2009年10月16日

桔梗

桔梗1


今月に入り、秋らしく爽やかな晴天の日が多くなっています。

空気が乾燥しているので、気温の割りには低い体感温で感じられるかもしれませんね。

先月の中旬頃より座骨神経痛により左足が氷のように冷たく、痺れた状態で、痛みだけが走る状態です。

こうしてキーボードを打つ間も痛みが強く、辛抱しながらの作業です。

どうしても物事ゆっくり考えられず、早めに、また中途半端な状態で終わってしまいます。

相変わらず桔梗の花は曲線が難しくなかなか思うような美しさが表現できませんね。

何枚か描いた一枚です。



kayarisa at 00:29|PermalinkComments(1)TrackBack(0)水彩画 

2009年10月12日

彼岸花

彼岸花1


この所、国連では核廃絶、二酸化炭素の排出量削減という前向きな明るいニュースがありますね。

人類が進む方向性としてはとても大切な意識ですね。

この世から戦争を無くし、戦いを無くし、誰もが笑顔で生きられる・・・

そんな世の中の実現を夢み、夢だけでなく実現し、

そんな環境の中で幸せな世の中がどのように創造されていくのか体験したいものです。



kayarisa at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)水彩画 

2009年09月17日

菊(ポットマム)1


ここの所、座骨神経痛?に悩まされ、毎日痛みとつき合っています。

毎日整形外科に通い、電気療法やマッサージをして頂いています。

痛みが酷い時は眠ることも出来ない状態で、医者から貰った痛み止めの薬を飲みますが、

眠れるほど痛みが和らいでくれず、一晩中自分自身の手でマッサージをしている時などもあります。

痛みは肉体にとって最大の大敵ですね、痛みがあると何事にも集中できず、絵を描くことにもままなりません。

kayarisa at 14:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)水彩画 

2009年08月26日

紫紺野牡丹

紫紺野牡丹


20日から24日まで北海道に出かけていました。

今まで何度も北海道へ行っていますが、蝉の鳴き声を初めて聞きました。

場所は洞爺湖の北側、羊蹄山がくっきり見える丘の上です。

20日の朝、名古屋では熊蝉がシャーシャー鳴いていました。

北海道の蝉はジーーーーーーーーーーーーーーーーーという単調な泣き方で長く鳴いているのが特徴のようです。

ひんやりと朝はかなり涼しく長袖のシャツを一枚羽織っても寒さを感じます。

24日に名古屋に着き、大陸からの涼しい高気圧に覆われていることを知りました。

昨日の朝、蝉の鳴き声が全く聞こえてきません。

ほんのわずかな時間だけで蝉の季節が終わり、もう秋が来ているのだなあ〜・・・・ と  



kayarisa at 14:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年08月19日

ルリマツリ 3

ルリマツリ3


新型インフルエンザはこの暑いシーズンにもかかわらず、伝染力が衰えず拡がっているようですね。

暑いからと 涼しさを求め人の集まる施設などは空調システムによって全館に同じ空気が流れます。

ウイルスを除去できないので拡がりやすい場所ですね。

映画館、百貨店、スーパーや病院など マスクを忘れずに注意した方がよいかもしれませんね。

kayarisa at 21:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)水彩画 

2009年08月12日

ルリマツリ 2

ルリマツリ2


海がきれいだった頃

白い砂浜は楽しい遊び場だった。

砂に海水を混ぜ、大きな山をつくり、崩れないように穴を貫通させた。

適度な湿り気で、砂は崩れなかった。

土の表面にアスファルトやコンクリートを流し舗装された道は堅固に見えた、

しかし、この所の集中豪雨で安全、安心と思っていた観念が意外にも簡単に崩れてしまいました。

自然の猛威は予想以上に狂いが強くなっています。

まるで人間の競争意識の高まりに比例し猛威はエスカレートしているよう・・・



kayarisa at 23:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)水彩画 

2009年08月06日

サンタンカ 2

サンタンカ2


2、3日 日差しが強く洗濯物がよく乾きます。

裏庭に咲く夏の花たちも 息を吹き返したように

色鮮やかに咲き始めました。

野菜の収穫が増えると良いですね。

kayarisa at 08:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)水彩画 

2009年07月29日

ルリマツリ 1

ルリマツリ1


部屋の中が臭い、何かが焦げる臭いだ!

最近、焦がした食パンを食べている家内を見ているので・・・

トースター辺りがと思ったのだが?

換気扇を回し、しばらく様子を見てみる・・・

香ばしい臭いが次第に鼻を突くような臭いに変わってきた。

火事場で嗅ぐ強烈な臭いまで行かないが、どんどん強くなってくる。

台所のガスコンロには三つほど鍋がおいてある、まさしく、おいてあるという感じだ!

小さな火でコロコロと煮物を炊いていたのだろう、コロコロする状況が過ぎ、中身は半分以上固形化し、何の動きも音も聞こえてこない。

そんな状況なので把握するのに時間が掛かってしまった。

原因をつくった当人は孫達とハリーポッターを見に出かけている。

最近、注意力が散漫な彼女、この文章を書いている間に帰ってきた。

映画はどうでしたか? と訪ねたところ

孫達も面白くなかったと答える。

そして臭いの素は ぜんざい だった。

とても惜しいことをした。


kayarisa at 13:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)水彩画 

2009年07月23日

山丹花 1

山丹花 1


16日から北海道へ出かけていました。

今年の夏の北海道は相変わらず雨の多い季節です。

気温も低く日中も肌寒く、爽やかさを求めて出かけてみたものの、

ちょっと意外な環境になりました。

千歳の町並みで紫陽花の花を見かけました。

紫陽花さんも ちょっと寒そうな感じに映りました。

kayarisa at 20:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)水彩画 

2009年07月13日

アルストロメリア

アルストロメリア



蒸し暑い毎日が続いています。

こんな時は集中力が出てきません。

絵を描くにも、大きく影響されてしまい、描ききれない花が多く、練習になってしまいます。

今日はルリマツリという花を描いていますが、花の色がうまく出せなくって、色々試行錯誤しています。

うまく色が出れば、上手に描けなくても、不思議に上手に描けたような気持ちになれます。

人の心理って、意外と簡単に変化できるものですね。

このアルストロメリアはお隣さんの庭にたくさん咲いていたのを少し分けて頂き描いたお花さんです。

この絵に何本もの花を追加して描きました、まあまあの出来に仕上がったので、お隣さんにプレゼントしました。



kayarisa at 18:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)水彩画 

2009年07月10日

最後に描いた紫陽花

あじさい4


蒸し暑さが本格的ですね。

この部屋には使われなくなったエアコンがあります。

まだ、多分使えると思いますが、

今のところ扇風機で我慢しています。

体に少し汗が滲み、扇風機の風が涼しく感じられます。

上半身はティシャツ一枚なので、湿ったら着替えるだけで簡単にすみます。

多分、エアコンを入れても暑く感じることでしょう、

それで徐々に温度を下げたくなります。

でも、最近は体が冷えすぎると体が痛くなったりします。

以前は どんなに冷やしても大丈夫でしたが・・・

少し汗をかぐのは健康的に良いことだと実感しています。


kayarisa at 23:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)水彩画 

2009年07月07日

額紫陽花 2

額紫陽花2


日本全国、この梅雨は適度な量の雨を降らしているように見えます。

この夏、渇水で困る処がなければ幸いですね。

梅雨のないと言われていた北海道でも雨や曇りの日が多く逆に日照が少ないため、

農作物の成長に影響が出ると懸念されているようです。


今まで運命については 自分の力というか自分の意識ではどうすることも出来ない、

何か自分以外の力がコントロールし、

それを自然なことと受け入れてきた意識の持ち方がありました。

精神世界の本を読んでおられる方達はご存じだと思いますが・・・

この世を3次元、あの世以降を4次元以降という分類がされ、

4次元には霊界があり、その中に人間が生きてきた過去のすべてを記録する装置があるそうですが・・・

その装置をアカシックレコードと呼ばれていたそうです。

この記録に基づいて 運命に大きく作用する次回の人生を決めてきたという過去の出来事があったそうです。

最近、このアカシックレコードなる装置が消えたそうです。

素を正せば、人間が自分が神だと信じた想念の集合体がこのアカシックレコードを作り上げていたそうです。

これによって人類の運命は この世に生きている間に自分で切り開いていくことになる可能性が出てきたというか・・・

自分で決めていかねばならなくなったと言うことになりますね。


kayarisa at 13:12|PermalinkComments(3)TrackBack(0)水彩画 

2009年07月03日

額紫陽花 一輪

ガクアジサイ一輪


たくさんの紫陽花を頂き、続けて紫陽花を描きました。

浄水器を通したお水を花瓶に入れ、切り花の紫陽花を生けています。

お水のせいなのか? お花が長く持ってくれます。

飲み水専用でだけでなく、家中の水道水が浄水器を通した水を使うような容量の大きな浄水器です。

お風呂もトイレもすべて浄水された水が流れます。

お風呂に浸かってみたり、体を洗った後 肌がすべすべして気持ちがよくなります。



kayarisa at 18:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)水彩画 

2009年06月30日

紫陽花ミックス

アジサイミックス


今月の24日から 北海道に出かけ、昨日帰ってきました。

ちょうど出かける前日まで、北海道は雨続きだったそうです、

その為日照時間が少なく、お野菜などの成長に大きく影響があったようです。

しばらくの間 涼しい環境で過ごせることを期待していました。

しかし、着いてみると、気温が30度近く、 

暑い日差しに照らされ日中は涼しさよりも暑さを体験してしまいました。



kayarisa at 09:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)水彩画 

2009年06月23日

額紫陽花 1

アジサイ1 


6月も すでに後半 梅雨入りし、昨日から雨の日が続きそうな気圧配置に・・・

この季節にぴったり合いそうなのがこの紫陽花の花

むかし、 紫陽花の木に カタツムリが一杯いて、子供たちと つまんで遊んだことがありました。

今はそんな風情を眼にすることはなくなってしまいましたが・・・

どうしてなの? と 考えてみると

お花さんには 長年、農薬や殺虫剤が撒き続けられ それが原因で虫さんも生息できなくなってしまったなのかもしれませんね・・・

人間にとって都合の良いことを優先してきた結果 生態系が崩れ、絶滅する種が多くなっていると言われています。

人間のエゴが招いたことだと 認識しなければなりませんね。


kayarisa at 10:32|PermalinkComments(2)TrackBack(0)水彩画 

2009年06月14日

日々草&蕪桔梗もどき

日々草&かぶら桔梗もどき


数年前から 梅雨に関する予報内容に変化があるようになっています。

雨が降っても降らなくても 一応梅雨になったことだけを発表されるようになりました。

それだけ 異常気象が増え 予測が難しくなったからなのかもしれません。

異常気象を招いたのは 人類が創り上げてきた文明が原因のようですね。

視点を変えれば 気象が異常ということは 人類が異常になってきたからといえますね。

どこかで食い止めないと 異常が加速度を増し、食い止められなくなる可能性も出てきてしまいます。


kayarisa at 10:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)水彩画 

2009年06月11日

枇杷

枇杷


街の中、公園に 枇杷の木が見られます。

今年も たわわに実がなり、 黄色が目立つようになりました。

友達から一枝 頂きました。



kayarisa at 21:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)水彩画 

2009年06月07日

ディプラデニア

ディプラデニア


花の描き方が 少々雑に・・・

一昨年このお花の鉢植えを購入しましたが、根っこに虫が居たのか?

根が駄目になり 一輪花が咲いただけで、 蕾がポロリポロリと落ちてしまいました。

そんなことを思い出しつつ 同じ植木屋さんから買いました。

今回は蕾が咲いてくれて、 大丈夫なようです。

kayarisa at 16:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)水彩画 

2009年06月02日

ハイビスカス

ハイビスカス2



早いですね、もう6月、月日が流れるように過ぎていきます。

肉体も流れに沿って変化していきますね。

若い頃は肉体の老化に意識することはありませんでしたが、大きな変化が訪れると、自然に意識せざる得なくなります。

それに対して、脳の働きは益々旺盛になって行きます。

悩みがない分、滞りがなく、想っていることを感知出来やすいのでしょう。

kayarisa at 16:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)水彩画 | 

2009年05月28日

クレマチス

クレマチス



裏庭に毎年咲いてくれるクレマチス・・・

毎年描いていますが、なかなか思ったように描けませんでした。

今まで描いたうちで、納得できる一枚です。

画像をもっと大きくアップできるといいなぁ〜と思っていました。

デザインを調べて、模様替えをしてみるつもりです。

kayarisa at 15:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)水彩画 

2009年05月24日

あやめ

あやめ


今月の中旬頃に描いた作品です。

近くの公園に群生状態な感じに咲いていました。

ご近所さんの誰かが植えたのだと思います。

少し頂いて描いてみました。

色が鮮やかですね、昨年も描いていますが、色を変えてみました。

色を変えると随分印象が違ってきます。

kayarisa at 00:03|PermalinkComments(4)TrackBack(0)水彩画 

2009年05月23日

薔薇とガーベラ

薔薇とガーベラ


鉢植えに咲いていた薔薇とガーベラ

生けてもらい描きました。

薔薇は枝が曲がり花は下方に

ガーベラは茎が長いので花だけを

生け花を描くのは なんか粋な感じが・・・

kayarisa at 11:03|PermalinkComments(2)TrackBack(0)水彩画 

2009年05月19日

ペチュニア

ペチュニア


鉢の中一杯花が咲きました。

画用紙にこの花達で埋め尽くしたい気持ちで描いてみました。

裏庭に出て、スケッチです、イーゼルに画用紙を垂直に載せ、多めに使う筆の水が垂れるまま気にせず描いてみました。

遠目から見るので細かいところまで観察できません、見えるままを描いています。

そんなわけで、ちょっとボケて見えるかもしれませんね。

kayarisa at 14:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)水彩画 

2009年05月11日

花菖蒲

花菖蒲


ここの所汗ばむ季節になってきました。

名古屋では鶴舞公園に花菖蒲の咲く池があります。

桜見物が終わり、今頃は菖蒲祭りが行われている頃でしょう。

一度出かけてみようかなと・・・・・


kayarisa at 07:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)水彩画 

2009年05月07日

カラフルな紫陽花

あじさい3


長い長い連休も終わり、それぞれの日常生活が始まったことだと思います。

連休中に話題になったことは豚インフルエンザの感染問題。

それに高速道路、どこまでも1000円料金といったところでしょうか。

海外旅行に国内旅行、いずれも遠出の旅を計画し、長い距離の走行(飛行)、

旅に出なかった私から見ると、長い間缶詰状態ご苦労さんといった感じを受けました。

まぁ、テレビなどのニュースを見ての感じ方ですから、なんともいえませんが・・・

しかし報道を見ていると、混雑する状況の中にも旅に出るように促されるような欲望を募らせる働きがあるように見えます。

まあ、歳とった私にはそんな元気もないですから、見ているだけ、という結果になりますが・・・

kayarisa at 16:36|PermalinkComments(2)TrackBack(0)水彩画 

2009年04月30日

あじさい 1

あじさい2


昼過ぎ、散歩しながら、近所の花を観察・・・

数年前まで賑わっていた近くの商店街

最近この道を昼間に歩くのは久しぶり

歯抜けになったお店を見ながら、ぶらりぶらり

シャッターが半分下ろされ、閉店しているようなお店、

大きな看板に ・・・花店

ガラス越しに店の中を覗いてみると

鉢植えが並べてあります。

ドアーを押してみると、二人の親子らしき店員さんが・・・

花を見せてくださいと声を掛け、

眼に入ってきた描き頃のあじさいの鉢植えを見ながら

花咲く前の固い蕾の緑色がきれい、

蕾のなかにところどころに花びらが

花の色がカラフルに みどり、うすいピンク、うすい青、色とりどり混ざって美しい

この色の混ざり具合を描いてみたいですね。 と言葉が自然にほとばしり、

絵を描いていらっしゃるのですか? 見たいです と云われ

描いたらお見せしますね、とそんな会話が・・・

さっそく購入することに、

しかしお値段が思ったより高かった。



kayarisa at 07:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)水彩画 

2009年04月26日

ガーベラ

ガーベラ


大きな花びら、

よく目立つお花さんです。

バンデミックについて報道されましたね。

日本に上陸しないように水際で食い止められるといいですね。

我が家は用心して、二か月分の食料や日常用品を備蓄しています。

kayarisa at 07:47|PermalinkComments(2)TrackBack(0)水彩画 

2009年04月22日

つつじ 3

つつじ7


つつじさん、もう何年になるのでしょう。

鉢植えを購入し、裏庭に植え、毎年たくさんの花を咲かせてくれます。

アルバムを開くと、ころころと太った娘の赤ちゃんの写真、その写真の後ろ側にこのつつじが咲いています。

娘はもう三十過ぎ、自分の子供を持つ年頃になりました。

筆を持つようになり3年目、毎年描かせていただいています。

これから先、何年付き合っていけるだろう?

kayarisa at 23:20|PermalinkComments(2)TrackBack(0)水彩画 

2009年04月19日

ウィンチャイム

ウィンチャイム


このお花さんは暑さに弱い花だそうです。

品種改良をし、春か秋に咲くようにしたそうです。

人間が花に色々操作して、都合のいいようにというか金儲けのために利用されているというのは言い過ぎかもしれませんが・・・・

それでも人間の言うなりに変化するお花さんは凄いと云わざるを得ません。


地球に一言

わがままな人間達にありがとう・・・


過剰に増殖した人間、育てる数が限界をオーバーし、もう維持できない状態。

このことを人間どもは認識していません。

この先、人間の住める環境を維持することは困難でしょうね。


kayarisa at 13:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0)水彩画 

2009年04月16日

さくら&つつじ

さくら&つつじ


さくらの花咲くタイミングが少しずれました。

つつじは変わらぬタイミングに花開き、

二つ並んだ姿を見ることが出来ました。

絵を描いていなければこのようなタイミングを知ることもなかったでしょう。

kayarisa at 22:36|PermalinkComments(2)TrackBack(0)水彩画