2006年01月17日

朝方、尿意をもよおし(トイレを極限まで我慢してやっと排出できた、というこの上もなく危険な夢を見ていた。正直危なかった。)、急いでトイレに行こうとベッドから立ち上がると、左足が痺れていた。思い切り足を捻りつつ転倒した。
家具を手摺り代わりにしながらトイレに辿り着き、用を足し、いよいよビリビリして力の入らない足を引きずりながらベッドに戻り、また寝た。

ということを今思い出した。


(21:30)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ぶーちゃん   2006年01月18日 22:16
夢では無かったらしいな。w

あ、今年もよろしくですよ。

しかし
怪我なかった?
もらさなくてよかったわ。
2. Posted by たけめし   2006年01月24日 09:32
今年もよろしくデス。

もらしてたら、ある意味ひどい怪我だったね・・・笑
寒いからトイレ近くていかん。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔