2006年06月29日

○私の葡萄& ワインセミナー

76a36a33.jpg今月6日、ワイン畑・・じゃないや、葡萄畑で、芽かきと、蔓の誘引作業を した時に、UPした写真を と、しませう。
その時に較べ、すごく実が大きくなってました。

雨が降るたび、暑くなるたび、畑の 葡萄をイメージしてました。

むふふ、いいあんばいじゃないかな?

なでなでして、派生してた蔓を少し刈って来ました。
まるで地主の様に、作主の様に、腰に手をあて 全体を眺める私。

無農薬(八月頃、実が白く粉をふいてるの、あれは石灰だそうです。殺菌効果はあるけど農薬じゃない。)だし、雑草に見える下草も 土の温度調整には大切なもの。

高知の実家の近所には さとうきび工場があって、そこに山と積まれてる 搾りかす(竹の繊維みたい)
あれを 肥料にできないかなー 甘くなりそうだが。

などと 考える。

葡萄の搾りかす(皮)で、地元で焼酎を作ってるくらいだもの、生態系は回る。だもの。 などと。

ワインセミナーは みのり公社ワイン城の方が、スライドによる神戸ワインの なりたち、葡萄の知識のお話をしてくれました。
ティスティング付き。

難しい話はさておき、虫や鳥は天然のグルメです。同じ畑でも、味の濃い木を知っています。


とか、

葡萄は気まぐれ。どこから色をつけるかわかりません。


とか、
ボルドーで作られるカベルネ・ソービィニヨンで、昨年神戸で初めて黒ではなく紫(ヒトフサ何じゅーまん!)が、実り、驚いた話・・・

などなどが心に残ります。

ヨーロッパから入ってきたリースニングの品種NO64?69だかが残っているのは、世界に ひとつ、ここ神戸ワイン城だけだそうです。

何番かというより、ドイツの アドバイザーに、なんで 私にそこまでしてくれるのか、教えてくれるのか と言ったら、


ドイツの空と水は持って帰れないから。


と、答えられたそうです。素敵なファーマー、職人との 出会い。


いいなー。


いつか フランスやドイツのワイナリー、回りたいなあー



って、夢ものがたりではなく、今日は もう回って来たという知り合いの方々と、又 終わった後の話が盛り上がり、ほんとに ツアーも 計画しかねないいきおいでした。 きらりーん。


いいなあ。飲める人同士、いつ会っても楽しかったっす!
  
Posted by kayo0928 at 20:50Comments(2)TrackBack(0)

2006年06月27日

○おばあ茶っちゃん!

7ea3ee1d.jpg 長男の耳痛を 聞いて、高知の おばーちゃんが、腫れに 効くという 手づくり漢方茶を、速攻で送ってきた。


この人は、手づくり漢方茶を、地元のJAや道の駅においてもらい、結構な収入を、今なお、あげている人だ。

パッションフルーツや、四方豆や、いろいろ珍しいものも。

柿の葉茶、しそ茶などは、もう22年も 送り続けてくれてる。

長男と次男が、PCで、かわいいラッピングデザインもして、和紙を使ってオリジナルラベルなどを 作ってあげたりもしてた。

土佐のお日様のなせる技。おかげで 私たちは 風邪らしい風邪もひかず、へんに太りもせず元気いっぱいだったのだ。

が、腫れた耳にきくというお茶は右上。後、下に、アオジソ、柿。

左上はこないだUPした東方美人。 その下がすごくよじってある苦丁茶。 白川さんがおまけにつけて下さった、ジャスミン茶。
その下は、岡山の友達が作ってる、(番茶、こうかい茶、どくだみ、げんのしょうこ、おおばこ、すぎな)茶。 そして黒文字茶(赤い透き通った色が出ます)。
後、次男もお茶好きで、時々三宮で、量り売りのハーブティーなど買って来てくれます。 10gずつ・・とかいうのが いじらしい。 スカルキャップ、ボタニカル、いろいろ。 漢方の店先のウィンドウを、ドラム教室の帰り、あまりにも長いこと熱心に 見るので、「若いのに珍しい、ちょっと入れ」と、店主に 招かれ、ごちそうになったそうです。 笑えます・・・


後、ふみさんにおみやげで頂いた中国茶は、お湯の中で 花開くという工芸茶です。
いつ、誰と飲もうかな〜

時々私は、庭のミントと、レモングラスと、カモミールを、わしづかみで、生のまま熱湯をかけて、冷やしてぐびぐび!! なんてゆー荒いことしてます。
わりにイケます。
  
Posted by kayo0928 at 22:37Comments(0)TrackBack(0)

2006年06月25日

○アジアンなディナー

86071f36.jpgクッティォパッタイ、ナシゴレン、チキンサティ、ワカメと豆腐の ごまチリソースサラダ、中華胡麻団子、アボガドと海老とレタスの生春巻・・デシタ! ナシゴレンは 鶏肉、海老、みじんたまねぎを ソースで炊きこんだもの。 半熟たまごと、海老せんべいを 添えます。
ごまチリドレッシングは、当直の、お料理大好き女医さんが、わざわざレシピを聞きに、二回も キッチンに 来られました。

この先生は 鯛のカルパッチョの時も たれの比率を 聞きにこられました。
なかなか やるなー。
作らはったのかな。

全部 たれやソースが、家ではできん!市販そのままではない!
ってな 献立なんで、私たちは お手伝いしながらも、へええーっ ひゃー
ってなもんでした。

でも、ナシゴレンを
焚く時の 黄金の比率を、私は 知った!!!

具があるし、ソースのとろみもあるし、結構難しいのです。
わっはっは!
タイで 屋台出すつもり。
なんちゃって。
  
Posted by kayo0928 at 22:25Comments(0)TrackBack(0)

2006年06月24日

○東方美人

e48846f3.jpg サハラさんのblogで教えてもらった中国茶専門店で、取り寄せました。
ー恒福茶具ー

「東洋のシャンパン」と、賞賛されているお茶で、な、なんと、ウンカという害虫に 新芽を噛ませることによって独特の甘い香りで、醗酵をすすめるという・・・・ ガ・ガーン!なプロフィールですよね。

中国茶って奥深い!
何千何百も種類があるそう。醗酵の度合いによって 緑、白、黄、青、黒、紅、の お茶に分けられる。
茶葉も、薬膳の食材に使われるし。
(実際、煮出し終わった茶葉を ペットの猫ちゃんに 食べさせると、毛並みが よくなったり、病気にかかりにくくなったりとかの 報告結果も たくさんあるそう。)

茶器も合理的で、美しく、面白そう!急須にも湯飲みにもなるものが あったり、盃サイズのもあったり・・
店主の白川好伯さんの、茶器にたいする知識や、愛情たっぷりの冊子を、読むだけでも楽しい。

西神オリエンタルホテルのエトワールでは、中国茶と、フランス料理のコラボという すごいことしてましたね!今、茶葉に 湯を注ぐ時、真ん中から 外に 花の様に 茶葉が 広がり、又、中心に 集まり・・ なんかして、これは ひとつのパフォーマンスだ〜っとも 思った。中国茶には、目でも楽しむ、工芸茶という部門もありますもんね。(間違った溢れ方かも しれませんが、楽しむことが 大事ということで・・・汗)

サハラさんに教えていただいた苦丁茶の苦さにも 日々慣れてきました。
あの苦さ、いかにも、脂、毒素に効いて、出さしてもらってるーって感じです。
東方美人、澄んだ琥珀色で、えぐみも くせもないのに、香りと甘さが秘そんでるって感じです。
  
Posted by kayo0928 at 11:42Comments(0)TrackBack(0)

2006年06月23日

○召し上がれ〜シーベジタブル

c43ac45e.jpg なんてね。 「食べられません」 石鹸とバスボムなんです。

今、部屋中が、すっごい爽やかな匂い!

だってね、これらの成分のとこ 読んでみると、レモン油、ラベンダー油、ライム、ヒバタマエキス、海塩、ミネラル、 etc・・ で、きっと 体や精神にいい マイナスイオン?フィトンチット的なものが 香りと共に出てると思う。

使うのが 惜しくて、こうしてアロマ扱いで、部屋や玄関に置いてます。

でも、このエーゲ海の海みたいな色の真ん丸バスタブは こうして 袋から出してしまうと シュワシュワ溶けちゃいそうです。

どんな日に使おうかなー

これって いわゆる「バブ」ですよね。 実は家で作れるんです。 以前作ってラップにリボンかけてプレゼントしたことあります。 お一人は、レシピを聞いてきて、娘さんの夏休みの 理科の研究に しました。 お一人は、綺麗ならくがん〜って、食べてしまったそうです。 ばっ爆!!!
塩味〜?変わった味・・

感想。
塩、クエン酸、はちみつ、炭酸水素ナトリウム、茶葉
が、材料だから まあ、まずすぎるらくがんって感じか。 笑い話ですんでよかったけど・・・。


CDのお礼にって、イケメンが、(ヲイヲイ)さりげなくリボンを シールして くださったものですが、大変な数の種類の中から チョイスされたので、
そちらの 方に興味持ちました。 ほおー 海系なんだなーとかね。
お礼を期待してなかったし、大分前のことなのに 思わぬサプライズで、長いこと喜んでます。


サイダーな毎日。
blogネタは たくさんあるのですが、個人個人に メールや、写メして交換してると、つい こちらのアップ忘れてしまいます。 blog、長いので、つい仕事、さぼった様な気になってしまう。
  
Posted by kayo0928 at 11:13Comments(0)TrackBack(0)

2006年06月20日

○うす氷サイダーゼリー

88def526.jpg毎日食べ物ネタで すいません。
今日は 淡雪の様な、ビールの泡の様な、すずしげなゼリーをどうぞ。

今日、ひさびさに訪ねてくれる友人のために チーズケーキ、焼きました。
重く、濃く、小さく、甘くしたかったので 卵黄のみ4、全卵1の割合にして泡立ててみました。

職場に持ってって味見してもらいましたが、大好評。 どこの、なんのチーズかと聞かれました。

普通のクリームチーズでしたが。


残った白身を固く泡立て、レモン汁とゼラチンで作ったゼリーです。

子供たちは 冷蔵庫に、手づくり石鹸が入ってる。
でも そんなん冷蔵庫に 黙って入れる母じゃないが・・
とか いろいろ悩んだ様です。

甘く酸っぱいぷるるんな、アワアワゼリーでした。


色を工夫して ビアジョッキで作ってみようかな うまいこと二層にして。
  
Posted by kayo0928 at 23:57Comments(0)TrackBack(0)

2006年06月18日

○父の日ランチ

8916e4d7.jpg 旦那Chは 私の父ではないのに(パパとかとうChとか呼んでるけど)
なんで こうして温泉にお連れして ごちそうランチしなくちゃいけないんでしょ とか言って 自分が 岩盤浴行きたかっただけ? 久々に 鯖寿司、食べたかっただけ?
ピンポーン。

私の父は 高知にいます。
本を 奨めあって交換したり、ドライブしたり、行きつけの 飲み屋に連れてってもらったり、恋人みたいな人です。 私が少しでも 太ると、すごく怒る。 ノーメークも注意されます。フリフリピンクなど昔から嫌いで、女は黒を、タイトにしゅっと着こなすのが美学らしいです。
背が高く、スリム、孫たちに言わせるとジャンレノ、加山雄三、長島茂雄、たけし・・に似てると。 なんじゃそれ。
自分の、
すっごく不細工で白髪目立ち過ぎな、特別写りの悪い、失敗な写真を引き延ばして、書斎に貼ってるんで、なっ どーしたんこれっ!と聞くと、「いつまでも若いと思うな、お前の真実の姿はこれだって、戒めのために 貼っちゅうが」

・・・・・・

もう75だけど・・・?
そこまで 自惚れがちに 一体何をして・・・自制しなきゃいけない何が・・・


会いたいなー
すごくいいことを いっぱい話しかけたいのに かなり耳も遠くなっちゃって。
乱れたことのない酒豪だったのに、心臓も悪いので、ミニチュアの樽から 蛇口をひねるというマニアックな やり方で、一人息子がプレゼントしてくれた、お宝のタンブラーで、ちびちびウィスキーを 嗜むくらいに なってます。

ほんとは代々日本酒党なんですが。

うちの息子が 神戸から ウィスキーを送ってあげてました。
おじいちゃんち、酒屋なんだけどね・・

爆笑。
  
Posted by kayo0928 at 14:40Comments(0)TrackBack(0)

○息子と深夜ラーメン

fa1ffd40.jpg ゆうべ仕事を 終えて帰ると、とうCh自慢の 鰹のたたきと、エビフライと、プレ父の日として 息子からのプレゼントの 山猫で、楽しく男三人の 宴は終わっていました。
彼女を家に送ってった後、長男が 深夜ラーメンドライブに誘ってくれました。
なんでもバイトの先輩に ラーメンマニアが いて、ラーメンはしごとか こないだ やっちゃって、ダントツの 店を 覚えたからってことで。
シェフのまかないで 腹一杯でしたが、やぶさかではない。 お供しました。
とうChの仕事柄、全国の (転勤先の)らーめん屋さん、かなり まわりました。 本社に 情報としてアクセスしなきゃいけない義務もありましたし。

私、ほんとゆーと ラーメン、あんまり好きじゃないんですが、まあ、一豊の妻つーか、いやしいつーか。
それなりに 制覇してきたつもりっす!

ゆうべの店は、廃材と籐の簾で 作った様な店、でも 中は シンプルで簡素で、調理人が 清潔でかっこよかった!

パイタンのチャーシューとビール!
チャーシューうまっっっ
もちもちしてる〜 なのに口切れっていうんですか が、良くて 噛むほどに ジューシィ!

店の名は・・・
内緒にしときます。

ちなみにとうChは 10時には お眠の人だから 一緒に 行かなかったんです。
いつもそーだわ。
でも、若くてかっこよくて 優しい運転のできる息子が いれば いいかなーって・・
彼女も いるのに、やばい息子依存症予備軍!!!
  
Posted by kayo0928 at 14:06Comments(0)TrackBack(0)

2006年06月16日

○六月の玄関

e52299af.jpg 14センチの 子供用長靴に ホワイトレースフラワー。 この花は、雨の様で、傘の様で、 3Dで 見る線香花火の様な 花だと思います。
庭で 咲いたオリエンタルリリー。紫陽花。
蛙の 陶器の花瓶。

実は雨も、六月も大好きです。
  
Posted by kayo0928 at 22:33Comments(0)TrackBack(0)

2006年06月14日

○裏庭の百合

77d36147.jpg庭に 生け花を飾る・・

いーんでないかい?


小学校と わりに大きなバス道に面して、ひらけた感じですが、北側なので、そうそう花は 植えられずほったらかしですが、こーゆー遊びも できるってことですか

みかねた?友達が、せっせと ドクダミと和スミレを 植える様、おうちから 苗を嫁入りさしてくれます。
そのふたつと、ローズマリーだけは すくすく根付きます。

ありがとうK内さん ハート!
  
Posted by kayo0928 at 11:44Comments(0)TrackBack(0)

○裏庭カフェ始めました。

120801ab.jpg・・・なんちゃって。

よく訪ねられます。

ひひひ 高いよー ぼったくりカフェだよー
と 言います。
  
Posted by kayo0928 at 11:37Comments(0)TrackBack(0)

2006年06月13日

○袋から ぱーん!

7acec934.jpgワンピース、サマーカーディガン、紫陽花色スカート、アディダスのアイスホッケー柄シャツ、ブラウス二枚、などなど 10枚。

今日はいつもの ミュンヘンで100円ビールとから揚げで盛り上がる日だったのに、ガスの給湯機が故障して 修理で行けなくなりました。 ガックシ。

ジャガ芋ゆでて、少しくり抜き、バターを入れて埋め込み、パン粉で揚げるコロッケ作って、ボクシングに行くことにしました〜。


ジャガ芋のバター射込みといいます。 料理長のメニューです。 毎日毎日すっごく勉強になります!
  
Posted by kayo0928 at 18:56Comments(0)TrackBack(0)

○袋やさん

6d87f415.jpg 旧居留地にある「袋やさん」。
古着など 詰め放題2100円。
今回この一点でも2100円は安い!と 思えるスカートと、サマーニットカーディガン、HemPfild SooCCer Clubの赤い花模様のTシャツがあったんで 迷わず 買い!

さすが三宮の、すっごく 綺麗な (ノーメーク)店員さんが、「あたしに詰めさしてください すっごく入るんですよ。 Tシャツなら20枚くらい うまくたたんで入れちゃいます。 えっ もう いいんですか。 実は六月いっぱいで お店閉めちゃうんで、最後に ひと花咲かせたいんです」

ていねいに たたんで こんなに入れてくれました。
  
Posted by kayo0928 at 18:43Comments(0)TrackBack(0)

2006年06月11日

○フェットチーネの冷製パスタ

21eda3b8.jpgこれも 嶋村さんのレシピです。
ポイント
.宗璽垢 ジャガ芋 と、ポワローを し んなり炒めたものを ミキサーで砕き、う ら漉ししたものを 調味しました。

▲坤奪ーニと 人参は フェットチーネの幅と 長さにぴたっと 合わ せて、ピーラーで 剥 きました。

後、明太子とねぎのトッピング〜 もったりあっさり野菜たっぷり うまくいったー

と思いきや、子供たちは
.献礇芋〜? トマ トみじん切りに お いしいドレッシング でよかったー

▲坤奪ーニ? 家で は 買わんでいい野 菜NO2やなー (一位はアンティーチョーク だそうです。買 ったことないし 。)
人参の長いの パス タの食感失わせる。 いらん!俺らには 炭水化物を!!

って にべもない感想・・ やはりフランス料理は 食べに行くもの・・と、思ってるみたいですねー
今1番行きたいのは オリエンタルホテルのエトワール。 歴史のある秘技カレーライスも限定で 始めたとて きれいな広告が 出てましたね。

でも
あさっての休みには、黄色いピーマンのムース仕立て、蟹のサラダとキャビア添えってのに挑戦する予定。 あー でも、カクテルグラスがないんだーうち。 鉢で食べるか?  
Posted by kayo0928 at 23:32Comments(0)TrackBack(0)

○タチウオとナスのタプナード

f37d8d4c.jpgロイヤルパークホテルの 嶋村光夫総料理長の レシピです。
タプナード
焼ナスの皮を剥いて 黒オリーブ、アンチ ョビ、ケッパーの みじん切りを 調味
三枚におろし、ソテーした たちうおに タプナードをはさみ、オーブンで 少し焼きます。

ソースは、タチウオの焼き汁を わざわざこして、溶かしバターで、きれいなソースを 意識して 作りました。 職場のシェフは、浅蜊の 汁でソースを作る時、食べる寸前に、すごく温度を気にして してはったから。  
Posted by kayo0928 at 23:01Comments(0)TrackBack(0)

2006年06月10日

○初夏

f57fcd8f.jpg 灯りなのに 初夏を感じさせる。 モダンシンプル。

この後、大好きな「hasu」で、海鮮フォーや 黒ごまムースや タンドリーチキンで お昼。

さなちも言ってたけど、グッズを置かなくなって少し寂しい。

後、袋屋の きれいなおねいさんに 話しかけられ、らんぷと、旧居留地で 古着屋を やる楽しみと苦労話になる。  
Posted by kayo0928 at 20:26Comments(0)TrackBack(0)

○さくらんぼ

aaf7fc1f.jpgさくらんぼ っていう名の硝子鉢、すっごく かわいい 欲しいなあ〜

お値段のつけられない物でした!!!  
Posted by kayo0928 at 20:20Comments(0)TrackBack(0)

○神戸らんぷみゅーじあむ

20c9739c.jpg らんぷや あかりが大好きで(明かり再考 blogでのシリーズでも もうNO8くらいは紹介しましたね)

なのに何回行っても 休館だったり、一緒に行く人の都合で ダメになったりの ミュージアム。

やっと入れました!  
Posted by kayo0928 at 20:17Comments(0)TrackBack(0)

市立博物館日本画コレクション展

70e1edea.jpg 村上華岳「観音之図」見たさに 行って参りました。
神戸ゆかりの日本画作品、選びに選ばれた 22点。

この観音之図は、昭和初期、現兵庫区 平野小学校の 教師だった 松本省一氏が、疫痢で亡くなった五才の一人娘を 偲んで、つてを頼り、華岳に 書いてもらったという 絵で、法事以外で 人目に 出したことの無かった絵です。

口元の あどけなさ、そして瞳や 光背に、もう この世のものでは なくなった人間の 荘厳さが 表れている様に 思い、左近の 事件にも 思いを はせました。
異界へ 送ること、行くことの もはや 触ることの できない おごそかさ、哀しさを 一ぷくの 絵に 感じました。
いつも絵となり、ここにいるよー
と いう気持ちと、それは もう 昨日まで 笑ってた、苦しんでた娘とは違う光を持った仏になったんだなと。

今、歌川の 戯画を 真似して遊んでいる私ですが、又本格的な墨画を 書いてみたくなりました。

NHKの向吉先生から届いた菩薩像の写真にも 掻き立てられるものが ありました。  
Posted by kayo0928 at 20:09Comments(0)TrackBack(0)

2006年06月08日

○裏庭のポピー

ed6208ab.jpg ポピーは 花開く時、ぽんと 音が するってほんとかな。

蓮の花もそういうから、大沢の池に とうChと 早朝、聞きに行った事が あります。

取り放題のポピーの場所、皆に、早く行っといでー と、がんがん教えてしまいました。

いつも 裏庭の前を通るのを楽しみにしていてくれてる kAっちゃん、この椅子で 花開いたヨー


英検、漢検、ライブのドラムの助っ人三件、ルナシーのドラムの 人による講習と、オニ忙しい次男Ch。

大学の 論文に、なんだか難しい課題を選んでしまい、毎日朝三時まで コンピューターや 録音機と 首ったけな長男(この子は 結構事細やかに 内容を 喋ってくれるんですが、かなり面白いです。 今、波長とスピードによる 耳の錯覚や 変化を 調べてるらしい)

ばたばたと、あーあーしんどーと、朝、出て行きました。

私は 今夜、和食の店を 貸し切りに してのパーチー うふっ があるので、何を着て行こうか、トッチラかして 楽しみ中。

あっちこっち向いてぽんぽん 開いたポピーみたいに ならない様にね。

まずは 最近 たまってしまった床みがき、床みがきっと!  
Posted by kayo0928 at 10:12Comments(4)TrackBack(0)