ブログネタ
###ラーメン### に参加中!

ボニート 夜の正油らーめん(あらびき)とじゃこ飯

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


じゃこ飯vs煮豚丼。ご注文はどっち?

ボニート・ボニートには、サイドメニューで人気のご飯ものが2つあります。1つはTkzさんが火をつけて、インターネットで有名になったのが煮豚丼(およびニブタジヤ)。そして、常連さんのクチコミで広がったのが、じゃこ飯(写真上)です。

悲しいことに、両方とも先月100円値上がりをしてしまったのですが、「値上げして量が減ったと言われたくない」と、マスター気迫で盛っております。証拠写真がこの煮豚丼↓。

ボニート インターネットで人気に火がついた煮豚丼

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

のせすぎですって 食べるほうはウレシイけどさ。

マスターいわく「丼で、白いご飯が見えるのは好きじゃないの」。以前からたくさんのってましたが、「値上げしてケチったと言われたくないから」と果敢に増量してます。

…果たして、値上げした意味はあったのでしょうか?

煮豚丼400円は、もともと常連さん用の裏メニューみたいなもの。2日がかりで煮込んだ煮豚の、ラーメン用には出せない切れ端を刻んで、ご飯にのせた丼です。切れ端がある時だけメニューだったのが、一度食べた常連さんの「毎日食べたい」に応えて正式メニューに昇格(六厘舎の「豚ほぐし」も同じですね)。

ボニート Tkzさんが広めてしまったニブタジヤ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニブタジヤ(ほぐす前)。ご飯にタレが染み込んでいるのがおわかりだと思いますが、この甘いタレがラーメンを食べ終わった後のスープにまざると、えも言われぬ味でね、ウマいんですよ。毎日毎日継ぎ足して、煮豚を煮ているタレがかかっているんだそうです。

どっかのダレかさん(こいつ)が、このニブタジヤを広めたおかげで、「端っこじゃなくて、ラーメン用のいいところも切らなきゃいかん」とマスターが苦笑してました。土曜・日曜は特に大人気なので、今頃はマスター、一生懸命煮豚を増産してると思います。

ボニート 常連さんのクチコミで広がったじゃこ飯

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、常連さんのクチコミで広がったじゃこ飯400円(半じゃこ飯300円)。

ボニートの奥さんの故郷、高知の名産じゃこ(しらす)をのせたもんですが、ふんわり、しっとり、半生ですからね。日干しでカチカチになったスーパーのしらすとは、全然違います。

その淡い塩味を、そのまま食べるのが好き。一応、醤油も出してくれるのですが「最初はそのまま食べてみてね」とマスター。私は醤油と味噌が大好きな、北関東暮らしの長い人間ですが、じゃこ飯はそのままがお薦めです。

まして言わんや、スープでおじやにするのはお薦めしません。マジで力説。素材がうまいもんは、そのまま喰うのが一番

ボニート 昼の正油らーめん(色が美しいでしょ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラーメン+ライスというと、私が思い出すのは松本零士のマンガですね。「男おいどん」をはじめとする四畳半シリーズはもちろん、「銀河鉄道999」で鉄郎もよく食べてましたから。

私は出会いが悪かったのか、最初のラーメンライスが「インスタントラーメン+冷やごはん」という悲しい食事の代表格。トラウマになってまして、つい最近まで「ラーメンは単品で喰うものだ」と力説しておりました。

こういう美味しい丼を出されたら、そらー食べたくなりますって。それでなくても、ボニートのスープ+白ごはんのおじやは、かーなーりーイケるんですから。

ボニート この部分をチェックですよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、最近のボニートの小ネタが2つ。

1つは、券売機に「お茶漬け鰹(お土産用)」が入った途端、売れ行きが倍増したそうで…。以前は現金払いで、声をかけるタイミングが難しくて「券売機に入れてよー。買いやすくなるから」とお願いしたことがあります。

最近は、ラーメンの食券と同時に、このお茶漬け鰹の券を買う方が増えたそうです(納得。みんな同じ気持ちだったのね)。この「お茶漬け鰹」は、お茶漬けのほか、白いおむすびに振りかけるとメチャうまいという情報が

もう1つは煮豚。新年には、グレードアップするかもしれません。もっといい豚肉が手に入るかも…と。でも「いい豚肉って、すぐ煮えるし、脂もすぐ流れ出ちゃうでしょう。今と同じ味にするには、煮る時間を減らすとか、もっと工夫しないとだめね」とマスター。

ボニート独特の煮豚は、熱狂的なファンがいるくらい完成度が高いですからね。グレードアップする2007年の煮豚に期待したいと思います

ボニート 復活したキャベチャーと生ビール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

復活したキャベサラ(右下・100円)も、おつまみに大人気です


ボニート・ボニート(Bonito Bonito) Walkerグルメ 東京グルメ 
03-3792-7713
東京都品川区小山4-1-8 地図 
11:30 - 16:00 / 17:30 - 22:30
月曜定休
※混むのは土曜・日曜の昼どき。逆に平日夜の部が穴場。まったりできます。
これまでのボニート・ボニート総集編は、こちら