繭玉
誕生日のお祝いに
友達のかずえちゃんから
繭玉をいただきました〜(*´∇`*).。o○.。o○.。o○.。o○

実は、今日は私の誕生日なのです。
年齢は聞かないでくださいね〜(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

プレゼント
かずえちゃんから、
素敵なメッセージもいただきました
ありがとうね〜

京都の舞妓さんが、
昔から使っていたという繭玉。
いただいた繭玉を使って
シルク化粧水をつくってみました

☆繭玉について☆
カイコがさなぎになるときに
身体を包む100%絹でできた
楕円状の球体です。

繭玉を水で煮出すと
水溶性の
セシリン
とけだしてきます。
このセシリン
紫外線をカットして、
日焼け・シミ・ソバカスを防いだり、
お肌の水分・油分を補って、
しかも 保ってくれる
働きがあるそうです

去年は、菜園で思いっきり日焼けしちゃったので、
今年こそは「日焼けしないぞ!」
と意気込んでる私には、
飛び上がるほど嬉しい効果ですよ〜(*´Д`*)

本当に素敵なプレゼントを贈ってくれた
かずえちゃん、
ありがとうです

☆用意するもの☆
繭玉    20個
精製水   500ml
グリセリン 小さじ1

☆作り方☆
繭玉水1
繭玉に
はさみで切り込みをいれる。
縦半分に切ってもよい。





繭玉水2
繭玉をきれいに洗う。
内側も汚れがあるので、よく洗う。






繭玉水3
繭玉を鍋に入れて、
精製水をそそぐ。






繭玉水4
鍋にふたをして中火にかけ、
沸騰したらふたをとって
弱火にする。





繭玉水5割り箸などで、かき混ぜながら
30分〜40分煮る。
*よくかき混ぜることで、
繭のたんぱく質がよく溶け出します。
写真のように繭玉がほぐれて、
綿状になってきます。


繭玉水6火を止めて、
完全に冷めるまで待った後、
ザルでこす。
このとき、綿状になった繭玉に
含まれた水分も
しっかり絞りとる。



繭玉水8
グリセリンを加えて
清潔な容器にいれて保存する。
*グリセリンは好みで量を調節してください。
保存期間は、
冷蔵庫で2週間です。

←せっかくの誕生日なので
ピンクのリボンを
かけてみました〜(´∀`*)♪



このレシピで、約200〜250mlの化粧水ができました。
2週間で使い切れないときは、冷凍保存も可能だそうです・・驚きです・・('◇'*)。
化粧水も冷凍できるんですね〜。

絞ったあとの繭玉は、乾燥させたあとお風呂でお湯を含ませて、かかとの角質とりなんかに使えるそうです
捨てるところ、ないですね〜。

さっそく、つくりたてを腕にぬってみました。
う〜ん(*´ー`)〜、ツルツル♪
って感じでした。
さっそく今晩から、使ってみますよ!
使い心地、また、アップしますね(*゚∀゚)っ!


   ☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚    ゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

ブログランキングに参加しています。
楽しんでいただけたら、ワンクリックをお願いします(*^^)^*)
はげみになります。

にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫 多種飼いへ

ブログランキング