2007年12月18日

Apple Remote Desktop on SSH

懸案だったApple Remote DesktopをSSHでトンネリングに成功した。
環境は
Server: mac mini(ppc/tiger)
Client: mac book(intel/leopard)

普通だったらssh -L (localport):localhost:(remoteport) foo@bar.comで
たいていのものはトンネリングできていたのに、ARDだけが成功しなかった。

ssh -L 10000:localhost:5900 foo@bar.com
でトンネルすると、画面共有.appからlocalhost:10000へ接続する際にエラーメッセージとともに失敗する。
また、そのときにリモート側のターミナルに
channel 3: open failed: connect failed: Connection refused
というメッセージが表示されていた。

解決策は
ssh -L 10000:127.0.0.1:5900 foo@bar.com

どうやら画面共有.appは接続の際にipv6から接続をチェックするようだ。mac mini, mac bookともipv6はoffにしてあるためかどうかわからないが、ipv6接続チェックで失敗していたようだ。ipv4式に127.0.0.1とすることで無事解決に至った。
今までAFS等では問題にならなかったことから、ARDもしくはVNCの仕様なのかしら。
ともあれ、めでたい。


kaz0215 at 17:24コメント(0)トラックバック(1) 

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. [Linux]ssh over VNC  [ なんたらかんたらの日記 ]   2010年08月17日 10:49
sshポートフォワーディングを利用して、VNC接続を行う。 とりあえずssh接続。 ssh -L [LocalhostPort]:[Remorthost]:[RemothostPort] [Remothost] -l [RemothostUser] 例えばローカルポート1234でリモートホストexample.com。ユーザ名examだと以下のようになる。 $ ssh -L 1

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
楽天市場
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ