Thoughts, Rants and Adventures
横浜在住アウトドアスポーツ愛好家28歳女子のブログ。
競技種目はアドベンチャーレース・マウンテンバイク・トレイルランニング・たまにマラソン・たまにトライアスロン
本ブログは大会参戦記と主に日々の練習日記デス。自分の記録として更新しています。至2010年11月6日

2010年11月7日、プロアドベンチャーレースチーム Team EAST WINDのトレーニング生になりました。

9月15日以来ブログ更新をすっかりサボッてしまい、私の選手生活において非常に非常に大きな出来事から、既に3週間が経ってしまった。

信越五岳トレイルランニングレース、本番。

9月17日(金)、朝10時半に鎌倉にあるパタゴニア本社に集合してクリッシーと初対面。
その前に、これまで私と連絡をとってくれていた柿原さん(以降、カッキ―)とお会いして挨拶。そして今回サポートを務めた石川弘樹さんの奥様の基子さんともお会いしました。

ハイエースにブースで使う荷物を積み込み、パタゴニアスタッフのスギちゃんと篠さんと6人で斑尾に向った。(私は全員と初対面。)
途中渋滞があったり、小田原でゆっくりお昼ご飯を食べたりのんびりしすぎて、斑尾に着いたのは既に18時半。パタゴニアスタッフは全員めちゃくちゃフレンドリーで、良い人ばかり。まるで昔からの知り合いのように話が弾んだ。

車の中ではクリッシーと普通に色々な話しをして、日本語のフレーズを教えたり、最初から価値観が似ていたせか至って自然に意気投合。実際に会う前からメールでのやりとりがあったけど、彼女はずっと「私のペーサーを引き受けてくれて本当にありがとう!」を連発していた。

こんなチャンスを私に与えてくれてありがとうと、こっちが言いたい 笑

斑尾に到着してカッキ―以外の5人で、夕食前に30分ほど軽く走りに出かけた。
走りながら「選手 x ペーサー」の打ち合わせ的な話をして頂くことに・・・

私「クリッシー、本番だけど、正直言ってあなたのペースについて行けない可能性があると思う。あなたは世界一速い選手だし(笑) だから最悪、5A(ペーサースタート地点)から一緒に走ってみて私がついて行けなかったら私を置いて先に走ってね。私はあなたが如何に速くFinishに辿りつけるかだけを考えているから。もしついて行けなかったら私は8Aで基子さんと合流して、車でゴールに向かうから。」

ク「そんなこと考えなくても大丈夫よ。絶対に大丈夫。でも・・ 本当に『最悪の最悪の状況』、そうなったらゴールに先に行って、逆走して私に合流してね!」

実はこんな打ち合わせをしていました。
体調は良いものの、実際彼女がどれだけのペースで走り抜くか見当がつかなかったのでこの話は必要だった。

斑尾ではBlueBerryというペンションに宿泊。オーナーの久井さんは、実は信越五岳レースの仕掛け人である。

宿で夕食を取り、他のレース関係者や協賛企業のスタッフと会ったり。
まったりした時間を過ごして早めの就寝。

部屋にはロフトがあり、下とロフトにベッドが二つずつ。
下のベッドは私とクリッシー、上にはスギちゃん。と、いう訳でクリッシーとは本当にずっと一緒だった。

土曜日は受付、開会式、パーティーが行われクリッシーもインタビューが数件入っていた。

私は6時からスギちゃんと篠さんと3人で朝トレランへ。

P9180163 P9180167
P9180170 なんとも素敵な朝!

パタゴニアスタッフは午前中から会場へ、私とクリッシーは何もすることがなく、ペンションのダイニングエリアにて、超リラックスモードでダラダラと過ごした。
基子さんが宿に戻ってきて、どこのアシスタントポイントで何を補給するか、綿密に打ち合わせ。

そしてレース前に必ず行うという大切な『儀式』がとり行われた。

P9180177 P9180179


午後になり会場に出かけていくと、もちろんクリッシーは注目の的、そして写真撮影とサインの嵐である(笑)
私は専属カメラマンとして、みなさんのカメラの手に取りシャッターをバシバシ押す。

選手・ペーサー受付を済まし石川さんが行う「コースガイダンス」に出席。
このレースのために作られた立体的な映像を使い石川さんが細かく、コースについて、注意点などを説明。私はクリッシーへの通訳に打ち込んだ。 

そのまま前夜祭のパーティーへ。
パーティーでは斑尾・妙高市のVIPの紹介、パタゴニア日本支社長TAKAさんがスピーチ、クリッシーを紹介・・・・

でもなんと言っても、この夜の一番の見どころは地元の中学生による素晴らし過ぎる和太鼓のパフォーマンス!
すっごいパワーと熱気と、勢いと、何よりもめちゃくちゃ楽しそうに思いっきり太鼓を叩いている彼女たちには感動して涙してしまった。
クリッシーもステージに呼ばれ、彼女たちと一緒に太鼓を叩いて、汗と涙まみれで楽しんでいた。

P9180194


レース当日に続く・・・

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
最新記事
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ