Kayano_soto

#91 Twerk, Diva & Indie Disco デカケツイェイ

kayano_soto5

























▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
kayano_soto

2014.8.27 wed
at. 渋谷 喫茶SMILE
20:00〜24:00
¥1,500 w/2drink

Akiocam
ry01
Shigeru Nakamura
510373
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


 
だいたい毎回いつも同じメンバーでお送りしているので、つい気が抜けてしまいがちですが、気がつけば次回のパーティまで残り1週間。前回ブログを更新したのがフジロック前だったので、およそ1ヶ月ぶりの更新です。夏の魔力を前にすっかりだらけてしまいましたが、最後はびしっと決めます(たぶん)。8月最終週の水曜日、27日は、"kayano_soto"@喫茶スマイルへぜひ。ダブステップ/ベース/ジューク/フットワーク/テクノ/ハウスなど、ベース・ミュージックがいろいろかかるパーティです。アルコールやフードも充実してるので、仕事帰りや学校帰りにお気軽にお立ち寄りください◎

 また、
先月から始まったマンスリーMIXシリーズでは、今回、510373がMIXを録り下ろしているので、パーティ前に楽しんでもらえると幸いです。なぜかウェアハウス・パーティっぽい音質です。



********************

 さて、ここからは、次回のパーティでかけたいなーと思う曲をいくつかご紹介。

 トップバッターは、「ビッチのデカケツ、イェーイイェーイ!」と思わず叫びたくなる、Nicki Minajのド派手な新曲「Anaconda」から。まずは黙ってこのジャケットを見てください。ほら、今にもAkiocamが飛んできそうでしょ?あまりのデカケツっぷりに、生気を吸い取られそうになります。これまでにも自身のinstagramにトゥワーク(ブーティな音楽に合わせてケツを振る)姿を自らアップしたり、日頃からデカケツアピールを欠かさない彼女にとって、念願のトゥワーク全快となるこの「Anaconda」のMVでは、ななななんと、あのDrakeを相手に豪快にデカケツを振り回します。対するDrakeは、薄暗い部屋の中で椅子に腰を掛け、物憂げな表情を浮かべてうなだれるという、あまりにもパブリック・イメージすぎる名演技。ちなみにフックでは、「お前のデカケツなしでは俺のアナコンダは〜」的なことを言ってると思われます。


 Ariana Grande、Jessie Jと三つ巴コラボした「Bang Bang」もファンキーでかっこいいので、合わせてどうぞ(こちらはデカケツなし) 。




 続けてディーヴァ繋がりですが、こちらはUK、先週のサマソニでの初来日ライヴも好評だった、Charli XCXの新曲「Boom Clap」。これまではIcona PopやIggy Azaleaへの楽曲提供や客演をきっかけにブレイクしながらも、昨年のアルバム『True Romance』では、Gold Pandaをサンプリングしてみせたり、リミキサーにはThe InternetやBlood Orange、さらにはSalem、Balam Acabのようなウィッチ・ハウス勢を招いたり、メインストリームとインディを絶妙にブレンドした野心的なシンセ・ポップを披露してきました。この新曲「Boom Clap」は、さらにメインストリーム路線に振り切ったアンセミックな仕上がりです。


 大味なのもいいけど、インディ女子だった頃が懐かしいなー、とお嘆きの方は、最近リリースされた『Boom Clap Remix EP』も合わせてチェックしてみてください。リミキサーには、ベルギーのディスコ伝道師ことAeroplane(懐かしい!)、かつてPassion Pitを輩出した〈Neon Gold〉(懐かしい!)からはASTR、フレンチ・エレクトロの悪ガキ軍団〈Marble〉からはSurkin(僕らのヒーロー!)などが選ばれており、世代的にぐっとくるものがあります。ASTRとSurkinはトラッピーなリミクスでじっくり聴かせてくれますが、個人的に好きなのが、Aeroplaneによるインディ・ディスコ・リミクス。シンセが軽快に飛び跳ねる様は、Friendly Firesの「Paris」Au Revoir Simone「Another Likely Story」をはじめとする往年の名リミクスの如し。



 最後は、インディ・ディスコ繋がり……といっても、こちらはヴェイパーウェイヴ経由、先日〈Carpark〉とサインしたばかりのSaint Pepsiによる、#最高の夏をまだまだ引き延ばすかのような待望の7inchシングル「Fiona Coyne」。昨年の出世作『Hit Vibes』でのヴェイパーブギー・スタイルは、日本のジューク/フットワーク界が誇るミュータント、食品まつり氏に「光のダフトパンク 闇のセントペプシ」とまで言わしめるほどでしたが、しかしここへきて、まるで一気に光属性へ転化したかのような突き抜けっぷり。レーベルメイトのToro Y Moiことチャズ・バンディックによる変名プロジェクト、Les Sinsも11月にアルバムを出すそうなので、ぜひふたりには、目眩がするほどのディスコ勝負を聴かせて欲しいです。



 では、8月27日は、喫茶スマイルにてお待ちしております!

ry01

Trackback

Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
e-zine
e-zine kayano_soto 1

JAP FOOTWORK issue feat. Paisley Parks, satanicpornocultshop

disc reviews: Traxman, EP 4, Taquwami, madmaid, Fleetwood Mac, DJ Pierre, V.A. We Are The Works, Rhye, Harmonious Thelonious, LX Sweat



e-zine kayano_soto 2

Long Interview: SUPER VHS

disc reviews: V.A. Lisbon Bass, V.A. Hard Ass Compilation, Only Real, V.A. Witchcraft EP, Joy Orbison & Boddika & Pearson Sound, Deejay Earl, DJ Rashed, JUK JUK, Moriz Von Ozwald Trio, Kuhrye-oo, Traxman, Summer Camp



e-zine kayano_soto 3

Long Interview: Two Inch Punch, Taquwami, Kent (Paisley Parks), Seapunk Gang

disc reviews: Karenn, DJ AFlow, Uncletexx, Cube Face, Satnicpornocultshop, Darkstar, Shelter Point, Halls, FRUITY, Boogie Mann

all back number can be read here→http://radiokayanosoto.wix.com/kayanosoto
Party Info
////kayano_soto vol.4////

May 4 (fri)
at. Ruby Room Shibuya
open/start 24.00
¥1500 w/1drink


[Guest Live]
guchon (Merry Works)

[Guest DJ]
O.T.A. (OZ)

kayano_soto DJs
D.J.A.D.
Shigeru Nakamura (the nnyoos)
510373 (weekend never dies)

facebook
ギャラリー
  • #113  8/30(SUN) Kayano_soto イベント情報
  • #113  8/30(SUN) Kayano_soto イベント情報
  • #113 5/24 (Sun) Kayano_soto
  • #113 5/24 (Sun) Kayano_soto
  • #113 5/24 (Sun) Kayano_soto
  • #113 5/24 (Sun) Kayano_soto
  • #113 5/24 (Sun) Kayano_soto
  • #113 5/24 (Sun) Kayano_soto
  • #113 5/24 (Sun) Kayano_soto
Kayano_soto