Thoughts, Rants and Adventures
横浜在住アウトドアスポーツ愛好家28歳女子のブログ。
競技種目はアドベンチャーレース・マウンテンバイク・トレイルランニング・たまにマラソン・たまにトライアスロン
本ブログは大会参戦記と主に日々の練習日記デス。自分の記録として更新しています。至2010年11月6日

2010年11月7日、プロアドベンチャーレースチーム Team EAST WINDのトレーニング生になりました。

PA110456


「ハセツネは、自己へ挑戦することの尊さを教えてくれる。

ハセツネは、自分自身を信じることができる不思議なチカラがある。

ハセツネ71.5K日本一ハードなトレラン・レース」(大会HPより抜粋)


10
10日、「日本山岳耐久レース(通称ハセツネカップ)」に参加した。
初参加であり、50km以上走るのは今回が初めて。


一体どんなレースなのかというと、
全長71.5km・累計標高差4800mを制限時間24時間以内に走覇する、サバイバルなレース。


何故普通のトレイルランニング(山岳マラソン)レースと違うのか。
ハセツネは全てにおいて自己責任。通常のマラソン大会やトレランレースではエイドステーションで食べ物や飲み物が用意され、応援してくれる人が大勢いるものだ。ハセツネでは大会が提供してくれる補給は42km地点、第2関門にて水1.5リットルのみ。
それ以外は天然の水場もあるが、ほとんどはコース上から外れたところにあり、満足に水分補給が出来るコース上の天然の水場は50kmを過ぎないとない。言うまでもなく、食糧は一切用意されていないので自分で全て持っていかなければならない。
レーススタートは午後1時、よって殆どの選手がレースの大半を暗闇の中、ライトを携行して走ることになる。コースは山の中なので、応援も殆どない。(それでも応援に来てくれていた方々には心からお礼が言いたい。)

 

昨年大会で私は、計測スタッフとして42km地点、第2関門の月夜見駐車場にいた。
日本最高峰トレランレース「ハセツネ」を見るのはその時が初めてだった。スタッフだったので1位で通過した選手から翌朝400(スタートから13時間後)の関門に間に合わなかった選手まで、第2関門に辿り着いた選手を全員見届けた。
軽快に月夜見駐車場を後にする選手、反対に多くの「もうダメ」と言わんばかりに項垂れて座りこんでいる選手、先に進もうか迷って決断できない選手、気持ち悪くて食べ物も喉を通らず、サバイバルブランケットにくるまって寝込んでしまっている選手、先に進んでも24時間の制限時間に間に合わないかもしれない選手、無理せず完走目標の選手たちはゆっくりと休憩を取り笑顔で先に進んでいた。


選手それぞれの様々なドラマを目の当たりにして激しく感動し、
「来年は自分もチャレンジしよう」と思った。

 

2009年の春、アドベンチャーレースの世界へ。
そして秋からトレイルランニングレースに出場するようになった。
2010年のハセツネを走るまで1年間の準備期間があったので、着実に練習と経験を積むことができた。

まずトレランデビュー戦は200910月の18km
しかしその後、手当たり次第に勢い任せでアドベンチャーレースに出場しまくった影響で、膝を痛め走れなくなってしまった。
スポーツ整形外科の診断結果は、タチの悪い「変形性膝関節症」。
7年前に前十字靱帯断裂・再建手術してから、強度の運動を重ね7年間で少しずつ膝の軟骨が削れていった=変形性膝関節症。削れた軟骨はもう元には戻らないので、地道に膝周りの筋肉を鍛えて付き合っていくしかない。
担当医からは
「治らないから気長に考えて、痛かったら走らない。上手く付き合っていってください」と。
数回に分けて膝に滑液のヒアルロン酸注射をし、リハビリ科の先生、接骨院の先生と試行錯誤して1月にはハーフマラソンを完走できるまで回復。

3
月には初のフルマラソン42.195kmを走り、ハセツネ30K32kmのトレイルレース、信越五岳トレイルレースのペーサーとして44kmのトレイルレースを走った。それぞれのレースを走るに当たり練習を積み重ね試走もしたし、それぞれのレースを確実にクリアしていった。

44km
を走った後と、ハセツネ試走時に50km弱(休憩を入れながら)を走った後、足のダメージと疲労が軽かったので71.5kmを完走することが確実に現実的に感じた。有る程度の完走タイムも予測できた。膝を痛めてからというもの、全身をしっかりケアして怪我をしない、強い体を作る為に接骨院通いは欠かさなかった。
1回、接骨院でマッサージを受けている。
結果今年は全く怪我をしなかったし、以前はいくら柔軟体操をしても身体は硬いままだったが今は柔らかい。カチカチだった筋肉も今は柔らかくなった。

こうして迎えてハセツネは、私にとってパーフェクトな『力試し』の場であり、挑戦だった。
この為だけに準備してきたという訳ではないけど、長距離ランニングに魅力を感じる私にとってハセツネを完走することは走れる距離を延ばす通過点。


今回完走できたら、次はもっと長い距離に挑戦できる。

Comments

    • DHエリック's comment
    • October 16, 2010 18:26
    • 5 んー
      読み応えあり
      続きが本当に楽しみです

      しかし、Kayちゃんは凄いね。
      尊敬します。
    • Kay's comment
    • October 19, 2010 10:58
    • エリック!
      コメントありがとうございます。
      続きも是非読んでください

      私は凄くないです。全て自分の為。そして、欲を言えば自分が熱意を持ってやっていることが人にも良い影響を与えるなら、こんなに嬉しいことはないですね。
      私の原動力にもなります

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
最新記事
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ