2007年01月31日

ウソ

 『発掘!あるある大辞典』のねつ造問題、テレビ制作に携わっている人間としては何とも言葉が見つからないのですが…最初に“あるある”で納豆がダイエットに効くって放送されて、全スーパーから納豆が消えた!と聞いた時点で、まず「・・・ウソつけぇぇ!」と、思いましたよねぇ?実はワタクシ今、ダイエット真っ最中で、結構 努力してるもんで「そんな納豆2パック食べて痩せるっつ〜なら世話ないワ(怒)」とハナっから疑っていました。
(でも、番組見てたら納豆買いあさってたかもしんない。だって痩せたいんだもーん!)

まぁ、そもそも何か一つの食品を摂り続けてのダイエットなんて、最終的に効果がないことなど女性でダイエット経験者なら、みんな分かってると思うんだけど…身近で従来からカラダに良い納豆だったからこそ、拍車がかかっちゃったのでしょうね。もうその後の怒濤のような顛末に、ただただ忸怩たる思いでいるのですが、ね。ヽ(`_´#)ノ


しかし、私もいろんな番組を制作してきて、実際に健康番組も何本かやってきたのですが、人の生き死に深く関わる 医療の分野を扱うのと違って、どこか“健康”という視点に、事の厳密さが甘くなってしまう傾向はあったのではないかと思っています。(不眠とか肩こりなんかの療法とか…個人差だってあるしねぇ)

以前、あの番組を総轄していた制作会社の別の健康番組(すでに終了)をお手伝いしたこともありまして…どうも馴染めないなぁ〜と思う所があって、それ1回限りのお仕事だったのですが、やはり「あるある…」のように高視聴率を稼ぎ出し、市場をも揺るがすような影響力を与えるテレビ番組を作っていた人は、(勿論、それ以外の番組を作ってる人だって同じですが)テレビ局、制作会社、そして個々の担当者、すべての者が今回のウソ八百の情報によって多くの人々を惑わした 事の重大さを深く受け止めて、反省し改善に努めなくてはならないでしょう。


“ヤラセ”なんていう、業界で一番汚い隠語が一般の方々にも分かるようになって「テレビはウソつき」誰も何も信用してくれなくなってしまったら、私たちの存在価値は一体どこにあるのでしょうか・・・。

川崎洋詩集


ウソ/川崎 洋

ウソという鳥がいます
ウソではありません
ホントです
ホントという鳥はいませんが

ウソをつくと
エンマさまに舌を抜かれる
なんてウソ
まっかなウソ

ウソをつかない人はいない
というのはホントであり
ホントだ
というのはえてしてウソであり

冗談のようなホントがあり
涙ながらのウソがあって
なにがホントで
どれがウソやら

そこで私はいつも
水をすくう形に両手のひらを重ね
そっと息を吹きかけるのです
このあたたかさだけは
ウソではない と
自分でうなずくために



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kayos613/51149673
この記事へのトラックバック
生活習慣病克服のためのダイエット紹介です。★失敗しようがないダイエット特集★ 〜全告白!ダイエット経験者1,154人の秘密〜 【冊子版】
生活習慣病【ブログアフィリエイトでおじさんでも情報起業】at 2007年02月19日 21:43
この記事へのコメント
5
仕事上のウソって、基本的には追い詰められて、つくもののようですよね。困ったものです。
もっとも、このたびのウソは、職業的なウソっていうか、数字を稼ぐという、生活上のウソでしょうかね。
それはともかく、職業上、最もウソをついてはいけないひとつのマスコミがやっているのだから、これはもう、自分の職業を否定している確信犯ですね。
そうはいいつつも、ウソをつかない職業っていうのも、結構、つらいもんですね。
Posted by 練馬座の怪人 at 2007年02月01日 01:20
練馬座の怪人さま。

ウソ・・・映像作品とは、撮影していること、
編集していること、音楽をつけていること、
ナレーションを入れて説明すること・・・
恣意的に作る訳ですから、真実をそのまま
伝えていることにはならないですもんねぇ
これもある意味、ウソ(作り物として)であるかもしれませんしね。

でも、「あるある…」のやってたことは
どう取ってみても肯定できるものではありませんよねぇ
Posted by kayo at 2007年02月01日 22:43