淡雪のような…どこまでも続く水平線

2007年08月12日

小樽に行ってきました。

739c70cf.jpg小樽は私が育ったところです。小中学生の育ち盛りに自然と共に育ちました。写真は、私が通っていた石山中学校です。今は廃校となっていて、立ち入り禁止になっています。
北海道に帰ると必ず小樽に立ち寄ります。第一目的は18歳で亡くなったお友達をお参りすること。弔辞を読むほど仲良しだったので、本当に悲しかったです。彼女の生きた年と同じぐらい時が流れているなんて不思議な感じがします。私が死んだらそんな長い間お参りしてくれる人なんているのかしらん?とくだらないことを考えながらお寺のお骨の前で手を合わせたら涙が出てきました。この半年間に起きた色々なことや色々なお仕事のことを報告しました。友情は永遠なりですね。
そして小樽散策。お気に入りの喫茶店に行ったり、お気に入りのお店で山のようにお買い物をしてしまいました。なんと!お線香を買いに行った仏具屋さんで数珠まで買ってしまいました。バラ色のきれいな薔薇貴石です。石の本当の名前は失念してしまいました。
その後、悲しみを癒してくれて再生するというローズクオーツを買いました。4年前、悲しい出来事があった時、この石にどれだけ助けられたかしれません。それ以来、石の力をとても信じている私です。
薔薇のグッヅがたくさん売っているファンシーショップで大量の薔薇グッズを購入しました。気持ちを切り替える為にも、お部屋の模様替えをしよう!と思いまして、帰ったら早速、前から家具ベッドにした方が効率的かしら、、、と悩んでいたのですが、思いきって欲しかったお姫様ベッドを買おうかと思っておりまする(笑)そんなこんなで小樽ではお金が羽根生えて飛んで行ってしまいました♪♪♪でも快いです♪♪♪


kaya_garden at 21:21│Comments(2)

この記事へのコメント

2. Posted by 麗美   2007年08月13日 11:37
楽しそうなレポ有難うございます。
読んでいると、楽しく満喫してるみたいですね。
良かった良かった。
彼哉さんが元気になってくれるといいな〜。
小樽には、いろいろ思い出があるみたいですね。大切な思い出を話してくださってありがとうございます。
彼哉さんの思いが伝わってきました。

無理しないでくださいね。辛いときは甘えても良いんですよ。
1. Posted by かずのん。   2007年08月13日 06:44
5 これで廃校とは…写真ではそのように見えませんです、
北海道も遊佐未森さんのお茶会以来だから
5年ほど行っていませんです、そろそろまた行ってみたくなりました、
小樽地区で泊まる時は朝里川温泉にしています、
料金高いけどゆったり出来て心休まれるので…
いいかげん手宮洞窟も散策しに行かないと。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
淡雪のような…どこまでも続く水平線