11/29(日)7:30早朝サロン・無料・出入り自由

11/30〜12/6中国広州・深セン・香港で接近戦!

1

◆11/24は起業雑誌「アントレ」の取材を受ける。テーマは「自分の取り柄や特技に気づいた瞬間」。栢野の場合、法人向け新規開拓営業・文章・講演。以上はやる気もなかったし、営業は最初のヤマハ発動機ではノイローゼでダメだったし、まさか文章で食うなんて、人前で講演するなんて、そんな仕事があるとは知らなかったし、やり始めたら失敗だらけで・・まさかの連続。取材はフリーライターのオフィス上(joe)・岩見さん。取材を受けながら、自分の深層心理と記憶に思いめぐらせていると、新たな事実や自分に気づく。人に自分のことを聴かれることは滅多にない。まさに有り難い。

 

◆夜は税理士さん主催のセミナーへ。借金返済の猶予リスケ・私的整理・DES(借金の株式化)・DDS(借金の劣後変更)・倒産・民事・破産などの<事業再生>がテーマ。こういう後ろ向き系は興味ないが、一応、仕事柄知っておこう+主催のエスペランサ税理士法人・藤本公認会計士とアイリス税理士法人・城さんはやり手系なので、講師のレベル+運営方法も勉強しようと乱入。これが期待以上に素晴らしかった。

111

 

 

 

 

 

特別に凄いノウハウ系ではないが、オーソドックスでマジメでなるほど!の内容。聞けばもう8年も毎年で29回目で累計参加者は800人と。顧問先中心に無料だが今日も30名。無料にしては中身がある。まずは現状分析「8割は赤字で債務超過ですね」。なぜなのか?過大設備投資・経営者の高齢化・製品ライフサイクルと。ある意味ではもう遅い。高齢化で頭が硬くて変われないのだ。その通り。人と同じで法人もいつか死ぬ。大半は。オレも死ぬ。天の摂理だ。一番唸ったのが、上のリストラしにくい理由。40、50過ぎて赤字社員だから切ればいいじゃん!と外部の人間は気軽に云うが、30代までは黒字社員で会社に貢献してくれた。それを首にするのは忍びないと。なるほどね。が、やらねば死ぬ。会社が。共に死ぬ(倒産・廃業)も人生。

1

 

 

今日のハガキは4枚。

この程度なら楽勝だ。

で、発見した。

返事はもらった日に書く。枚数も少ない。

過去数千枚は・・・少しずつで許して。

 

 

 

1

◆あなたの会社案内をマンガにしませんか?というDM。他に、あなたの人生を自分史としてマンガにしませんか?

「あなたが主人公!」

なるほどね。飛びつく社長は一定の割合でいるだろう。企業系は自費出版も多い。健康食品なんかも。で、実物の見本冊子を読んだら・・倒産からの感動物語だったが・・・社長が覚醒剤で逮捕された悪徳ネットワークビジネスのナチュラリープラス勧誘員だった。それも人生。オレには近づくな。

 

◆11/25(水)。朝は6時半〜「やずや」でサクセスパワー福岡・上射場さんの成功哲学勉強会。成功者は欲望を持つ。欲望。なんだかなあ〜と昔から思っていた。言葉のイメージが悪い。億万長者やベンツには興味ない。金銭欲も高くない。衣食住は食えればいい。が、「もうこれでいいよなあ」と安心すると堕ちていく。そんな痛い経験もいいなと思うが、その場で2010年の夢目標を書く。もう何度も書いている項目。4冊目を出して30万部・城山三郎経済小説大賞・アジア全土で講演・全世界200ヶ国に渡航etc。その気になれば全部できる。

◆歯科医のロビーで読書。なるほど!の発言に唸る。自力でエンドユーザー直販の農業成功者。

111

 

 

 

 

 

 

 

11

国や農協の云うとおりにしていると潰れる。コントロールされて人生が悲惨。

異端児でなければ。

他業界でも。

良い子=カモ

 

◆この後出たセミナーがサイテーだった。講師は岐阜の未来工業・山田相談役。電設資材である分野で8割のシェアを持つ200億メーカー。「残業禁止」「定年70歳」「全員海外へ社員旅行」その他、<楽して儲ける>と、勝てば官軍の何の役にも立たない講演2時間。前半はワイドショー的な経済漫談でツマラナイので眠気との格闘で、後半は段々と怒りに震え、怒鳴ろうかと思ったほど。会社はデカクしてご立派かもしれないが、講師としては無価値。年食って呆けたのだ。か、誰も注意しないからああなるのだ。調子にノッてバカ話する姿・・どこかで観たと思ったら、それはハイになってバカ話してる時の自分だった。先日の大分商工会議所でも1人いたな。前半、こっちは調子にノッテ話し(雑談系)、聴衆の大半を占める若手経営者にも大うけ。が、こんな話は聞くに耐えられないと出ていった。その姿にハッとし、その後はマジメ系経営事例セミナーへ。反面教師。

1

 

「母乳で育った子供に比べ、ほ乳瓶で育った赤ちゃんは吸う力が弱い。最近のほ乳瓶はわずかな力でミルクが出るようにしているから」と。

そういう食生活の楽チン系に警鐘ならす記事。

で、試練乗り越え強くなる。

 

 

吉川起業プロデューサー

◆11/26の朝9時の来客。昨日、「天田さんから紹介されました〜!」と電話があり、信頼できる人からの紹介なので、用件も何も聞かずに面会。

女性は苦手だが、出版プロデューサー+アントレ編集天田さんの紹介ということは起業・経営・自己啓発・人生逆転系だなと、玄関開けると女子大生のようで驚き。

 

1

東京を拠点に全国を講演や個人面談で廻っている「パーソナル起業プロデューサー」吉川さん29歳。起業目指す人の相談カウンセリング・コンサルをしている。商社マンの父の赴任先西ドイツで小学生を過ごし、自身も「18歳から起業を意識し」、アビームコンサルティング(元トーマツ・デトロイト=会計系の世界大手)を未練なく辞めて昨年起業。今日は福岡のコンサル先(起業目指す男女)を訪問。既婚4歳の子持ちママ。さらに、話すと外見はアイドル風だが中身は男(安心した)。いろいろ聞いたが、こりゃ凄い。中身も考えも行動も飛び抜けている。ある意味、起業系コンサルの後輩ということもあり、講師+コンサル系で成功するノウハウ系を小手先系含めて紹介。ま、勉強オタクの人なら全部知ってる程度のことだが、実際に行動する人は1%もいない。が、彼女はスグ行動する。たぶん。あまりこういう才色兼備系は応援したくないが、10年以内に起業コンサル界の勝間みたいになるだろう。今の初心を忘れなければ。まだ29歳か。オレは3度目の転職に失敗し、婚約破談でサイテーの失業者だったな。次代を拓く若い人は応援したい。本当に最近はそう思う。オレも心は17歳・カラダは25歳、知識や経験は99歳の老カンフーだ。12/5東京で起業セミナー 

 

◆今、10年前のベンチャー大学・竹田陽一の独立人生物語DVDを観た聴いた。この話はもう何十回も聴いている。このDVDも10回は観ている。が、今日も新たな発見があった。そのフレーズは何回も聴いている。が、昨日までは「知ってるよ」程度の知識だったが、今日、改めて観て聴いて「ガッテン!」と衝撃が走った。講師・本で成功する方法のくだりだが、そうか。竹田先生もそこまでやっていたんだと。自分に合う教材の繰り返し学習は最高だ。速読で1回だけ読んだ=全く意味ない。

中国広州・深セン・香港・御殿場・鳥取・出雲・宮崎・金沢・姫路・他

人気ブログランクありがとうにほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ ←ヨイショランキング

成功DVD・CD教材 ←秋の勉強にどうぞ! 新刊

メルマガ←最新号発行・ブログにない情報流します。

予告映画 YouTube動画 アルバム 日刊メルマガ 携帯版 公式HP 今後の予定

ベンチャー大学   栢野のツイッター←ひとり2ちゃんねる