【人生は逆転できる!】小企業コンサル・講演家の天職ブログ

講演家・作家・雑談相手。著書は「やずやの秘密」「弱者の戦略」「小さな会社★儲けのルール」「逆転!バカ社長」「35歳から一生負けない生き方」。22年で約1000回の人生経営勉強会「ベンチャー大学」「経営人生計画セミナー」毎月開催。人生の成功は<夢×戦略×感謝>をモットーに、弱者の独立起業・経営アドバイス・講演・執筆・コンサル・勉強会・個別相談会を実施。2007年に家族で1年間の世界一周を実現!

客層戦略

貧困層で大成功!

★福岡の方へ。本日7/29の17:20〜RKB「今日感テレビ」に4月の経営計画でホラ吹いた結婚式パンフ「いろはデザイン」橋本さん登場!やっぱ夢や目標は書く+発表で実現する。

7/29東京「おっとり人間成功への7ステップ」前回大反響の様子

8/21〜東阪福で「頭脳の果てウィン・ウェンガー博士特別ワーク

8/13+14経営人生計画2009夏in福岡  14日は

告知1日でほぼ満員↑↑ やはり人がしない時期はイイ。13日はまだ余裕あり。感謝しかない!


1

◆生命保険会社の広告。

「ガンになったが、保険に入っていたので仕事も家庭も助かった」の体験談記事中心。

個人的には好きな広告手法。ずっと継続しているので、たぶん、効果も良いのだろう。

売り込み(主観)<お客の声(客観)

 

 

1

◆福岡・大名の名店。天ぷらで有名。吉塚とは別。久々10年ぶりに入るが、午後1時半とはいえガラガラ。「周辺にあった大企業のオフィスが移転し、大変なんですよ」「ランチ750円も高いのかなあ」。そうかも知れない。が、店入り口にボロボロのタオルを干し、個人店にありがちな公私混同。店内も殺風景で、繁盛店時代から「塩辛など残さないように」+食ったら早く出ろ的な雰囲気。妻に聞いたら「そうね。あの店はそういう雰囲気ね。女性からの視点では、落ち着かない+サービス悪い店はもうダメよ。イヤな気分になりたくない」と。なるほどね。ラーメン屋も同じ。一風堂が流行ったのは接客サービス良く、気分いいから女性にウケた。ぶっきらぼうでもOKなのは「元祖長浜屋」みたいなオジさん立地。この大名地区では時代遅れかも。少なくとも女性には受けないね。だからオレは今後も男向けで行く。

 

1

◆大阪の美容室コンサル・田畑さん。福岡で仕事があり、事務所に寄ってくれた。常時10数店の顧問先を持ち、めまぐるしく指導している。元は広告代理店営業で、コンサルに転じて8年。まあ、成功だ。

今後の課題は外部講演を増やすこと。月曜火曜なら比較的対応できると。本業順調なので、講演料は柔軟に対応するはず。

以下は田畑さんの本に書いた推薦文。

 

1

■「現場主義では日本一!?の理美容コンサル・田畑さん」 いわゆるコンサルやカリスマ美容師は山ほどいる。しかし、大半のコンサルは何でも屋で、理美容業界を知らない。講演をするカリスマ美容師も山ほどいるが、自分の自慢話ばかりで他店のことは知らない。そんな輩の話を聞いても、なかなか自店には応用しにくい。田畑さんは人材・広告代理店出身の普通の人。が、ひょんなことで2001年〜現在まで、理美容室に特化して、年間150回もの現場セミナーやミーティングを繰り返している。勉強好きな人にとっては、この本の内容に特に目新しいことはない。が、月に1冊の本も読まない99%の経営者には、初めて聞く、知ることが99%だろう。それは誰でもできることばかり。成功者は、その当たり前のことを日々コツコツやっているだけ。一発逆転で誰でも簡単スグ儲かる…は、ない。私はよくいる「何でもコンサルの講演家」だが、「これは使える!」という記述が10数箇所あった。それはすべて、田畑さんが約1,000回の現場指導の中で実際にやったことばかり。その業績向上ノウハウが、わずか1,890円で手に入る。1回の飲み代よりも安い。不況だなんだと他に責任転嫁する暇があれば、たまには本を読んでみることをオススメします。※このサイトの下で本文が読めます

◆規模で世界一の小売業・アメリカ本社のウォルマート。本国も海外・ラテンアメリカでも大衆・貧困層が客層。ゴミ=ペットボトルから再生した毛布を販売か。しかし、メキシコでも銀行口座を持っているのは3割程度。そんな市場・客層に対応する売り方があると。世界の大半は貧困層。日本の大半も実はそう。貧困層向け成功モデルを、今後はアフリカ他にも応用すると。

111

 

 

 

 

 

 

 

お笑い経営人生学? byベンチャー大学の栢野20090724名古屋無料・最新動画1時間お笑い系


★7/30〜8/7に中国・北京+周辺へ行きます。どなたか現地で頑張る企業家・ビジネスマンを紹介下さい。情報交流をしたいと思います。


人気ブログランク←ありがとう!にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ ←ヨイショランキング

8/17愛媛・8/18高知・8/19香川・8/20徳島・8/21豊橋・8/23奈良・8/30熊本・9/5三島・10/21三重・京都・大分・アジアのスケジュール

成功DVD・CD教材 ←夏の勉強にどうぞ! 新刊

メルマガ最新号発行・ブログにない情報流します。

予告映画 YouTube動画 アルバム 日刊メルマガ 携帯版 公式HP 今後の予定

ベンチャー大学   栢野のツイッター←つぶやきミニブログ

二度と行かない理由

7/25(土)大阪「弱者の戦略★最新事例」by不肖・栢野克己 9名


1

 

栢野克己の「人生は逆転できる!」第8回 広島のビジネス誌連載

 

私があの店に二度と行かない理由 (既報)

1先日、友人から噂で聞いた「行列のできる繁盛うどん店」に行きました。午後1時を過ぎていましたが、店内約20席は3分の2ほど埋まっていて、私が座ってからも客が次々に来店。聞けば、35歳のオーナーはサラリーマンを経て高松の讃岐うどん店で修行。当然、麺も手打ちでスープも化学調味料は使わない。

店内にはおしゃれなジャズ音楽が流れ、オーナー以外は女性店員3人。テキパキと気持ちいい接客と声かけ。ユニフォームは赤のデザイナー風Tシャツで、内外装も綺麗な美容室風。お客は私以外、全員が女性でした。かけうどん450円を食べましたが、味は典型的な手打ち讃岐うどんで、麺は硬めで腰がある。冷水を飲み終わると、5秒と経たずに「お代わりはいかがですか?」と店員さんが接客したのに驚き、さらに「良ければ温かいお茶もどうぞ」で二度ビックリ。ありがちな接客サービスですが、普通のうどん屋にしてはレベルが高い。特に女性は感動する。繁盛するのも納得です。

レジでオーナーから立ち話でヒヤリングしましたが、「まだ開店2ヶ月で宣伝はなし。口コミのみ」「女性が一人でも寄れることを意識」「東京・福岡など約100店の飲食店を食べ歩き勉強」「ラーメン一風堂のスタイルを真似た」と。さらに、店舗デザインは私の友人で、<開業アドバイザー>と名乗るリードクリエーションの福泉さん。福岡の飲食・美容室に特化し、開業を目指す人を対象に、店舗の「経営勉強会」も永年毎月主催しています。これでなるほど!と納得。

この店のオーナーは相当、経営の勉強もしているんですね。「商品戦略」「地域戦略」「客層戦略」「接客戦略」が完璧。日本で初めて客層を女性に絞ったラーメン店は一風堂ですが、まさにそのうどん版です。

しかし、私は二度とこの店には行きません。このきれいな店+女性ばかりの雰囲気が、ずぼらが好きな私には全く落ち着かない。禁煙できない私には食後の一服ができない。さらにおしゃれな分、価格も高めで巣うどん以外が700円代以上。衣食住は最低限でOKの私には予算オーバー。麺も博多の柔麺に慣れた私には硬い讃岐風は合わない(郷やはOK)。つまり、私はこの店の客ではない。

1博多ラーメンの大繁盛店に「元祖 長浜屋」がありますが、ここは年中24時間ほぼ満員です。が、普通のビジネスマンに聞くと「美味い!」という人はほとんどいません。昨日逢った34歳女性の友人も「マズイ。さらに、接客も何もないし、二度と行かない!」と怒ってました。

ここは「いらっしゃいませ」「ありがとうございます」などの接客は一切無い。無言で無愛想にラーメンを出すだけ。多くのコンサルタントも「サイテーの店だ」と云います。

 

 

8182979f.JPG私は「長浜屋」の裏に10年以上住んでいて、同じ印象でした。が、今から3年前に気づきました。よく見ると、客の大半はビジネスマンではなく、作業着やノーネクタイばかり。実はこの近くに福岡魚市場や関連工場があり、さらに近所の道は暴走族や運送系が多く、パチンコ店も2つ隣にある。つまり、この店のメイン客は肉体労働者や体育会系なんです。短気で荒くれ者で性格も服装もガサツ。

私もそうですが、「サービスなんかイラン!その分安くし、ラーメンを早く出さんか!」。さらに女性が多いと落ち着かない。長浜屋のオーナーは高額納税者ですが、店はバラックで貧相なまま。店がキレイだと作業着やボロ服では入りにくい。「自分の客は誰か」を知ってるんです。

長浜屋と同じく屋台からスタートし、成功してきれいな自社ビルを建てた近隣の同業は潰れました。以前の肉体労働者が入りづらくなったからです。大企業・大手チェーンは客層が広い。が、中小零細は「自分に合わないことはしない」×「自分に合った客層に絞る」。私も大企業エリート系は無視し、「体育会系・零細起業家」向けの講演家で生きていきます(笑)。


「40過ぎたら合わんことはせんこと」(竹田陽一)

商売の秘訣は「報いを求めない今ひとつの親切」を行動に移すことですが、親切=親のように大切に接すること=お客と、親や家族や友人のように接する=イヤなヤツとはつき合わない=それが今の友人知人=そういうお客に絞る=気楽で楽しく、一生のつき合いになる。

「八方美人は失敗の元」(栢野克己)

※八方美人=強者・大企業の戦略。「弱者」は絞る。小さく生きる。

人気ブログランク←ありがとう!にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ ←ヨイショランキング

ドラッカー藤屋セミナーの6時間DVD

7/24名古屋・7/25大阪・8/17愛媛・8/18高知・8/19香川・8/20徳島・8/21豊橋・8/23奈良・8/30熊本・9/5三島・10/21三重・京都・大分・アジアのスケジュール

成功DVD・CD教材 ←先週9本の注文。ありがとう!! 新刊

メルマガ最新号発行・ブログにない情報流します。

予告映画 YouTube動画 アルバム 日刊メルマガ 携帯版 公式HP 今後の予定

ベンチャー大学   栢野のツイッター←つぶやきミニブログ

「顧客観」敵を知り己を知る

7/09(木)長野「小さな会社★成功事例50連発!」by栢野克己

7/11(土)東京「ドラッカー藤屋×栢野」特別セミナー残5

7/18(土)福岡人脈・講師・起業・出版・成功法★立石剛セミナー」

7月〜宇都宮高崎新潟長野・東京・四国・奈良・他のセミナー

11

◆NHK教育テレビのドラッカー特集。ユニクロの柳井社長が、いかにドラッカーを実践して成功したか。最終回は企業の社会貢献について。ユニクロの途上国に古着を贈る支援や「リストラは悪だ」。理念は大事。さらに、本業を通じて社会の役に立つ・・もその通り。が、勝てば官軍的な発言。儲からねば貢献もできない。貢献が先か儲けが先か。両方だ。しかし、勝間さんは話が下手だ。質問も下手。意外だな。原稿をそのまま棒読み。忙しいのか?真面目なNHKだからか。ディレクターがアホなのだ。たぶん。7/11(土)東京「ドラッカー藤屋×栢野」特別セミナー残11 ←昨日のメルマガで満杯になると思っていたが、申込が止まっている。下のオレの自画自賛ブログに辟易したのだろう。・・と書いたら残5に。感謝!

勝間和代 with 柳井正 (経営戦略) 1/3動画「ドラッカーの実践がユニクロの成功です」

 

1

◆今週はセミナーや勉強会に出まくり。これは某人材系大手企業主催で、対象は新人教育。「いかに社員のやる気を出すか」。講師も大企業の子会社サラリーマンコンサルタント。参加者は、福岡の中堅企業以上のサラリーマン人事教育担当者。人相でわかるが、経営者はほとんどいない。場の雰囲気がいつもと全然違う。オレは部外者だな。やはり、小企業の自営・経営者が合う。

今日の講師は1日のコンサル料が100万円という。相手は大手企業。ライバルはマッキンゼークラスとか。社員を変えるには社長が変わるのが一番だが、そこには触れない。研修メニューにもない。うーん、大手リーマン同志の騙し愛か。オレには何も響かなかった。商品や客層・・住む世界が違うのだ。いや〜オレのレベルは低い。それでイイ。が、この講師は独立したら終わりだ。完全に勘違いしている。大企業の看板が無くなったらダメのパターン。辞めるなよ。

1

◆こっちは小企業経営者向けの早朝勉強会。会計体操の山崎会計士夫妻が主催。水曜はジェイマーケティングで木曜は竹田ランチェスター戦略。いや〜はるかにこっちの方が肌に合う。しかし、大手企業サラリーマン向けと、小企業経営者向けはこれほど違うのかと驚く。価値観や戦略や戦術はもちろん、人間の性格や人相も違う。食い物や趣味も違うのだろう。人種も違う?ま、いずれにしろ、オレは大企業系リーマンとは合わない。仕方ない。今後も無視していこう。が、たまには触れ合い、その性差を確認するのだ。

 

 

11

◆私の盟友+インタークロス株主30人の一人である「八ちゃん堂」河邊創業者。ヤナセ営業マン+家業だった大分スバル次期社長の安定を捨て、中古18万円の車でタコ焼き移動販売で起業→郊外店舗→世界で初めて「冷凍たこ焼き」を考案した人。今日は福岡県主催の異業種交流事業で「私はこうして事業継承をした」講演。予告もせず、ある日突然、長男に会社を譲り、翌日から出社しない・・で成功したという。自分がいると息子は育たない。今後、右往左往し大変な目にも遭うだろう。が、そうやって成長していけと。素晴らしいね。が、それは会社を盤石な体制にしてのこと。

 

11

◆「けいえいをよくする会」で、ロゴマーク制作に一貫性のある変態人生を歩むデザイングレイスの根本さんが講演。先日の同業よりははるかにマシだったが、明らかに力みすぎ。「ボクには元々才能があった」「行動しない人はダメ」など、結構辛辣な意見も次々に。根本さんは35歳で参加者の大半は年上。私は前の方に座っていたが、会場のウケが今ひとつなのは背中で感じた。

案の定、本人も「大失敗でした」とブログに。が、彼は今日が2回目の講演。にしては最高にウマイ。要点だけの短時間講演で、私はビンビン意味が掴めたが、初対面の人には「ようわからん+この若造が!」だろう。が、じゃあ、会場にいた人が今日の根本さんレベルの講演ができるかといえば、95%以上の人は無理だろう。

私が初めて講演したのは37歳の時。主催者から「講演が下手。内容レベルも低い」と皆の前で言われた。当時の自分と比べると根本さんの潜在能力はもの凄い。まあ100回位までは失敗の繰り返し。もっと恥をかくだろう。だから、多くの人は人前で話すのを敬遠する。だからイイ。この実績と品質で65000円〜は割安感も日本一のロゴマーク屋だ。

1

◆また、バカ右脳女騙しのチラシ広告。この子は芸能プロダクションの子役。

今度は超能力者の子供が作る石のネックレス。1個1万3千円。誰が買うのか?バカが買うのだ。立派なバカ右脳女向けの客層戦略ビジネス。素晴らしい。

が、素直な人は本当に買うのだ。一定の割合で。驚くね。が、価値観は人それぞれ。

買ったアホと詐欺の実態

 

1

 

先週のセミナー主催者へ手書きハガキ。

もう止められない。イイカンジだ。

 

 

 

 

森英樹の「コンサルタントで成功する法」  ←注文は5本。そんなもんだろう。

人気ブログランク←ありがとう!にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ ←ヨイショランキング

成功DVD・CD教材 ←先週9本の注文。ありがとう!! 新刊

メルマガ最新号発行・ブログにない情報流します。

予告映画 YouTube動画 アルバム 日刊メルマガ 携帯版 公式HP 今後の予定

性格が悪い理由

緊急特ベン・森英樹の6/16「コンサル・コーチ・士業の成功法」

6/9「本を出す法」 6月〜山形・岩手・仙台・宇都宮・高崎・新潟・四国・他の接近戦

さっき、また自分の性格の悪さに自己嫌悪。仕事の打ち合わせだったが、「その件は上と検討して・・」でキレた。いつもはお互い即答即決。今回は相手が上や周囲を気にするタイプのリーマン。そういうことだ。私は自己責任+自己決断でない人と合わない。短気せっかち。これは変わらない。もはや。直す気もない。つまり、今後も自己責任の経営者か起業家気質のサラリーマンとしかつき合ってはいけないのだ。互いのために。人生は短い。合わない人と会うのは時間と人生の無駄。建前系の気は使いたくない。合う人とは滅茶苦茶合う。相性はある。

今、旧知の社長から電話があった。事務所を移転縮小したそうだ。気のせいか、声も一気に老け込んだ。50代の頃は仕事も闘うスタイルでイケイケガンガンだったのに。「もう還暦」。「まだ60歳」。前者は自分で老いこんでいる。後者は青春真っ盛り。ちなみに、我が師匠の竹田陽一は65歳を過ぎて格段に進化した。人それぞれ。いろいろあっていい。オレもどうなるかわからない。今を生きるのだ。

小さな会社が必死の努力で成功セミナー」←動画アップ

好かれたら終り

6/6福岡「小さな会社★成功事例」残26/9福岡「あなたも本が出せる」

6/19山形「弱者の戦略★最新事例セミナー」

 主宰↑の西塔社労士所長は転職10回上で逆転人生。相当な努力家+スゴイ人脈家

8182979f.JPG大繁盛だがマズイランクでもトップの「元祖・長浜屋」で思った。先月会った年商300億目指す一風堂河原社長は「俺達の商売は人に嫌われたら終り」。が、ルサンチマン弱者は皆に好かれたら終り。ベンチャー大学

紳助のスゴサ!その? ←紳助「こいつらがオレをダメにする」

元祖・長浜屋を食った人の平均的意見「マズイ!」

1以下はブルースバカ一代さんのブログより。◆元祖創業者・榊原さんは実は博多の人でなく、名古屋生まれ、戦争の空襲を命かながら逃れ、21歳で結婚、そこでご主人が知り合った台湾の方に「困ったときにこのラーメンの作り方を思い出してください」と、ラーメンの作り方を教わったんだそう。その作り方は豚の頭も目も耳もついたまま煮込む手法で「日本人が見たら腰をぬかす」と、その台湾の人が言ったそう、長浜ラーメンのルーツは久留米ではなく台湾だったんすねえ。ご主人はそのレシピをいったん紙に書き、すぐに破りすてたそうです、どうやら大切な事だから頭の中に記憶させたらしいです。そして昭和27年のある日、ご主人の「博多に行くぞ」の一言で縁もゆかりもない福岡へ、子供たちを名古屋に残し、風呂敷ひとつ持って福岡にやってきました、榊原さんにとって九州はまるで外国に行く感覚だったそうです。そこで当時8000円という大金で屋台を買い、博多駅前で商売を始めます、でも家はなく、厳しい屋台での寝泊まり生活、さらに初日は1杯も売れなかったそうです。それでも「店のものには手をつけない」と決めていたので自分らはラーメンを食べず、乾燥して売り物にならなくなった折れた麺の端っこをゆがいて食べていたそうです。そんな日が続き、ある日ご主人が「魚市場に移動しよう」と、長浜でなく当時、博多区の大浜にあった市場に店を移動させます。昭和30年、魚市場が長浜に移転するのに合わせて榊原さんの屋台も現在の屋台街のある魚市場西口へ移動。当時は雑草がぼうぼうに生えている荒れ地だったそうです。福岡にやってきて6年は布団のない生活でしたがやっと常連客もつき、子供たちとの家での生活も始まりました。しかし、まだ当時屋台の中は油でどろどろ、明かりもなくランプとろうそくで今のように女性が気軽に食べに来れるような環境ではなかったそうです。そんなある日、夕刊フクニチに、ある学生が榊原さんの屋台のラーメンを食べて大学に合格した、という記事が載り、それからテレビの取材がきたりと話題になります。同時期に現在の本店の場所が売りに出ていて店舗へと転換、1974年、新たな元祖」の歴史の始まりです。店は当時画期的だった24時間営業、不眠不休で働き、ラーメンブームもあり支店もオープンさせます。しかしいい事ばかりではなく、唯一スープのレシピを知るご主人が病気で入院、毎日榊原さんはスープを病院まで持って行き、味見をしてもらったそうです。そんな元祖の味を創ってきたご主人が店舗になって10年目の1984年、62歳の若さで他界してしまいます。元祖の味を創ってきたご主人が亡くなり、店を閉める事も考えた榊原さん、しかし10人ほどの従業員の家族の事を思うとここでやめるわけにはいきません。それにやめたら今までの苦労は何だったんだ?と思ったからそうです、そうして1999年に引退するまで女社長として店を切り盛りしたそうです、なるほど、こんなストーリーがあったんですね。しかし日本一味のばらつきがある、といっても過言ではない元祖ですが、誘いはあるのに百貨店での販売をしないのは店の出来たでが1番おいしいから、チェーン展開やラーメン博物館への出店をしないのは味のばらつきを出したくない、いつもスープの味に目をひからせていたいから支店は1軒だけ、だそうです(今は本店だけ)。


自分のお客は誰か?自分が役立てるのは誰か?皆に好かれる=「あの人はイイ人なんだけどねえ〜」=無難な人=普通の人間関係はそれでもいいかもだが、商売・経営では「八方美人は失敗の元」。皆に好かれる=おこがましい=身の程知らず。・・・そういう法則があるなんて普通、知らんよな。知ってもなかなかできないね。嫌われるのは恐いから。精神的にダメージも受ける。が、誰からも好かれる人=経営人生ではかなりヤバイ。

◆で、自分はどうか?最近、イイ人になりつつあった。なろうとしていた。だから、合わない人に会うと合わない。お互い、人生の無駄だ。だから、今後も小起業家+起業目指す人以外とは会わない。時間の無駄。会話の無駄。40過ぎたら合わんことはせんこと。

1

何かを成すには他を捨てる。小さな会社なのに関連のない事業を2つ以上やっている=崩壊。あのトヨタでさえ車以外はやってない(ホームは永年赤字)。「商品・地域・客層」を絞る。さらに各々の「目的・目標・使命・天命・運命・宿命」も絞る。日本や世界や業界は・・なんて総論を論じているヒマはない。小人(しょうにん)は小人らしく、誰かのためだけに生きる。が、問題は「何に絞るのか?」。そんなもんは20代〜30代くらいではわかるはずがない(平均すると)。わかってたまるか。知識も経験も浅いくせに。44歳までは大いに悩め。で、早く「何か」がわかり、「主観×客観×競観×弱者の戦略」で一点集中で努力した人は成功する。が、次第に調子に乗り、身分不相応に「商・地・客」を広げて失敗する。消える。それでいい。そうでなければ後進の立つ瀬がない。成功したら失敗してもらわねば。逆も真なり。天の摂理。

suntory gold akiyuki nosaka←「みんな悩んで大きくなった」

◆で、何かに絞る=お客も絞る=自分の客層以外からは嫌われる=会うと一触即発状態になることがある=いざとなれば叩きのめす必要がある。そのためには軍事力が必須。力のない平和主義は弱い。だから・・

ベンチャー大学・栢野/カヤノの早起き!跳び蹴り!ランチェスター←最低限の護身術は練習した方がイイ。強盗には負けたが

◆で、私も学んだ少林寺拳法はオススメ。合気道と同じく、格闘技の世界では弱い。が、肉体弱者にはちょうどイイ。されに、中国の少林拳をアレンジした日本の少林寺拳法は、実は禅宗の宗教法人でもあり、座学が人間形成に役立つ。軍事自衛力+健康+ダイエットにも最適で一石三鳥。全国の道場←道場経営は客層を女・子供・弱男に絞ると成功する。

◆なんでも常識の逆。昨日、来週の講演会打ち合わせを農業機械のクボタ担当者としたが、「成功している農家は国の政策に従わない」。なるほどね。人と違うことをせねば。人と同じ=競争が激しい=価格競争で儲からない=儲かるには差別化=変人変態はチャンス!

人気ブログランク←ありがとう!にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ ←ヨイショランキング

6/17新潟柏崎・6/18鶴岡・6/19山形・6/20岩手・6/22仙台・7/4宇都宮「経営人生計画」・7/5高崎「経営人生計画」・7/6群馬TKC・7/7柏崎・7/8新潟・7/17八女・7/24名古屋・8/17松山・8/18徳島・8/19香川・8/20高知・8/21豊橋・9/5三島・9/21インド・他アジア←各開催日前後で近隣の方、私を講師に呼んで!素人主宰の場合人数金額は不問。講師料は<参加費−経費=成功報酬+燃える志>でOK。

成功DVD・CD教材 ←先週7本の注文。ありがとう!! 新刊

メルマガ最新号発行・ブログにない情報流します。

予告映画 YouTube動画 アルバム 日刊メルマガ 携帯版 公式HP 今後の予定

栢野克己(かやのかつみ) ■日本一過激な小企業コンサル・講演家。計15万部の著書「弱者の戦略」「小さな会社★儲けのルール」「逆転バカ社長:天職発見の人生マニュアル」はアマゾン<中小企業経営>ジャンルで7年300週〜現在までベストセラー第1位〜5位。台湾(中国語)・韓国・タイ・インドネシアでも出版。零細企業☆人生逆転の事例講演・執筆・勉強会主催の(株)インタークロス代表取締役。主催のセミナー交流会「九州ベンチャー大学」や「経営人生計画セミナー」「やる気会」「早朝マーケ会」「個別相談会」は17年1000回を越え、累計で約1万人参加。全国+アジアで年間講演約100回+勉強会100回が自主ノルマ。2006年〜2007年に家族で1年間の世界一周を実現!夢は全世界で1000万部の著書+世界200ヶ国渡航 ■福岡県立城南高校+小倉西高校は裏口入学・立命館大学卒。新卒入社のヤマハ発動機を9ヶ月でノイローゼ退社、バイトのリクルートは3年弱で正社員試験落第。失意と復讐を誓い、大阪のIBMリースへ転職するが、またも仕事失敗+ウツ+婚約破棄+自殺未遂で退社。東京へ逃げ、半年失業後チラシ宅配ベンチャーへ転職。しかし、そこも詐欺的FC会社でまたも転職に失敗。もはや「同級生に勝つには独立しかない」と決意し、様々なセミナーや交流会に参加後に「無料職業相談業」で起業。しかし、半年で金がなくなり、出版社:ビジネス社でテープ起こしのバイトをするも先の人生が見えない。そんな92年実家が他人の連帯保証1億円かぶり博多へUターン。6度目の転職で広告代理店へ。同時にビジネス交流会「九州ベンチャー大学」立ち上げ。 95年、借金返済のため2度目の起業。97年完済するも実家失い親は自殺。2002年〜今までの人生への復讐スタート。お楽しみはコレからだ。公式HPも参考に。 ■インタークロス ■九州ベンチャー大学 代表・雑談担当 栢野克己/カヤノカツミ 〒810-0073福岡市中央区舞鶴2-7-21-803 電 話 092-781-5252  携 帯 090-3604-6735 FAX 092-781-5354 メールkaya@hf.rim.or.jp
毎週の最新情報
セミナー動画100連発!ダブルクリックで拡大!
もっと下に詳細経歴

ベンチャー大学のカヤノ

■日本一過激な小企業コンサル・講演家。計15万部の著書「弱者の戦略」「小さな会社★儲けのルール」「逆転バカ社長:天職発見の人生マニュアル」はアマゾン<中小企業経営>ジャンルで7年300週〜現在までベストセラー第1位〜5位。台湾(中国語)・韓国・タイ・インドネシアでも出版。零細企業☆人生逆転の事例講演・執筆・勉強会主催の(株)インタークロス代表取締役。主催のセミナー交流会「九州ベンチャー大学」や「経営人生計画セミナー」「やる気会」「早朝マーケ会」「個別相談会」は17年1000回を越え、累計で約1万人参加。全国+アジアで年間講演約100回+勉強会100回が自主ノルマ。2006年〜2007年に家族で1年間の世界一周を実現!夢は全世界で1000万部の著書+世界200ヶ国渡航・・・・・・・・・・・

■福岡県立城南高校+小倉西高校は裏口入学・立命館大学卒。新卒入社のヤマハ発動機を9ヶ月でノイローゼ退社、バイトのリクルートは3年弱で正社員試験落第。失意と復讐を誓い、大阪のIBMリースへ転職するが、またも仕事失敗+ウツ+婚約破棄+自殺未遂で退社。東京へ逃げ、半年失業後チラシ宅配ベンチャーへ転職。しかし、そこも詐欺的FC会社でまたも転職に失敗。もはや「同級生に勝つには独立しかない」と決意し、様々なセミナーや交流会に参加後に「無料職業相談業」で起業。しかし、半年で金がなくなり、出版社:ビジネス社でテープ起こしのバイトをするも先の人生が見えない。そんな92年実家が他人の連帯保証1億円かぶり博多へUターン。6度目の転職で広告代理店へ。同時にビジネス交流会「九州ベンチャー大学」立ち上げ。 95年、借金返済のため2度目の起業。97年完済するも実家失い親は自殺。2002年〜今までの人生への復讐スタート。お楽しみはコレからだ。公式HPも参考に。


■インタークロス
■九州ベンチャー大学
栢野克己/カヤノカツミ
〒810-0073福岡市中央区舞鶴2-7-21-803
電 話 092-781-5252 
携 帯 090-3604-6735
FAX 092-781-5354
メールkaya@hf.rim.or.jp
ツイッターも展開中

プロフィール

ベンチャー大学のカ...

最新コメント
Archives
  • ライブドアブログ