危ない栢野のツイッター

1/20宮崎・福岡・関西・四国・札幌・東北・沖縄・他全

1/29+30福岡人生逆転計画ゼミ」主催ランチェスター経営(株)

2/08福岡「悪徳・詐欺・洗脳・自己暗示・販促マーケ特集」ベン大学

東北・北海道地区の方へ。2010年2/14〜18で北海道・秋田・青森で逢いましょう!全県行脚セミナー+接近戦(今の予定) 人数や金額は不問。ド田舎でもOK。打診メール下さい。


最近、思い込み、信じることの大切さを左脳的に調べていて、プラシーボ効果やホーソン効果にブチ当たったが、昨日、サクセスパワー福岡の上射場さんから「思った通りになる、思考は現実化する・・その手の成功哲学や自己啓発・・それはエミール・クーエから始まったんだよとマイヤーさんが言っていた」と聞き、以下は<エミール・クーエで検索>より抜粋。なるほど!

フランスのナンシーという町に、エミール・クーエという薬剤師が開業していた。ある日、一人の男がある薬を欲しいから売ってくれるようにと頼んだ。クーエは自分のところにあるその薬がすでに期限を過ぎているだけではなく、色も褪せているので、この薬は効かないだろうから、売るわけにはいかないと断った。するとその男は「その名前の薬は効くのだからぜひ売ってくれ」と懇願したので、クーエも「では責任は取らないから」と売ることにした。数日するとその男が現れ、「あの薬をのんだら病気が治った」とお礼を述べた。クーエは非常に驚いたが、なぜこのようなことが起こるのか疑問に思った。彼は、薬の効果には薬という物質の他に、『必ず治るという“思い”』が働くのではないかと考えた。そこで彼は何人かの病人に「病気を治したいと思うなら、『必ず治る』という気持ちを持つことが大事である」という治療を施した。驚いたことに、多くの患者は見る見るうちに症状が改善したのである。この嘘のような話は実話で、クーエは薬剤師をやめ、「クーエ・メソッド」という治療法を始め、世界的に有名になったのである。クーエの考えは次のようなものである。「私たちが薬で治るのは『この薬が効く』という思いを一緒に服用するからである。つまり『思い』を一緒にのむのである。もし『思い』をのまなければ、ただの物質が体に入るだけであり、その効果は限られる。病気を治すのは『これで病気が治る』という思いによるのである」という説なのだ。

以下は本「暗示で心と身体を癒しなさい」のアマゾン解説

クーエ博士はポジティブシンキングの元祖といわれ、自己暗示による独自の精神療法を開発、喘息や結核、がんにいたる広汎な患者を単純な暗示で完治させたことで有名になる。さらにこの暗示法は自律神経訓練法の基礎ともなる。本書は医療面での実績に裏打ちされた信頼度の高いシンプルな自己改革法をまとめたものである。

クーエ博士の用いた『患者が自分で治せる精神療法』は、いたってシンプル、習慣にしやすいのが特徴。1日に2回、朝目覚めたときと寝る前にある言葉を20回ずつ言うだけで、自分を心身ともに好転させることが可能になる。本書は博士の簡単でかつ効果抜群の暗示法の重要な部分をすべて網羅。心の中に潜在する驚異的な暗示の力と、その具体的な使用法が先駆者によって詳しく説かれている。

薬を使わずに、自分で心身ともに好転させることができる精神療法「クーエ・メソッド」を紹介。心の中に潜在する驚異的な暗示の力と、その具体的な使用法を詳しく解説する。


か〜大発見だと思っていたが、150年前に解明されていたのね。単に無知か。心理学系の人の間では常識か。クーエは。その後はパクリか、再発見だろう。大元を調べることは大事だな。他の資料では、こういうのは1/50人くらいに劇的な効果あるらしい。但し、病例が軽度+精神的なもの。末期はやはり難しいらしい。

が、当たり前だが、44歳の男が「オレもイチローになれる!」と思っても1000%なれない。何を思うか?何を選ぶか?そこに「弱者の戦略」がいるんだね。


で、以下もあり。というかこの手の半分以上は詐欺だろう。日常茶飯事。乳児では信じる力も思い込みも効かないね。意志もなく言葉が伝わらないから。これがある程度の大人だったら効いたかも。そういうことだ。左脳×右脳の正しい洗脳?が必須。

「手かざしで治る」治療受けさせず乳児死亡 

宗教法人の両親逮捕

2010.1.13 22:12

 低体重でアトピー性皮膚炎を患う生後7カ月の長男に治療を受けさせず、感染症で死なせたとして福岡県警は13日、殺人容疑で父親の高月秀雄(32)と母親の邦子(30)の両容疑者=いずれも福岡市東区=を逮捕した。県警によると、2人は福岡市に本部がある宗教法人職員で、信者。手をかざす「浄霊」と呼ばれる行為で長男を治そうとしていたという。

 逮捕容疑は、昨年2月に生まれた長男、嘉彦ちゃんの体重が減り、アトピー性皮膚炎の悪化で感染症にかかりやすい状態だったのに医療機関を受診させず、同10月9日、細菌感染による敗血症で死なせた疑い。

 親が合理的な理由なく、子どもに治療を受けさせない問題は「医療ネグレクト」と呼ばれ、児童虐待に当たる。宗教法人側は「担当者がいないのでコメントできない」としている。

笑えない続報  生後7カ月の病気の長男を、宗教上の理由から病院に連れて行かずに死なせたとして、福岡市東区の宗教法人「新健康協会」職員の夫婦が殺人容疑で逮捕された事件で、同協会のほかの信者が長男の「治療」にかかわっていたことが14日、福岡県警東署捜査本部への取材で分かった。捜査本部は同日午前、関係先として、夫婦が勤務する同協会総本部を家宅捜索した。高月秀雄(32)、邦子(30)両容疑者は、長男嘉彦ちゃんが生後2、3カ月でアトピー性皮膚炎を発症し、細菌感染で重篤な状態になったにもかかわらず、協会の教義に従って手をかざすことで病気やけがを治すという「浄霊」や、「御霊紙」と呼ぶ和紙を張り付けるなどしただけで、病院には連れて行かず、敗血症で死なせたとされる。捜査関係者によると、ほかの信者数人も両容疑者の自宅を訪れ、浄霊を行っていた。夫妻だけでは嘉彦ちゃんの症状が改善しなかったため、協会の中でも「より力がある」とされる信者が加わった。 


そうかあ。紙の神は効かなかったか。おかしい・・・。で、 ある言葉とは・・・

「私のすべては毎日良くなっている!」

だって。ほんとかよ。ついてるツイテル!と同じレベルじゃん!が、同じ様なことは「夢」系講師はほぼ100%言っている。正しいのだ。 「戦略」が足りないが。

1

で、以上のことを調べているとき、「この言葉はどこかで聞いたな?」と思った瞬間、なんと!私の事務所の壁に貼っていた!しかも15年前から。

実はこの「さあ!ゆこう!」は、<やずや>の朝礼の最後に毎日、社員全員で唱えているスローガン。たぶん、勉強好きの矢頭さんがどこかで聞いてきた言葉をそのまま書いたモノ。

で、これを書いて貼ったとき、当然、私は絶不調だった。が、こんな呪文を唱えたって・・・と、まさに気休めでしかなかった。が、気休めも本気でやれば効果は出るのだ。

が、なんども言うが、この手の「思い込み効果」が「成功」の結果に占める割合はせいぜい3割だろう。練習も適当なスポーツ選手が「私はできる!できる!」と唱えるだけで金メダルはない。「夢」「戦」「感」のトータルバランス×量稽古×長時間労働なのだ。 


ここの人気ベスト3の1つがパソコンスクールの「ホエール」。久々にHP観てみたら直営教室が3つから5つに。全国提携校は200弱。不況に関係ないシニアビジネス×ローカルの成功事例として、金のない人はこのHPブログだけでももの凄く勉強になる。余裕ある人はコチラの生セミナーをどうぞ。で、超本気の人は見学に行かなきゃ。

成功哲学や自己啓発の盲点を鋭くえぐった動画

人気ブログランクありがとうにほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ ←ヨイショランキング

成功事例DVD・CD ←冬の勉強にどうぞ!昨日の発送は0本

メルマガ←最新号発行・ブログにない情報流します。予告映画 YouTube動画 アルバム 日刊メルマガ 携帯版 公式HP 今後の予定 ベンチャー大学 栢野のツイッター