2010年09月

2010年09月28日

山形から長野、そして松本へ移動

9月26日(日)
昨日のトーチランから一転。今日は長野県の松本に出現です!

昨年東京で開催したインクルージョンファッションショー、皆さん覚えていらっしゃいますか?
そのファッションショーを観たSON・長野の松本プログラムの方々が、10周年記念イベントとして、ファッシンショーを計画してくださったのです。

DSC02679


私たちのショーと違って、著名人の方々が集うイベントではありませんが、「松本」ならではの楽しいショーにしようと、昨年12月から準備に入られたと聞きました。

ステージは3回。ソーラン節同好会「多喜雄塾」さんやテーマ曲の作曲をしてくださった「トーメ」さんのステージに始まり、松本衣デザイン専門学校さんや信大附属松本中学2年生のみなさんとアスリートたちの舞台は、とっても感動的でした。

大きな「びっくり箱」から、デザイナーの学生さんと一緒に アスリートがモデル出演!

DSC02743


リボンがついた大きな箱からの登場には、「みんな贈りもの!」というあったかい想いが込められていて、目頭が熱くなりました。
「6mの布を一回しか縫ってはいけない、それで身にまとえるものにせよ」という課題を見事にお洋服にしたてた発表あり、軽快なスポーツシーンのウォーキングあり・・・いきいきとポーズをとって、緊張しながらも自信たっぷりに、輝く笑顔を見せてくれる姿は、本当に素晴らしかったです。

DSC02693


DSC02695


DSC02697


壇上の出演者たちは、「ボランティアと障がい者」ではなく、「モデルとデザイナー」!
会場が一体となっての声援は、一番の「力」となって大きな支えになったことでしょう。

DSC02698


DSC02711


DSC02716



会場のホワイエでは、SON・長野のアスリート(高山洋武さん)のとっても素敵な作品展あり、オリジナルTシャツや記念CDの販売あり、応募されたデザイン画の展示ありの、とっても温かくて、とっても素敵なイベントでした!

記念CDには、中学生やファミリー、ボランティアの方たちから応募された詞に、トーメさんが曲をつけた全4曲が収められていました。 たっくさんの方に聴いていただきたいなぁと思うCDですが、実行委員会にお願いすれば、まだ手に入るのかな? どの曲もお薦めでした!

DSC02735


DSC02736


DSC02737


次は12月に徳島でファッションショーがあると聞いています。

たくさんの地区組織の方々が協力して、日本各地でたくさんの人を巻き込んでこういったファッションショーが開催されることを、心から楽しみにしています。

また今回のショーでは、テレビ信州さんが最初から張り付きで取材して、1時間スペシャル番組(10〜11月放映予定)を作ってくださっています。

こういうスペシャル番組を作っていただくことが、どれほど難しいか知っている私にとっては、本当に嬉しいニュースです。放映がとても楽しみですが、多分東京では観られないと思います。

テレビ信州をDVDにとれる方、送ってくださいね〜


kayokohosokawa at 15:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

山形は寒かった!!

9月25日(土)
私の集合時間は朝8時40分。もっとずっと早い時間から、会場となった山形駅前の「霞城セントラル広場」で準備してくださった皆さん、急に寒くなったこのお天気の中、大変だったことと思います。

DSC02534


SONのアスリート、ファミリー、ボランティアなどの関係者だけでなく、山形県知事 吉村さん、山形市長 市川さん、警察のブラスバンドやガールスカウトの子どもたち、メディア関係者の方々・・・ たくさんの方が集まってくださって、トーチランが開催されました。

DSC02535


DSC02569


おかげさまで心配された雨に降られることもなく、元気な掛け声と手拍子をしながら、皆で街をねり歩きました。今にも降り出しそうな空模様だったこともあり、沿道の応援が寂しかったことだけは残念でしたが、無事に完走(完歩? 笑)することができました。

DSC02597


トーチランを頑張ってくださる地区には、開催までのご苦労は多いけれど、きっと いえ絶対にそのご苦労以上の成果が却ってきます。トーチランを通じて、初めてSONの活動を知る人、何かやってたね〜と心に残る人、また協力したいと気合いを入れ直す人・・・観る人によって
ご感想はさまざまだと思いますが、心に暖かい火が灯るのが このイベントの素晴らしいところだと思っています。

DSC02611


DSC02631


終了後は全員で、温かい芋煮とおにぎりを食べました。

DSC02665


里芋とお肉がごろごろ入ったいも煮は、冷えた身体に格別(私はお肉は食べられないけれど)で、たっぷり2杯平らげました!!!ごちそうさまでした!本当においしかったです!

DSC02660


DSC02669


kayokohosokawa at 15:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

久しぶりの山形

9月24日(金)
今日は久しぶりの山形訪問です。 
東京から新幹線で約3時間・・・2008年スペシャルオリンピックス日本 冬季ナショナルゲームが「山形県」と決定して以来、その後のNEXTイベントin山形(フロアホッケー大会や教育フォーラム)に至るまで、いったい何回ここを往復したことでしょう!
今回はその山形県で、今秋のスペシャルオリンピックス日本 夏季ナショナルゲーム・大阪に向けた「トーチラン」が開催されるということでお誘いを受けました。
開催時間の関係上、前日入りが必要でしたので、ついでといってはとても失礼ですが、お世話になっている山形新聞さんへのご挨拶と、尾花沢ライオンズクラブさんの講演会もお受けしました。

山形新聞さんでは、山形新聞社長 黒澤洋介氏、山形放送社長 園部稔氏にお目にかかり、翌日駅前の広場で開催するトーチランのPRやナショナルゲームの宣伝をしてまいりました。メディアの方々のご協力を得て、何とかたくさんの方に、この素晴らしい活動を知っていただきたいと思うと、説明にも熱が入った次第です。

DSC02505


さて 尾花沢は 山形から車で約1時間弱でしょうか・・・
尾花沢ライオンズクラブさんの認証40周年記念福祉講演会として、「スペシャルオリンピックスを広めよう」 をテーマに、60分のお時間をいただきました。

DSC02518


まだスペシャルオリンピックスをご存知ない方の多い講演会でしたが、皆さま大変熱心に聴いてくださって、終了後には「ボランティアを始めてみたい!」と言ってくださった方もいらっしゃって、今後 尾花沢でSOプログラムが始まったり、フロアホッケーチームが結成されることを、大いに期待した講演会でした。

DSC02519


写真は地元尾花沢のSONアスリート 千葉あみ さん。わざわざご両親と一緒に駆けつけてくださいました。クロスカントリーの選手で、2009年アメリカ・アイダホで開催された冬季世界大会にも出場し、見事 金メダルを獲得したのだそうです。
講演会の後には、講演会主催のライオンズクラブの方々、SON・山形関係者と尾花沢の美味しい天ぷらとおそばを楽しむことができました! 
大好きなおそばで元気をもらって、明日はしっかり走るぞ〜! と力が湧きました!


kayokohosokawa at 15:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

毎日放送のラジオに出演

9月21日(火)、MBSラジオ(大阪の毎日放送)の収録がありました。

放送局のスタジオではなく、このような立派な応接室での収録となりました!

IMGP2450三枝1


パーソナリティーは、元阪神デパート社長の三枝輝行氏とスポーツキャスターの唐渡吉則氏です。

IMGP2451三枝2


「2010年第5回スペシャルオリンピックス日本夏季ナショナルゲーム・大阪」のPRのためのラジオ出演でしたが、さすが人生経験豊富なトップレベルの二人の紳士とのトークはと〜っても楽しくて、有意義なものでした。







kayokohosokawa at 11:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年09月24日

日本PTA全国協議会

8月27日(金)
幕張メッセで開催された日本PTA全国協議会の分科会で講演をしました。

PTA1


最近、命の大切さを実感することができない子どもたちが増えているとの声をしばしば耳にします。その背景には、核家族化や少子化の影響により、おじいちゃん・おばあちゃんの死に直面したり、新たな命の誕生に接する機会が激減したこと等も影響しているそうです。

ゲーム感覚で子どもたちが人をあやめたりする事件をニュースで観る度に私も大変心を痛めています。

今回の主催者である社団法人日本PTA全国協議会は、こうした現状を憂い、人間にとって最も大切な「生きる」ということ・「かけがえのない命」・「命のつながり」について考えたい〜ということでしたので、私は「知的障がい者から学んだ生きるということ」についてお話しました。

猛暑の中、全国から保護者の方々が集まり、大変熱心に聞いて下さったのがとても印象的です。私が参加した分科会だけでも600人くらいの方が参加して下さいました。

参加者の皆さんもコーディネーターの牧嶋博子さん(TBSテレビ)もスペシャルオリンピックス(SO)に大変理解があり、講演後もしばし話に花が咲きました。

PTA3






kayokohosokawa at 16:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
プロフィール

細川 佳代子

NPO法人勇気の翼インクルージョン2015 理事長
公益財団法人スペシャルオリンピックス日本 名誉会長


上智大学卒業後、71年に細川護煕氏と結婚。政治活動を支える一方でボランティア活動に取り組む。
1994年「スペシャルオリンピックス日本」を設立。知的障害のある人の自立と社会参加を日常的なスポーツを通して実現する活動を行う。
その理念を広げるため啓発活動をしながら、2007年には、障がいの有無に関わらず全ての人がその人らしく活き活きと暮らせる“インクルージョン(包み込む共生)社会の実現”を目指し「勇気の翼インクルージョン2015」を設立した。
また、知的障害のある青年たちを追ったドキュメンタリー映画をこれまで4作製作・総指揮。昨年、製作した映画『幸せの太鼓を響かせて〜INCLUSION(インクルージョン)〜』は、全国20都市以上にて上映された。5作目の映画『天心の譜』も近日上映予定。
著書 「花も花なれ、人も人なれ 〜ボランティアの私〜」角川書店 

Link
bokin_banner