、10年前から私の経営のバイブルなんです!!

12243418_10206684308457831_7959849317893847293_n










その著者の先生に10年越しでお会いできて感激でした!
▽サインまでもらっちゃいましたラブ

{3E787FC0-D01B-4747-8989-9A522C3E224F:01}

芸能人のサインも別に欲しくない私ですが、興奮が覚めないくらい嬉しいです!
(≧∇≦)

ランチェスター戦略とは、そもそも大企業と中小企業の経営の仕方は違うんだぞ!
という理論に基づいた経営戦略なんです!

今や大企業となった、『マツモトキヨシ、セブンイレブン、ソフトバンク、H.I.S』などもランチェスター戦略を導入し成長しましたひらめき電球

強者の戦略、弱者の戦略はどう違うべきなのか?
そもも『戦術』と『戦略』はどう違うのか?
などなど考えもしないような事を栢野先生は教えてくださいます!


{DEC3EC4A-5D74-46E1-954C-4C701DACE960:01}


私は一人からのスタートでしたが、サロンオープン前からこの『ランチェスター戦略』に基づき、提供する技術や場所を選び、今に至っています口笛

おかげで順調に進み、著者の栢野先生にお礼が言えたことを嬉しく思います!

▽勉強にこられてる中小企業の社長さんや社員の方々

{7F7563A2-13D2-4A9E-AE22-4AFE47519962:01}

経営者の皆さん、パワフル!
色々なことを教えてくださいました!!

学んだことを今日早速アウトプットし、取り組み始めました!
お客様にもっと喜んでいただけるサロンになりますラブラブ


Gran-Cenote【グラン・セノーテ】
住所:〒880-0032 宮崎県宮崎市霧島1-28-1
TEL:0985-27-1811
営業時間:10時30分〜20時 日・月定休

ホームページへメールアクセスお客様の声

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆以上、お褒めの言葉を貰いましたが、確かに創業当初は役立ったかもしれませんが、この本は私の師匠の話を代筆でまとめただけで、その理論は40年前から変わらず、まあ、考えてみたら当たり前のことばかり。「小は大と同じことはするな。大企業の逆をやろう。即ち、大量生産大量販売でなく、大手がしない=手づくり面倒くさい商品を、マニュアル単純接客でなく=手づくり面倒くさい個別対応の濃い接客や営業で」という、勘のいい人はこんな本とか読まずに自然にやってること。その当たり前の原理原則をエラソーに書き、その事例を間に散りばめた程度。それ自体は大枠で間違ってないですが、間違ってないから机上の空論でも40年も続いてるわけで。が、それを知るとやるとは天地の差。実際は読んだだけで成功するわけでなく、実際に行動し、さらにそれを継続し、さらにさらに、各現場では独自のオリジナルなサービスや接客が必須で、そこは各社長と社員の血の滲むような裏の努力があってこそ。成功の99%は本人の努力。私ら口先講師や著者の力は1%程度。単なるヒントやキッカケを提供できる程度。この女性オーナー、宮崎という陸の孤島のド田舎で(大都市から比べるとド田舎です)、小顔コンテストで最優秀賞を受賞するほど、本気の施術もしてるし、さらに販促営業活動もそれなりに必死でやっている。たとえば上のブログやHP。今、約3時間ほどチェックしたんですが、ブログは毎日更新している。ほぼ。これは激務でさらに家庭を持つお母さんで妻の立場で、奇跡に近い努力。お客様の声やその他の、従業員への教育や気配りや、それ以上に顧客へのきめ細かい対応。10名弱の店舗経営者として物凄い努力をしています。があっての成功。私も昔はオレの本や講演やアドバイスはスゴいんや!と勘違いしてた事がありました。多々。が、最近は全然そう思いません。知るとやるとは天地の差!やった人がスゴい。私は話したり書いたりしてるだけ。1%程度。関与は。でも、それでも十分いいじゃんか。いいんだよ。著者とか講演家はその程度。矢沢永吉も。 

素晴らしい。ネットの出現と思いつきのビジネスで1億円を稼ぎ、今は真面目なキーワードマーケティング会社を経営。が、私は私の道を行く。

素晴らしい。以下はベストセラー「1億稼ぐキーワード」の著者でPPC広告のコンサルタントや広告代理業をやってるキーワードマーケティング研究所・滝井秀典さんのブログから抜粋した起業成功ストーリー。感動したので、いつ削除されてもいいよう、出典を出してここに転載。私、栢野は1995年にアナログ広告代理店で独立。その後、2003年からは小さな会社向けの講演家・著者・セミナー勉強会主催行に転業。1994年頃にネット上のニフティーサーブで遊んでて、福岡のネット元祖系の人間とも遊び始め、今後はネット系が来るなと思いました。ということは、紙のパンフとかがネットになる。つまり、ホームページ制作やネットの販促系に移るなと。遊びで作ったHPは1995年頃。妻に1996年には勉強会のHP作ってもらった。アナログからネットへの転業を迷いながら2000年を超え、しかし、すでに地元ではペンシルとか電通系とか凸版系の合弁HP会社とか専門業者も増え、書くのはできたがIT技術が全くわからない私は、それを本業にするのは諦めた。が、2002年からHP以外にメルマガも出し始めた。本を出したのでその販促として。そして2002年12月に百式の田口さんというネットジャーナリストの講演で「これからはブログです」と楽天日記を推奨。すでにやり始めてたので、これはいける。ブログは半分遊びみたいなノリだから、大企業やエリートはあまりしないのでは?と、言いたい放題書きたい放題書いたらプチヒット。毎日2000とか3000とかアクセスが有り、他にも2ちゃんねるとか掲示板にもガンガン書き込んだ。本を売るためだ。その後、TwitterやYouTubeの登場でもガンガン投稿しまくり、ユーストも放送しまくり、この数年はフェイスブックだ。まあ、完全にネット・SNS中毒者だ。ユーザーとして。反対の業者側に廻れば滝井さんのようになれたか?無理だね。本が売れて講演で日本全国やアジアも周り、途中で休業して世界一周するとか、人も使えない、外部にも任せられない、その気がないロンリーウルフ、放浪者には無理さ。でもいいんだ。これは誰もにも何にも縛られないフリーの「個業」を選んだんだから。作家、コンサル、講師、評論家では普通だ。村上春樹も立花隆もドラッカーもみんな一人。今の理想は、まさにパソコン一つ、いや、スマホひとつで世界を旅しながら、世界遺産や世界の起業家に会いながら、「あなたはどうやって今の天職に巡り逢えたんですか?」インタビュアーし、それをブログやYouTubeに投稿しながら、結果として広告収入で最低限稼ぎ、その投稿が自然に本とかになり、成功事例を紹介する講演にもたまに呼ばれ、手取り年収1000万円で充分なので、それを100歳まで続けてPPKが夢で理想だ。と、一気に書いたが、かなり実現可能性が高いな。今月はDVDや動画のネット販売が初めて100万を超えたが、ネットショップとしては大したことないが、徐々にDVDの物から動画ファイルへ移行しつつある。この流れは止まらない。発送作業も不要になり、世界のどこにいても可能だ。旅しながら稼ぎながら・・夢に一歩近づいている。ネット様、ありがとうございます。

が、アナログ接触ない人生はツマラナイ。両方大事だ。

・・・・・・・・・・・・・・・◆以下は滝井さんのブログより

2003年にとあるビジネスで私が起業した年は、  
検索エンジンというものがようやくマーケットとして生まれた頃、
まさにヤフージャパンが検索連動型広告を開始したばかりの年でした。

当時は、
売れるキーワードでもクリック単価が10円、20円という激安単価で、
ヤフーの検索結果に1位で広告表示をすることができていました。

決して大きなマーケットではなかったですが、
年商1億程度の小さな事業としては、
あまりにもお客さんが来すぎてしまい、
広告を月の半ばにストップすることもしばしば。
利益が出るのがあたり前。
競合がほとんど存在しなかったのだから当然ですね。

今考えると、
本当に幸せな時代だったと思います。

2003年、
2004年、
という年に起業をして、
検索キーワードのマーケットに合致したビジネスを興した人の多くは、
効率の良い顧客獲得単価で得た利益を広告に大胆に再投資し、
事業規模を拡大し、
会社を大きくしていったわけです。

私は1年で事業を売却し、
この素晴らしい検索キーワード広告というものを、
世の中に広めるビジネスを始めたいと思いました。

よい商品サービスを誠実に提供している人たちで、
かつニッチな中小企業や個人事業主たちが、
いままでつながることが難しかったお客さんたちと、
インターネットを流通する「キーワード(言語)」でつながることができる。

得た利益を広告に再投資していくことで、
事業規模を大きくしていく醍醐味。

誰でも、企業規模の差別なく、
人種の差別もなく、
広告を出すことができるフェアな世界。

検索ユーザーからの支持をクリック率という形で高い得票を得れば、
より少ない費用で上位に掲載できる仕組み。

ほとんどの人は気づいていないかもしれませんが、
メディアへの広告出稿というものは、
そのメディアのブランド価値が高く、読者数が多ければ、
誰でも広告が出せる訳ではありません。

簡単に言えば、企業規模、広告予算による差別があるわけです。

私は幸運にも、起業というもので小さな成功を収めました。
それは検索キーワード広告が、参加する人間や企業規模の差別がなく、
フェアでオープンだったからです。

Googleもヤフーも、
「参入をする」という意味においては、
その姿勢は10年近く経った今も、
変えてはいません。

こういった「誰にでもチャンスがあり、努力が報われる世界」を、
多くの人に気づいてもらいたかったわけです。

そこで、
キーワードマーケティング研究所という会社を、
2004年7月に興しました。

その2ヶ月後、
2004年9月からこのブログは開始されました。

当時の2004年9月のブログを見ていただければわかる通り、
当初のブログの目的は、
「参入できるチャンスが十分にあるキーワードの発掘」
でした。

検索キーワードは「需要」であり、
検索結果は「供給」ですから、
需要が高く、供給が少ないキーワード市場(マーケット)で、
いっそ新規事業を興してしまえばいいじゃないか、
という発想で情報提供していました。

実は当時のブログの情報を元にして、
年商5億のビジネスを今も継続中の人もいます。

当時は、
オーバーチュアが
「キーワードアドバイスツール」で検索数を、
「入札価格チェックツール」で入札価格を、
きわめて正確に表示していたので、
(ライバルの入札価格が公開されていたのは今考えると驚きですね)

売上、コスト、利益まで、
かなり精緻に予測できてしまったわけです。

もちろんこれは、
キーワードの検索数と、入札価格を掲載してしまうものなので、
これから参入する人にとってはメリットになりますが、
すでに参入している人にとってはデメリットになってしまう情報でした。

当時の私は無名でしたし、
影響力もほとんどなかったので、
なにも問題はなかったのですが、

2006年に、
「1億稼ぐ検索キーワードの見つけ方」
という本を出版してから、

名前が売れてしまい、
影響力が出てしまったり、
私のクライアントの多くががすでに既存の市場プレーヤーとなったり、
ということで、

「検索キーワードを発掘する」

というブログは少々書きにくくなってしまったわけです。

そんなわけで、
2007年以降は、
がくっと更新頻度も少なくなってしまい、

お役立ち情報や、
個人の趣味の情報発信ブログとなっていきました。
正直、私もこのブログをどうしたものか、
と悩んでいた時期でした。

しかし、
2009年〜2010年になると、
twitterやfacebookなどのソーシャルメディアが台頭し、

「ブログ」

というものの価値が見直されるようになりました。

よい情報をブログに本格的な文章量で書くことで、
さまざまなソーシャルメディアで紹介され、
爆発的なアクスセス数となるようになりました。

例えば、
以下のような記事が、ソーシャルメディアで拡散され、
とても人気を集めました。

Googleは違法会社で、ヤフーは合法会社か?
MFOという大問題(怒)〜Yahoo!リスティング広告(旧オーバーチュア)
復活キーワードアドバイスツールに意味はあるか?
放射線量をほぼリアルタイムに公開しているサイトまとめ(東京、茨城、埼玉、群馬、千葉、栃木他
iPhoneをdocomo(ドコモ)化して「高速ネット&快適通話」と「無線LAN機能」を入手する詳細手順

これらの記事は、
拡散されただけでなく、
その後たくさんのバックリンクがついたので、
様々なキーワードで上位表示されやすくなっています。

タイムリーな話題で、
奥の深い、または役立つ情報を提供することで、
ソーシャルメディアを伝わって爆発的なアクセスとなること、
バックリンクを受けて検索結果上位になりやすいこと。

こういった、
「コンテンツ力」と「拡散の影響力」、
「その後のコンテンツの資産価値」、
をマーケターとして追求していき、

ブログ運用のひとつのモデルとして打ち立てることを、
最近は面白く感じています。

私自身は、検索業界、SEM業界では、
もはやオールド世代です。

ただ、
この業界で黎明期から検索広告にビジネスで携わり、
私と同じような年齢で、いまだに広告アカウントを設計したり広告文を書いたりしている人は、
極めて少数でしょう。

ほとんどの人はマネジメントや役員層となり、
あるいは別のビジネスに鞍替えし、
現場から離れてしまっています。

戦争で言えばほとんどの人は司令官室で指示をする仕事に回り、
最前線でドンパチやることなどなくなっているわけです。
もちろんこれは仕方のないことですし、
悪いことではありません。

しかし、
この変化の激しいSEM業界、検索キーワード広告の世界では、
誰も働いていないような休日の真夜中にアカウントをいじくって、
検索結果といつもにらめっこし、
自分の仮説どおりにコンバージョンが出るかどうかを毎日休み無く監視し続け、
広告投資のリターンを最前線で肌で感じる人が常に勝利者になります。

設計、構築という仕事は、
極端に労働集約的な面も多くありますから、
物理的な体力のない人は高い成果を上げにくいところがあります。

そういう意味では、
Yahoo!リスティング広告やGoogleアドワーズといった検索キーワード広告と同じように、
SEMという業界は誰にでも業界ナンバーワンになれるチャンスがあるフェアな世界です。
若い人たちにこそ大いにチャンスがあるわけです。

30代後半ともなると、
黎明期からこの業界にいる長期経験者はたいてい現場にいませんからね。

私自身は、
ひとつの企業の司令官ですから、
常に現場にいるわけにはいきませんが、

年に数回は万単位の大規模アカウント構築を行い、
CSVと格闘し、
有事の分析と対策アクションを考案して実施し、
ランディングページの制作ディレクションもいまだに行っています。

本来は、
このようなことに時間を割かず、
営業の強化、組織化とマネジメントに特化した方が、
事業としての売上・利益が上がることは間違いないのですが、

私は元来が職人気質なので、
マクドナルドのような「覇道」のビジネスを指向することはできません。

路地裏の一角の知る人ぞ知る割烹料理屋のような「王道」のビジネスを、
これからも続けることになるでしょう。

自分自身が事業主として広告投資をしてゼロから事業を興した経験と、
アドバイスやコンサルティングをしてクライアントの事業をゼロから10億以上の規模にした経験を持ち、
黎明期からこの検索広告に携わっていながら、
最近では運用と構築の委託を受け、
いまだ現場にいる数少ない人間として、

有益な情報を提供できるように、
このブログリニューアルを契機に、
心新たに挑戦していきたいと思います。

滝井秀典

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■天才あらわる。スゴい35才 http://bit.ly/1WsC8zk
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■借金40億を逆転経営【実録】 http://goo.gl/v4hsVu
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■成功事例【新作追加】  http://bit.ly/xEBlIn
■最新情報はメルマガで  http://bit.ly/x0iCND
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■個別相談 http://bit.ly/1fvVpLD
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■本のアマゾンレビュー http://amzn.to/19sX8i1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


で、上で気になったのは、滝井さんが最初に成功した「とあるビジネス」。成功すると、昔のことを話さない、美化する、隠す人は多い。が、今はまさに検索がある。で、以下を見つけました。これは貴重です。もしかしたら、消したい、削除したいかもですが、こういうのを知りたいですね。まさに貴重な現場体験。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以下はサイトの売買会社のサイトより抜粋。サイト売買・・不動産や会社の売買と同じですね。というか、リサイクルショップとか中古やとか、そういうのは昔からアナログで沢山ありますね。夫や妻や愛人の売買とかも。人身売買も昔から。
 

株式会社キーワードマーケティング研究所 滝井 秀典様

株式会社キーワードマーケティング研究所 代表取締役 滝井秀典様
小林
滝井さんの自己紹介をお願いします
滝井
キーワードマーケティング研究所の代表をやっております。弊社は2004年に創業した会社です。PPC広告のコンサルティングとセミナーなどの教育事業をしていたのですが、ここ2、3年は、広告の運用代行、いわゆる広告の代理店事業と、ページ制作の方にシフトして事業を組織で行っています。
小林
滝井さんはサイト売買をご存知であったり、ご経験等ありますか?
滝井
滝井 秀典様01そうですね、僕は2002年までサラリーマンでした。2003年に脱サラしてペット販売のビジネスをしていたんです。
ブリーダーさんと子犬を買いたいという人の仲介をしていたのですが、当時は子犬が流通の過程で死んでしまうということが多くありました。
段ボールに詰め込まれてとか、ペットショップの明るい中で人にずっと見られてストレスで死んでしまったりとか。

直接ブリーダーさんから購入すれば、子犬の移動は一時間程度なので流通過程で死ぬことがなくなるで、僕もやろうと思ったんです。
ペット販売は、いろんな観点から真面目なビジネスで、子犬の死亡率を下げるという社会的な意義もありそうだということで、市場に参入しました。

僕はマーケティングの勉強もしていたので、加盟していたグループの中で、業績ではすぐに日本一になりました。3ヶ月ぐらいで一気にトップに上り、事業自体はとてもうまくいきました。
もちろん子犬の死亡事故は1頭もありませんでした。
元々インターネットでしようとは思っていなくて、オフラインビジネスの新聞広告とか、オフラインの媒体を使おうと思っていたんです。
ところが、たまたまアドワーズというものが良いらしいと聞いて、僕もやってみようということで、当時誰もしていなかったインターネットで子犬の販売という事を始めました。
当時はPPC自体が始まったばかりでアドワーズがちょうど始まった年でした。しかも、アドワーズでキーワードを設定すると当時はYahooにも出ていた時期があって、ワンクリック7円で、Yahooトップに出てくるんですよ。

当時は凄く恵まれていて、競合するような相手もいなかったし、SEOなんて概念もなかったから、広告をだせばお客様が山ほどきていました。
その事業自体は非常に成功したんですけど、やっぱり生命を扱う事業なので、成長性とかを考えるようになりました。

最終的に、事業組織化ができないと判断し、その事業を売却することにしたんです。
当時はM&Aとか検索してもM&A仲介会社さんのページが3つしかないような時代でした。
そこのうちの1社に問い合わせをして話をしたのですが、やっぱりと言うかハードルが高いと言うか、そんなに資産価値がある訳でもないし、SEOみたいにバックリンク資産もあるわけでもないから、売買の額が小さすぎてどうかねえみたいな雰囲気になってしまい・・・

なんかやり辛くて、自分でやることにしたんです。当時考えたのが、アントレって言う当時は起業系でとても盛り上がっていた雑誌があり、それにきちんと子犬の生命を扱うことができる人、と限定してサイト売却の広告を出そうとしました。
アントレの担当の人にサイト売却の広告を出したいと言ったら、意外とすんなりいいですよと言われたのを覚えています。

それで、広告原稿作っていたら、アントレの担当の人がその友人にサイト売却の話をたまたましたら、買いたいって言う人が出てきて、アントレの担当の人がつないでくれました。
それで、結局広告を出さずに売却の話が進みはじめました。

ペットグッズの販売のビジネスをちょうど立ち上げようとしていた人でペットグッズと生体販売を一緒にやったらおもしろいんじゃないかということで興味持ってくれて、結局その人に売却しました。
もちろんその後も子犬の死亡事故は1頭たりともありませんでした
小林
実際の交渉の段階で苦労したこととか、ありませんでしたか?
滝井
滝井 秀典様02素人考えで進めてしまったので、今から考えるとバカみたいなんですけど、値段の設定ってあってないようなものなので、かなり低い金額を設定してしまいました。

話がかなり進んだ後に、最初に相談したM&A会社に実はこういう話で進めているんですと、相談したんです。

そしたらM&A会社の担当者がこんな安く売るのですか?とびっくりされてしまいまして。
事業の受け渡しとか全くトラブルはなかったのですが、要はちゃんと事前に相談しておけばよかったなと思います。

知識のある人にね。やはり交渉の過程は不安でしたね。
小林
実際にM&A会社に仲介を依頼したのですか?
滝井
最後まで話が進んだ後に相談しに行ったので、入りませんでした。売却契約書みたいなのを作ったときの見極め人見たいなところだけ入ってもらいました。契約書の中身とちゃんと見ましたよって公認会計士が決めましたよって形で判子だけ押してもらって、終わりました。
小林
サイト売買が世の中に出てきて活用されてきていますが、滝井さんから見てどんな人たちがサイト売買を活用していったらいいと思いますか?
滝井
そうですねえ、はっきりもうスターアップする事業を興す人と、興った事業を大きくする人っていうのはあきらかに人の素質が違うじゃないですか。売る文化というのは日本にはまだないから、ゼロから1を作るのが好きな人はどんどん売却をすることを考えてスタートアップする事は良いと思いますし、ある程度興った事業をマネジメントするのが得意という人はどんどん買収していくという事もいいと思います。

これからは売却することを考えて事業を興すというような概念が、今以上にもっと広まるといいですね
小林
サイト売買のマーケットについて、何か感じていることはありますか?
滝井
滝井 秀典様03やっぱり、サイトを買って良かったとか、サイトを売って良かったとか、日常的に聞こえてくるようになるといいですね。ただその辺は、既存のお客さんの関係等あってあまりオープンにしにくいところもあるんでしょうけど。

それに事業を売るって何かこう日本文化的にはネガティブな感じが今まではあったと思います。
でもそのネガティブなイメージも変わってきてますよね。

事業を0から1にするのと、1から10にするのは違うんだという事を起業家は認識してどんどん起業すればいいと思うし、マネージメントできる人はマネージメントすればいいと思います。社会的にも少しずつそういう風に変わってきてますよね。
小林
今サイトキャッチャーでは、仲介には入らないで売手買手同士で直接売買してくださいという、売りたい人と買いたい人をマッチングする場を今までは提供してたのですが、今後は仲介の分野にも入っていこうと思ってるんです。そこで、サイトキャッチャーに求める事とかありますか?
滝井
滝井 秀典様04そうですね、やっぱり、コンサルティング需要はあるんじゃないでしょうか。僕のクライアントさんに、キャッシュはまわっているのだけどビジネスの土台が脆弱だっていう人が多いので、マーケティングだけはうまくいっているけどマーケティングは水物なので来年どうなるか解らないってみんな思ってる。例えば印刷業をやっているクライアントさんが居ます。PPCで何百万か投下してちゃんと売り上げ利益も作っているんだけど、結局PPCの単価が今倍になっちゃったら利益が無くなっちゃう。それってある意味ビジネスモデルとしては脆弱なんですよね。

印刷業とかだったら原価下げるのがもう肝になってきちゃうので、結局値引き合戦になっちゃうんですよ。原価下げるためには自社で工場を持っておかないといけないのですが、その時に一から建ててたら大変だから事業買収するというのは非常にいいですよね。ただ、中小企業にとっては、ハードルが高いのが現実です。

特にネット経由でとかだったらある一定のシェアを獲得して、やり尽くしちゃって残ったキャッシュが再投資しにくいので、ついつい余計なことしちゃう。
例えば健康食品の通販やっているんだったら、薬局買っちゃえばいいじゃないとか,それこそ健康系の通販サイト買ってもいいし、そういう発想というのがあんまりない。

こういうことをアドバイスできる人が身近にいるといいんでしょうね。
小林
かしこまりました。本日はありがとうございました。

◆以下は2005年に滝井さんが書いたブログより抜粋 噂は聞いたことがあったが、「滝井秀典 ランチェスター」で検索すると一発で出た。キーワード検索ってスゴいw
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ランチェスターの法則って?

投稿日:2005年3月4日


ランチェスター弱者必勝の戦略―強者に勝つ15の原則

「知っている人はよ〜く知っているが、知らない人はまったくなんも知らん」
というのが、このランチェスター法則。

大変素晴らしい経営ノウハウなんだが、いかんせんちょっぴり数字がからんでくるもんで難しい(2乗、という言葉を聞くだけでイヤになる人はムリ)。

検索数にもそのマニアックぶりが現れている。笑

竹田さんという大御所の先生が書いているんだが、実はこの本がなんといっても一番中身が濃いし、実用的。
なんとか我慢して読んでみよう。

「スモールビジネスは、どこに重点をおくべきか」がよくわかる。
かなり、私のビジネスの基本になっているおすすめ本である。

1797 ランチェスター 
1400 ランチェスター 法則 
288 ランチェスター 経営 
195 ランチェスター 理論 
58 ランチェスター 経営 戦略

■栢野です。上の本は1986年竹田陽一48歳の時に発行。今も文庫本になって売れ続け、累計20万部を超えている。確かに個人的にもこれが一番好きだ。だって「気を出す!」という目次もあるんだからw が、流石に事例が古い。

今ならこれ。も2002年発行と古いが、13年後の今年も増刷だ。奇跡やね。あざっす!


 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■天才あらわる。スゴい35才 http://bit.ly/1WsC8zk
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■借金40億を逆転経営【実録】 http://goo.gl/v4hsVu
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■成功事例【新作追加】  http://bit.ly/xEBlIn
■最新情報はメルマガで  http://bit.ly/x0iCND
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■個別相談 http://bit.ly/1fvVpLD
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■本のアマゾンレビュー http://amzn.to/19sX8i1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コンサルやコーチやカウンセラー系の硬派高額講座です。

以下は広告。「英国大富豪」が怪しいですが、大坪さんは昔からの知り合いで正統派の会員制コンテンツ販売成功者。最後に数十万の講座か教材セールスありますが、無料動画だけでも勉強になると思います。高額商品の中身は悪く無いと思いますが、実際に行動できる人は1%。その自信ある人はチャレンジを。お金ない自信ない人は、無料動画だけでも学べるので、盗んで頑張って実行を。成功を祈ります。

======================
“たった1人の経営”でも時間的な
自由を確保しながら
年商3000万以上を達成する方法
が無料で公開されています!
⇒ http://pmcpromote.com/item/69476/7216/
===============
 

本日ご案内する情報は、

コーチ、コンサルタント、士業、
セラピスト、保険営業マン、
サロンビジネスなどの

“コンサル型ビジネス”と呼ばれる、
自分のスキルや能力での
『ひとりビジネス』を
している方は必見です。

ひとりビジネスに取り組んでいる
多くの方が思っているように、
あなたもこんな悩みがありませんか?
 

===============

・自分の働き=収入なので、
倒れた瞬間に稼ぎがなくなる

・全て自分がやらなくてはいけないので、
時間がいくらあっても足りない

・満足に休みを取ることができない、
仕事を断ることができない

・得意なことだけに集中したいが、
苦手なこともやらなきゃいけないので、
精神的にストレスがたまる

・自分の体力と時間で使える時間が、
収入に直結してるので、
売上の限界が見えてしまっている

・もっと自分の時間を確保しながら、
売上を大きくしていきたい

・仕事を忘れて身体と心を休めたい

===============
 

もし、心当たりがあるならば、
その悩みを解決する方法が

【11月17日(火)までの期間限定】

で無料公開されていますので、
今すぐにこちらをクリックして
確認して下さい!
⇒ http://pmcpromote.com/item/69476/7216/

先ほどあげた様な悩みが生まれるのは、
コンサル型ビジネスが典型的な
『労働集約型ビジネス』だからです。

いわゆる「ひとりビジネス」
「コンサル型ビジネス」は
利益率も高く、気軽に始められ、
資本も在庫もいらない理想的な
ビジネスです。
 

ですが、実は、

・時間の切り売りなので、
売上の上限が見えている

・自分が動かないと一切
稼ぎが得られない

・自分が倒れたらおしまい

といった具合に、
不安定な側面もあるんですね。

そこで、
この問題点を解決するのが、
『オーナーコンサル』という
新たな考え方なんです!

そして、この新たな考え方と
ノウハウを無料で公開しているのが、

コーチ、コンサルという
“労働集約型”のビジネスながら
年商10億円のビジネスオーナー
である、北野哲正さん

保険の営業マンという
“ひとりビジネス”出身ながら
今では3社の経営に携わり、
6つの社団法人理事を務める
大坪勇二さん

という、実績も信頼性もある
この2名。

『ビジネスを拡大させながらも、
いかに自分の時間を確保するか?』

すでにオーナーコンサルである、
北野哲正さんと大坪勇二さんから
ぜひ無料で学んでくださいね。

11月17日(火)までの限定公開です!
  http://pmcpromote.com/item/69476/7216/

栢野克己(かやのかつみ) ■日本一過激な小企業コンサル・講演家。計15万部の著書「弱者の戦略」「小さな会社★儲けのルール」「逆転バカ社長:天職発見の人生マニュアル」はアマゾン<中小企業経営>ジャンルで7年300週〜現在までベストセラー第1位〜5位。台湾(中国語)・韓国・タイ・インドネシアでも出版。零細企業☆人生逆転の事例講演・執筆・勉強会主催の(株)インタークロス代表取締役。主催のセミナー交流会「九州ベンチャー大学」や「経営人生計画セミナー」「やる気会」「早朝マーケ会」「個別相談会」は17年1000回を越え、累計で約1万人参加。全国+アジアで年間講演約100回+勉強会100回が自主ノルマ。2006年〜2007年に家族で1年間の世界一周を実現!夢は全世界で1000万部の著書+世界200ヶ国渡航 ■福岡県立城南高校+小倉西高校は裏口入学・立命館大学卒。新卒入社のヤマハ発動機を9ヶ月でノイローゼ退社、バイトのリクルートは3年弱で正社員試験落第。失意と復讐を誓い、大阪のIBMリースへ転職するが、またも仕事失敗+ウツ+婚約破棄+自殺未遂で退社。東京へ逃げ、半年失業後チラシ宅配ベンチャーへ転職。しかし、そこも詐欺的FC会社でまたも転職に失敗。もはや「同級生に勝つには独立しかない」と決意し、様々なセミナーや交流会に参加後に「無料職業相談業」で起業。しかし、半年で金がなくなり、出版社:ビジネス社でテープ起こしのバイトをするも先の人生が見えない。そんな92年実家が他人の連帯保証1億円かぶり博多へUターン。6度目の転職で広告代理店へ。同時にビジネス交流会「九州ベンチャー大学」立ち上げ。 95年、借金返済のため2度目の起業。97年完済するも実家失い親は自殺。2002年〜今までの人生への復讐スタート。お楽しみはコレからだ。公式HPも参考に。 ■インタークロス ■九州ベンチャー大学 代表・雑談担当 栢野克己/カヤノカツミ 〒810-0073福岡市中央区舞鶴2-7-21-803 電 話 092-781-5252  携 帯 090-3604-6735 FAX 092-781-5354 メールkaya@hf.rim.or.jp
毎週の最新情報
セミナー動画100連発!ダブルクリックで拡大!
もっと下に詳細経歴
livedoor プロフィール
最新コメント
Archives
  • ライブドアブログ